FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

SM、スパンキング

タブーを愛する二人の日記

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (54)
ボンデージの道具たち (58)
アルファイン(SMホテル) (40)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (7)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

バイトギャグ(ビットギャグ)の魅力~1

bitegag202005_01flsh.jpg
これが最もシンプルなタイプのもの


口枷、猿轡には色々なタイプのものがあるよね。

ボールギャグや開口具などについてはこのブログで何度も触れている。そんな中で、このタイプはあまり触れたことがなかったような気がするよ。

バイトギャグ(BITE GAG)、あるいはビットギャグ(BIT GAG)というカテゴリー。

若い人なら、「あ、禰豆子のあれだね」と反応があるかもしれないね。そう、コミック『鬼滅の刃』のヒロイン竈門禰豆子(かまどねずこ)が常に口にくわえているあれ!

とはいえ、コミックの場合はたぶん竹。実際に竹を用いたバイトギャグは縄の世界でも使うよね。そして、同じような形態のものが欧米のボンデージにも。元々は馬の轡から来ていると思うけど、その場合は革だったり、シリコンだったり。

〝Y〟が持っているバイトギャグは3つ。

1.パイプギャグ(わいえふ工房)

2.ニプルクランプ付シリコン製ビットギャグ(タランチュラ)

3.唾液採取猿轡(エピキュリアン)

いずれも魅力あふれるものばかり。

紹介するね。価格は2020年5月現在。

まずは1.のパイプギャグ。2,800円で売られている。
http://www.yf-koubou.com/mart/face050.html

冒頭の写真のものがそう。

この形、おそらくバイトギャグの最も基本的な物だと思う。素材は直径が2.5cmの木の丸棒に薄い革を張っている。わいえふ工房さんは革の色も様々に選ぶ事が出来るし、また、サイズも2種類から選ぶことができるよ。

とにかくシンプルに奴隷に咬ませて楽しみたいというときにベストなギャグだと思う。

〝ゆえ〟の感想から…、

革が巻いてある作りなので、少し太めに感じます。歯で噛んで支えるというより、唇で挟むという感覚に近いです。
口から外さないように、しっかりはめましょう。奴隷なのだから落とすなんていう粗相は、いけません。
ボールギャグと比べて格段に重量があるので、下顎は疲れやすくなります


その通り!落としちゃだめだよ。(^^)

次に、2.ニプルクランプ付シリコン製ビットギャグ。
https://tarantula.jp/index.php?mode=detail&gid=7566

bitegag202005_02flsh.jpg
ニップルクランプが目につくね。
実はバイトギャグとの組み合わせで
破壊的な状況に奴隷を落とし込む…


これはSMグッズ販売の「タランチュラ」で販売しているもの。6,170円(税別)と少々値段が張る。その訳は、単に口に咬ませるギャグだけでなく、そこから乳房を挟むニップルクランプがついている点。かみつき部分の直径は2.5cmということで1と同じ。また大きな特徴としてシリコンで出来ている。したがって、装着も体にやさしく、そして水洗いも簡単にできて楽。

何よりも、単なる猿轡でなく、乳首責め具にも同時になっている点が素晴らしい。奴隷に咬ませておいて快楽責めをしたりすると、快感で首をのけぞらせるたびに乳首が引っ張られて痛みも味わうという恐るべき責め具なんだ。

〝ゆえ〟の感想は

全体がシリコン製な為か、咥える部分は細身に感じます。噛み砕かないか心配になります。ベルト部分もシリコン製なのか、髪の毛を引っ張られているような感覚が時々あります。
そんな2つの心配を上回る仕掛けが、シンプルですが乳首クリップ。
咥えたまま頭を仰け反らすと、自分で乳首を上に引っ張ることに。
ご主人様が頭を押さえつけたり、強制的に背中を反らせたりなさると、より乳首が引っ張られ、最終的にはクリップが外れます。
勢い良く外れるのでは無くて、じわじわ外れます(ご主人様がじわじわ反らすからなのですが…)。
えっ?恨み節みたい?
?そ、そんなことはナイデスヨ。
ゆえはこのバイトギャグが好きです


bitegag202005_05flsh.jpg
意地悪なご主人様は無理矢理頭を
後ろに引っ張って押さえつけ、
乳首を引っ張らせる


というわけで、被虐感の強い〝ゆえ〟にはぴったりの道具。

さて、3つめのバイトギャグについては、次回!






スポンサーサイト
[PR]

新しい性感帯を思わぬ場所に見つける

oral20200_2.jpg

ここがその上唇小帯の位置


このところ、外出がままならず、過去の出来事を色々と記している。今回もそう。

その日、プレイで何気なく〝ゆえ〟にキスをしていた〝Y〟。舌を絡め合ったあと、ふと、思い立ち、舌先を〝ゆえ〟の上の前歯の上に持って行った。すると、突然、〝ゆえ〟の体が激しく痙攣する。

ええ?どうしたの?

ビックリして唇を離す。

〝ゆえ〟もビックリした表情。

ご、ご主人様、もしかしたら、〝ゆえ〟は今の場所、凄く感じるのかもしれません

え?ほんとうに?いや、歯茎だよ。

再びキスをしてみる。そして〝Y〟が舌先を先ほどと同じ場所に持って行くと、〝ゆえ〟、再び体をまるで電気ショックでも受けたかのように大きく震わせる。

ああ、本当だ!

そう、新たな性感帯を発見してしまったんだ。

それも、かなり強烈な性感帯。

驚いたね。人体の不思議、こんな場所が!

正確に言えば、これは上の前歯と唇の間、その付け根。〝ゆえ〟が調べたところによると「上唇小帯」という場所らしい。

kiss202001flsh.jpg
キスをするときに
新たな楽しみができた!


生まれて初めて聞く名前だよ。でも、誰しも、鏡の前で上唇をめくったことがあるでしょ。そのときに、その真ん中、付け根に帯のような突起があるのを目にしていると思う。あれなんだね。

そこが性感帯とは!

ただ、ピンポイントというよりは、その下にある歯の付け根あたりからすでに快感を持つらしい。

〝ゆえ〟の感想、
自分の舌が短いのか、(自分で)刺激しても快感は全くありません。
でも、ご主人様の舌がニュルッと入り、この部分をまさぐって頂くと、ものすごい快感で腰が勝手にビクビクする程です。
最初、自分でも何で身体が反応するのか戸惑う程でした。
何回か同じようにご主人様に責めていただき、段々分かってきました。
感覚は、おまんこの膣口やGスポット辺りを舌でなぞられているのに近いです。
口の中が温かくなるような感じもあります。ご主人様の唾液が、キスよりもダイレクトに口の中に滴り落ちてくる感覚もあります。


なぁるほど!そんな感覚なんだ。

それにしても、なぜあんな場所に、クリトリスやGスポットと同じような強い快楽ポイントがあるんだろう。

ネットで色々と調べてみたけど、参考になる記事は見つからなかった。いや、そもそも「上唇小帯」と「快感」というキーワードのAND検索では全くヒットしない。

ということは、これ、すごく珍しい事象なのかもしれない。

でも、もしかして、同じ位置に快楽スポットがあるという方も他にいるかもしれない。ぜひ、皆さんも一度試してみられると良いと思うよ。

だって、我々だって5年目にして知ったのだから。まぁ、もしかしたら、快楽の開発が進んだ結果、「上唇小帯」が性感帯として認識されるようになってきた…という可能性もあるけどね。

〝ゆえ〟、面白いことを言っていた。

ご主人様にとっては、クンニをわざわざしなくても、口の中だけで擬似的にクンニ体験をさせることが出来るため、とても手軽な方法だと思いました

なるほど!これは面白い発想だね。

〝ゆえ〟の快楽ポイントは色々あるけど、乳首をいじっているだけでも、猛烈な快感を味わっている。それに加えて、上唇小帯。もうこれは上半身だけでも、十分に快楽責めができるということだね!

いや、やっぱりクリもいじめたいし、Gスポットも…。ああ、手や舌がいくつあっても足りないや。(笑)




〝ゆえ〟の小窓~7 頑固な〝ゆえ〟のお話 『ご主人様ファースト』ということ

202001flsh.jpg
電マを装着された上で放置という
快楽責めを受ける〝ゆえ〟


〝ゆえ〟自身が記す「〝ゆえ〟の小窓」その7回目。

今回は〝ゆえ〟が常に考えて実践していること。

********************


ご主人様と過ごさせて頂ける時間の中で、これだけは譲れないと、〝ゆえ〟が勝手に思っていること…を書いてみたいと思います。

それは、ご主人様ファーストです。
ご主人様には、存分にSMの世界に没頭していただきたい。
そのためにゆえは存在しているという思いは、、かなり強いです。


ご主人様のお気持ちが、SMに集中できるように配慮して行動(メール作成)する

ご主人様が時間を管理してくださっているので、モタモタしないように行動する

ご主人様が次に何をなさりたいのか、よく観察しながら行動する


「おっ、〝ゆえ〟はよく気が利くなぁ」
「(口枷とか)よく頑張ったな」と、仰って頂けたときが最上の喜びです。
きっと、しっぽを振っています。


このように書いてしまうと、
誉められて嬉しくなる、【上司と部下】か、【先生と生徒】の関係のように感じる方もいらっしゃるかもしれません。

実際、ご主人様と出会ったから、こうして色々な事に挑戦出来ているので、導いてくださる存在と言えます。


********************

確かに性格的には頑固な面のある〝ゆえ〟。でも、〝Y〟からすれば、それもまたいじらしい一面であり、〝ゆえ〟を益々愛おしく思うことができる。

何より、ご主人様ファーストだなんて、嬉しいね!こんな奴隷を持てたご主人様は本当に幸せだ。





30年前のアルファインを覗いてみる

alphain202005_4flsh.jpg
有名な「宇宙遊泳」に拘束された〝ゆえ〟
201号室「隠し砦」にて


アルファイン(古い世代にはアルファーインと長音を入れた方がしっくりくるかも)、東麻布にある世界で唯一無二のSM専用ホテル。いわば「聖地」のような場所。40年以上にもわたり、日本のSM界を支えてきた。

このブログでは、〝ゆえ〟とともに全室制覇して、その施設や設備の素晴らしさを書いてきたよね(以下のURLからどうぞ)。
https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-155.html

さて、この外出のままならないご時世、自宅に籠もって色々と片付けをしていたら、30年くらい前の雑誌記事が出てきたよ。

月刊雑誌、「マニア倶楽部」(三和出版)の記事。表記されている東京の電話番号の桁数から、1991年以前のものであることがわかる(91年に東京03地域の電話番号、桁数が1つ増えたんだ…一部の地域ではそれより少し早く増えていたけど)。

「『アルファ・イン』全室徹底紹介」というタイトル(当時は名称に中点が入っていたんだね)。

ほぉ!と思わず片付けの手を止めて読みふけってしまった。おそらく皆さんも興味あるでしょ。

まず部屋数は現在と変わらず23室。そう、現在の部屋の基礎はこのときにはもう出来ている。1979年のオープン時は26室あったそうだから、現在の間取りはこの雑誌記事が書かれた頃にはすでに完成していたと言えるね。

しかし、部屋の名前はいくつか現在と異なるものが。

302号室「荒療治」(現在は「晒し便座」)
402号室「晒し責め」(現在は「排泄学園」)
405号室「千姫褥」(現在は「定期検診」)
502号室「吊り縛り」(現在は「拷縛便器」)
505号室「縄化粧」(現在は「萬華鏡」)
602号室「女王乱れ鞭」(現在は「羞恥破壊」)

という具合。

さらに一部の部屋のみ小さく写真が掲載されているのだけど、驚いたのは101号室「火の鳥」のベッドが鳥カゴベッドになっていたこと、103号室には独特の形状の診察椅子があったこと、601号室の晒しトイレには背もたれがあったこと、そして、602号室は女王様が座るイスが舞台のような一角上に設けられていたことなどなど。

色々な変化を知ることができる。

さらに、お部屋の設置器具の案内を見てみると、現在は101号室にだけある透明なボウル型湯船(「ラーメン風呂」と呼ぶこともこの記事で知ったよ)が204号室、401号室、501号室の3部屋にあったことなど。特に204号室の「淫ら天使」にあったというのは、きっとイメージや雰囲気的にはとても良く合ったのではないかと〝ゆえ〟も想像して楽しそうだったよ。

記されている料金を見てみると、現在の料金はこの30年間でだいたい1.3倍~1.5倍程度に増加しているんだね。でも、これ、コーヒー1杯の価格、理髪店の料金、大卒初任給の同じ期間の変化とほぼ同じ。というわけで、価格も時代を反映していると言えそうだ。

クリックすると大きくなるよ。

アルファイン全室紹介~マニア倶楽部-1

アルファイン全室紹介~マニア倶楽部-2

アルファイン全室紹介~マニア倶楽部-3

アルファイン全室紹介~マニア倶楽部-4
三和出版刊「マニア倶楽部」より
(出版年月日は不明)


この記事の中にマナーの事が書かれていたけれど、これは今も同じ。吊りでのケガは今も昔も変わらず気をつけなければならないけど、今では新しい問題も。

例えば、ラバープレイなどで使われるシリコンオイル。これは床に付着すると拭いても簡単には取れないし、床が滑って危険。アルファインさんも最初は注意するように呼びかけていたけど、結局、マナーを守らない方が多かったのか、使用禁止になってしまった。

というわけでホテルを利用する際には、くれぐれも、後で使う方のために、そして清掃スタッフの皆さんに迷惑をかけないように使う事が大事。世界に唯一の貴重なホテル、SMファンには「至宝」と言っても大げさではないくらいの施設だから、大切に使っていきたいものだね。

そして、緊急事態宣言の中、アルファインも一時的に休館中。できるだけ早く状況が収まって、営業再開の告知が公式ツイッターで流れる日を〝ゆえ〟とともに心待ちにしているよ。


アルファイン、全室の記事一覧は以下のURLをクリックしてね。
https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-155.html





射精直後に意識を失う体験

orgasm202005flsh.jpg
射精の瞬間、〝Y〟の頭の中は真っ白に。
それはいつものこと。
でも、この時はその先に…


これ、多分、人生で初めての体験。

先日、〝ゆえ〟とのSMプレイ&セックスで起きた。

本当にびっくりしたのだけど。

その日、〝Y〟好みの素材とデザインのTバックを購入し、身につけてきてくれた〝ゆえ〟。

その姿を見たとたんに激しく興奮してしまう。めずらしく2人で立ったままのペッティングをしばらく続ける。その後、お風呂に入っても、ずっとペッティングやキスを続けていた。その後、プレイに入って、大好きな革の拘束衣を身につけた〝ゆえ〟に徹底的な快楽責め。後ろから抱きかかえるようにして、ローターをアソコに当てる。〝ゆえ〟のすさまじい咆哮が部屋に響く。否が応でもこちらの興奮が高まる。

鏡に映った〝ゆえ〟、黒革の革拘具が実に良く似合っている。

さらに、口枷を着けさせ、その口枷越しにフェラを。これもまた大きな興奮材料。

〝Y〟にとってみれば意識せずにかなり長時間の前戯をしていたようなもの。

だから、この間、ずっと極度の興奮をしていたということもあったのだろうね。

その後、よいよ挿入。

そこから1時間ほどの挿入の末、射精。〝ゆえ〟の膣内に精液をまき散らす。

ドクッ、ドクッとペニスが脈打つ。強烈な快感。

その瞬間、ふと意識が遠ざかるのを覚える。

え?眠気?射精の最中なのに?

まだ正常位で、これからしばらく後戯をして抱き合いたい…、

あ、いかん、意識が…。

あ、目覚めろ!

あ、やっぱり意識が…。

と、わずかに10秒くらいの間だったのだけど、意識が短い間隔で3回ほど無くなりかけた。

これは全く初めての体験。

そして、正常位の体勢のままペニスを抜き取ったところまでは覚えているけど、そこから記憶がない。そう、ついにオーガズムで意識を失ってしまったみたいだ。

これは生まれて初めての経験!

〝ゆえ〟は〝ゆえ〟でやはりご主人様の様子がいつもと違うことを感じていた。

ご主人様が射精後に、私にのしっと覆われた時、いつもなら背中や腰が上下にスーハー呼吸で動くのですが、のしっとされたまま、静かでした

そう、呼吸も止まっていたか、あるいは極端に静かになっていたみたいだ。激しい運動の直後なのに。よく瞑想の時に呼吸が止まるけど、同じ現象が起きていたようだね。

オーガズムで意識を失うというのは女性ではよく聞く話だけど、それを男性である自分が体験することになるとは!

意識が戻ったあと、自分で振り返って、とにかく驚いた。

で、この日、興奮さめやらぬ〝Y〟は1時間後、再び正常位で射精に至る。このところ2度の射精はあまりなかったけど(まぁ、それ相応のオッサンだからねぇ…)、それほど、この日の興奮レベルは高かったのに違いないね。

珍しい体験、〝ゆえ〟は「ご主人様、腹上死!?」と驚いたかもしれないけど。(笑)

それは冗談にしても、日々、こんな新しい体験ができるなんて。

心から〝ゆえ〟に感謝だよ。(^^)




 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.