FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (27)
ボンデージの道具たち (29)
アルファイン(SMホテル) (28)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (17)
風俗 (4)

我がフェティシズムの軌跡 10 SM雑誌

sniperclubflwm.jpg
今となってはお宝2冊!
マニア倶楽部創刊号とSMスナイパー第300号。


〝Y〟にとって、フェティシズム(フェチ)関連で一番の情報源だったのはSM雑誌。

日本の雑誌って凄いんだよね。かなり分厚いし、情報量が並じゃない。まるで辞書みたいな雑誌も多いよね。

でもね、最初の頃はあまりSM雑誌には興味がなかったんだ。だって、ほとんどの雑誌が「縄」中心だったから…。そんなある日、立ち寄った書店で、三和出版という会社から「マニア倶楽部」という雑誌が出ていることを発見。1987年頃の事(創刊はその前年)。

これは衝撃的!

ボンデージ系のコスチュームなどが登場するし、毎号、モデルが綺麗なおねぇさんばかり(SMの世界もこのころバブルだったのだろうね)、ページを眺めていてもう意識を失いかけたくらい!それにね、写真の雰囲気も従来のSM雑誌のようなおどろおどろしい写真でなく、明るい、欧米のボンデージを意識したものが多かったんだ。杉浦則夫さんの写真は特にきれいだった。

ちょっと恥ずかしいけれど、おそるおそる、他のまじめな本と混ぜてレジへ…。いや、なんてったってこれが一番の障壁。今はインターネットでいくらでも恥ずかしげもなく買えるいい時代だけど、当時はSM雑誌を書店で買うなんて命がけ!

でも、勇気を出して買って帰り、ページをめくると本当にときめいた!

すぐにバックナンバーから買いそろえたよ。

で、このころ別の雑誌「SMスナイパー」もパワーアップしてきたんだ。出版元のミリオン出版(当時)からはムックの写真集が出たんだけど、これがなんと、小林ひとみ(当時は松本かおりの名前だったけど)など大物のAV嬢をとりそろえ、しかも、革のボンデージが出てくるとあって、書店で注文。そんなことから「SMスナイパー」も読み始めた。

そう、「SMスナイパー」と「マニア倶楽部」、〝Y〟にとっての「2大雑誌」には長いことお世話になったなぁ…。「SMスナイパー」は記事の企画力とその情報量の多さが他を圧倒していたよ。この雑誌の場合、守備範囲も広かったから、革具やラバー関係の情報も沢山仕入れたることが出来たのもありがたかった!「ガスマスク特集」なんてのも参考になったなぁ…。一方で「マニア倶楽部」は写真だけでなく、その誌面の美しさが際立っていた。編集者の美学がレイアウトに至るまで徹底している雑誌だった。

とにかく想い出つきない両雑誌。その後、スナイパーが紙媒体から撤退してWEB展開(こちら)だけになってしまったのは残念(とはいえWEBの記事に今も〝Y〟はお世話になってるよ!)。またマニア倶楽部はDVD中心に。

〝Y〟のフェティシズムに貢献してくれた両雑誌には、いまでも心から感謝してるんだ。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.