FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

SM、スパンキング

タブーを愛する二人の日記

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (54)
ボンデージの道具たち (58)
アルファイン(SMホテル) (40)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (7)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

〝ゆえ〟が涎で濡らしたボールギャグの魅力

ballgag202003_01flsh.jpg
快楽責めでボール越しに聞こえる
〝ゆえ〟の喘ぎ声が大好きな〝Y〟


〝ゆえ〟とのプレイでは必ずといって良いほど使うボールギャグ。中でも、白のシンプルな物は一番のお気に入り。

これだけはどんなプレイでも外せないんだ。

〝Y〟がボールギャグ好きなのは何度もこのブログでも取り上げている。でも、どうしてこんなにボールギャグが好きなんだろうと改めて考えると、これはいろいろと思考が巡り巡るけど、これだ!という唯一の結論は出てこない。

ゴルフ練習用のホローボール、それに革のベルトを通しただけというシンプルな道具。

奴隷が言葉を発することができないという不自由さを楽しめるから?

うん。それはあるよね。ボールギャグ越しの言葉にならない声を聞くと凄く興奮するし。

また、呼吸の音でさえ、ボールギャグ越しだと、独特の音になり、これも心地よい。

〝ゆえ〟のような整った顔立ちの奴隷が口をボールギャグでふさがれている姿、これにも激しく欲情するから、きっと女性の口をふさぐという行為もまた、魅力的なんだろうね。

そして、もう一つ。

「涎(よだれ)」。

ballgag202003_02flsh.jpg
〝ゆえ〟の口から外した直後のボールギャグ。
ボールギャグはうっすらと涎で光っている。


女性がセックスの最中に涎を流すということは、普段はない。だから、それはものすごい興奮状態を表しているよね。そしてそれを見るのは男としてはものすごい喜び。

ボールギャグは女性の興奮とは関係なく涎を強制的に流させるもの。でも、結果、それを見た男を激しく興奮させる。

しかも、涎を垂らす女性はたいてい、強い羞恥心を感じるもの。それがM女性であれば、その心理的な効果は計り知れないよ。

ある日、〝ゆえ〟をベッドに座らせてひとしきりローターで快楽責めを楽しむ。口にはボールギャグ。

何度も何度も絶頂に導く。口からは涎を垂らしながら、腰を何度も痙攣させる。

そして、〝ゆえ〟の口からボールギャグを外し、首輪の状態に。

白いボールギャグに絡まった大量の唾液。

うーん、いいねぇ。思わずそのボールギャグを舐めてしまいたいくらいだ。

そう言うと、〝ゆえ〟、「ご主人様、ダメですぅ!〝ゆえ〟の唾液なんて、汚いですから!」

ま、確かにSであるご主人様の沽券に関わるから舐めないけど…。でも、美しい奴隷のよだれ、舐めたいなぁ…。これ、たぶん女性にはわからない男性の心理だろうね。

やがて、ボールギャグから唾液がベッドのシーツに垂れていく。

それを見届けて再び、そのボールギャグを〝ゆえ〟に噛ませ、再び快楽責めに…。

さらに涎を流しながらうめく〝ゆえ〟。

いいなぁ…。

やっぱりボールギャグ、最高!





スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bondagelife.blog.fc2.com/tb.php/222-cfb20e47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.