FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (52)
ボンデージの道具たち (53)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

寝バックの工夫と変態バックを楽しむ

neback202001_00bflsh.jpg
ツイッターで人気のマスタピさん、
そのツイート通り、まず寝バックに枕の工夫!


「ご主人様、寝バック、マスタピさんがツイートしていましたね。〝ゆえ〟もされたいです!」

珍しく、〝ゆえ〟がプレイについてリクエストしてきた。

ツイッターでいろいろな方々のプレイに関するつぶやきを見ていた〝ゆえ〟。このところマスタピさんという方のツイートをよく見ている。

そして、そこにあった、寝バックのツイート。

こちら

うん。確かに、寝バックはS男性にとってはもちろんM女性をバックで責める楽しさと、二の腕で押さえつけるという加虐の楽しみが同時に味わえるから楽しいけど、M女性にとっても、被虐感は強い。でも、それだけでなく、枕を使うことで、その快楽もまた大きくなるというのは、なるほど!抱きつくという形と腰を浮かせるという二つの枕。

これは試してみなければ…。

と、さっそく次のプレイで取り入れてみたよ。

結果、〝ゆえ〟、大満足だった。

何よりも、もともとバックが大好きだということも大前提にあるけれど、やはりM女性としては、体を強く押さえつけられて、自分の行動が制限された上で、オマンコをぐりぐりとされるというのは、ものすごい被虐感。それが、どんどん、自分の快楽を高めていくことになる。そして、枕の効果ももちろん!

珍しく、最後にはいつもの丁寧な言葉遣いを完全に忘れて、

またいっちゃうよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!

と叫ぶ。

当然、言葉遣いがなっていないと、その後ご主人様から罰を受けることになる。

〝ゆえ〟は、この日、この体位がよほど良かったのだろう。珍しく「またおねだりしたいです!」と感想をメールで書いてきた。

さて、マスタピさん、寝バックに関してさらなるツイートが。

こちら

寝バックに加えて、後ろ手で縛り、そこに足もつなげてしまって拘束するというもの。名付けて「変態バック」

というわけで、我々も次のプレイでやってみた。

neback202001_01bflsh.jpg
今度は手枷で後ろ手に拘束。
そしてその手を持ち上げる!


このツイートではタオルやヒモなどとなっていたけど、レザーボンデージ好きな我々だから革の手足枷に鎖で再現。

そうそう、この日も早々に口にはボールギャグを咥えさせている。

すると…。

〝ゆえ〟、叫ぶ叫ぶ!まるで獣のような咆哮が。

アルファイン全館に響くのではないかと思うくらいの声。そして、ボールギャグからのよだれがどんどん枕を濡らしていく。

ボールギャグ越しに叫んでいる口を枕でふさぐように頭を手で押さえつけるのもまた楽しい!

さらに、途中でご主人様はペニスを抜き取って、今度はオモチャで〝ゆえ〟のオマンコやクリをもて遊ぶのだけど、こちらも、凄い叫び声。特に拘束された手足を引っ張って上に持ち上げると、〝ゆえ〟の被虐感はマックスに。

最後はもう一度ペニスを突っ込んでご主人様は奴隷の叫び声をBGMに、膣内に精液をまき散らす。

意識がぶっとんでいる奴隷の頬をまだびんびんに立っているペニスでビンタし、目を覚まさせる。そしてお掃除フェラをさせるひとときの充実感…。

いやぁ、実に良い良い!

neback202001_02bflsh.jpg
挿入だけでなく、こうしてオモチャで遊ぶにも
変態バックの体勢は便利!


終わった後の〝ゆえ〟の感想から。

うつ伏せだと、息が漏れる時に自然に声も出てしまうのですね!拘束されて、上半身が低く、腰だけを持ち上げられた姿勢は、自分がおまんこだけの存在になったことをより強く意識しました😊。

とまぁ、人間としての存在は完全に壊れてしまい、おまんこだけの存在となって、快楽をむさぼる奴隷女。

〝ゆえ〟にとって「超」お気に入りのプレイになったみたいだ。

きっかけを作って下さったマスタピさんのツイートに感謝!





スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bondagelife.blog.fc2.com/tb.php/215-a2acf304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.