FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (52)
ボンデージの道具たち (53)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

ロウソクを怖がる奴隷にはこの方法

selfcandle201904flwm.jpg
「アルファイン」ではフロントでビニールシートを
無料で借りることが出来るので、必ず使用しようね!


〝Y〟の奴隷となってまもなく3年目となる〝ゆえ〟。

様々なプレイをこなしてきて、スローだけれど、奴隷として着実な進化を遂げている。そんな中でもまだまだ苦手なプレイがある。

その一つがロウソクプレイ。

ごくわずかなロウソクを垂らすだけでも、強烈な恐怖を感じるらしく、泣き叫んで逃げ惑おうとする。

その姿を見ると、さすがに、「苦痛を与えても恐怖を与えてはいけない」という〝Y〟のルールを逸脱しているかなぁと思ってしまう。

なんどか、ご主人様自身で自分の体に垂らすのを見せて、「ほら、大丈夫だから、恐怖をとりのぞきなさい」と説得するも、なかなか…。

とはいえ、奴隷を正しくSMの道で進化させるのに、ロウソクは必要。

また、〝ゆえ〟自身も、そんな自分をなんとかしなければ…とは思っている様子。

当初は1分で音を上げていた〝ゆえ〟、最近は3~4分は頑張れるようになってきた。でも、一つ、「突き抜け」させたい!

そう考えて、ある日、AVを一緒に見たんだ。相当以前のもの。もはや古典的ともいえるアートビデオの作品。「快楽生肉人形・鳳美和」。以前、このブログでも紹介したことがある(こちら)。その中で主人公の女性が自分でロウソクを自分の体に垂らすシーンが。それを〝ゆえ〟に見せ、「どうだ、これなら自分でできそうじゃないか?」と話してみた。

静かに頷く〝ゆえ〟。

そして、プレイ!

いつものようにフロントで借りたビニールシートを床に敷きそこに座らせる。裸で首輪をつけられた〝ゆえ〟を座らせる。

そして、自分の手にロウソクを持たせて火をつける。

さぁ、どうだ!

「ぎゃー!」

と、自分の体にかけながら体を震わせる〝ゆえ〟。

やっぱり、恐怖なんだぁ…と、思うが、その姿を見ていると、いつもとはまた違う興奮を覚えてしまう〝Y〟。

そう、自分を虐めながら、そこで苦しむ姿をご主人様にさらす…。

きっと、怖くて辛いのに、ご主人様を喜ばせようというその気持ち。

恐怖と、奉仕の心のせめぎ合い。

体をよじらせながら、自分でロウソクを垂らしながら、絶叫しつづける〝ゆえ〟。

それを横で見るご主人様の幸せ。

結局、5分と持たなかったのだけれど、その姿にいじらしさを感じたご主人様は、思わず、〝ゆえ〟をなでなでしてしまった。

奴隷よ、これからも、こうしてご主人様を楽しませるのだぞ。

そしていつかはロウソクだけで10分以上は楽しめるようになりなさい。


アルファイン全室紹介記事へのリンクはこちらから
https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-155.html





スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bondagelife.blog.fc2.com/tb.php/171-d1d274d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.