FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (27)
ボンデージの道具たち (26)
アルファイン(SMホテル) (22)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (16)
風俗 (4)

「手コキ奉仕」を楽しむ…

tekoki201707_01flsh.jpg
まずはたっぷりとローションを手に



姉妹サイトでお世話になっている大阪のドライオーガズム専門店、「マル秘堂」さん。店主さんのTwitterは非常に個性的でユニーク。そして、色々と勉強になる事も多いんだ。

そのツイートでこんな内容のものがあった。

男性のおちんちんを女性が刺激するのに、物理的に気持ち良い順番で言えば、

「手>口>膣」なんだって。

みなさんはこれを見てどう思う?意外?

〝Y〟はしばらく考え込んだけど、どう見ても正しい。そう、物理的にはそうなんだ。

しかし一般の印象はどうだろう。おそらく、世間的には

「膣>口>手」

の順番で男から重宝されるよね。

でも、冷静に物理的感覚からいえば、手は指があって複雑な動きができる。口には舌があるけど、指のような複雑な動きはできない。

結局、穴だけの膣が一番分は悪いんだよ。

ただ、一つだけ条件があって、手の場合、それだけではだめ。だって、水分がないから、そのまま強くさわられてもなかなか…。

口であれば、唾液があるし、膣であれば、膣内の分泌液がある。だから、両者とも潤滑剤にことかかないわけで、これが気持ちよさを作ってくれる。が、手はそういうわけに行かない。

でもね、そこに救世主が。「ローション」、あるいは「ゼリー」ということになるね。

〝ゆえ〟と出会って1年数ヶ月。その間にご奉仕のフェラも次第次第に上達してきている。最初は力のないソフトなフェラだったけれど、バキューム力はこのところ、とみに増してきた。調教のし甲斐があるよね。その〝ゆえ〟がフェラをしてくれたあと、横に並んで、ふとその華奢な手で〝Y〟のペニスを握ってくれた。

ああ、暖かくて気持ち良いなぁ…、と想った瞬間、上記の事を思い出した。

そうだ!ローションをたっぷり塗って手でご奉仕してもらおう。いわゆる「手コキ」。〝ゆえ〟にはそういう経験はあまりないはず!

というわけで、思ったら行動に移すのが〝Y〟。次に会ったときのプレイで実行。

20分ほどフェラをさせて、気持ち良くなったところで、〝ゆえ〟の口にフェイスクラッチマスクを嵌める。もう、奴隷の口は必要ないからね。(笑)

tekoki201707_02flsh.jpg
口からは当然、涎が次から次へと
おちんぽ様に落ちてくる。


そして、ペニスにたっぷりとローションを付けてもらい、いよいよ手でのご奉仕の開始。

会う前からこのプレイのことを通告していたので、手順を色々と考えてくれてみたい。手を変え品を変えペニスを刺激しようとする姿はなかなか堂に入っている。下手な風俗よりもずっと上手かも!

しかし、何と言っても口枷(フェイスクラッチマスク)はヒットだったねぇ。〝ゆえ〟の口からみるみる涎が垂れてくる。それが、ペニスにあたるものだから、ローションも乾く暇がない。ローションと涎で、〝Y〟のペニスは常に、濡らされて刺激されている。これは気持ち良い。

何度か腰ががくんがくんと震えてしまったよ。ペニスの快楽を越えて、軽いドライオーガズムを引き起こしてしまったみたいだ。

そして、こちらも空いている手で、〝ゆえ〟の乳首をいじって遊んだり、クリを刺激したり。一生懸命ご奉仕する奴隷にご褒美を…ということで、途中でローターをあそこにあて、さらに乳首にも乳首ローターを装着。

〝ゆえ〟が悶えながら、ご奉仕する姿を堪能。

40分ほどしたところで、〝ゆえ〟に休息を与えた。20分間のフェラと合わせて1時間あまり、ご奉仕を続けたことになると話したら驚いていた。ご奉仕は本当にリラックスできて嬉しいらしいんだ。それで時間が経つのが全く感じられなかったそうなんだ。

実に嬉しそうな表情。ああ、本当にこの娘はご主人様へのご奉仕が好きなんだなぁ…と、〝ゆえ〟のM性を実感できたよ。

SMというより何だか風俗みたいだけど、こんなプレイも時には楽しんでみると、よい刺激になるね!

tekoki201707_03flsh.jpg
最後は我慢しきれず、おちんぽ様をまた口に
入れようとしてしまうはしたない〝ゆえ〟。
排水口から垂れる涎がいやらしい。





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

フェイスクラッチマスクでポカンと開いた口は使えず、手でとは矛盾した姿が良いです

最後はゆえ様も咥えたかったんでしょうね

コメント

nocchiさん、

「矛盾した姿」…、SMらしさを醸し出す要素の一つかもしれません。

>最後はゆえ様も咥えたかったんでしょうね

咥えたかったのですねぇ…。(^^;)

そのやむにやまれぬ姿もS心をそそりました!(^^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.