FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (21)
ボンデージの道具たち (24)
SMホテル(アルファインなど) (18)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (14)
風俗 (4)

アルファインのお部屋~203号室「女囚の檻」

alphainn203_03wm.jpg
独立したプレイルームには、様々な道具が。
右には宇宙遊泳(SMチェア)。さらし便器。
そして、磔はユニークなデザイン。


さて、アルファインのお部屋紹介。前回に続いてホテルの分類で「オールマイティ」となっているお部屋を。今回は2階にある203号室「女囚の檻」。こちらは前回ご紹介した601号室「拷問地獄」とは部屋の造りが異なり、2室に分けた構成になっているんだ。値段は601号と一緒。やや高い方の設定で、REST(休憩&サービスタイム)が16,850円、そしてSTAY(宿泊)が32,170円となっている。

扉を入って最初がベッドルームとお風呂。こちら、ベッド頭上のステンドグラスが特徴的。このステンドグラスは背後の灯りをつけたり消したりできるようになっている。このお部屋のシンボルともいえるものだね。

そして、この寝室から、檻のような扉をあけて隣のプレイルームに入ることができるんだ。

このプレイルーム、独立した部屋のような作りになっているけど、そこそこの広さで使い勝手はとてもいいと思う。ただ、ベッドと別のスペースになっている点が、人によっては使いにくいと感じるかもしれないね。それから、和式の晒しトイレもある。この部屋の場合、これとは別に通常のトイレもあるので、初心者のM女性を連れて行っても、抵抗感はないと思うよ。

さすがオールマイティ、プレイルームの設備は揃っているよ。

ホテルの公式ホームページ(こちら)によると、以下の通り。

・Suspension (ツリ)
・磔台×2
・オープントイレ (個・オープン)
・宇宙遊泳
・馬
・ギロチン
・ブローバス


alphainn203_02wm.jpg
真ん中の一本柱が磔。
右にはギロチンと馬も頭の部分が見えている。


大きな道具も揃っているし、601号室にはなかったギロチンが置いてあるのも嬉しい人が多いかも。ギロチン、単純な道具だけど、これに拘束されると大きな羞恥心を感じるという女性は多いみたいだね。そうそう、〝ゆえ〟もこのギロチンを他の部屋で経験しているけど、結構ファンだったりするよ。

吊りもできるし、宇宙遊泳もあるし、言うこと無し!という事なんだけど、実は磔については少し注意が必要。

一つは1本柱に体を預け、天井から吊された手枷と、床に固定された足枷で拘束するという形式。これだと手は宙ぶらりんになる。手を背後の木に預けて…なんて休ませ方はできないので、奴隷の手がしびれないように、チェックは頻繁に行ったほうがいいよ。

それと、もう一つの壁の磔。これ、ちょっとユニークで、岩のようにゴツゴツした壁の表面の一部を人型の部分を革にしてあるんだ。これはこれで体には優しくて負担が少なくていい。でもね、その革の部分、首と腰の部分にスパイクのように棒がニョキッと出ているんだ。つまり、この間に体が入り込めないと、この磔使えない事になる。極端に身長が高かったり低かったり、あるいは太っていたりすると、この磔は使えない。この点は注意が必要だね。

窓の側には横長のベンチが置いてあり、ここに持参の道具を並べておくと便利だよ。

alphainn203_05wm.jpg
一本鞭まである!


それと、壁には他の部屋同様、ホテル備え付けの様々な小道具が掛かっている。このクラスの部屋になると充実していて、バラ鞭の他に一本鞭もあるから、鞭責めの好きな方にとっては嬉しいね。

さて、ベッドは前述の通り、入口の方の別室になる。ちゃんと手足枷もついている。プレイルームを離れて、じっくりとベッド上だけでプレイをしたいときには、かえって、色々な道具に目移りせず、集中できて良いかもしれないね。〝Y〟がかつてこの部屋を使ったときは、前半はプレイルームで呼吸制御などを楽しみ、後半はベッドでアナル責めを楽しみ…なんて、プレイの前半と後半で分けるという形だった。気持ちの切り替えができるので、とても、良いと思ったよ。

あと、2カップルで使えば、1組がプレイルームを使っている最中に、もう1組はベッドで責める…ということもありかもしれない。

alphainn203_01wm.jpg
ステンドグラスが独特!
右がプレイルームへの入口。


それと、頭上のステンドグラス、灯りをつけると結構な明るさになるんだ。これはこれでムードが出るけど、写真を撮影するときにはこれで被写体が逆光になる恐れがあるから、それは気をつけてね。

バスルーム、ガラス張りになって、ベッドから見えるようになっている。で、全部赤のタイル。これはちょっとデザイン的には好みが分かれるよね。で、面白いのは、壁に樽のような大きめのオケが置かれていること。これ、何に使うのかな?使い方をご存じの方はぜひ、教えてくださるとありがたいね。

というわけで、このお部屋、レイアウトのユニークなお部屋なのでぜひ一度体験してみてね。

alphainn203_04wm.jpg
写真の奥に桶が写っている。どう使うのだろう?




この本にもアルファインが紹介されているよ!



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.