FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

青い首輪の女

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

SM、スパンキング

若狭と雫(緊縛と首絞め)

tabooを愛する二人の日記

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (58)
ボンデージの道具たち (60)
アルファイン(SMホテル) (48)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (28)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (13)
出会い系サイトでM女性を見つける方法 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

〝ゆえ〟のイキがご主人様の快楽を大きくする

2020newyearaflsh.jpg
革拘束具を付けられたまま
放心状態で横たわる〝ゆえ〟


皆さん、明けましておめでとう!

2020年、今年もどうぞよろしく。

穏やかな天気に恵まれた東京。ひととき、仕事も忘れて静かな時間をゆったりと過ごすのも良いもの。

さて、そんな中、旧年中の出来事を振り返る中で印象深いことは数々あった。中でも〝ゆえ〟のオーガズムの進化については、このブログでも何度も書いてきたよね。

でも、一つ、書いていない面がある。

それは、〝ゆえ〟のオーガズムの進化がご主人様の快感にも大きく貢献してくれているということ。

もともと女性が快楽に身をゆだねる、しかもそれが拘束された状態で…、という姿を見ることが大好きな〝Y〟。

だから〝ゆえ〟が完全に我を忘れるくらいに深い快楽に浸っている状態を目にするのは〝Y〟にとっては最高のごちそう。

前回の記事にも書いたように、このところ、〝ゆえ〟に脳イキ、言葉イキなどを初めて体験させた。そして、プレイのたびに、交合のたびに、非常に満足のいく状態になっているのだけど、そこにさらにもう一つの魅力が。

昨年12月の出来事。

その日、〝ゆえ〟には一つ課題を出した。それは、イク瞬間、意識を膣やクリトリスではなく、頭頂部にできるだけ持って行くようにということ。

その言葉を聞いた瞬間はやや戸惑っていた〝ゆえ〟だけど、すぐにローター責めでその課題を達成できた。そのとき、イキ方は外から見てもさらに深くなっているような気がした。

そして、いよいよ交合。そして、すぐに〝ゆえ〟が再びイッた瞬間、

あれ?

なんと!!

ご主人様も体が痙攣して、軽いドライオーガズム状態になってしまった。

なんと、なんと、〝ゆえ〟のオーガズムに連動して、〝Y〟の体が自然と反応してしまう。

オーガズムが伝染した!?

これは驚いた。いや、知識の上ではそれは知っていたし、いまから5年ほど前、〝ゆえ〟と出会う以前、代々木忠監督のAVでもおなじみの「チャネリング・セックス」を自分自身が体験したことがあり、姉妹ブログにもその記事を当時書いていた(こちら)。また、〝ゆえ〟とも長時間のポリネシアン・セックスなどでこうした痙攣の経験はあった。

だから、今回、そうなる可能性は意識していたけど、いきなり、挿入して間もない時間にそうなるなんて。

しかも、今までは機序がまだよくつかめていなかったけど、今回は、どうやらヒントがつかめたみたい。

おそらく意識の置き方が一つのポイントになっているらしい。

うーむ、これは面白い!

これは、今日、この先が楽しみ…。

そして、ゆっくりとした注送から次第に速度を増し、いよいよご主人様がウェットでイク瞬間、〝ゆえ〟と同じように頭の上に意識を持っていったら…。

そう、

思った通り、

深い、大きなオーガズム。

射精だけれど、普段の射精を越えた強烈な快感だった。

射精のあと、5分以上、大きな痙攣が二人とも止まらない。

二人で意識を頭頂あたりに持って行くことで、おそらく、「気」のやりとりがとても大きくなったのだろうね。

このことは、別に〝Y〟の発明ではなく、古くから言われていることではあるんだ。今回それを実験してみて、本当にそうなんだなぁと納得。

人間の体の不思議さ、奥深さ。そして快楽もまた奥深く、まだまだ未知、未体験のことは多い。

今後の展開がまたさらに楽しみになって来たよ。2020年、どんなオーガズムを二人は体験するのか。

ご期待を!

そして、みなさんも素敵な体験がたくさんできる1年になりますように!




スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

おめでとうございます。

ボンテージを身に着けたゆえさんとYさんのプレイを楽しみにしています。ラバーや革にSMも取り入れて素晴らしいですね。本年もよろしくお願いします。

コメント

Re:おめでとうございます。

RubberMaskさん、いつもご覧いただいてありがとうございます!(^^)
今年も〝ゆえ〟との経験を記していければと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bondagelife.blog.fc2.com/tb.php/213-c8a49452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.