FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (52)
ボンデージの道具たち (53)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

クリ責め三種混合競技で〝ゆえ〟を快楽地獄に落とし込む

touch201910_02flsh.jpg
三種混合競技でイキまくり、
抜け殻のようになった〝ゆえ〟。



このところ「快楽地獄責め」を集中テーマにして行っている〝ゆえ〟の調教。

いろいろなイキを覚えて、感度が増しているお話は以前も書いたとおり。

その感度をさらに高めて、いつかは「究極のオーガズム」を体験させたいと思い、快楽の渦に落とし込み続けるような責めを行っている。

その一つの柱(長時間のプレイの中では前菜のようなものだけど)が全身拘束させた上での「クリトリス責め」。

最初は「バッハローター」で、さほど強くないレベルに押さえて、間欠的にクリに当てていく。

touch_01flsh.jpg


そして、10分以上、寸止めを繰り返すんだ。この「じらし責め」の効果はとても強い。

「イキたい!」という思いがケタ違いに強くなり、その後のイキ方もものすごく大きくなる。

寸止めって、「責め」としてはとても一般的なことだけど、実は奴隷の快楽を高めるためにも重要なプレイ。このあたりは〝Y〟自身のドライオーガズム訓練でも実証済み。

そして、今度は「Merourii」という吸引器でクリを引っ張ることになる。ただ、吸引できるエリアは狭いので、クリをきちんと捉えないと、間抜けな刺激になってしまうので要注意。

touch_02flsh.jpg


すでにローター刺激で敏感になったクリを吸引器が捉えると「吸い込みながら振動するのは、甘噛みのような、針で刺すようにも感じ、本当に悪魔、鬼の感覚です!痛いけど気持ちいい…まさにこれです」と奴隷。

そして最後にクリ責めの「真打ち」登場。電マのフェアリーミニ。

touch_03flsh.jpg


当て続けるとヘッドが熱かったり、あるいは逆に慣れてしまって快楽に鈍感になるので、こちらも変化をつけて当てたり離したり。

このころになるとクリそのものよりも、膣全体が刺激を受けてイキ続けるようで、もはやクリイキでなく、膣全体のナカイキとなっているようだよ。

こうして3つの道具を組み合わせて使う刺激は現在までで最強の効果をもたらしてくれる。

〝ゆえ〟は「三種の神器」と呼んでくれている。

確かに!

そして、ご主人様は「三種混合競技」と、なんとなくスポーツの種目のように呼んでいるけどね。

三種三様の刺激。

それぞれをほどよい時間で取り替えていく。これは精神的にも重要な事。

刺激が変わることで、奴隷の気持ちも切り替えができる。四肢拘束されていることもあり、時に感じすぎる中で恐怖心が首をもたげてくることもある。そんなときにも、適宜、刺激を変えることで、そんな恐怖心を消してしまうというメリットもあるようだね。

というわけで、皆さんもぜひ三種混合競技、いや、五種混合、七種混合と様々な刺激で奴隷をいたぶってみてはいかが?




スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bondagelife.blog.fc2.com/tb.php/203-34e40cb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.