FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟の調教記録 (49)
ボンデージの道具たち (52)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
奴隷〝ゆえ〟の小窓 (4)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

御主人様の目を見たままイクようにと奴隷に指示してみる

eyes201912flsh.jpg
プライバシー保護のため目線を入れさせて
もらっているけど、このときの〝ゆえ〟の
切なげな表情ったら!


このところ、1回の調教で何十回もイキ続けるようになった〝ゆえ〟。

もちろん、イク時というのは多くの女性がそうであるように、目を閉じている。

快楽にのめり込むときに、視覚情報を女性はあまり必要としないということもある。何よりも、最後のイク瞬間というのは、どうしても、目を閉じてしまうもの。

ふと思った。イク瞬間にも無理矢理目を開かせておくというのはどうだろう。

そう、おそらく人間の生理現象に反したことだから、これは結構難しいはず。

難しいことにチャレンジさせて、できなくてもともと…、ではあるけど、そこで、「できないじゃないか。罰だ!」とムチを与えるのも楽しい。

そこで、ある日、ベッドの上に向かい合って座る。

革スーツのオールインワンを着せられた〝ゆえ〟。足を広く開かせる。オールインワンは局部がオープンになっており、いくらでも責める事ができる。

そこにバッハローターを当てる。すぐに声をあげて、高まり始める。

ボールギャグ付きの口枷をはめられた口で

「おういんああ、いいまう!(御主人様、イキます!)」と言った瞬間、御主人様は無情にもローターをクリから離す。

その「寸止め」を何度も繰り返す。

やがて、耐えられなくなった奴隷。

「いあえてうあああい(イカせてください)!おういんああぁ(御主人様ぁ)!」と懇願。

そこで、御主人様は条件を出す。

「いいよ。ただし、目を見開いたままイクんだ。それができるならイカせてやるよ。」

え?と一瞬戸惑う奴隷。でも、快楽の誘惑には勝てない。すぐに首を激しく縦に振る。

そこで、再びローターを当てると、

「あああああ、いいあうぅぅぅぅぅ」と、声を上げながら目を閉じる。

ストップ!

そこでローターを外す。

「目を閉じたらダメだと言ったろう」

すんでのところでイキそこなった〝ゆえ〟は肩で息をしながら、恨めしそうに御主人様の顔を見る。ボールギャグからはとめどもなく透明なよだれが流れ落ちている。

「なんだ、その顔は」と御主人様のビンタが飛ぶ(日常生活では女性に決して手を上げない〝Y〟だけど、プレイの時だけは例外)。

「おういあえあいあえん(申し訳ありません)」と謝る〝ゆえ〟。

再びローターを当てる。

臨界点に近づいている〝ゆえ〟は数秒で、

「いぐぅぅぅぅぅぅ」と

すぐに高まった。

そして、目をどうにか頑張って開いたまま、全身が震えた。

ほぉ、できるじゃないか。

半開き程度だけど、とりあえず御主人様からの課題をこなし、目を開いたままイクことができた。

というわけで、この日はその後もしばらく、何度も目をひらいたままイカせてみた。

奴隷の調教、ホントにテーマはつきないね。

イク瞬間に今度は何をさせてみようかなぁ…とアイディアを練るのが楽しい〝Y〟だよ。




スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bondagelife.blog.fc2.com/tb.php/209-973d7fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.