FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (29)
ボンデージの道具たち (31)
アルファイン(SMホテル) (30)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (19)
風俗 (4)

アルファインのお部屋 502号室「拷縛便器」

alphainn502_01sh.jpg
入口から見たらこう。床が広いので、
シートを敷いてのロウソクプレイなどにも便利。


東京は東麻布にあるSM専用ホテル「アルファイン」のお部屋紹介、今回は502号室「拷縛便器」だよ。

このお部屋公式ホームページでは紫色の内装が印象的なお部屋。

公式ページによる設備は、

・Suspension (ツリ)
・チェーン磔台
・オープントイレ
・シャワールーム


となっている。

値段は安いほうのカテゴリー。REST(休憩&サービスタイム)が11,450円、そしてSTAY(宿泊)が20,090円。

alphainn502_02sh.jpg
部屋の奥からみるとこうなるよ。


アルファイン、各階とも同じ位置の部屋は、構造が似通っているんだ。この部屋の場合、302号室の「晒し便座」、402号室の「排泄学園」、602号室「羞恥破壊」と似た構造になっているね。お風呂がなく、シャワールームだけというのも共通(402号室はバスタブあり)。

特に302号室とはチェーンの磔台というところも共通している。この4室、他にも便器の形など、細かく見ていけば、共通する部屋と異なる部屋があるんだ。同じ部屋の構造でも、少しずつ設備が異なっているところがまた、バリエーションが豊かになる要素でもあり、面白いね。

入口は二重扉なので、奴隷の悲鳴も外にもれにくいよ。

alphainn502_03sh.jpg
磔はチェーンスタイル。
手枷と足枷は別途とりつける必要があるよ。


このお部屋、各階の同じ位置にある部屋と決定的に違い、魅力的なのが「鏡」。

これが実に多く取り付けられているので、奴隷の姿をまさに「晒」しているような感覚を楽しめるんだ。しかも、部屋が明るいから綺麗に、よぉく見える。505号室のスモークのはいったような鏡を多用した「萬華鏡」は名前通り鏡がご自慢だけど、そちらよりもいいかも。

そして、その鏡、ぴかぴかに磨かれている。アルファインの清掃スタッフの心意気を感じるよ。いい仕事しているねぇ!

そしてその明るさ、これがアルファインのお部屋の中ではトップクラスの明るさだと思うんだ。奴隷の苦しむ、あるいは、悶える姿を細部までよく見てみたいというときには、このお部屋は良いね。最近〝Y〟は老眼も始まっているからねぇ、暗いとよく見えなくて…(爆)。

alphainn502_05sh.jpg
壁には必要最小限の小道具がかかっている。


部屋そのものもリニューアルからまださほど年数が経っていないみたいで、とても綺麗。水回りも良い。もっとも5Fなので、お湯が出るまでやや時間がかかることがあるけどね。

設備も吊りがあるし、ベッドには手足枷がついている。

ただ、電マはないので、使いたい方は持参の必要があるね。

alphainn502_04sh.jpg
何と言ってもこの磔便器が強烈な存在感。


コンパクトで、非常にコスパの良い部屋であると同時に、満足のいく使い方ができる。オススメのお部屋。あ、ただ、連れて行く奴隷がまだ初心者で、晒し便器になれていない場合は、要注意!

それと、ご主人様もドレイに大きい方の排泄を見られたくなければ、腹具合を完全にして行こうね。(笑)

alphainn502_06shfl.jpg
天井にはフックが何カ所かとりつけてあるので、
こうして〝ゆえ〟を拘束するにも便利。




この本にもアルファインが紹介されているよ!



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://bondagelife.blog.fc2.com/tb.php/109-a300d51e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.