FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

青い首輪の女

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

SM、スパンキング

若狭と雫(緊縛と首絞め)

tabooを愛する二人の日記

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (58)
ボンデージの道具たち (60)
アルファイン(SMホテル) (48)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (28)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (13)
出会い系サイトでM女性を見つける方法 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

サイズ直しをしてもらった『オーラルマスク』で〝ゆえ〟を責めて楽しむ

oralmask201907_01flshc.jpg
言葉を発することができない〝ゆえ〟に快楽放置責めを…。


アール目白店』で製造販売されているロングセラー商品の一つに『オーラルマスク』という製品がある。

スポンジを革でくるんだボール状のインナーを備えた口枷。そのボールを咥えさせ、口の周りを覆うタイプの口枷。さらに、ハーネス状の革ベルトが額、首、顎先と3カ所を通り、ガッチリと固定するというもので、奴隷にとっての被虐感は強く、また、責め手の方の加虐感も、またひとしお。一度装着してしまえば、簡単に外すことはできないよ。

この製品を初めて知ったのは1986年ごろにリリースされたビデオの一コマ。

以前の記事にも買いたいけど、顔立ちの整った女性が、アルファインの一室(102号室『スワップ地獄』のようだね)で革製の馬に乗せられ、両手枷で拘束されている。そこに、S男性がこのオーラルマスクを嫌がる女性に装着。そして、鞭責め…となるストーリー。このオーラルマスクを無理矢理口にねじ込むシーンは何度も何度もお世話になったよ。

さて、そのオーラルマスク、実は〝Y〟は相当以前に購入していた。ところが、あまり使う機会がなかった。何故かというと、これまた、ちょっと前に書いた「全顔枷」と同じで、サイズがうまく合わずに、良い感じに固定できなかったため。〝ゆえ〟はかなりの小顔のようだ。

そこで、ある日、彼女の顔に実際に装着し、どのくらい固定ベルトが余るのかを測定。その結果を「アール目白店」さんに持ち込んだ。

お店の人に話すと、すぐにOKが出て、僅かな金額で、直して下さった!これは嬉しい!

ということで、2週間後、直して下さった「オーラルマスク」を〝ゆえ〟の顔に装着。

うーん、これこれ、これですよ。

嬉しくなって、何度も口に入れさせたり、また出してみたり…。この瞬間もまた楽しい。

って、永遠にそんな運動をしても仕方ない!ということで、装着した彼女に責めを…。

この日は後ろ手に枷を装着された〝ゆえ〟をホテルの鏡張りクローゼットに入れる。股間にはバイブを。その状態でオーラルマスクを咬ませ、しばらく閉じ込めて放置。

これもまた〝Y〟が大好きなオブジェプレイの一種。

クローゼットの扉をあけると、まるで奴隷の〝ゆえ〟が陳列台に載せられているような雰囲気。

しかも、顔には、ガッチリとベルトで固定されたオーラルマスク。眺めているだけで楽しい。〝ゆえ〟の白く清廉な肌をまるで汚すかのように覆い隠している。シンプルだけど、インパクトのあるデザインのオーラルマスクは視覚的にもかなり刺激的。

口にねじ込むタイプだから、〝ゆえ〟が言葉を発してもほとんど意味不明なうめき声としか聞こえない。

「お願いです。はずしてください!」という奴隷の必死の訴えも、BGMとして聞き流す楽しみ。

気がつけば、クローゼットの床には盛大な涎の海が…。

たまりませんなぁ…。

オーラルマスクの楽しみ…、ぜひ、皆さんも。


catalog06flnew.jpg
catalog05flnew.jpg
上記ビデオでの一コマ…




スポンサーサイト
[PR]

あなたのバッグの中身見せて下さい! ~〝Y〟の場合

bag201907flsh.jpg
こうした革拘束にいたるまで、
実は陰にこんな苦労も…。


タイトルの言葉、テレビや雑誌で昔からよくある企画。鞄の中身を見たいというもの。

そりゃ、気になるよね。他人のバッグの中身。

Sである〝Y〟。特に革やラバーのボンデージを愛するがゆえに、毎回のプレイで持ち出す道具の数もはんぱない。二つのバッグにつめて、一つは背負い、もう一つは肩にかけて、電車に乗り、アルファインなどのホテルに向かう(車があれば楽なんだろうけどねぇ…)

これ、ある日重量を量ってみたら、10kgを越えていた!

そのうち腰痛になるんじゃないかとビクビクしていたけど、たまたま、ある雑誌を読んでいたら、あの「三浦雄一郎」さんに関する興味深い記事が。それによると、彼はスキーで名声を得た後、しばらく、目標を失った時期があり、いつのまにか不摂生な生活を送った挙句、体が太り、超不健康になってしまったんだ。血圧も200近くまで上がり、あと数年の命とまで言われるまでに。ところが、60代で一念発起、エベレストに登ろうと心に誓う。それ以来、体力作りに。その中の一つに、10kgのおもりを背負い歩き回るというのがあったんだ。

ということは、〝Y〟の、プレイに向かうこの状態、実は三浦さんと一緒。実は体に良いのかも!前にも記事に書いたように(こちら)、上腕筋肉もついてきたし。(笑)

さて、その、重~い鞄の中身、興味ある?

ごちゃごちゃと鞄に入れているのを写真でお見せするのは恥ずかいので、ある日の中身をリストアップしてみると…。

・バラ鞭
・革製首輪
・リード(金属製)
・目隠し(2種)
・ボールギャグ
・サディオカフ(顔面拘束具)
・全頭マスク(2種類)
・ウエスト拘束具
・メタリックブラ(乳房拘束具)
・手枷
・足枷
・綿ロープ
・R-1コントローラー(2個)
・バッハローター
・フィールモンブラン(クリトリス責め具)
・プレデターワンド(ポルチオバイブ)
・乳首ローター
・キャスパーキューティー
・ローション(ボトル)
・コンドーム(バイブなどにつけるよ)
・取り替え用電池(8本)
・スチルカメラ
・ビデオカメラ
・カメラ用バッテリー(3~5本)
・三脚
・電源延長コード
・モバイルバッテリー
・ACアダプター(複数個)


と、まぁ、こんな感じに。

さらに、プレイの後、仕事をすることもあるから、たとえば、文章を書くための道具一式とか、〝Y〟の商売道具も入っていることが多い。すると、トータルで10kgにもなっちゃうんだよねぇ。

三脚とか電源延長コードは結構重い。これだけでもアルファインのレンタルロッカーに預けられたらなぁと思うよ。実際同じように、考えて使ってらっしゃる方も多いのだろうねぇ。なかなかロッカーに空きが出ないもんね。

ああ、ボンデージプレイに向かうS男性というのは、やっぱり肉体労働をしているんだね。とても楽しい肉体労働だけど!

とはいえ、さすがにこれ以上を毎回持ち運ぶのは無理なので、それ以外に、例えば、ロウソクや電マなどは〝ゆえ〟に持参してもらっているよ。

全部で10kg越えという道具たち。こうしてプレイを続けていれば、いつかはエベレスト登頂も夢じゃないかも!

みなさんも体力作りにSMを!




人生で最初に大好きになった革の責め具、「全顔枷」が〝ゆえ〟にも似合った!

zengaokase201907_01flsh.jpg
〝ゆえ〟の顔を拘束する全顔枷。


革の目隠しとボールギャグが一体となった「全顔枷」という製品を知ったのは日活ロマンポルノの一作「女教師縄地獄」。さらに、AVの時代となり「シスターL」や「愛奴恵・K」にも登場して、ますます好きになったのは、以前もこのブログに書いた通り。

口と目の両方を責めるというこの製品、目隠し部分を取り外すと、これもまた、馬具の「頭絡」のようで、拘束感が強く、魅力的。女性を家畜のように貶めるには絶好の道具。

どれだけそのシーンを繰り返し、繰り返し再生したかわからないよ。ワンカット、ワンシーンが長尺のインディーズが登場する前の時代。全顔枷が登場するのは、本当に数秒から数分程度のもの。そこをつなぎ合わせて、自分のオナニーのオカズに編集していたりしたくらい!

そして、自分がSMという行為をするようになると、当然購入したのだけど…、これが、意外と奴隷への装着が難しい。

まず使用されている革はかなり固め。そして、顔の形にピタッとなかなかうまく収まってくれないんだ。目隠しが浮き上がったり、鼻が隠れたり…。そうすると、拘束具としてはなかなかカッコ良く使えない。

ということで、次第に使わなくなっていったのだけど、或る日、サイズ直しをすればいいのかも!と思い立ち、〝ゆえ〟に装着して、どの程度、サイズを調整すればいいのかを計ろうとしてみた。

zengaokase201907_02flsh.jpg
こうして目隠しを外した姿も拘束感が強く、刺激的。


ところが…。

〝ゆえ〟、装着された全顔枷のベルトを自分でなにやら調整している。

あれ?

いつのまにかぴったり合っている!!

なんと、サイズ、OKじゃないか!!

しげしげと眺めてみてわかった。

なるほど。いままで頭の上を通すベルトの位置が良くなかったんだ!

他の顔枷と一緒で後頭部のベルトの調整だけを気にしていたのが、そもそも間違いの元だったのだと気づく。

うわぁ!これは嬉しい。

購入して何年にもなるのに、ほとんど使ってこなかった大好きな革具がこうして、初めて本来の魅力を出してきたのだから。

ぴったりに調整する方法をみつけてくれた〝ゆえ〟に感謝!

というわけで、それからは頻繁に使い始めた「全顔枷」。

現在も「アール目白店」さんや「天ノ介」さんが製造販売しているよ。興味ある方は、ぜひ!




 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.