FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (52)
ボンデージの道具たち (53)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

ソフトなプレイのはずがハードになってしまうことがある…。

ballgag201905_01flsh.jpg
一見ソフトなプレイに見えるボールギャグ
着用の放置も長時間となるとかなりハードに。


手足枷や胴枷などをつけて座らせた奴隷にボールギャグをかませる。そのまましばらく放置する。

どうってことのない一種の放置プレイ。

ムチやロウソクが登場するわけでもない。おまけに大人のオモチャも使わない。

一見、ごくごくソフトなプレイ…、のはず。

しばらくするとヨダレがたれ始める。やがて、奴隷の膝の上や床に涎の池ができはじめる。

そして、10分を過ぎたあたりから雲行きが怪しくなる。

しきりと、つばを飲み込もうとする奴隷。そして、体を揺らすことが増える。

やがて、奴隷の様子を見て、そろそろ限界かな…と見極めて、ボールギャグを外す。

咳き込む奴隷。

やがて、口を開く。

「ご主人様、外していただいてありがとうございます。本当にきつかったです…」

と、これはあくまで以前の体験を組み合わせて想像で書いたのだけど、実際にこんな展開もあるんじゃないかな…。

つまり、ボールギャグだけ…というのは、さほど辛くない責めのように思えるけど、実は長時間の着用は相当にきつい。

まず、アゴを大きく開けたままというのは、通常の状態ではないため、長時間行うと、かなり口が疲れるし、悪くすると顎関節症につながる場合もある。

さらに、このまま開けていたら、アゴが外れてしまって、そして元に戻らなかったらどうしようという恐怖心がもたげてくることも。それが始まると、どんどん、自分自身の精神が恐怖に満たされ始めてしまい、一種のパニックになる場合がある。

さらに、舌がうまく動かせないこともあり、一部の人を除いて、嚥下が阻害される。すると、ノドの奥を唾液で湿らせることが出来ないので、乾いてくる。それを放って置くと、やがて、痛みに変わることも。これはつらい。

すると、本来ソフトだったはずのボールギャグ責めというプレイが、突然、自分自身の生命活動に大きな支障が出るのではないかと不安に思うような、かなりハードなプレイに転じてしまうんだ。

そのことを責め手であるSはちゃんとわかっていなければいけないと思う。

そう、ソフトプレイだから…と、安心しきってはいけないということ。

あらゆるソフトプレイは、やり方を変えれば、超ハードなプレイになり、奴隷の体や精神に、もしかしたら修復不能なダメージを与えることがあるということを知っておくことは大切だと思うよ。

〝ゆえ〟とのプレイも4年目に入った。ちなみに〝ゆえ〟はボールギャグをしたままでのでの嚥下もできるし、こうした放置プレイも大好き。

とはいえ、こうした「ソフトがハードに変わる」という経験は、実際に今までに何度かしているし、〝ゆえ〟から、後で「ご主人様、実は…」と聞かされることもある。ああ、危なかったなぁ…と反省することも。

SMプレイ、ソフトだからと言って、安心は禁物。

ソフトなつもりが、気づかないうちにハードにMを責めていることがあるという、そういう自覚をこれからも持って、〝ゆえ〟とプレイを続けていく〝Y〟だよ。みなさんもぜひ、心に留めてみてね。




スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bondagelife.blog.fc2.com/tb.php/182-5b945c7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.