FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (52)
ボンデージの道具たち (53)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

人格が完全崩壊する口穴マスクの破壊力

kuchiana201910_01flsh.jpg
〝ゆえ〟は口穴マスクにボールギャグで
すでに人格崩壊。あそこにはバイブが。
そして、乳首も刺激されて快楽地獄へ。


「ぜんとうますく」と入力し、漢字変換すると「全島マスク」や「前頭マスク」ではなく「全頭マスク」と変換されるようにパソコンが躾けられている〝Y〟。ということで、三度の飯よりもというのは大げさにしても、一度の飯よりも確実に好きな「全頭マスク」。

アール目白店」さんでは様々な種類の全頭マスクを販売している。しかも、使われている革は上質。〝やま〟は30年前に買った全頭マスクをいまだに使える状態で持っている。

その中で定番はもちろん「目口穴マスク」。このブログでも高い頻度で登場しているよね。

で、本日は上記写真の「口穴マスク」。

え?以前にもこの話題は書いたでしょ…って?

あ、こちらの記事ね。

そうなんだよ。でもね、その後も使い続けて、やっぱりこのマスクっていいなぁと思うんだ。それでまた書いてみた。

まず復習から。

このマスク、目の部分は穴が開いていない。口の部分だけ。鼻の部分も小さな穴が開いているので呼吸には困らない。

でも、視覚を完全に奪われる。

目隠しなどでは隙間から光が入ってくることは多い。でも、このマスクとなると、完璧。完全に闇に閉ざされてしまう。

というわけで、一段と拘束感が強い。

以前の記事にも書いたけど、逆にいえば完全に奴隷の視覚が奪われるから、その動きにご主人様は常に気を配り、怪我などをさせないように万全の注意を払わなければいけない道具。つまり、奴隷とご主人様が強い信頼関係にないと使いにくい道具だよ。

そして、顔の中で唯一、唇だけが外に向かって開いている。

唇、顔についた性器とも言われるけど、こうして、黒いマスクに赤い唇だけが露出すると、本当にそういう思いを新たにするよ。そう、実に「淫靡」。その唇をキスで奪ったあと、ボールギャグで蓋をする。これで頭部全体が究極の拘束状態に。

この状態で快楽責めをするのは〝ゆえ〟も〝Y〟も大好き!

奴隷である〝ゆえ〟は、視覚情報がない分、快楽に没頭できる。しかも、耳も聞こえにくくなるから余計にそう。

kuchiana201910_02flsh.jpg
叫び声を上げて、ひたすらイキ続ける〝ゆえ〟。


アルファインで全身拘束されたり、あるいはベッドの上で四肢を拘束され、このマスクを被せられる。その瞬間にすでにトランス状態になってしまいそうなほどの興奮。

「S」も「M」もいずれも楽しめるこのマスクで、ある日〝ゆえ〟をベッドに座らせ。後ろから抱く格好で、クリトリス責めを行う。

マスクからは荒い息が。そして、断続的に喘ぎ声をあげていたかと思うと、突然の静寂。

体をつっぱらせて小刻みに体が痙攣。

呼吸停止が数十秒続く。

やがて、静かに体の力が抜け、再び呼吸が始まる。

ガクッと頭を下に落とす。その瞬間にボールギャグから大量の涎があふれ出す。

頃合いを見計らって、再びローターを股間にあて、乳首を責め始めると、再び体を震わせて…。

一連のその動きをエンドレスに繰り返す。

口穴マスクをほどこされた〝ゆえ〟、もともとの上品な顔立ちはもはやうかがい知れない。人格はすでに崩壊し、ただただ、快楽奴隷、快楽動物に堕ちている。

これほどの責めを受け、〝ゆえ〟は多分、今日いっぱいは使い物にならないくらいにフラフラになるだろうなぁ…。

それを想像するるとますます楽しくなる〝Y〟。

そんな「S」の喜びをもたらしてくれる口穴マスク、ぜひ、みなさんも!




スポンサーサイト
[PR]

体に触れるだけでイキ続ける~〝ゆえ〟が〝Y〟に触っただけでイッてしまうという不思議な現象

touch201910_00flshb.jpg
SMチェア上の快楽責めで精根尽き果てた〝ゆえ〟。
この後、ベッドに移すと…。


〝Y〟と〝ゆえ〟とのSMプレイ。必ず交合をプレイに含んでいる。

そして、その交合による〝ゆえ〟のオーガズムはどんどん進化しているように感じられるよ。

「連続イキ」、「中イキ」を覚え、最近は「脳イキ」に達している。そして、最近ではそのイキ方も早くて深い。

なにせ挿入して数秒後には「中イキ」している。

だから、何があってもさほど驚かないつもりだった〝Y〟。

ところがどっこい、驚いた!

その日、〝ゆえ〟をSMチェアで快楽責めをした。何度も何度もオモチャでイカせる。もう限界かなぁ…と判断。

そしてベッドに乗せる。イキ続けで疲れただろうと思い、しばらく休ませようと思ったんだ。

ところが…、

〝ゆえ〟、なにやら腕を〝Y〟の方に伸ばしてきた。そして、〝Y〟の体に触れた瞬間、突然、その体が痙攣を始める。

えっ?

〝Y〟の体に〝ゆえ〟の指先が触った?

それが引き金?

それでオーガズムに?

本当?

今度は逆に〝Y〟が〝ゆえ〟の体に触れてみる。

その瞬間、〝ゆえ〟の体が再び大きく痙攣する。

ああ、こちらは確かに今までもあった。

何度も何度もイキ続けたあとは、〝Y〟が〝ゆえ〟の体に触れることにより、それが刺激になりオーガズムに。

でも、今回は今までと違い、〝ゆえ〟が自分で〝Y〟の体に触れて、そして、オーガズムに…。

これは、初めての体験!

なぜ、こんな不思議なことが起きるのだろう。

この時、いつもと違うことが一つだけあった。それは〝ゆえ〟の気持ち。

全身から力が抜けて、ボロボロになりながらも、ご主人様の事がとても愛おしく思えて、そして、体に触れさせていただきたいと心から思っていたんです。そうしたら…実際に奴隷の指先がご主人様の体に触れた瞬間に…」

と後で話してくれた。

そう、オーガズムは単に体の反応だけじゃない。気持ちもまた、大きな役割を果たすんだね。

一体となりたいという強い気持ちがあり、すでにイキ続けた体と、その思いを持った心の両方が作用したとき、おそらく、今までにない、相手の体に指先が触れるだけでイキ続けるという新たなオーガズムが出現した…。

この先、多分、〝Y〟がかつてのドライオーガズムの旅で知った、あの究極のオーガズムに〝ゆえ〟が達するのも時間の問題だと思うよ。数ヶ月のうちに達するかもしれないし、もう数年かかるかもしれないけど。

でも、ここしばらくの〝ゆえ〟の成長ぶりが、本当に嬉しいな。

ところで、前述のように、今回と逆に、〝Y〟が〝ゆえ〟の体に触れて、全身を痙攣させるということは今までもあった。この現象。これはサディストである〝Y〟にとっても凄く楽しいこと。

だって、自分の指先を〝ゆえ〟の体に軽く当てる度に、〝ゆえ〟の体が大きくバウンドして痙攣するんだ。これって、まるで、高圧の電極を持ち、体に押しつけて、電気ショックを与えているのと同じ。だから、奴隷を責め続けているような視覚的な満足感を味わうことができる。

ご主人様は激しく責めている感覚となり、そして奴隷は実は快楽(苦しいだろうけど)を与えられて…。

一挙両得とはこのことかな。(笑)




訪れるたびに進化しているアルファイン

alphaimpr201910_04flsh.jpg
405号室「定期検診」の診察台照明が新しくなり
十字架の〝ゆえ〟の姿も明るく照らせるよ。


SMの聖地、ホテル「アルファイン」。

ここ数年でかなりのお部屋がリニューアルを受けて、綺麗になってきている。

でも、さらに、少しずつ、進化を遂げているよね。このブログやツイッターでも、改装とは別に、例えば、お部屋の椅子が変わったり、アメニティが変わったり…といった話題を取り上げたね。

最近は、たとえば、こちら。

alphaimpr201910_02flsh.jpg


そう、冒頭の写真でも紹介したけど、405号室「定期検診」の診察台上の照明。

以前はこちら。

alphaimpr201910_03flsh.jpg


新しい照明はLEDなのだろうか。明るさが切り替えられ、最高にすると明るさがハンパない!

考えてみれば、医療の診察台の上にある灯りなので、確かに明るければ明るいほどありがたいよね。

そのまぶしさに奴隷が思わずひるむくらいに。だから、これは責めとしても嬉しい改善。

古い無影灯のような灯りもデザイン的に凄く味わいがあったけど。

そして、別のお部屋ではこちら。

alphaimpr201910_01flsh.jpg
「アルファイン」403号室「タブー」、
シャワー横に取り付けられたタオル掛け
これは確かに便利!


という風に、色々と日々進化を止めないアルファインさん。さすが。

でも、現時点で、もし1つだけ、アルファインさんにお願いがあるとすれば…。

十字架、X字架、あるいは宇宙遊泳などの拘束具についている手枷。そのベルトについている留め穴が時として、少し足りないときがあるんだ。

〝ゆえ〟はかなりスリム。その手に手枷を嵌めた時、一番きつい穴で留めてもすり抜けてしまうことも。

もう1つ、あるいは2つ分、穴が開いていればいいのに…、と思うことがあるよ。もっとも、これはアルファインさんに納入される革職人さんにお願いすべきかもしれないね。

そうなると完璧なんだけどなぁ…と、この場を借りてお願いしちゃおう!

アルファインさん、ぜひ願いをかなえて下さいね!


アルファイン全室紹介記事へのリンクはこちらから
https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-155.html





「シナプスヴォーグ」と「フェアリーミニ」を工夫してカップリングしてみたら…

synapus201910_02flsh.jpg
セーラー服に全頭マスクの〝ゆえ〟、
「シナプスヴォーグ」でイキ続ける。



「シナプスヴォーグ」。電マのアタッチメント。

「性器と同化する」という謳い文句通り、強烈な刺激を性器に与える道具。

いや、性器だけではなく、もう腰全体が震える最強のアタッチメント。

何せ、膣の中、アナル、そしてクリトリスを一気に刺激するのだから。しかもクリの刺激は周囲も含め広範囲。アナル刺激が不要な人は、ハサミでアナル部分の突起を切り取ることも可能。

〝ゆえ〟も大好き!

でも、一つだけ残念なことが。

このアタッチメント、「スライブ」や「フェアリー」など、大型の電マ専用に作られているんだ。もっともそちらを使う人が多いので、そうなったわけだろうけど。

ところが、沢山の荷物を持ち運びするSM愛好家である我々。少しでも重量を軽くしたい!ということで、小型の電マ「フェアリーミニ」をいつも持ち運んで愛用している。

この「フェアリーミニ」、ヘッド部分が小さいので、「シナプスヴォーグ」には小さすぎてサイズが会わない。

じゃ、あきらめる?

いやいや、常に工夫と創意のSM愛好家。

「シナプスヴォーグ」の取り付け部分に何かしら工夫をすればきっと使えるはず。

そう、いわゆるカプラー(連結装置)だよね。

でも、ただでさえ、普段から荷物が多い〝Y〟と〝ゆえ〟。これ以上増やすのは…。

じゃ、もともとホテルにあるものを利用出来ない?

ん?

タオルを使ってみたら…?

ということで、アルファインでタオルの一部を「シナプスヴォーグ」の取り付け部の中に入れてみる。そして、「フェアリーミニ」を取り付けると…。

うーん、ちょっとスカスカかな?

あ、じゃ、タオルを折り曲げて厚くしてみたら…、と手軽に調整できるのがタオルの良いところ。

すると、見事ぴったりに!

synapus201910_01flsh.jpg
診察台に乗せられた〝ゆえ〟を
快楽責めする愉しさ…


そう、何事も創意工夫が大切…って、そんな偉そうな発見じゃなくて、実に単純なアイディアだけど。

でも、いいじゃない。実用的ならば!

診察台に拘束され、そして、アナル、ヴァギナ、クリと三カ所を「シナプスヴォーグ」+「電マの力」で責められる〝ゆえ〟。

ボールギャグ越しにもの凄い叫び声を上げて、あっという間にイッてしまう。その後は体が痙攣しっぱなし。20分ほど責めると、意識朦朧で、もはや「廃人」となった〝ゆえ〟。

「シナプスヴォーグ」を外し、診察台から下ろし、ベッドに体を乗せると、体の皮膚を触るだけでまだまだイキ続ける。

凄い事になっちゃった。

あらためて、「シナプスヴォーグ」の威力を実感。

「フェアリーミニ」だから、あるいは標準サイズの電マじゃないからとあきらめていたあなた、ちょっとした工夫で大丈夫だよ!

ぜひ、この、普段ではありえない「『超』悶絶」&「『超』絶頂」を奴隷に味わわせて、『廃人』にさせてあげてね。




全頭マスクとボールギャグを組み合わせる楽しさ

hood_and_ballgag201910_02flshb.jpg
この組み合わせが大好きな
〝Y〟と〝ゆえ〟


〝Y〟にとってのSM道具の基本って何だろう。

緊縛がお好きな方はもちろん縄!

そして、レザーボンデージの世界では首輪や手足枷がそれにあたるという人が多いと思う。

でも、おそらく、これ一つで萌え&燃えてしまう…という道具となると…、

ボールギャグだろうかな…。

いや、全頭マスク(目口穴マスク)も捨てがたい…。

そう、実際の〝Y〟と〝ゆえ〟のプレイでの使用頻度で見ても、この2つは高いよね。

ではどちらがより好き?

…となると、答えられなくなりそう。

いっそのこと両方!ということになり、まず全頭マスクを着用させて、その上からボールギャグというのが最高の取り合わせ。そして、今までのプレイの写真でも皆さんがよくご覧になっているとおり。

でも、この組み合わせ、実は最初から行っていたものではないんだ。

というのは、全頭マスクをしてしまった女性、口の開きが悪くなるので、ボールギャグを噛ませるのは無理と踏み、若い頃はそんな発想はしなかった。

hood_and_ballgag201910_04flshb.jpg
口が開きにくい場合は
スポンジのボールギャグという手も


ところが、いまから20年近く前の事。2000年、志摩紫光さんの「秘女縛り」というビデオに、この全頭マスクにボールギャグという組み合わせが登場(ちなみにこのビデオは後日「レザースレイブ」というタイトルでDVD発売された)。

なんと、できるんだ!

と遅まきながら発見。

ということで、取り入れ始めたといういきさつ。

実際、プレイの最中、全頭マスク姿の〝ゆえ〟にボールギャグを嵌めたり、はずして涎で光るネックレスのような状態にしたりということを繰り返すと、実に愉しいんだ。

黒光りのするマスクを被せられた美しい女性が、さらにボールギャグから涎をしたたらせる。そして、局所にはご主人様のものを入れられて騎乗位で喘ぐ。

hood_and_ballgag201910_01flshb.jpg
騎乗位で喘ぐ〝ゆえ〟


もうこれは最高に興奮できるね。

いずれにしても、20年前、新しい組み合わせの楽しみ方を教えてくれた志摩紫光さんには大感謝。(^^)

そうそう、この組み合わせは、その後、シネマジックの「川村理沙 ボンデージDX Bondage Doll」でも目にして、ときめいたなぁ…。

〝Y〟にとって「王道」とも言える組み合わせ、皆さんもぜひどうぞ!




 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.