FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (29)
ボンデージの道具たち (31)
アルファイン(SMホテル) (30)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (19)
風俗 (4)

アルファインのお部屋 501号室「痴乱将軍」

alphainn501_01sh.jpg
入口から見たらこう。ベッドの頭上、
葵のご紋が強烈な印象を与えるよね。


SMの聖地とも呼ばれるSM専用ホテル「アルファイン」のお部屋紹介、今回は501号室「痴乱将軍」。

アルファインに2室だけある和風のお部屋。その一つ。

公式ページによる設備は、

・Suspension (ツリ)
・磔台
・木馬
・変形椅子
・ブローバス


となっている。

alphainn501_02sh.jpg
奥から見るとこう。
バスルームがよく見えるよ。


値段はちょうど中くらいのカテゴリー。REST(休憩&サービスタイム)が14,690円、そしてSTAY(宿泊)が25,690円。

最初にこの部屋の写真を公式ホームページで見たときは結構度肝を抜かれたんだ。ベッドの頭の部分の壁、大きな葵のご紋が木彫りで飾られている。これはねぇ、いくら何でも、〝Y〟のように革具を中心にしたボンデージには合わないでしょう…。

そう、だから、この部屋を利用することはまずないだろうなぁ…って思っていたんだ。

ところが、このブログで〝ゆえ〟とともに全室制覇して、紹介しようという気持ちになったものだから、利用しなきゃ…となったわけ。

で、ある日、ついにお部屋に向かったんだ。

入口は二重扉になっている。

そして、部屋に入ってみると、まず、全体にさほど明るくないということに気づくんだ。そう、やや暗めの照明。こちらが淫靡な雰囲気でいいという人も多いだろうね。そして、赤のなまこ壁を模したような内装がとても印象的。

そして、前述の葵のご紋、でーんと存在感を示しているよ。

部屋の設備をゆっくりと見てみると、意外と充実していることに気づくんだ。まず、和風であれば、当然、縄プレイをされることが前提となっているだろうから、天井には滑車。そして、数多くのフックが付いている。

そして、壁の磔もしっかりとあるし、シンプルな木馬、変形椅子などもあって、長時間、バラエティに富んだプレイができそうだね。

上記公式ホームページの記載にはないのだけれど、実は全館に2室しかない「スリングーブランコ」があるのが嬉しいんだ。和風の部屋なのに!

alphainn501_03sh.jpg
これがそのスリングーブランコ。


そして、バスルームはガラスでプレイルームと仕切られているから、奴隷の入浴を見て楽しむことができる。そう、トイレも、バスルームに仕切り無しで置いてあるので、洋風便座に腰掛ける奴隷を眺めることもできるよ。また、リニューアル後、まだ数年なのか、水回りも良く、全体に綺麗なバスルームだよ。

ところで、このお部屋、隅々まで見ていて、〝ゆえ〟が面白いモノに気づいたんだ。

ベッドの頭の部分の物置のような扉、開いてみると、なんと、文字が墨で書かれた壁紙のようなものが…。これ、もともと改装前の部屋のものだろうか?謎だねぇ。

alphainn501_04sh.jpg
小さな扉を開けると謎の壁紙が…。


さて、実際にプレイで使ってみると…。

これがね、面白いんだけど、革と良くマッチングするんだ。〝ゆえ〟がこう感想を言ったよ。

「入ってみると、ハリウッドテイストな和風で、黒と赤の配色が、革具にも映えました」

そう、確かにハリウッドテイストというのは言えているね。

そして、例の葵のご紋、プレイに集中すると、全く気にならなくなるんだ。そんなものなんだね!

この日はスリングーブランコを長時間楽しんだり、フックに手枷をひっかけて、彼女を両手吊りにして、そこに鞭打ちをして楽しんだり、そんな風におもいっきりプレイを楽しめたよ。

wafu01flsh.jpg
そう、先日の記事に登場した
この写真はこの部屋でのもの。


部屋の奥には2面にわたり大きな鏡があるので、自分たちを鏡で眺めながらプレイをすることができる。鞭打ちの姿は鏡で見ると本当に楽しいんだ。

ベッドには手足枷もあるし、電マも常備。

実に使い勝手の良いお部屋。

洋風なボンデージがお好きなあなたもぜひ利用してみるといいよ。

alphainn501_05flsh.jpg
革ボンデージの〝ゆえ〟、和風の磔にも合う。



この本にもアルファインが紹介されているよ!



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bondagelife.blog.fc2.com/tb.php/111-f0635452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.