FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟の調教記録 (49)
ボンデージの道具たち (52)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
奴隷〝ゆえ〟の小窓 (4)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

みなさんは快楽責めにはどんな道具を使っているの?

〝Y〟の施す〝ゆえ〟への調教。色々な責めがあるけど、〝Y〟が大好きなのは「快楽責め」。

中でも〝ゆえ〟を全身拘束した上での「寸止め」は、もう、涎が出てくるくらいの大好物。「ご、ご主人様ぁ…、はぁ、はぁ、はぁ、〝ゆえ〟は、〝ゆえ〟はもう耐えられません。イカせて、イカせてくださぁぁぁぁぁいぃぃぃぃぃ!」という絶叫は何度聞いても楽しい。

さて、そのときにはどんな道具を使っているのか、興味のある方もいらっしゃるかも。

実は、特別なものは使っていない…よ。たぶん。

〝ゆえ〟にイラストで描かせたら、次の通り。

b2flsh.jpg


そうそう、これが現在愛用している快楽責めの道具。

それにしても、自身を猫のイラストで描いてくれるとは…(笑)。

まず、快楽地獄から逃れられないように全身拘束は必要だから、アルファインでは「SMチェア」や「宇宙遊泳」あるいは「十字架」や「X字架」に拘束。これは欠かせないよね。さらに、口枷や目隠しも。

その上で、まず、乳首が敏感な〝ゆえ〟、乳首責めのローターを。これを装着すると、それだけで大きな快楽の渦に巻き込まれる〝ゆえ〟。しかも、振動している乳首をさらに〝Y〟が指で押さえると、そのまますぐに昇天。それでは面白くないので(笑)、寸止めでは指押さえをしないように、ご主人様は我慢、我慢。

そして、クリに当てるローターは何と言っても「バッハローター」。R1コントローラーの威力は絶大。弱い振動から、最大の電マ級まで。これが寸止めでは威力を発揮するんだ。

〝ゆえ〟はイク前には「イキます」と宣言させ、イッタ後も必ず「イキました」と言うように躾けてある。この躾は完璧で、何も言わずにイッテしまうということは今まで、あまりない。だからこそ、ご主人様の側でいえば、寸止めが楽にできるわけだけどね。

さらに、クリの責めを繰り返していると、「ご主人様、中にも、中にもお願いします!」と懇願されたときのために、バイブのP.S.Aileは必須。形状が独特でGスポットを刺激しやすい。

寸止めを繰り返しているときに、このバイブを軽く挿入、先端がGスポットに触れた瞬間に潮を吹いてしまう。

そして、ローターをきつく当てればそれでもう、あっという間にオーガズムに至り、呼吸停止となるけれど、さらに大きなスケールで「寸止め」するには、電マが便利。我々はフェアリーミニを使っている。なんといっても、強弱の調整が本体のボリュームスイッチで微妙に出来るところが良いねぇ。そして、電マ本来の強力な振動もあって、この快楽は破壊的。拘束されながらも〝ゆえ〟が全身を何度も激しく痙攣させる姿はもう、眺めているだけで加虐感が最高に満たされる。

というわけで、〝Y〟が使う快楽責め道具の紹介でした!皆さんはどんな道具を使っているのかな?

ところで、幼い頃よりアートに興味ある〝ゆえ〟。さらっとイラストを描くと上手。だから〝Y〟は密かに「画伯」と呼んでいる(笑)。今回、このブログの記事に「道具を使っているイラストを描いてごらん」と命令したのだけど、数日後、書いてきたのは前述のように「猫」のイラスト!ま、可愛らしいから、いいけどね。それに道具は的確に描いてくれている。

もう少しリアルなのも…とお願いしたら、次のイラスト。

a2flsh.jpg


うん、なかなか線が個性的だね。フェイスクラッチマスクも細部にわたりよく描けている。何よりも、〝ゆえ〟自身の被虐感が良く出ていると思う。

〝ゆえ〟が次にどんなイラストを描いてくれるのかも密かな楽しみ。






スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bondagelife.blog.fc2.com/tb.php/193-dd1510c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.