FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (28)
ボンデージの道具たち (29)
アルファイン(SMホテル) (29)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (17)
風俗 (4)

手足拘束棒の愉しみ

teashibo201808_01flsh.jpg
このシンプルな道具で思わぬ発見が…。


この道具を初めて見たのは「アルファイン」でのこと。幾つかの部屋に設置されている。

太くて長い棒にしっかりとした手枷と足枷がついている。

言ってみれば狸縛りのような格好に奴隷を拘束することができるんだ。

これ、手だけとか足だけなら棒付きで売られていたりするけど、手足両方の拘束となると、以前はなかなか通販では見つからなかった。でも、最近は少しずつ販売されるようになってきたよ。

たとえば、SM Queenというショップで販売されているもの。(手足枷は別売)
http://sm-queen.com/view/b26205
http://sm-queen.com/view/b26208

NLSではこちら、(手足枷は別売)
https://www.e-nls.com/pict1-33020?c2=14001017

ただし、棒に強い力がかかるので、プラスチック製よりも木製や金属製の方が耐久性の面で安心かもしれないね。

アルファインのものは、棒そのものがとても太くて、頑丈な木製。そして重い!これなら棒の部分を吊っても面白いかもしれないね。ただ、体重をかけるのは危ないのでやめた方がいいけどね。奴隷を床に仰向けに寝させて、この棒をつり上げるというのは視覚的にも面白いよ。

実は、この棒がある時とても役に立ったんだ。

〝ゆえ〟、意外な事で実は苦手なことが一つある。それは正常位でのご主人様のモノを受け入れること。

いや、気持ち良くないわけではないんだ。

「逆」。

気持ち良くて、そして、奴隷は仰向けになっているだけ。そう、奴隷の奉仕が足りなくて、怠けて快楽だけ与えられていると感じ、自分でご主人様に申し訳なく思ってしまうらしい。だから苦手だと〝ゆえ〟は言う。ああ、何て生真面目な奴隷なんだ!

「私は今、楽な体勢でご主人様に気持ち良くさせてもらっている。そんなのダメ!奴隷として失格!」

と、〝ゆえ〟、激しく自己反省してしまう。

ご主人様、実は正常位が大好きなのに。〝ゆえ〟のこのクセはなかなか治らないんだ。

ところが、ある日、アルファインの505号室「萬華鏡」でこの棒が置いてあるのを発見。以前、別の部屋で利用した時は〝ゆえ〟に装着してバックで責めた。でも、今日はベッドに仰向けにした〝ゆえ〟に装着後、正常位で挿入したら…。

teashibo201808_02bflsh.jpg
この体勢でご主人様のモノを受け入れると、
苦しみと快感が…。



〝ゆえ〟、なんだか嬉しそう。

そして、いつも以上に、興奮して、そして、イキ続ける。

確かに両足を高くかかげた状態になるので、ペニスの挿入が通常の正常位よりもはるかに深くなり、お互いの陰部の密着度がとても強いんだ。

そして、〝Y〟にとっても、手足を棒で拘束された〝ゆえ〟に挿入するのは、もの凄く視覚的に興奮する。

これはいい!

〝ゆえ〟、その後のメールで、

棒での手足拘束は、非常に満足しました。
後ろから使っていただく時に一度、今回と同じ棒で拘束していただいたような気がします。
あのときより、正常位の方が拘束感が強かったです。


と、一言、書いてくれた。

そう、奴隷、こうして拘束されて、手足を上に上げるのは結構辛い。正常位とは言えどもキツイ。だから、奴隷も、ちゃんと「奴隷としての責めを受けている」とう実感を得られるのだろうね。そうして、その事でご主人様を喜ばせているという安心感と満足感が得られるようだ。

というわけで、この道具の楽しみを知ってしまった〝Y〟と〝ゆえ〟。

結局、その後通販で組み立て式(金属製)のものを購入したよ。そして、すっかりと楽しく活用している。

意外な発見と効果があった拘束棒、みなさんもプレイに取り入れてみてはいかが?





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

たかが棒ですが、長さが重要ですよ🎵
以前、足枷等を購入してカタビラとオーリング ステンレスパイプで作製しましたが、パイプが短いと太股くっつき、長いと開いたままになります。
くっつきそうで着かない長さだと、意外と面白いですよ。

コメント

Re:

ニーハイさん、

そう、長さ!重要ですね!!

太股がくっつかないとなると80cm以上だと、大丈夫そうですねぇ。

そこまでの長さが確保出来ない場合、手足棒の他にもう1本、「太股専用棒」もあるといいかもしれませんねぇ。

太股を強制的に開かせる棒…。どこか商品化してくれませんかねぇ…。(笑)

でも、ニーハイさんがおっしゃるように、「くっつきそうで着かない」というこの微妙さもまた楽しめそうです。

やっぱり80cmかな…。(^^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bondagelife.blog.fc2.com/tb.php/144-5989b521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.