FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

青い首輪の女

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

SM、スパンキング

若狭と雫(緊縛と首絞め)

tabooを愛する二人の日記

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (58)
ボンデージの道具たち (60)
アルファイン(SMホテル) (48)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (28)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (13)
出会い系サイトでM女性を見つける方法 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

ライティングに工夫のあるアルファインは影も素敵…。

shadow201908_02sh.jpg
ご覧のように、〝ゆえ〟の右側に
天吊り手枷に吊られた〝ゆえ〟の影が…。


我々の大好きなSMホテルアルファイン、それぞれのお部屋ごとのインテリア、デザイン、コンセプト、道具など、様々な工夫が凝らされていて、どのお部屋も満足できる。

この日はたまたま、久し振りのセーラー服プレイをするということで、部屋の空きをみたら、珍しく204号室「淫ら天使」が空いている。コスパもよく、そして使い勝手の良い人気のお部屋。

このお部屋では特に天吊り手枷があるのがポイント高い。

部屋のネーミングも秀逸。

【淫ら天使】というお部屋の名前が、セーラー服調教にぴったりだと、常々感じていました。ストーカーな男性が「俺の天使(女学生)を拉致して淫らにしたい」願望を叶えるお部屋のネーミングですね。」と〝ゆえ〟も嬉しそう!

さて、その「淫ら天使」でプレイの休憩中、ふと、入口のドアの方に目をやったご主人様、

「あれ?天井吊り手枷が影になっている。ほら。なかなか風情があるねぇ」

〝ゆえ〟も同意。

そう、この影を見ているだけでも楽しい。以前は気づかなかった。そういえば、このお部屋のライティング、以前と比べると、少し変化している。前よりも全体に明るくなり、また、スポット照明も照度があがり、印象が強くなっている気がする。

ああ、だから、今回、新たに手枷がこうしてシルエットで浮かび上がるようになったんだ!多分、これは意図してるよねぇ…。

shadow201908_01flsh.jpg
この影だけ見ても、ワクワクするよ。


アルファインのお部屋を全室制覇してみると、照明へのこだわりを感じる。たとえば、すごく記憶に残るのが各部屋のランプシェード。これが実に凝っているんだ。全部集めると相当なコレクションになるだろうね。

楽しい色を生み出してくれるものもあれば、独特の形状で、ユニークな光の影を生み出すものも。

だから、アルファイン、「光」と「影」にもこだわり、そしてそれもまた日々進化し続けている。

というわけで、アルファインに訪れた皆さんは、次回から照明を気をつけて見てみて。

みなさんも、きっとその素敵なこだわりを感じる事ができるから。


アルファイン、全室の記事一覧は以下のURLをクリックしてね。
https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-155.html




スポンサーサイト
[PR]

「U.F.O. SA」を使ってみた~乳首責めから解放された手で〝ゆえ〟の局部を虐める

ufosa201907_02flsh.jpg
「U.F.O.SA」を装着されて十字架に拘束された〝ゆえ〟


快楽の開発をすればするほど乳首が敏感になる〝ゆえ〟。最近では乳首の指刺激だけでオーガズムに達するようになってきた。いわゆる乳首イキ。もう、脳イキの一歩手前まで来ている。

そう、乳首イキは脳イキと結びついている。男性でも、乳首開発はドライオーガズムへの近道と言われているくらいだから。

そんな男性にも人気なのが「U.F.O. SA」。その初代のU.F.O.を〝Y〟も購入して持っていた。ただ、胸に装着するカップの素材が劣化して、経年変化で使えなくなってしまったのは残念。しかも、もともと胸に吸い付く形状ではなく、そのままでは固定できないので、仰向けでしか使えなかった。

さて、ある日〝ゆえ〟が「ご主人様、『U.F.O.』って、どうなんでしょう?」と尋ねてくる。

うん。乳首責めの好きな人、つまり、おまえのような奴隷にはぴったりだね。ただ、俺は初代を持っていたがダメになっちゃったんだよ…といった説明をした。

気になって、帰宅してからUFOの最新バージョンである「U.F.O. SA」を調べてみる。

すると、ずいぶん進化していることを知って、即、ポチってしまった。高額にもかかわらず。

進化のポイント…。

・コントローラーが非常に小型化して、しかも、邪魔にならないコンパクトさ。

・胸にぴったりと貼り付く(吸い付く)素材。仰向けに寝ていなくても使えるかも。

・2個セットになっている。(初代は1個ずつ別の販売だった)


と、こうした点に大いに惹かれ、到着が楽しみ。

そして、到着して箱から取り出すと…。ほぉ、立派な造り。オモチャというよりも、立派な家電製品のような雰囲気。

そして数日後、〝ゆえ〟とのプレイ。

この日、〝ゆえ〟は全身ストッキングを新たに購入してきてくれていた。両胸の部分がオープンになっていると聞いていたので、この「U.F.O. SA」を取り付けて遊ぼうと思っていたわけ。

セクシーなストッキング、もう、それだけで、鼻血がでてきそうなくらいに興奮する。でも、そこに、「U.F.O. SA」のカップをピタッととりつけてみると、これもまた、不思議な光景。まるで〝ゆえ〟がセクシーロボットにでもなったような雰囲気。

ufosa201907_01flsh.jpg


さて、スイッチをオンにしてみる。取り付けるアタッチメントは二枚舌のものを取り付けてある。

ご主人様、少し痛いです!

おお、そうだった。ローションをつけていなかった。あわてて、取り外して、ローションを。ただし、つけすぎるとU.F.O.SA本体のモータが壊れるので要注意。

で、再び装着してスイッチを入れると…。

うう…」と切なそうな声が〝ゆえ〟の口から漏れてくる。よしよし!

と、ふとここで気づく。

あ、俺の両手、自由だ!

そう。快楽責めが大好きな〝Y〟。〝ゆえ〟の秘所をまさぐりながら乳首を刺激したり、と、普段は常に手が忙しい。

もどかしいのは〝ゆえ〟の両乳首を両手で刺激するとき。両手がふさがっているから、秘所の刺激をするには、自分のモノを〝ゆえ〟の中に入れるしか他に方法はない。

ところが、U.F.O. SAのおかげで両手が空いた!

乳首刺激と同時に、その2本の手で同時に〝ゆえ〟のクリと膣の刺激ができるではないか!

というわけで、このオモチャ、実はご主人様にとってももの凄く便利な道具でもあるんだ。うん、買って良かった!

ufosa201907_04sh.jpg
乳首責めを「U.F.O.SA」に任せて
ご主人様は電マ責めに集中


さて、この製品には6種類のアタッチメントがあり、また、動作のモードも6種類。皆さんの参考になるかもしれないから、そのときに〝ゆえ〟に試してみて(楽しい人体実験!)、その感想を言わせたんだ。それを記してみるね。

刺激のモードは水色(コントローラーのランプ色で7つのモードがある)で固定し、6種類あるアタッチメントを一つ一つ試してみる。それぞれの名前がわからないので、仮の名前をつけたよ。

A:短いブラシ(イソギンチャク・小)
触手が細かいので細かい刺激が楽しめます。〝ゆえ〟の乳首は大きいので、回転のはずなのに、バイブレーション的に少し揺れるような刺激を感じます。ローターを当ててもらっているような感じです

B:長いブラシ(イソギンチャク・大)
刺激が短いモノよりも断然強いです。短い方はよりローター的でしたが、こちらは長い触手でかき回されている感じがします。大きめの乳首には刺激がダイレクトで強いです。焦らすのなら短い方、焦らさないのなら長い方がいいと思います。でも、やはりローター的な感じがします。長い方も短い方も、イソギンチャクは初心者向けかも知れません

C:バラの花のような多数舌
オモチャの車のタイヤが何度も乳首の上を往復するような…。乳首をローラーで踏みつぶされているような気持ちよさです。根本から潰されているような感じがします。突起の部分が小さめなので、押しつぶされていくような感じがします。巻き込まれたりはしないのですが。イソギンチャクよりは押されている感覚が強いです

D:小さめの1枚舌
イソギンチャクに比べれば感覚がずっと弱くて、快感に繋がりません。乳首の小さい人ならいいかもしれません。意外でした

E:大きめの1枚舌
これは指でつままれている感覚みたいな…、うぅ。一番指でつままれているのに近い感覚です。乳首をつまんで、最後押しまげるような、そんな感じです。結構気持ち良いですが、オマンコが濡れるような気持ちよさではないです

F:小さめの2枚舌
指の爪の方で乳首をつまんでいるような、そんな堅い感覚です。〝ゆえ〟は1枚の舌よりもこっちが好きです。人によっては痛いと感じる人がいるかもしれませんが

というわけで、〝ゆえ〟が好きなのはA、B、C、F。中でも、乳首だけでいけそうなのは、F。という結果。

ufosa201907_05flsh.jpg
別の日にはクリ吸引器とで
責めたら、絶叫に次ぐ絶叫!


そして、回転のモードはコントローラーのランプの色で区別できる。7つのモードがある。白色は単に回転するだけだけど、それ以外の色になると、動きが複雑化するよ。各モードの感想を〝ゆえ〟が体験しながら話してくれる。でも、この頃になると、もう、〝ゆえ〟、すっかりと「U.F.O.SA」の快楽に溺れ始めている。ちゃんと感想が言えるかなぁ…。(笑)

水色:「乳首がひねられてパチンとされるのが、気持ちイイですぅ!

桃色:「上下上下でこねられている感じがします。はぁ…。ううぅぅ

緑色:「力強く、乳首をぎゅっとつねられている感じがします。はぁ…。気持ちイイですぅ

黄色:「すごい早く、ぱっちんぱっちんされている感じがします。はぁ…。やっぱり気持ちイイですぅ

青色:「じっくり、じっくりこねられて、はぁ…、最後、ぱっちんってされている。ううぅぅぅぅ。本当に、本当に、乳首を挟まれて、つまんでいただいている感じがぁ、あぁぁぁ。機械に、機械に、弄ばれています。はぁ…、はぁ…、はぁ…

赤色:「最後は、ぱちんと、ぱちんと、弾かれているんですけど、うぐぐぐぐぐぐ。そこ、そこにいくまでに、はぁ、何だか、何だか、つまんで、うぅぅ。揺らされるか、は、は、弾かれている感じがぁぁぁぁ、うぅ、します。あぁ、ご主人様ぁ、いっちゃいますぅ…

スイッチを止めないまま「どれが好きだ?」とのご主人様の問いかけに息も絶え絶えの〝ゆえ〟、

ぜ、ぜんぶ、す、好きですぅぅぅぅぅ!あぁぁぁぁぁ!!
(しばし沈黙)
ご、ご主人様、〝ゆえ〟は…、イッ、イッちゃいましたぁ…


さすが、快楽に貪欲な〝ゆえ〟。やっぱり全部好きなんだ。

これはもう最強のおもちゃ…というか、責め具だね!

ただ、さらなる進化を求めたいところもあるよ。たとえば、多くの方が指摘しているけど、防水ではないので本体の水洗いはできない。ローションなどを多用するだけに、その点は残念だけどね。ウェットティッシュなどで丁寧に拭いているよ。

U.F.O. SAを購入される方はぜひこの記事を参考にしてみてね。





アルファインに新タイプの「拘束棒」が導入されたよ!

bindingbar201907_01flsh.jpg
こうして拘束すれば奴隷の動きが
手軽に制限されるよ。


先日、アルファインの604号室「狂い十字架」を利用した。リフォームされてさほど経っていないのでとても綺麗で、そして、何よりもコストパフォーマンスが抜群に良い部屋なので、〝ゆえ〟とよく利用している。

何気なく壁の道具掛けを見てみたら、見慣れないグッズが。

まずはスパンキングラケットを手に取ってみる。ほぉ、新しいのが導入されたんだね。足の裏の形なんて!面白い痕が〝ゆえ〟の白いお尻に赤く残りそうだ。〝ゆえ〟も興味津々で眺めている。すぐに〝ゆえ〟のお尻にペチン!「痛いですぅ!」と声を上げる〝ゆえ〟。楽しいねぇ…。

と、さらに、道具たちを見ていたら…。あれ?これも今までこの部屋には無かったぞ?

黒く細い棒でフックが4カ所についている。

それぞれのフックに手足枷を付ければ手足拘束棒になる。

bindingbar201907_02sh.jpg
単体では1本の棒。
手・足枷が別に必要になる。
手枷は標準で部屋の小道具に
装備されているよ。


アルファインではこれまでも同種のものが置かれている部屋があったけど、かなり太くて重い、ゴッツイ木製のものだったね(こちらの記事)。ところが、こちらは小振りでスリム、超軽量。手軽に使えそうだ!

いつもアルファインでのプレイでは「マイ手足枷」を持参の我々。これは嬉しくて、さっそく利用!

ベッドに仰向けにさせた〝ゆえ〟。手足枷を装着し、そして、それを棒に接続。

あっという間に狸縛りのような状態ができる。これは簡単にして、視覚的にも刺激的。

〝ゆえ〟も嬉しそう。

その状態で、まずはローターで秘所を刺激して、寸止めを始める。

仰向けに拘束されて体の自由が利かない〝ゆえ〟は、ひたすら「ああぁぁぁ、イキそうです!」と声を上げる。その度にローター刺激をストップ…。手足がガチャガチャと音を立てて揺れる。

そんな焦らしプレイを20分くらい続けたろうか。あそこの中心部に、ぽっかりと穴が開いてはまた閉じる。開くたびに愛液があふれ出てくる。まるで、「お願いです。はやく入れてください!」と下の口が叫んでいるかのよう。

ほんとうに貪欲な奴隷だこと。

よぉし!入れるぞ!

そしてゆっくりと挿入。「はぁ…」と〝ゆえ〟は満足そうな笑顔で声を上げる。手足拘束棒で身動きできないまま、ご主人様に犯される〝ゆえ〟。ペニスを突っ込まれた状態で心地よさそうに喘いでいたけど、さらに、ローターがクリに当てられると、いきなり「うわぁぁぁぁぁぁ!」と大きな叫びになる。そして動かない手足をバタバタさせようともがく。

快楽なのか、苦しさなのか、おそらくその両方を味わう〝ゆえ〟。

うーん、やっぱり楽しいねぇ。この棒一つでこんなに楽しめるのだから。

bindingbar201907_03flsh.jpg
仰向けにすれば狸縛りのよう。
そのまま挿入してローター刺激も!


軽いけど長さはそれなりにあるので、自分で購入して持ち込むのもなかなか難しい。だから、こうして設備にあると助かるね!

ちなみに、この新しい手足拘束棒、その後利用した103号室「性態実験」にも置いてあったので、おそらく、次第に他の部屋にも導入されてきているのかも。そう言えば、103号室はベッドに手足枷がない仕様。これは他に、404号室、504号室もそうなので、そうしたお部屋を利用する際にベッドで奴隷を拘束したいというときに、この棒があれば便利かも!

というわけで日々進化を続けるアルファイン。やっぱり目が離せない!


アルファイン全室紹介記事へのリンクはこちらから
https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-155.html






 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.