FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

青い首輪の女

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

SM、スパンキング

若狭と雫(緊縛と首絞め)

tabooを愛する二人の日記

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (58)
ボンデージの道具たち (60)
アルファイン(SMホテル) (48)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (28)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (13)
出会い系サイトでM女性を見つける方法 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

〝ゆえ〟の小窓~13 密かな楽しみ

20200912bathflsh.jpg
ラバープレイとお風呂の相性は良いよね
でも、温度には気をつけようね!
長時間浸かっているとフラフラに…。(^^;)


ご主人様は奴隷に対して厳かで絶対的に振る舞う…そんな印象を持つ方も多いかもしれないけど、所詮は一人の人間。弱みもある。それを見つけてしまった〝ゆえ〟だよ。〝ゆえ〟のモノローグ、今回はそんな話。

*********************

これは、奴隷らしくない一面の内容です。
ご主人様には既に公然となってしまい、小突かれています。

最近、ご主人様がお風呂を用意してくださいます。
奴隷と一緒に湯船に浸かる事を、楽しんでくださっているご様子です。

ちなみにご主人様は、「楽しいな」とお感じになると、繰り返して続けるのがお好きなタイプです。
湯船に浸かるのも、その一環かもしれません。

さて、お風呂。
皆様にも快適な温度ってありますよね。

〝ゆえ〟は42度以下のお風呂はぬるいと感じる、不健康な熱い風呂短時間型です。

反してご主人様は39~40度位でゆったり入られるタイプ。

最初に戻って、ご主人様がご準備されるお風呂と言うことは「ぬるめ」なはず…ですよね。

それが、何故か、ご主人様は間違って42度位と熱くしてしまうことが多くありまして。

ある時、ご主人様より先に〝ゆえ〟が、すいすいと湯船に浸かったことがありました。
ご主人様も後からすぐにポチャりと足を浸した途端、「あっっつぅ!!」と感じられたのを飲み込んで、
ブルブルしながら徐々にお身体を沈めていらっしゃると同時に、お顔が見たこともないくらいのしかめっ面。

もう、〝ゆえ〟は笑いが込み上げてしまって!!

笑ってはいけない状況で笑う背徳感と、ご主人様が苦手で奴隷が得意な事をみつけられた優越感が、声を出しての笑いに繋がってしまいました。

その後、いつもよりご主人様の鞭が多かったような……。

熱湯風呂を生放送で見ていた世代には、ご主人様のこの一連の行動は、本当に面白くて。

こんなことを書いていたら、、ほう、奴隷は水責めを受けたいと思っていると、、ご主人様、ち、ち、違うのです…。

ご主人様がお顔を歪められたところを初めて拝見した感動を、皆様にお伝えしたかったのですぅ。
ご主人様の出来事を晒してしまい、申し訳ありませんでした。


*************

ふふふ、次回のお仕置きが楽しみだねぇ。水責めではないので安心しなさい。電マで呼吸が何度も止まるようなイキ地獄を倍の時間味わわせてやろう!そう、倍返しだっ!




「衣一重」の快楽が楽しい乳首責め

20200905chakuibflsh.jpg
刺激する側も手袋を着用すれば
また違った快感に…


乳首刺激、これで快楽を味わう女性は多い。とはいえ、最初から感じる人ばかりではないよね。他の性感帯と同じで、最初はほとんど快感がないという人もいる。一方で最初からものすごく感じるという人も。

〝ゆえ〟の場合は〝Y〟と出会ったときにはすでに乳首はかなり感じる体だった。

でも、〝Y〟は無類の乳首好き。毎回のプレイで必ず乳首をいじって遊ぶし、自分で触らない時にもローターを取り付けたりして、常に刺激状態。面白いもので、刺激し続けると快楽が消えていく器官もあるんだけど、〝ゆえ〟の乳首はどんどんどんどん快楽が高まってしまう。ついには乳首の刺激だけで中イキするようになったというのは、以前、ここにも書いたよね。

それほどの「名器」である乳首なんだけど、実は、あることで、もっともっと快感が高まることがわかっている。

それが、〝Y〟が名付けた「衣一重(きぬひとえ)」の刺激。

そう。指が直接乳首に触れるのではなく、間に布を一枚挟む。いや、具体的に説明すると、着衣のままの刺激ということ。

もちろん、ブラなどを着けていてはダメ。

裸の上に直接服を着けさせる。

それも、スクール水着だったり、あるいは、夏のセーラー服がベスト。

これを着けさせて、その上から乳首を指で刺激する。

これが実にたまらない快感になると〝ゆえ〟は言う。

おそらく男性でもドライオーガズムの訓練で、乳首刺激をしたことのある人は頷けると思う。

直接よりも、「衣一重」の方が快楽が大きい。それも柔らかい綿素材ではなく、ポリエステルだったりすればなおさら。

一つには、直接刺激では強すぎてかえって痛みを起こしたりして、快楽から遠ざかってしまうということがある。それがないということ。

刺激がちょうど良い強さになるということだね。

さらにいえば、着衣ということは、乳首を刺激しても、布で覆われている他の部分にも振動が伝わるため、刺激が広範囲になるということ。これもまた大きいのじゃないかと思う。最初はそれがもどかしさに繋がるのかもしれないけど、丹念に刺激を続けていけば、やがてあるときに、一気に快感の閾値を超えて、大きな快楽に飲み込まれるようになる。

そして、まず最初のオーガズムを迎えたあと、今度は服を脱がせて、直接刺激に移ると、今度はまた別のタイプの刺激に感じ、再びオーガズムを…。

そこで、また着衣に戻し、刺激すると、こちらも新しい気分で、再びオーガズム…。と、延々とそれを繰り返して楽しむことも出来る。

でもね、この「衣一重」の刺激、責める男性側にはもう一つ大きな喜びがあるんだ。

それは、心理的なもの。

裸の乳首を刺激するのは、言ってみれば当たり前の行為。もちろん、楽しいけど。

でも、着衣での刺激はやっぱり、非日常の感覚がある。しかも、それがスクール水着やセーラー服であれば、これはもう禁断の領域。そう、猛烈な背徳感がある。その背徳感を持ちながら刺激し、そして、相手が大きく乱れている姿を見ると、もうこちらの興奮はマックス(最高潮)に。

そんな一種の「倒錯した快楽」を得ることができる。

着衣の乳首刺激、受ける側だけでなく責める方にとっても最高のごちそうだと思うよ。





エマ・ワトソンの言葉に感心する

20200829kinkyyueflsh.jpg
こんなプレイももちろん二人の
合意とコミュニケーションがあればこそ


少し前に書いた文章だけど、書いたままにしておいたのを思い出したので、ここにアップしておくね。

***********************

〝ゆえ〟がある日メールで興味深い記事を教えてくれた。

イギリス出身の人気女優、エマ・ワトソン。「ハリーポッター」シリーズなどで有名だよね。その彼女が興味深い発言をしているんだ。

FRONT ROW(フロントロウ)という女性向けのサイトの記事(もともと「Teen Vogue誌」のインタビュー)。
https://front-row.jp/_ct/17353054

女性の権利を守るアクティヴィストとしても知られている彼女らしい発言なのだけど、上記URLで読んでいただければわかるとおり、SM愛好家のようなKinkyな人たち(性的倒錯・変態者)に関する分析は、見事に的を射ていると思う。

簡単に言えば、Kinkyな人たちは(その趣味の特殊性ゆえ)相手と、どこまでお互いの趣味を相手が受け入れるのか、周到なコミュニケーションを上手にとっていく傾向があるということ。そして、そのことを彼女は賞賛している。

確かに!

実際、SMは細かい事柄への同意があってこそ。同意のない暴力やセクハラとは対局だからね。

通常の恋愛も、実はそうした同意のないセクハラに近い状態にもなり得る危険性があると、エマは指摘している。だからこそSMを含むKinkyとされる趣味の人たちのコミュニケーションは、通常の恋愛においても、お手本として見習われるべきものなのではないかと。

エマが実際に「魅了される」だけでなく、SMプレイなどを実践して、そして、社会に発言をどんどん行ってくれると、SMへの社会的認知ももっと高まるかもしれない。(^^)

そんな夢想をしてしまう。

いまだにSMプレイというのは世間では誤解されている部分が多いから。

emma_watson.jpg


彼女の言葉の中でもとりわけ、この部分、

「典型的な枠組みにハマらないカップルのほうが、『役割分担や責任の所在について、きちんと会話をして同意に達している』とも語った彼女は、『恋愛が易しいものであるべき、言葉を交わさなくても成り立つものであるべき。なんとなくお互いに理解し合うものだなんていうアイディアは、ウソっぱち! そんなことは不可能!』と、言葉にして自分の思いや考えを伝え合うことこそが、恋愛の神髄だと力説した。」

そう。自分の思いや考えをお互いに伝え合う、それこそがSMには絶対条件として必要だし、そして本来は通常の恋愛にも。

このあたりは本当に大切だと、先日の〝ゆえ〟の小窓(こちらの記事)を思い出しても、〝Y〟は思うよ。





言葉責めだけで体が震える〝ゆえ〟

20200822kotobasemeflsh.jpg
言葉責めを受ける〝ゆえ〟
「奴隷市場」のボディバンデージが良く映える


いつの頃からか、タイトル通りになった〝ゆえ〟。

M性の強い女性だから、当初から言葉責めは行っていたし、それで興奮を覚えるということは知っていた。

でも、最近はその責めに対する反応が以前よりも、体に直結することが多くなってきたような気がするんだ。

出会って間もない頃は、まだ慣れなかったと思う。先日の「〝ゆえ〟の小窓」にもあったとおりその言葉を取り違えてしまい危機に陥ったこともある。

でも、言葉責めでじっとりとアソコが濡れてくるという具合の反応は最初の頃からあった。「おい、おまえは俺の言葉で、こんなにアソコが濡れてくるのか、本当に変態だな…」などとつぶやくと益々濡れてくるという具合。

それが、最近は、もっともっと強くなっているような気がしていたのだけど…。

ある日のプレイで、ローターを使った快楽責めをしていた。

長い間の調教での刺激により、かなり感度が上がってきたこともあるんだろうね。

しとどに濡らしたアソコを手でかき回したあと、手を離し、

「おい、おまえは本当に淫らなメス犬だな」

と言葉をかけた瞬間、体を振るわせる…というより激しく痙攣する。

ほぉ!言葉で痙攣!

「自分で、今の言葉を繰り返して見ろ」

「はい、ご主人様。〝ゆえ〟は淫らな変態のメス犬です…」

と言いながら、また、体が痙攣しているどころか、なんと、何度も何度も痙攣を続けている。これは楽しいし、凄いねぇ!

以前こちらの記事に書いたように、〝ゆえ〟は「イケ!」と言葉で命じると、それだけでイク事も出来るようになった。

こうしたことを振り返って考えてみると、M性のある女性にとって言葉というのは本当に大切なものだなぁと実感するよ。




〝ゆえ〟の小窓~12 言葉の受け取り方の違い

20200815komado12flsh.jpg
ご主人様の言葉責めを受ける〝ゆえ〟


〝ゆえ〟と〝Y〟。赤の他人だった二人が出会って主従関係を結ぶ。育った環境も世代も違う二人。当然そこにはコミュニケーションで乗り越えるべき課題が沢山ある。そんな苦労の一つについて〝ゆえ〟が書いてくれたよ。

*******************

SMには独特の表現が多いように思います。
普段の生活では到底お目にかかれないような表現が、褒め言葉として使われていますよね…きっと、ご主人様だけでは無いはず。

普通の生活なら「綺麗だね」「かわいい」「(君のこと)大好きだよ」と、ストレートな表現が好意には使われますよね。
時々「月が綺麗ですね」と表現する方もいらっしゃるようです。
〝ゆえ〟的には情緒たっぷりで、これも素敵だと思います。

でも、SM中では……
「こんなに涎を垂らして恥ずかしい奴隷だな」
「もうまんこがグショグショじゃないか…ドスケベな奴だな。毎回呆れるよ」
「自分で腰を振ってるの気付いてる?淫乱だなぁ」

はい。

今の全部、ご主人様は「大好きで可愛い奴隷」の意味で使われていらっしゃるそうです。

最初は言われる度に、(そうだよね…涎を垂らしている姿は恥ずかしい…)、(濡れやすい体質なのご存知なのに、何で毎回指摘してくるのかしら…恥ずかしい)、(そ、それは、、奴隷は腰を振ってご主人様に喜んで頂くのが嬉しいからであって、淫乱な訳では…訳では……恥ずかしい)と思っていました。

後から思えば、ご主人様はそんな〝ゆえ〟を理解した上で、遊んでいらっしゃったご様子でした。
しかし、〝ゆえ〟自身がこの言葉のすれ違いでかなり疲弊してしまいまして。
もう、無理…精神的に辛すぎる…となった時、初めて言葉についての解説がご主人様からありました。

最近はようやく慣れてきましたが…未だに慣れない表現が1つだけあります。
それは、「役に立たないじゃないか」です 。

「全く、役に立たない奴隷だな」は、ご主人様にとって渾身の決め台詞だそうです。
使われる場面は、快楽責めを受け続けて奴隷が無反応になった時です。
ご主人様はこの言葉を口にすることで、かなり多くの充足感が得られ、脳内では快楽ホルモンがドバドバ出ているそうです。

が、「役に立たない」を受け止めた〝ゆえ〟側は、最初、絶望感でいっぱいでした。

お役に立てないということは、、、もう〝ゆえ〟に飽きたのかな…。

不安がつのり、ご主人様に恐る恐るこの事をお伝えすると、ご主人様、驚愕されました。
それから、珍しくキレられてましたね。

「お前、SM小説とかSMのAVとか読んだり見たりしろよ!何でそんなに知識無いわけ?はあっ?何年俺のそばにいるんだよ。(ご主人様しばし沈黙)……ま、でもこういうのに疎くて、初心者だってことをわかった上で、奴隷にしたのは俺だからな…。いいか、何度も言うぞ。落ち込んだままにして後から言ったりするなよ?!疑問や不安はすぐにその場で伝えること!わかった?」

〝ゆえ〟はもう、涙目、鼻声です。
「ご、ご、ごめんなさい。本当に申し訳ありませんでした」

それ以来、時々このときの事を蒸し返されては、ご主人様は独りムカムカしていらっしゃるご様子ですが、面と向かって〝ゆえ〟に「役立たず!」とはお使いにはなられません。

実は、ご主人様にお気を使わせているという、何とも奴隷らしくない一面を持っている〝ゆえ〟でした。


*******************

言葉の受け取り方の違いで、一時期は危機的な状況になったことも。でも、無事に乗り越えた二人。こうやって、少しずつ、少しずつ、同じ言葉と世界を共有できるようになってくるんだね。やっぱりコミュニケーションは本当に大切!

長い道のりだけど、〝ゆえ〟、これからもよろしく!




«前ページへ | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.