FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (52)
ボンデージの道具たち (53)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

アルファインで部屋のオブジェと化した〝ゆえ〟の革拘束姿を愉しむ

leatherobjet201905_1flsh.jpg
オブジェとして放置される〝ゆえ〟。
アルファイン・604号室「狂い十字架」にて。


前回、ここに書いた記事「ソフトなプレイのはずがハードになってしまうことがある…」。

その冒頭に書いたプレイ、〝ゆえ〟を相手に久しぶりに行ってみたんだ。

奴隷をご主人様お気に入りの革具たちでデコレートして、そして、床に座らせて放置。まるで家具か置物のような存在にしておくんだ。そう、〝ゆえ〟を単なるオブジェにしてしまう。

そして、ご主人様は、傍らで本を読み、時折、読書の間にその奴隷の姿を眺めて愛でる。

これ、本当に贅沢な時間の過ごし方。

この日、〝ゆえ〟に着用させたのは、

・ハード手枷
・ハード足枷
・ウエスト拘束具
・メタリックブラ
・奴隷女の首輪
・ボールギャグ(白)
・アイマスク


いずれも「アール目白店」さんと「天ノ介」さんの製品で固めた。今、〝Y〟が一番気に入っている〝ゆえ〟の姿だね。

そして、時計を見て、オブジェプレイ開始。

読書の合間に、〝ゆえ〟の姿を見る。

うーん、いいねぇ。モデル体型とも言えるスリムなスタイルの良い〝ゆえ〟と革具の組み合わせはなかなか良い。

普段はAVやコミックの世界でしか目にしないような光景が手を伸ばせば触れるところに…。

これはいい目の保養だなぁ…。

さらに、本に飽きて、ふと思い立つと、立ち上がって、奴隷の乳首をいじったりもできる。

〝ゆえ〟には、座ったままであれば、多少体を動かしてもいいと伝えてある。すると、時折腰をやや突き出してみたりしている。ご主人様に気に入ってもらえるようなスタイルを自分でも気にしながら動いているようだ。

15分が過ぎる。

うん。なかなか優秀な奴隷だね。

そこで、ご褒美にバイブと乳首ローターを装着し、スイッチオン!

奴隷の口からかすかな快楽の吐息の音が聞こえてくる。

再び読書。

leatherobjet201905_2flsh.jpg
やがて、ボールギャグを嵌められた
口からは涎が落ち始める。


時折奴隷に目をやると、さすがに、絶えきれなくなったのか、ボールギャグをくわえた口からは盛大な涎がしたたり落ちている。そして、あっという間に床には涎の海が…。

この眺めを楽しむのも実に愉しい…。

さらに、奴隷がしきりと拘束された後ろ手で、なにやら不思議な動きが。

回り込んで見て見ると、挿入されたバイブを固定するバンドを手枷で拘束された不自由な手で前後に動かしている。

ああ、どこまでも快楽に貪欲な奴隷だこと!

そして、なぜだか、時折、胸を張るような仕草も。

そして、再び読書…。

やがて、30分くらいたった頃、「ほふひんはは~(ご主人さま~)」と、ボールギャグ越しに声が聞こえる。「ほーふひゃふはふはいへふ~(ボールギャグがつらいです~)」

さすがに限界だな…。

そこで立ち上がってボールギャグを外してやる。「よく頑張ったな」というねぎらいの言葉とともに。

そして、開いた口にすぐさまご主人様のモノを突っ込む。

しゃべるまもなく、「うぐ」とうめき声を上げつつ、ご主人様のモノを一生懸命にしゃぶる〝ゆえ〟。

ああ、なんて幸せなひととき…。

すっかり興奮でいきり立ったご主人様のモノ。その後はすぐに、〝ゆえ〟をベッドに寝かせ、その体の中に入っていってしまったよ。

「え?もう30分経ったのですか?まだ15分くらいだと思っていました」と直後に言っていた〝ゆえ〟。後でメールに感想を書いてきた。

「オブジェ放置は、比較的自由度が高かったので、このポーズはどうかな?ご主人様が喜ぶには…と、色々と考えていり、胸を突き出すと、より乳首ローターの振動を感じるなぁとか、勝手にバイブをひっぱったりと、案外忙しく30分が過ぎました。」

ああ、なるほど!胸を張るような動きをしていたのは、快感をむさぼるためだったのだねぇ!

ますます快楽に貪欲な奴隷だこと!!

というわけで、簡単だけど、実に楽しかったオブジェプレイ。

でも、前回の記事(こちら)に書いたように、〝ゆえ〟は慣れているからボールギャグが30分持ったけど、15分と持たない人もいると思う。ソフトプレイと思っていても油断は禁物。そのあたりは相手を見極めて、みなさんも安全にプレイを!


アルファイン全室紹介記事へのリンクはこちらから
https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-155.html






コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bondagelife.blog.fc2.com/tb.php/183-8204bfac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.