FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟の調教記録 (49)
ボンデージの道具たち (52)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
奴隷〝ゆえ〟の小窓 (4)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

寝バックの工夫と変態バックを楽しむ

neback202001_00bflsh.jpg
ツイッターで人気のマスタピさん、
そのツイート通り、まず寝バックに枕の工夫!


「ご主人様、寝バック、マスタピさんがツイートしていましたね。〝ゆえ〟もされたいです!」

珍しく、〝ゆえ〟がプレイについてリクエストしてきた。

ツイッターでいろいろな方々のプレイに関するつぶやきを見ていた〝ゆえ〟。このところマスタピさんという方のツイートをよく見ている。

そして、そこにあった、寝バックのツイート。

こちら

うん。確かに、寝バックはS男性にとってはもちろんM女性をバックで責める楽しさと、二の腕で押さえつけるという加虐の楽しみが同時に味わえるから楽しいけど、M女性にとっても、被虐感は強い。でも、それだけでなく、枕を使うことで、その快楽もまた大きくなるというのは、なるほど!抱きつくという形と腰を浮かせるという二つの枕。

これは試してみなければ…。

と、さっそく次のプレイで取り入れてみたよ。

結果、〝ゆえ〟、大満足だった。

何よりも、もともとバックが大好きだということも大前提にあるけれど、やはりM女性としては、体を強く押さえつけられて、自分の行動が制限された上で、オマンコをぐりぐりとされるというのは、ものすごい被虐感。それが、どんどん、自分の快楽を高めていくことになる。そして、枕の効果ももちろん!

珍しく、最後にはいつもの丁寧な言葉遣いを完全に忘れて、

またいっちゃうよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!

と叫ぶ。

当然、言葉遣いがなっていないと、その後ご主人様から罰を受けることになる。

〝ゆえ〟は、この日、この体位がよほど良かったのだろう。珍しく「またおねだりしたいです!」と感想をメールで書いてきた。

さて、マスタピさん、寝バックに関してさらなるツイートが。

こちら

寝バックに加えて、後ろ手で縛り、そこに足もつなげてしまって拘束するというもの。名付けて「変態バック」

というわけで、我々も次のプレイでやってみた。

neback202001_01bflsh.jpg
今度は手枷で後ろ手に拘束。
そしてその手を持ち上げる!


このツイートではタオルやヒモなどとなっていたけど、レザーボンデージ好きな我々だから革の手足枷に鎖で再現。

そうそう、この日も早々に口にはボールギャグを咥えさせている。

すると…。

〝ゆえ〟、叫ぶ叫ぶ!まるで獣のような咆哮が。

アルファイン全館に響くのではないかと思うくらいの声。そして、ボールギャグからのよだれがどんどん枕を濡らしていく。

ボールギャグ越しに叫んでいる口を枕でふさぐように頭を手で押さえつけるのもまた楽しい!

さらに、途中でご主人様はペニスを抜き取って、今度はオモチャで〝ゆえ〟のオマンコやクリをもて遊ぶのだけど、こちらも、凄い叫び声。特に拘束された手足を引っ張って上に持ち上げると、〝ゆえ〟の被虐感はマックスに。

最後はもう一度ペニスを突っ込んでご主人様は奴隷の叫び声をBGMに、膣内に精液をまき散らす。

意識がぶっとんでいる奴隷の頬をまだびんびんに立っているペニスでビンタし、目を覚まさせる。そしてお掃除フェラをさせるひとときの充実感…。

いやぁ、実に良い良い!

neback202001_02bflsh.jpg
挿入だけでなく、こうしてオモチャで遊ぶにも
変態バックの体勢は便利!


終わった後の〝ゆえ〟の感想から。

うつ伏せだと、息が漏れる時に自然に声も出てしまうのですね!拘束されて、上半身が低く、腰だけを持ち上げられた姿勢は、自分がおまんこだけの存在になったことをより強く意識しました😊。

とまぁ、人間としての存在は完全に壊れてしまい、おまんこだけの存在となって、快楽をむさぼる奴隷女。

〝ゆえ〟にとって「超」お気に入りのプレイになったみたいだ。

きっかけを作って下さったマスタピさんのツイートに感謝!





〝ゆえ〟の小窓~2 二大【あ】言葉は使わない

komado2b_202001flsh.jpg


奴隷〝ゆえ〟が綴る「〝ゆえ〟の小窓」の2回目は…、

主従関係を持っていらっしゃる人たちには意外なことかもしれないね。〝ゆえ〟が己の判断で自分に課していることについて…。(^^;)

********************

〝ゆえ〟はご主人様に対して「会いたいです」「愛してます」の2大【あ】言葉を言わない方針です。

でも、それって奴隷としてどうなの…? と、自問自答をよくします。

お会いしたい…なんて、ご調教の予定は立っているのに頻繁にメールに載せたら、めっちゃ【かまってちゃん】だし…。

愛してます…なんて簡単に使う人程、すぐ別の人に乗り換えたりするし(偏見でごめんなさい)…。

奴隷の普段の気持ちなんて、ご調教に関係ないと思うんだけどなぁ。
奴隷は穴なのだし。
そう、革具の映えるまんこ奴隷。
と、すぐにネガティブになってしまいます。

なんて、モヤモヤして曖昧に笑っていたら、ご主人様に「言いたいことがあるなら、キチンと伝えなさい!」と注意されました。

勇気を振り絞り、まずは「お会い出来ないのは寂しいです」を口に出してみたら、
「お、お、お会い…で、できなくなるのは…じゃなかった……出来ないのは、さ寂しいです……ぅ」
ゴニョゴニョになってしました…。
手汗半端ない。

自分の気持ちにキチンと向かい合えて、言葉で発信出来る方は素敵です。
そのうえ、可愛らしく伝えたり、スマートに「愛してます」を口に出来る人、、神!!

本当は羨ましいゆえなのです。

〝ゆえ〟


********************

と、まぁ、実に〝ゆえ〟らしい。

その〝ゆえ〟が二大【あ】言葉をゴニョゴニョでなく「はっきり」と口にできるのはいつの日かなぁ…。

とりあえずは別の言葉で言い換えをしてみたら…、ということにしている。

「ご主人様に会いたいです」は「ご主人様のことを想っています」に。そして「愛しています」は「お慕いしています」にね。(^^)





〝ゆえ〟のイキがご主人様の快楽を大きくする

2020newyearaflsh.jpg
革拘束具を付けられたまま
放心状態で横たわる〝ゆえ〟


皆さん、明けましておめでとう!

2020年、今年もどうぞよろしく。

穏やかな天気に恵まれた東京。ひととき、仕事も忘れて静かな時間をゆったりと過ごすのも良いもの。

さて、そんな中、旧年中の出来事を振り返る中で印象深いことは数々あった。中でも〝ゆえ〟のオーガズムの進化については、このブログでも何度も書いてきたよね。

でも、一つ、書いていない面がある。

それは、〝ゆえ〟のオーガズムの進化がご主人様の快感にも大きく貢献してくれているということ。

もともと女性が快楽に身をゆだねる、しかもそれが拘束された状態で…、という姿を見ることが大好きな〝Y〟。

だから〝ゆえ〟が完全に我を忘れるくらいに深い快楽に浸っている状態を目にするのは〝Y〟にとっては最高のごちそう。

前回の記事にも書いたように、このところ、〝ゆえ〟に脳イキ、言葉イキなどを初めて体験させた。そして、プレイのたびに、交合のたびに、非常に満足のいく状態になっているのだけど、そこにさらにもう一つの魅力が。

昨年12月の出来事。

その日、〝ゆえ〟には一つ課題を出した。それは、イク瞬間、意識を膣やクリトリスではなく、頭頂部にできるだけ持って行くようにということ。

その言葉を聞いた瞬間はやや戸惑っていた〝ゆえ〟だけど、すぐにローター責めでその課題を達成できた。そのとき、イキ方は外から見てもさらに深くなっているような気がした。

そして、いよいよ交合。そして、すぐに〝ゆえ〟が再びイッた瞬間、

あれ?

なんと!!

ご主人様も体が痙攣して、軽いドライオーガズム状態になってしまった。

なんと、なんと、〝ゆえ〟のオーガズムに連動して、〝Y〟の体が自然と反応してしまう。

オーガズムが伝染した!?

これは驚いた。いや、知識の上ではそれは知っていたし、いまから5年ほど前、〝ゆえ〟と出会う以前、代々木忠監督のAVでもおなじみの「チャネリング・セックス」を自分自身が体験したことがあり、姉妹ブログにもその記事を当時書いていた(こちら)。また、〝ゆえ〟とも長時間のポリネシアン・セックスなどでこうした痙攣の経験はあった。

だから、今回、そうなる可能性は意識していたけど、いきなり、挿入して間もない時間にそうなるなんて。

しかも、今までは機序がまだよくつかめていなかったけど、今回は、どうやらヒントがつかめたみたい。

おそらく意識の置き方が一つのポイントになっているらしい。

うーむ、これは面白い!

これは、今日、この先が楽しみ…。

そして、ゆっくりとした注送から次第に速度を増し、いよいよご主人様がウェットでイク瞬間、〝ゆえ〟と同じように頭の上に意識を持っていったら…。

そう、

思った通り、

深い、大きなオーガズム。

射精だけれど、普段の射精を越えた強烈な快感だった。

射精のあと、5分以上、大きな痙攣が二人とも止まらない。

二人で意識を頭頂あたりに持って行くことで、おそらく、「気」のやりとりがとても大きくなったのだろうね。

このことは、別に〝Y〟の発明ではなく、古くから言われていることではあるんだ。今回それを実験してみて、本当にそうなんだなぁと納得。

人間の体の不思議さ、奥深さ。そして快楽もまた奥深く、まだまだ未知、未体験のことは多い。

今後の展開がまたさらに楽しみになって来たよ。2020年、どんなオーガズムを二人は体験するのか。

ご期待を!

そして、みなさんも素敵な体験がたくさんできる1年になりますように!




2019年の終わりに〝ゆえ〟とのこの1年を振り返る

ye20191231flsh.jpg
〝Y〟へのご挨拶を終えたあと、
口枷を嵌められ、いつもの姿勢で
調教を待つ〝ゆえ〟


今年もあと残すところわずかとなったね。この1年もTBL(Tokyo Bondage Life)をご覧いただいてありがとう。

つたないブログだけど、少しでも、我々のプレイや、プレイで感じた事を書くことで、同じ趣味を持つ皆様のお役に立てれば何より…、というか、難しいこと抜きで、まずは楽しんでもらえたのなら一番嬉しいな。

さて、1年を振り返ると、本当にあっという間だったよ。

昨年の暮れ、以前このブログに書いたように、〝Y〟と〝ゆえ〟の関係がいったん終わったかに思えるくらい、最大の危機を経験した。

そこで、クリスマスの日に話し合い、どうにか関係を続けてみることになり、緊張の面持ちで迎えた2019年。

雨降って地固まる…という例え通りということか、その後、二人の関係がとても深まって、強くなった。

そんな1年だったように思うよ。

その危機についての記事は皆さんに興味を持ってもらえたみたいで、普段よりもアクセスが多かった。やっぱり、こうしたことは気になるよね。他の主従関係の皆さんがどんな風に危機を迎え、それをどう乗り切るのか。

そして、年の後半は、「快楽責め」を中心に据えて、〝ゆえ〟のオーガズムを深めるようにプレイをしてきた。

もともと〝ゆえ〟の感じやすさ、快楽への貪欲さから、きっと開発すれば深いオーガズムを経験できるようになるだろうとにらんでいた。

結果、その甲斐あって、〝ゆえ〟は乳首イキや、脳イキをついに経験しはじめた。体を刺激しなくても、意識するだけでイケるようになったし、〝Y〟が「イケ」と言うだけでもイケるようになった。

このオーガズムがさらに進化&深化していくのはとても楽しみだよ。おそらく、もっと深いオーガズムに必ず到達すると〝Y〟は信じている。また、それができたときには、おそらく、〝Y〟自身のオーガズムも深まり、二人で新しい世界に到達できると思うよ。

また、プレイの面でも、このブログに書いたけど、いろいろな体験を続けてきた。オブジェとして部屋に置くプレイなんてのもシンプルだけど楽しい。コスプレはミニスカポリスや事務員などが楽しめたね。

また、道具の工夫の面でも、ついにレザークラフトで革具の改良を自分でも初めて行ってみた。

そうそう、革具は天ノ介さんにオールインワンを〝ゆえ〟の体ぴったりにオーダーして作ってもらったり、アール目白店さんにもサイズを測って目口穴マスクを作ってもらったりしたね。まさに日本を代表する職人さんたちの至宝を奴隷に身につけさせる幸せをかみしめているよ。アール目白店さんの公式ホームページからリンクを張っていただいたのも凄く名誉なことだった。

ツイッターを開始したのもまた今年の大きな出来事だった。ありがたいことに、当初、アルファインさんがリツイートしてくださったりしたこともあり、多くの皆様の目に触れたようで、嬉しかったな。アルファインさん、現在はアカウントを一旦停止しているみたいだけど、ぜひまた戻ってきてね。

そうそう、「ボンデージ四十八手」という、これもまた珍しい内容を記事にしてみたのも、我ながらユニークな試み。もっとも、〝ゆえ〟の写真を楽しみにしていた人は、〝Y〟の裸体も強制的に目にすることになったわけで、「これはイタダケナイ」と思った方も多かったかもねぇ…。(笑)

〝Y〟自身は仕事の環境を大きく変える事で、〝ゆえ〟とのプレイをより深化させることができるようになった。

そして、〝ゆえ〟はご主人様に対して、心を開くことが多くなり、主従関係の絆が強くなってきたように感じたよ。

本当に色々とあったこの1年。そしてこのブログをご覧いただいている皆さん、ありがとう。

来年も皆さんにとって素敵な年になりますように!そして皆さんのSMライフがより充実しますように。〝ゆえ〟共々お祈りしてるよ!




愛奴の〝ゆえ〟が初めて自身でブログ記事を書いてみた 奴隷〝ゆえ〟の小窓~1

aido201912flsh.jpg
某エアラインの制服に身を
包まれた〝ゆえ〟


〝Y〟と〝ゆえ〟の主従関係、いつも、〝Y〟の方から見た〝ゆえ〟を一方的にこのブログで紹介してきた。でも、〝ゆえ〟自身はどう思っているんだろう…、なんて、気にならない?

いや、気になるよねぇ!

というわけで、このブログ、〝ゆえ〟自身にも時々登場してもらおうと思った。

そこで、〝ゆえ〟に「調教」の一環として、「ブログ記事を書いてみなさい」と強く勧めてみたよ。あ、限りなく「命令」だけどね(笑)。

そして、その成果が!

今回は〝ゆえ〟のブログ記事、その記念すべき1回目。

読者の皆さんへの少し遅いクリスマスプレゼント、あるいは、少し早いお年玉。

どうぞ楽しんでね!

********************

改めまして。
奴隷のゆえです。
ご主人様の強いお勧めで、人生で初めて記事を書かせて頂きます。
緊張しますぅ。


ご主人様と〝ゆえ〟の関係ではどんな風に呼び合っているのか、、ご興味あるかしら?と、ふと思いました。

ご主人様と私の関係では、
ご主人様は「〝ゆえ〟」「おまえ」「おい奴隷」がほとんどですが、
最近「愛奴」が仲間入りになりました。

「愛奴」と呼ばれると、何だかとてもこそばゆいのですが……。
そんな表情をみて、ご主人様はニヤリとなさり、「愛奴!愛奴~」と連呼することも…。
本当に心臓が持ちません。


一方の〝ゆえ〟は…というと
「ご主人様」一択です。
まじ?ガチ??
ええ。いたって本気です。
メール、お会いした時、、いつも「ご主人様」。

以前ご主人様から
「〝Y〟様とか、〝Y〟さんも良いんだよ」
と仰って頂けて、チャレンジしたこともあったのですが、うまく使いこなせませんでした。
緊張してしまって…。

街中でも、スルッと「ご主人様」とお呼びしてしまいますが、〝ゆえ〟の話し方はゴニョゴニョしているので、周りの方にはバレてないかも?と思っています。


今回は呼び方のお話でした。

〝ゆえ〟


********************

というわけで、奴隷の〝ゆえ〟が初めて書いてみたブログ記事。

〝Y〟はこの文章を見て、真面目で恥ずかしがり屋な、実に〝ゆえ〟らしい雰囲気が出ているなぁ…と感じたよ。

「愛奴」と呼ぶと、ホントに顔を真っ赤にして、恥ずかしがるからねぇ。

でも、これからも「愛奴!愛奴~」と連呼する〝Y〟だよ。あ、これは立派な「言葉責め」だね。(笑)




«前ページへ | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.