FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (52)
ボンデージの道具たち (53)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

コスプレの楽しさ~愛人のための横領が発覚した女子事務員への尋問と処罰

office201911_00flsh.jpg
尋問のあと、事務員の制服のまま
十字架に拘束させられ、全顔枷を
取り付けられた〝ゆえ〟。


コスプレ。お好きですか?

〝ゆえ〟は学生時代にコスプレを楽しんでいた女性。

一方、〝Y〟はといえば、コスプレの体験はなかったし、〝ゆえ〟と出会うまで興味も実はさほどなかった。

ところが〝ゆえ〟がコスプレをしていたと聞くと、俄然、興味が出てきた。

そう言えば、コスプレの興味がないとはいえ、たとえば〝Y〟はラバーのスーツに全身包まれたりするのが好きだったりするし、それも言ってみればある種のコスプレと言えなくもない…。

そこで、初めてコスプレを取り入れたのは二人が出会って比較的初期の頃。〝ゆえ〟が持っていたセーラー服を使っての教師と生徒の調教コスプレ(こちらの記事)。さらに院長先生と病院のスタッフというコスプレも。幸いSMホテルのアルファインにはかなり本格的な衣装がそろっている。CAさんのコスプレをさせたときには(こちらの記事)そのリアルさに感動を覚えたし、ミニスカポリスのときには(こちらの記事)、またそのコケティッシュな魅力に惹かれた。

何よりも、コスプレはいかにその役になりきるか。そこで楽しいのはリアルさを盛り上げるためのお互いの会話。

台本なんてないから、その場の思いつきでどんどん会話を発展させていかなければいけない。でも、それが面白いんだよね!

さて、そんな中、アルファインで久しぶりにコスプレを。

以前から気になっていた事務員の服装。

これが、実にシンプルで、リアルな服装なんだ。

着せてみると、これがまた清楚でまじめな雰囲気の〝ゆえ〟には良く似合う。

一瞬、自分がいる場所がSMホテルなどではなくて、どこかの事務所に来たのかと勘違いするくらい!

衣装というのはすごいなぁと思うよ。だって、この瞬間、完全に〝ゆえ〟が一人の事務員だという風に〝Y〟の脳が認識しちゃうからね。

そして、すぐにシチュエーションが生まれてくる。このあたりは二人の妄想力の結果なのだけど、特に〝ゆえ〟は妄想力がかなり強いので、ご主人様は実に気楽。ストーリーの構築もあっという間。それも「あうんの呼吸」で。

〝ゆえ〟は経理を担当しており、なんと彼女の横領が発覚したという設定。

よく世間を騒がせるような億単位のような大きな額ではないものの、何度もくりかえしお金を引き出したためにバレてしまう。

しかも、そのお金は愛人である経理部長に貢ぐためのものだったいうから、これはまた大変破廉恥な犯罪。

この日、監査室に呼ばれた〝ゆえ〟。そこで、彼女の行為がさらに徹底して調べられるとともに、彼女の処分が決まる。

監査室ではすぐに黒革の手枷をはめられて、監査室長の〝Y〟から尋問を受ける。

「お金は部長に渡しただけじゃないだろう。部長には別に取り調べを行っていたが、合計額が合わない。君自身もお金を使っていたのではないかな?」

〝ゆえ〟、しおらしく答える。

私自身は使っていません。実は、課長に…

なんと〝ゆえ〟が着服したお金は部長だけでなく課長にも渡っていたことが判明。課長とも愛人関係だった!驚いた事に経理部内でダブルの愛人関係。なんちゅー会社じゃ!(笑)

「我が社訓を言ってみなさい」

お客様がすべてです。私たちの日々の活動はお客様へのご奉仕です

「言えるじゃないか。でも、君はお客様へのご奉仕を忘れて、部長と課長への奉仕に全力をそそいだというわけだ…」

と、こんな会話まで交わされる。

そして、事件の全貌が見えてきたところで彼女の処分が決まる。

〝Y〟が〝ゆえ〟を十字架に拘束する。その上で、冷酷な説明が。

「君はこれからここで『性感検査』を受けるのだよ。そこで、不合格ならば即刻懲戒免職となり、警察にも引き渡すことになる。ただし、合格すれば…、それはまた後で説明しよう。とりあえず取り調べは終わったから、君の口には用はない。猿轡をはめさせてもらうよ。叫び声を上げられても困るからねぇ」

と、ボールギャグがついた枷を顔にはめられる。事務員の制服のまま十字架に拘束された体はやがて陰部をさらされ、まずローター責め。その後様々な器具で陰部の快感を検査させられる。さらに、乳首の感度や膣圧、オーガズムへの時間、回数なども計測される。

そして〝ゆえ〟の処分は…。

office201911_02flsh.jpg
そのまま性感検査を受ける〝ゆえ〟


性感検査の結果は「合格」。

十字架に拘束され、何度も何度も絶頂を迎え、疲れ果てて頭をがっくりと落とした〝ゆえ〟。ボールギャグからよだれを流しながら、室長の言葉を聞く。

「君は破廉恥な犯罪を社内で起こした。普通ならば今すぐに懲戒免職だが、検査の結果、君の性感には驚くべきものがある。君なら、この監査室の10人の男性を毎日十分満足させられる性的な能力がありそうだ。だから、懲戒免職の代わりに、君はこれからこの監査室付けの性奴隷として毎日過ごすことになる。それが君への処分だ」

かわいそうな〝ゆえ〟は免職を免れたものの、監査室メンバーの性奴隷になることに!

今後自宅に帰ることも許されず、室内の檻で生活することに決定。

その宣告を息も絶え絶えに、快楽に酔いながら聴く〝ゆえ〟。この後、記憶を失っていた。

コスプレのあと、〝ゆえ〟は楽しそうに

事務員の格好での妄想プレイは、想像以上に『感じ』ました!妄想に入り込みすぎて、へんぴな地方に飛ばされてしまった部長が本当に可愛そうに思ってしまい…(*_*)。あと、着服した金額は合計すると300万円以上だな…とか、社訓の奉仕の精神が足りないから、着服したお金で、ホテルに通って奉仕の心を体で学ぶ特別研修を部長にしてもらっていたのになぁ…とか、考えていました

さすが妄想女王の〝ゆえ〟。

そして、シネマジックやアタッカーズのAVにありそうな物語の展開に猛烈に興奮した〝Y〟。

ところで、終わってみてふと気づいたのだけど、誰か別の人物に「なりきる」というのは、その後で、とてもすっきりと、日常の問題をすべて洗い流してしまうような、さわやかな感覚を持つんだ。不思議だね。

もしかしたら、コスプレには「カタルシス」の効果があるのかもしれないね。

しかも、今回のプレイのようにSMとの親和性は高い。

SMが好きな皆さんは、コスプレをしないと損かも!(^^)

最近はそういう風にも思えてきたよ。




スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bondagelife.blog.fc2.com/tb.php/205-219a564c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.