FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

SM、スパンキング

タブーを愛する二人の日記

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (54)
ボンデージの道具たち (58)
アルファイン(SMホテル) (40)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (7)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

〝ゆえ〟の小窓~6 決めごと

sailor202004bflsh.jpg
セーラー服姿でオナニーを命じる。
すぐに従う素直な奴隷〝ゆえ〟。


〝ゆえ〟のモノローグ、今回は〝ゆえ〟らしい心の動き。かなり以前に書いてくれたもの。当時の〝ゆえ〟の気持ちがとても良くわかる。

********************

ご主人様のお人柄は、感情に波風が立たない、とても寛容なのです。
そんな風にご主人様へお伝えすると、「〝ゆえ〟の前だけかもよ?」と返されてしまうのですが…。
大人の余裕?ってやつでしょうか?

ご主人様のように、普段は穏やかなタイプの男性は、〝ゆえ〟にはあまりご縁が無かったので、主従の契約をした際
「ご主人様のお気持ちを不快にさせないよう、疎まれないように心掛けよう」と、きつく心に決めました。


確認していませんけれど…奴隷が決め事を勝手に持ってしまうのは、ご主人様からすると、快くない出来事みたいです。

でも、この頑固な性格をなかなか変えられなくて…。。

ご主人様に何度も説得されて、ようやく最近、ご主人様へ日々思っていることをメール等でお伝えするようになってきました。
不快にさせてしまうかも…と、いつもビクビクしながらメールに書く内容を考えています。


********************

最初に書いたように、このモノローグを書いてくれてずいぶん時間が経つよ。その間、二人の関係にも色々な出来事があった。

なによりも、当時と一番違うことの一つはメールのやりとり。

この頃は確かに〝ゆえ〟はいつも緊張しながら書いていた様子。今は次第にのびのびとメールを書いてくれるようになって来ている。それが嬉しいご主人様。

二人の関係性は時間とともにいろいろと変化していくもの。

だって、結局SもMも、生身の「人間」だものね。




スポンサーサイト
[PR]

アイマスク(目隠し)いろいろ~5.アール目白店さんのアイカフ、天ノ介さんのアイカフー

eyemask202004_05bflsh.jpg
ご覧のように顔のかなり広い面積を覆うことになる


連続でお届けしてきたアイマスク(目隠し)シリーズ。今回は最後に「アイカフ(アイカフー)」を紹介するね。以前もこのブログで紹介したことがあるけど、アール目白店さんや天ノ介さんなどが製造して販売している。

この製品、何よりも大きな特徴が、鼻まで覆うという形状。だから、目隠しというよりは目と鼻の一体型カバーという感じ。

もともと、この製品と、口のカバーをするマウスカフという製品と組み合わせ、全頭マスクとともに使用するという商品(オールフェイスマスク)もあって、そちらからの分売という考え方もできる。実は〝Y〟がもっているのも、そのオールフェイスマスクのもの。

アール目白店さんでは「ソフトアイカフ」という名称で、6,000円で販売。商品ページはこちら

天ノ介さんのところでは「アイカフ-」という名称で、6,300円で販売。商品ページはこちら

このマスクの場合、前述のように鼻を覆うという点が特徴。だから、カバーする範囲が広いせいで、完全な闇に奴隷を落とし込むことができる。一方で、鼻呼吸がやや制限されてくるという面での責めも楽しめる。鼻腔が革の匂いで満たされることになるよ。

一方で、鼻孔が見えなくなるので、〝ゆえ〟のように形の良い鼻孔を持っていると、ついつい、それが見たくなり、途中で外してしまうことも多いけどね。

eyemask202004_05_2flsh.jpg
こちらはオールフェイスマスクを全部装着した様子


〝ゆえ〟の感想は、

オールフェイスマスクに付属するものですから、本来のマスクと併用するのが一番だと思いますが、単体でもしっかりと使用できます。
鼻まで覆われる為、光は遮断され嗅覚も鈍くなります。
本当に大きいため、これ1つで顔の拘束が完成します。
鼻孔好きのご主人様は、あまりお使いになりませんが、調教中に顔からズレてしまう心配が一番少ないのでは?と思います


と、やはりご主人様のこと、よくわかっているねぇ…。さすが、我が愛奴。

というわけで、5回にわたって紹介してきた〝Y〟の目隠しコレクション、他にもあるのだけど、今回はここまで。

最後に〝ゆえ〟のアイマスクに関しての一言を。

アイマスクでプレイをされる方、ぜひ参考にしてみてね。

〝ゆえ〟にとってのアイマスク使用時の大前提は、アイメイクは絶対にしないこと。
角膜が傷付いたり、結膜炎になるのはイヤですよね。
それに、アイマスクにメイクの汚れが付くのも防げます。
ご調教が終わったらメイクをすれば良いのです。
ちなみに、〝ゆえ〟のご主人様はメイクの有無はどうでも良いご様子です。
むしろ全くしていない方が良いと言われています。
だからご主人様にお会いするのに、毎回、本当に何もメイクをしていません。

女としてその行動はどうなのか…ま、奴隷ですから女ですら無いのかもしれません。

一度、メイクをばっちりしてご主人様とお食事だけに出掛けたことがありました。
いつもなら遠目から〝ゆえ〟と気付いて下さるご主人様が、その日はなかなか気付いて下さらず…。女っぽくてビックリしたと仰るご主人様を見て、〝ゆえ〟はしめしめと満足感でいっぱいでした


うぅ。〝ゆえ〟に一本とられてしまったよ!(笑)

女性は化粧をするもの…というのが世の中の常識なのかもしれないけど、へそ曲がりで常識に囚われないことが好きな〝Y〟。〝ゆえ〟のような美しい女性はそのまま化粧をしないままのほうがむしろキレイで良いと思うんだけどなぁ…。

あ、でも、結局マスクをさせちゃうんだから…。顔が見えなくなるね。(爆)


アイマスク関連記事一覧(クリックで飛べるよ)
アイマスク(目隠し)いろいろ~1.天ノ介さんのアイマスク 
アイマスク(目隠し)いろいろ~2.アール目白店さんのアイマスク 
アイマスク(目隠し)いろいろ~3.アール目白店さんのソフトレザーベルト
アイマスク(目隠し)いろいろ~4.エピキュリアンさんの特製アイマスク
アイマスク(目隠し)いろいろ~5.アール目白店さんのアイカフ、天ノ介さんのアイカフー





アイマスク(目隠し)いろいろ~4.エピキュリアンさんの特製アイマスク

eyemask202004_04flsh.jpg
バタフライ形状でぴたっと
貼り付くアイマスク。


連続でお届けしているアイマスク(目隠し)特集。

今回は今までと違って、素材がラバーの「特製アイマスク」。

そしてメーカーはエピキュリアンさん。商品紹介ページはこちら

2,630円(税別)で販売している。(2020年4月現在)

この形、おそらくAVでご覧になった方も多いはず。アタッカーズの川村慎一監督作品などに出てきたりしているよね。

上下対称の形状がまず独特。

さらに、頭部に固定するベルトは2本ということで、がっちり固定してくれる。

しかも、リングではなくマジックテープによる装着なので、実に手軽に調整できる。

さらに目の部分はとても薄いラバー。ということで、目にピッタリと貼り付いて、視覚を完全に奪ってしまう。光の一筋も入ってこない。これは凄いね。

そして、素材の薄さゆえ、眉あたりやホホ骨あたりが浮き出て見えてくるのも独特。

そういう意味でも装着された奴隷への加虐感が感じられるのが魅力。

奴隷に一度装着してみると、この独特の感触がクセになってしまう。

〝ゆえ〟の感想は、

全体がゴム製で、マジックテープでの開閉です。後頭部は2手に別れて固定されます。
ゴムの柔らかさも相まって、優しい漆黒の闇に包み込まれるような感覚です。
ゴム特有の匂いがします。それがお好きな方もいらっしゃることでしょう。
ただし、マジックテープが外すときに必ずと言ってよい程、髪の毛に絡まります。
でも、レザー製とは全く違うゴムの柔らかさはクセになります


そう!〝ゆえ〟も言うようにマジックテープに髪の毛が絡まると外しにくいので、その点だけは注意。

でも、ゴム製だと全体を洗うこともできる。メイクが付着してもすぐに洗い落とせる。

そういった扱いやすさも魅力だね。


アイマスク関連記事一覧(クリックで飛べるよ)
アイマスク(目隠し)いろいろ~1.天ノ介さんのアイマスク 
アイマスク(目隠し)いろいろ~2.アール目白店さんのアイマスク 
アイマスク(目隠し)いろいろ~3.アール目白店さんのソフトレザーベルト
アイマスク(目隠し)いろいろ~4.エピキュリアンさんの特製アイマスク
アイマスク(目隠し)いろいろ~5.アール目白店さんのアイカフ、天ノ介さんのアイカフー




アイマスク(目隠し)いろいろ~3.アール目白店さんのソフトレザーベルト

eyemask202004_03flsh.jpg
シンプルさ故に抜群の使い良さ



このところ〝Y〟が所有しているアイマスク(目隠し)を色々と紹介をしている。

今回のアイマスクは前回に続いて「奴隷市場」ブランドで知られるアール目白店さんのもの。

実はこの製品、「アイマスク」ではなく「ソフトレザーベルト」という名称で販売されている(3500円・税込~2020年4月現在)。商品ページはこちら

そう、柔らかな本革のベルトなんだ。でも、実はアイマスクとして使うのにピッタリだし、メーカーさんの公式ホームページでも、目隠しとして使用されている写真が掲載されているよ。

こちらは、今まで紹介したアイマスクとは違い、タオルや手ぬぐいなどで目隠ししたという趣を持つのが特徴。それでいて、本革なので、もちろん、本革独特の匂いがするし、また、黒光りする様子がなんとも妖しげ。

また、革はきちんと折り返しで丁寧に縫製されており、シンプルながら丈夫。

しかも、形状はベルトなので、後ろで留める際にはベルトの端を手で結ぶという、これまた素朴で和風な雰囲気がたまらない。

よく、サスペンスドラマなのでヒロインが監禁されるようなシーンでは、黒い布の目隠しが使われたりするよね。それにとても雰囲気が似ている。

〝ゆえ〟の感想から。

一番のお気に入りです。
〝ゆえ〟の場合は、一回からげてギュッとすれば、たま結びにしなくても、しっかりと視界を遮る事が出来ています。
レザーベルトタイプは手拭い目隠しに一番近い密着感です


そう。ご主人様とプレイをするとき、まずご主人様は道具を鞄から出して〝ゆえ〟に並べさせるのだけど、目隠しに、このレザーベルトを見つけると、とびっきりの笑顔を見せてくれる。本当に大好きなんだねぇ…。

eyemask202004_03_bflsh.jpg

例えばセーラー服でのコスプレの際、オーソドックスなアイマスクだと、かなり西洋的なテイストになってしまう。それはそれで良いのだけど、こちら、レザーベルトを使うと、むしろ和風のテイストとなり、自然に女学生という雰囲気が出る。セーラー服姿に違和感なくフィットしてしまうんだ。

シチュエーションによっては、ものすごく映える目隠し、それがこのレザーベルトだね。

もちろん、手を縛ったり、猿轡にも。そんな用途にも使えるから、皆さんもぜひ1本!


アイマスク関連記事一覧(クリックで飛べるよ)
アイマスク(目隠し)いろいろ~1.天ノ介さんのアイマスク 
アイマスク(目隠し)いろいろ~2.アール目白店さんのアイマスク 
アイマスク(目隠し)いろいろ~3.アール目白店さんのソフトレザーベルト
アイマスク(目隠し)いろいろ~4.エピキュリアンさんの特製アイマスク
アイマスク(目隠し)いろいろ~5.アール目白店さんのアイカフ、天ノ介さんのアイカフー





アイマスク(目隠し)いろいろ~2.アール目白店さんのアイマスク 

eyemask202004_02flsh.jpg
ソフト素材で顔への密着が魅力


さて、前回は天ノ介さんのアイマスクを紹介したよね(こちら)。とてもオーソドックスな形で、本革製。着けられると革の匂いがして、革が好きな奴隷も喜ぶ。リングベルトで長さも自由に調整できるので、フリーサイズながら、どなたにもフィット。

一方、今回ご紹介するのはデザイン的には同じ方向性ながら、やや趣の違うアイマスク。こちらは「奴隷市場」ブランドで知られるアール目白店さんの「アイマスク」。2,400円(税込)で販売されている(2020年4月現在)。商品ページはこちら

形は一般的なアイマスクの形を踏襲している。ただ、鼻の部分の切れ込みが深く曲線を描いている。また、革の素材も天ノ介さんのものと比べると非常にソフト。そのため、目の周辺にぴったりと貼り付くような感覚で視界を奪う。これはまた独特の感触。

さらに、ベルトは伸縮するゴム素材。そのため、頭の上から、すっとかぶせる感覚で装着できてしまう。手軽さが魅力。

全体のサイズもやや小ぶりなので、アイマスクをすると顔の形がよくわからなくなるという場合もあるけど、こちらのアイマスクなら、そんなこともないよ。

〝ゆえ〟の感想から。

ご主人様はアール目白店さんのセールス特典で手に入れたご様子のマスク。
とはいえ侮るなかれ。ゴムが幅広の為、かなりピタリと密着します。
ただ、平ゴムとゆえの髪質の相性が良くないのか、時間が経つと、時折スルスルと上方向に上がってきてしまうのです。
全頭マスクの時は完璧な相性ですよ。
ご主人様は装着が楽だから結構お気に入りみたいです。
ゆえはゴムが伸びないか、つい心配してしまうアイマスクです。


いやいや、丈夫なゴムを使っているから伸びる心配もないから安心しなさい、〝ゆえ〟。(^^)

というわけで、ぴったり密着したアイマスクが…という場合にはぜひ。また、〝ゆえ〟が言うように目口穴マスクとの相性も抜群!


アイマスク関連記事一覧(クリックで飛べるよ)
アイマスク(目隠し)いろいろ~1.天ノ介さんのアイマスク 
アイマスク(目隠し)いろいろ~2.アール目白店さんのアイマスク 
アイマスク(目隠し)いろいろ~3.アール目白店さんのソフトレザーベルト
アイマスク(目隠し)いろいろ~4.エピキュリアンさんの特製アイマスク
アイマスク(目隠し)いろいろ~5.アール目白店さんのアイカフ、天ノ介さんのアイカフー





アイマスク(目隠し)いろいろ~1.天ノ介さんのアイマスク 

eyemask202004_01flshb.jpg
飽きの来ないデザイン。
王道的な天ノ介さんのアイマスク。
ボールギャグとの組み合わせは「鉄板」


先日、SMプレイで我々が必ずといっていくらいに利用するボールギャグの魅力について書いたけど、今回はもう一つ、ボールギャグとほぼ同じか、もしかするともっと頻繁に使っているかもしれない道具を数回にわたって紹介するね。

タイトルにあるとおり、目隠し、あるいはアイマスク。

SMプレイにおける目隠しの役割というのはものすごく重要で、基本アイテムの一つ。

まず、奴隷の視覚を奪うことで、行動を制限できること。

さらに、視覚を奪われた奴隷の感覚は鋭敏になり、快楽も大きくなること。

そして、Sにとっては目隠しされた奴隷の姿に猛烈に萌えるということ。

そんなところからアイマスク、とても重要なんだ。

で、基本アイテムということは、ボールギャグと一緒で、いくつも持っている。そう、バリエーションを楽しむため。

で、今回から数回、一つ一つを紹介したいと思うんだ。

まず、1回目の今回は、上記の写真のもの。

そう、よく見かけるタイプのアイマスクだよね。

「天ノ介」ブランドの「アイマスク」。2,625円で販売されている(2020年4月現在)。

商品ページはこちら

この形のものは日常生活でもいろんな素材や色でよく見かけるよね。国際線の飛行機の中でもみかけるしね。そういう意味では違和感がないアイマスク。

一方で、逆に日常的に見るマスクだからこそ、黒でしかも革という素材になると、インパクトがあるんだよね。

そう、当たり前に見えていたモノが素材が変わることで、急にバイオレントな魅力を持つという好例だと思うよ。

そして、そういうデザインだから飽きがこない。リングベルトで長さを調整して留める形になっている。

実はこれ、2枚目。最初に買ったのは確かセビアンで30年くらい前のこと。その後、買い換えで同じデザインのもの探し、天ノ介さん(以前はセビアンに製品を卸していた)のところで購入。それももう10年以上経っていると思うよ。

実は持っているアイマスクの中で〝Y〟が〝ゆえ〟に使う頻度は最も高いのがこれ。

とにかく丈夫!さすが天ノ介さんの製品。

いつも着けられる〝ゆえ〟の感想は、

当初、アイマスクといえばこれでした。ご主人様がいつも着けてくださるのですが、このアイマスクは自身で装着した方が、ぴったりフィットすることが多いです。慣れないと、鼻と目の隙間や目と眉毛の隙間から光が入りすぎてしまったり、ベルトが弛んでしまったり、気難しいアイマスクです。使いこなせたら、SMひょっこ卒業かな…道具に試されているような感覚になります

そう。シンプルゆえに、顔にぴったりとさせるには慣れも必要。また、薄手とはいえ、革そのものの固さもあり、どうしても、下の方から光は入ってくる。完全な遮断は無理な点は納得した上で使う必要がある。

でも、うまく装着すれば、実にオーソドックスなデザインがそそることになるよ。シンプル・イズ・ベストの好例。

和食でいえばご飯、洋食で言えばパンのようなそんな存在のアイマスク。

みなさんもお一ついかが?


アイマスク関連記事一覧(クリックで飛べるよ)
アイマスク(目隠し)いろいろ~1.天ノ介さんのアイマスク 
アイマスク(目隠し)いろいろ~2.アール目白店さんのアイマスク 
アイマスク(目隠し)いろいろ~3.アール目白店さんのソフトレザーベルト
アイマスク(目隠し)いろいろ~4.エピキュリアンさんの特製アイマスク
アイマスク(目隠し)いろいろ~5.アール目白店さんのアイカフ、天ノ介さんのアイカフー






 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.