FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (27)
ボンデージの道具たち (29)
アルファイン(SMホテル) (28)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (17)
風俗 (4)

アルファインのお部屋~601号室「拷問地獄」

alphainn601_01sh.jpg
結構広くて、見通しも良いお部屋。


アルファインのお部屋を紹介するシリーズ。今日は6階にある広いお部屋、601号室「拷問地獄」だよ。

このお部屋はホテルの分類では「オールマイティ」となっている。つまり、何でもできちゃう便利なお部屋。確かに昔から雑誌のグラビアなどでよく登場する部屋。人気もあるんじゃないかな。〝Y〟がホテルを訪れると、ロビーの掲示板の灯りが消えていて、使われていることが多いからね。

その分値段もやや高い方の設定で、REST(休憩&サービスタイム)が16,850円、そしてSTAY(宿泊)が32,170円となっている。

設備としても、かなり大がかりな設備が多いよ。ホテルの公式ページによると以下の通り。

・Suspension (ツリ)
・オープントイレ
・宇宙遊泳
・馬
・ブローバス


特に目を惹くのは、まずオープントイレ。このトイレ、和式が部屋の一角にむき出しになっているんだけど、特に、その壁に革の手足枷がついていること。そう、奴隷を四肢拘束したままの状態で、排便や排尿させることができるという仕組み。これは他の部屋にはあまり見られないものので、非常に重宝するし、これを見ると、絶対に使いたくなっちゃう。

alphainn601_02sh.jpg
これは絶対に奴隷を拘束したくなるよね。究極の羞恥プレイ!


それと、馬と宇宙遊泳はファンの方も多いと思うので、両方が揃っているという点もうれしいね。特に、この馬。結構責めとしてはなかなか重い責めができるのだけど(特に鞭打ち)、それに反して顔の部分のつぶらな目の可愛いこと!このギャップがいつも素敵だと思ってしまうよ。

ブローバスについては、アルファインでは湯船は使わないという主義の人にとっては無用かもしれないね。それと、シャワーの水回りがやや不便だったけど、〝Y〟がこの部屋を使ったのはかなり前なので、その後改善されているといいな。ただ、スペース的にはかなり広いお風呂なので、お風呂でプレイをされる方には重宝するんじゃないかな。

吊りに関しても2つ滑車が用意されているし、梁だけでなく、十字架の横に立てられた柱にもいくつもフックがある。いろいろな使い方が出来るようになっているみたいだね。

さて、もう一つ、ここに書かれていないけど、この部屋では、ベッドが檻の中にあるというのも特徴的だね。責めとしての実用度はさほどないかもしれないけど、やはり、ムード…ということを考えるとかなり嬉しいもの。檻の中に閉じ込めた奴隷をベッドでオナニーさせ、それを檻との外から観察して楽しむなんてシチュエーションもいいよね。もちろん、ベッドには手足枷がついているよ。

alphainn601_00sh.jpg
十字架の革も使い込まれていい雰囲気を出しているね。


十字架も目の前に大きな鏡があるのも得点高い。宇宙遊泳をそこに置いて奴隷を責めるのは奴隷自身にその狂態を見せつけるという意味でも楽しいしね。

こうしてみると、分類の「オールマイティ」というのは看板に偽りなし!この部屋なら1晩、寝ずにプレイをし続けたとしても、決して飽きないと思うよ。

部屋が広くて、しかも見通しが良いので、撮影などをされる人にはとても便利な部屋だと思うし、赤を基調にしたこの部屋は昔ながらのアルファインのイメージを色濃く残しているから、それが好きという人にはたまらないんじゃないかな。それに、トイレのプラスチックでできた蔦のチープさも懐かしい!あ、そうそう、壁上方に取り付けられた水洗トイレのタンクもね。実際、〝Y〟もこの部屋に入ると、AVが流行始めた、昭和50年代から60年代のあの淫靡な時代を思い出して懐かしい気分に浸ることができるんだ。

アルファインを代表する部屋の一つ、チャンスがあればぜひ利用してみてね。

alphainn601_03sh.jpg
檻というのは、ムードを出すよね…。



この本にもアルファインが紹介されているよ!



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.