FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (52)
ボンデージの道具たち (53)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

体に触れるだけでイキ続ける~〝ゆえ〟が〝Y〟に触っただけでイッてしまうという不思議な現象

touch201910_00flshb.jpg
SMチェア上の快楽責めで精根尽き果てた〝ゆえ〟。
この後、ベッドに移すと…。


〝Y〟と〝ゆえ〟とのSMプレイ。必ず交合をプレイに含んでいる。

そして、その交合による〝ゆえ〟のオーガズムはどんどん進化しているように感じられるよ。

「連続イキ」、「中イキ」を覚え、最近は「脳イキ」に達している。そして、最近ではそのイキ方も早くて深い。

なにせ挿入して数秒後には「中イキ」している。

だから、何があってもさほど驚かないつもりだった〝Y〟。

ところがどっこい、驚いた!

その日、〝ゆえ〟をSMチェアで快楽責めをした。何度も何度もオモチャでイカせる。もう限界かなぁ…と判断。

そしてベッドに乗せる。イキ続けで疲れただろうと思い、しばらく休ませようと思ったんだ。

ところが…、

〝ゆえ〟、なにやら腕を〝Y〟の方に伸ばしてきた。そして、〝Y〟の体に触れた瞬間、突然、その体が痙攣を始める。

えっ?

〝Y〟の体に〝ゆえ〟の指先が触った?

それが引き金?

それでオーガズムに?

本当?

今度は逆に〝Y〟が〝ゆえ〟の体に触れてみる。

その瞬間、〝ゆえ〟の体が再び大きく痙攣する。

ああ、こちらは確かに今までもあった。

何度も何度もイキ続けたあとは、〝Y〟が〝ゆえ〟の体に触れることにより、それが刺激になりオーガズムに。

でも、今回は今までと違い、〝ゆえ〟が自分で〝Y〟の体に触れて、そして、オーガズムに…。

これは、初めての体験!

なぜ、こんな不思議なことが起きるのだろう。

この時、いつもと違うことが一つだけあった。それは〝ゆえ〟の気持ち。

全身から力が抜けて、ボロボロになりながらも、ご主人様の事がとても愛おしく思えて、そして、体に触れさせていただきたいと心から思っていたんです。そうしたら…実際に奴隷の指先がご主人様の体に触れた瞬間に…」

と後で話してくれた。

そう、オーガズムは単に体の反応だけじゃない。気持ちもまた、大きな役割を果たすんだね。

一体となりたいという強い気持ちがあり、すでにイキ続けた体と、その思いを持った心の両方が作用したとき、おそらく、今までにない、相手の体に指先が触れるだけでイキ続けるという新たなオーガズムが出現した…。

この先、多分、〝Y〟がかつてのドライオーガズムの旅で知った、あの究極のオーガズムに〝ゆえ〟が達するのも時間の問題だと思うよ。数ヶ月のうちに達するかもしれないし、もう数年かかるかもしれないけど。

でも、ここしばらくの〝ゆえ〟の成長ぶりが、本当に嬉しいな。

ところで、前述のように、今回と逆に、〝Y〟が〝ゆえ〟の体に触れて、全身を痙攣させるということは今までもあった。この現象。これはサディストである〝Y〟にとっても凄く楽しいこと。

だって、自分の指先を〝ゆえ〟の体に軽く当てる度に、〝ゆえ〟の体が大きくバウンドして痙攣するんだ。これって、まるで、高圧の電極を持ち、体に押しつけて、電気ショックを与えているのと同じ。だから、奴隷を責め続けているような視覚的な満足感を味わうことができる。

ご主人様は激しく責めている感覚となり、そして奴隷は実は快楽(苦しいだろうけど)を与えられて…。

一挙両得とはこのことかな。(笑)




スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bondagelife.blog.fc2.com/tb.php/201-5082dcbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.