FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (29)
ボンデージの道具たち (31)
アルファイン(SMホテル) (30)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (19)
風俗 (4)

〝ゆえ〟をアルファイン302号室「晒し便座」で責めてみたら…

alphainn302_03flsh.jpg
チェーン磔に〝ゆえ〟を。
秘部に装着された「蝶秘密」がいやらしい


さて、前回紹介したお部屋、302号室「晒し便座」(こちら)、このお部屋を使ったときの写真、実は、先月のレーシックの記事(こちら)に使っているけど、気づいた?

ここではさらに、そのときのプレイをもっと紹介しちゃうね。前回のお部屋の記事と合わせて読んでみてね。

まず、スリムな〝ゆえ〟の体を裸にし、この日履いていた黒のラバー長靴だけにして、チェーンの磔台に(部屋が汚れないように、長靴の底はしっかりと洗って拭いているよ)。上半身をかがませて、手枷をチェーンにとりつけ、バックから挿入して責める。自分から腰をしっかりと振らせる。すぐに大きな喘ぎ声がボールギャグ越しに部屋に響く。同時にガチャガチャとチェーンの揺れる音が激しくなる。

バックからの責めはいつも膣口が狭くなり、気持ち良いんだ。そして、鞭を当てるとその度に、膣が締まる。しばらく愉しんだ。

〝ゆえ〟に、床に広がった自分の唾液を拭かせる。その間に〝Y〟は次の準備を。

この日はセーラー服プレイ。彼女にまず革のメタリックブラを装着し、その上で、持参させたセーラー服。スカートを履く段階で、「ストップ!」と声を上げた〝Y〟。

下半身が裸!これが良いじゃない!この姿、男性は大好きだよね。実は〝ゆえ〟は初めてだったらしい。こんな感想を送ってくれた。

「制服を上だけ使用する…なんて斬新なエロスでしょう‼と思いました。」

そう。それだけでも恥ずかしいのに、そのあらわになった下半身には、「蝶秘密」という固定のバイブを装着。細いヒモのTバックのような形状なので、これは思いっきり恥ずかしい。しかも上半身にはセーラー服、もう男性にとっては最高のエロス。

しかも、「蝶秘密」、バイブはあえて短めになっている。そう、それだけでは深い快楽に行き着けない。つまり、女性を焦らしっぱなしにするという残酷なオモチャなんだ。両手が自由になれば、自分の手で揺らしたりして、快感を高めたりできるんだけど、磔にされているから、とにかくもどかしい。そして乳首にはローターを。

チェーン式の磔に大の字で拘束。上半身冷たい鎖の網に預けられる。冷たい金属でできた蜘蛛の巣にかかった獲物のよう。体を激しく揺らすたびに金属音が部屋に響くんだ。

alphainn302_04flsh3.jpg
フェラはねっとりと…。


唇を重ねてみると、快楽に酔いしれているのか、激しく、理性を無くしたように自分の舌をご主人様の舌にからめてくる。

そんな状態で鞭打ちやいろんな責めを繰り返し、最後に電マを蝶秘密の上からあてたら…、あっけなく、しかしもの凄い痙攣させながら、イッてしまった。焦らしの効果だね。

さて、磔から下ろしたら、そのまま床に座らせてフェラに。これも、実は鏡がチェーンの向こう側に置いてあるから、実に眺めが楽しい!これはいいねぇ。

しかも、下半身裸で、長靴を履かせたまま。この姿、やっぱりエロい。これには、ご主人様のペニスも常に張り裂けそうにパンパンになっている。

どうにか、射精はガマンして、彼女の口に口枷を。そう、フェラが終われば奴隷の口に用はないからね。

alphainn302_05flsh.jpg
マルゴの口枷とセーラー服もよく似合う。


そしてベッドで〝ゆえ〟と交合。口枷の穴から大きな喘ぎ声を放つ〝ゆえ〟。

途中で騎乗位にすると、面白いくらいに〝ゆえ〟はガクガクと腰を震わせる。

昔懐かしい新宿マルゴの口枷は相当にキツイみたいだ。口径が50mmと、ボールギャグよりも遙かに広く口を開けさせるのだから。しばらく涎が流れるのを愉しんだけれど、途中で〝ゆえ〟からNGシグナルが送られてきたので、外しておく。目隠しも外し、〝ゆえ〟の表情を愉しむのだけれど…、快感のあまり、すでに人間らしい表情はもはや消え失せている。乳首を下から指先でいじり続けると、絶頂を行き来し、さらに快楽を求める姿はもはや雌犬に。

alphainn302_06flsh.jpg
快楽に酔いしれているベッド上の〝ゆえ〟。


こちらも大興奮の末、正常位になり、射精を。長い、長い、射精だった。

射精の後も、しばらく、繋がったまま腰をゆっくりと動かすと、その度に〝ゆえ〟は短く「あっ!」と声を上げながら「ありがとうございます!」と、もはやエネルギーも尽きたのか、細い声でお礼を言う。

最後に抜き取ると、口で綺麗にしてもらう。

〝ゆえ〟、死んだようになって、ベッドに横たわっている。

10分ほどそのままにしたけれど、これで終わりじゃつまらない。無理矢理に起こし、今度は口穴マスクで視界を奪い、そして、アームバインダーで上半身の自由を奪う。そして、この部屋には吊りがある!ということで、バインダーの先を滑車でゆっくりとつり上げていく。

ところが…。

ここで、〝ゆえ〟、全身を震わせてNGシグナルを送ってくる。

視界のない状態での腕吊りは恐怖を感じてしまったみたいだった。うん、奴隷に苦痛は与えても恐怖は与えない…とういうのがポリシー。

すぐにいましめを解く。

alphainn302_09fl2sh.jpg
視界を奪われてのこの姿勢は恐怖を感じてしまったみたいだ。


「申し訳ありません!」と奴隷。

「情けないな。じゃ、電マでお前がボロボロになるまで責めるぞ」と宣言。

口穴マスクのまま、再び磔台に。

「ご主人様、やめてください!またイっちゃいます!」

と叫ぶ〝ゆえ〟。叫び声を聞きつけたのか、他のお部屋の人らしき気配が外で。そしてトントンとノックが…。

うーん、まだ〝ゆえ〟は皆様に晒すほどには成長していないので、みなさん、もうしばらく待ってね。

ということで、ドアノックには応えず、責めを続けたよ。

さすがに長時間の電マはキツイよね。〝ゆえ〟も「痛くなりました!」と叫んだので終了。チェーンに繫がれたままがっくりと頭を落とす〝ゆえ〟。まさに崩れ落ちたというのがふさわしい姿。これ、絵になる…。本当に素敵だ。よほど堪えたのか、「はぁ、はぁ」と早くて浅い息をしている。

lasik2017_02flsh.jpg
以前も紹介したこんな姿になっちゃったわけ…。


と、しばらくして〝ゆえ〟。「トイレにいかせてください。ご主人様」

よぉし!この時を待っていた。「ああ、良いよ。行きなさい」とにこやかに答えると、立ちあがった〝ゆえ〟、一瞬、ハッと立ち止まる。そう、晒し便器だ!

「見ないでください」と言いながら便座に腰を下ろす〝ゆえ〟。見ないわけにいかないだろう…と、目の前にしゃがんで、じっと観察。〝ゆえ〟は顔を押さえて…。

ふふふ。最後の最後まで愉しませてくれるお部屋だね。

というわけで、302号、「晒し便座」、みなさんも愉しんで!


alphainn302_08flsh.jpg
晒し便座の楽しみ。






スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

上半身だけセイラー服に黒のレインブーツそそりますね。
そのままで、磔に大の字の写真が見たかったです♪
それと最後までブーツ姿も見たかった!

しかし、苦痛を与えても、恐怖を与えない事は素晴らしいですね。

コメント

Re:

ニーハイさん、ありがとうございます!

そう、確かに途中でブーツを脱がせてしまいました。勿体なかったですねぇ…。次のチャンスにはぜひ最後まで…。(^^)

コメント

全頭マスク姿のアップを

Yさん、いつも楽しく拝見させて頂いております。

SMルームでのプレイ、色々なプレイが楽しめますね。
男にとってM女のオーラルな奉仕はたまりません。

ゆえさんの革の全頭マスク姿、もう少し見たいです。
個人的な意見ですみません。楽しみにしています。

コメント

Re:

RubberMaskさん、ありがとうございます。SMルーム、本当に楽しみ方が色々あります。1ヶ月くらいぶっ続けで滞在しても、多分、飽きないんじゃないかな…というくらい(笑)。

全頭マスク、了解です!いただいたリクエスト、〝ゆえ〟も喜ぶと思います。しっかりとお応えしますね!(^^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bondagelife.blog.fc2.com/tb.php/98-540ab955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.