FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (29)
ボンデージの道具たち (31)
アルファイン(SMホテル) (30)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (19)
風俗 (4)

敵に捕らえられたラバースーツの女スパイ〝ゆえ〟

spyinrubber201804_01flsh.jpg
敵の手に落ちた女スパイ〝ゆえ〟。



全身ラバーのキャットスーツを着て、そして、顔の部分が空いたフードをかぶった〝ゆえ〟。この姿がたまらなく好きな〝Y〟。

でも、最初は〝ゆえ〟、その自分の姿に戸惑いを覚えていたようだった。

「ご主人様、まるでモジモジくんみたいですぅ。ご主人様はモジモジくんがお好きなのですか?」

おいおい、そんな想像をオレはしているのじゃないぞ。

この姿、別名、「海女さんスタイル」とも言うけれど、実は、〝Y〟のアタマの中での妄想では、美しき女スパイなんだよ。

絶海の孤島、ある組織の秘密基地。そこに海から侵入してきた女スパイ。

spyinrubber201804_02flsh.jpg
様々な手法で性の奴隷として敵に再教育される女スパイ。
快楽に猿轡から涎を流し、よがり狂う。


それが見つかり、とらえられ、そして尋問、拷問を受けるという、そういうストーリーを想像し、それを再現しているわけなんだ。

だから頭の額の部分には、潜水マスクをかけておくように指示しているし、それにはシュノーケルまでついているというわけ。本当はスキューバの機材にしたいけど、数十キロの装備は水中はともかくも地上ではキツイからね。

spyinrubber201804_03flsh.jpg
呼吸を制御されながら次から次へと与えられる快楽に
今までの記憶もすべて薄れ、ついには完全に洗脳されてしまう。


そして、これは〝Y〟が子供の頃、テレビや映画で見て興奮したシーンを組み合わせて作った物語。性に目覚める以前から、なぜか、自分で作ったこのストーリーに異様に興奮して、いつかは実現してみたいと思っていたんだ。

と、こう説明して、初めて「あ、なるほど!そういうわけなんですね!」と大いに納得してくれた〝ゆえ〟。

「そっか、私は超優秀なスパイなのに、なぜか、捕らわれてしまったのですね」

「うーん、超優秀かどうかはわからないけど、捕らわれると言うことは結果的にドジを踏んだのは確かだね。もしかしたら、はじめからドジな女スパイだったのかもしれないけど…。」

と言ったらむくれていた〝ゆえ〟。(笑)

spyinrubber201804_04flsh.jpg
性奴隷となった女スパイ〝ゆえ〟。
敵のリーダーのものを自ら喜んで咥えてしまう。


でもね、本当に、この姿はたまらなく好きなんだ。そして、そのウェットスーツにも見える、黒光するキャットスーツ、体にピタッと密着している姿は実に魅力的。

しかも〝Y〟はこの姿には細身の体が似合うと思っているので、本当にスレンダーな〝ゆえ〟が奴隷で良かったよ。

捕らえられた美しき女スパイはSMチェアでの尋問をうけ、やがて、快楽責めという拷問を受ける。

そして遂に快楽に負け、落ちたスパイは、すべてを話してしまう。

通常は用が済んだスパイは即座に始末されるものだけど、〝ゆえ〟はその美貌ゆえ、殺されることなく、かわりにまず洗脳され、さらに性のオモチャとしての教育を受ける。そして、組織リーダーの慰み者、性奴隷として生きていくことになる。

そんなシナリオがアルファインで次から次へと実際に〝Y〟と〝ゆえ〟との間で展開されていくんだ。

ああ、至福のひととき。

また一つ、子供の頃からの夢がかなった幸せをかみしめていた〝Y〟だよ。

spyinrubber201804_05flsh.jpg
セックス奴隷〝ゆえ〟は、自ら腰を振って快楽に溺れる。






スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

わあ!羨ましいです。ラバープレイ!
ゆえさんのラバー姿、たまりませんね。
窒息など、させてたのですか?
ゆえさんは、汗だく蒸れ蒸れでしたか?
かなり興奮してたのでしょうね!

コメント

kayoさん、いつもコメントをありがとうございます!そう、呼吸制御もしましたし、ものすごい量の汗もかきました。やっぱりラバープレイは楽しいですねぇ。それに想像力も加わると…。(^^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bondagelife.blog.fc2.com/tb.php/115-ad9c42cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.