FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

青い首輪の女

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

SM、スパンキング

若狭と雫(緊縛と首絞め)

tabooを愛する二人の日記

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (58)
ボンデージの道具たち (60)
アルファイン(SMホテル) (48)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (28)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (13)
出会い系サイトでM女性を見つける方法 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

訪れるたびに進化しているアルファイン

alphaimpr201910_04flsh.jpg
405号室「定期検診」の診察台照明が新しくなり
十字架の〝ゆえ〟の姿も明るく照らせるよ。


SMの聖地、ホテル「アルファイン」。

ここ数年でかなりのお部屋がリニューアルを受けて、綺麗になってきている。

でも、さらに、少しずつ、進化を遂げているよね。このブログやツイッターでも、改装とは別に、例えば、お部屋の椅子が変わったり、アメニティが変わったり…といった話題を取り上げたね。

最近は、たとえば、こちら。

alphaimpr201910_02flsh.jpg


そう、冒頭の写真でも紹介したけど、405号室「定期検診」の診察台上の照明。

以前はこちら。

alphaimpr201910_03flsh.jpg


新しい照明はLEDなのだろうか。明るさが切り替えられ、最高にすると明るさがハンパない!

考えてみれば、医療の診察台の上にある灯りなので、確かに明るければ明るいほどありがたいよね。

そのまぶしさに奴隷が思わずひるむくらいに。だから、これは責めとしても嬉しい改善。

古い無影灯のような灯りもデザイン的に凄く味わいがあったけど。

そして、別のお部屋ではこちら。

alphaimpr201910_01flsh.jpg
「アルファイン」403号室「タブー」、
シャワー横に取り付けられたタオル掛け
これは確かに便利!


という風に、色々と日々進化を止めないアルファインさん。さすが。

でも、現時点で、もし1つだけ、アルファインさんにお願いがあるとすれば…。

十字架、X字架、あるいは宇宙遊泳などの拘束具についている手枷。そのベルトについている留め穴が時として、少し足りないときがあるんだ。

〝ゆえ〟はかなりスリム。その手に手枷を嵌めた時、一番きつい穴で留めてもすり抜けてしまうことも。

もう1つ、あるいは2つ分、穴が開いていればいいのに…、と思うことがあるよ。もっとも、これはアルファインさんに納入される革職人さんにお願いすべきかもしれないね。

そうなると完璧なんだけどなぁ…と、この場を借りてお願いしちゃおう!

アルファインさん、ぜひ願いをかなえて下さいね!


アルファイン全室紹介記事へのリンクはこちらから
https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-155.html





スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bondagelife.blog.fc2.com/tb.php/200-5b8473e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.