FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

青い首輪の女

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

SM、スパンキング

若狭と雫(緊縛と首絞め)

tabooを愛する二人の日記

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (58)
ボンデージの道具たち (60)
アルファイン(SMホテル) (48)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (28)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (13)
出会い系サイトでM女性を見つける方法 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

ラバーキャットスーツ+陸上空気呼吸器という、「超」トータルエンクロージャーの世界~2

kukikokyu201904_02flsh.jpg


前回(こちら)から始まった陸上呼吸器のお話。ラバーの全身キャットスーツにこの陸上呼吸器を身につけた状態は最高のトータルエンクロージャー。それでセックスをする楽しみ…というお話。

さて、まずはボンベ(タンク)から!

スキューバダイビングをしている人ってボンベをタンクって呼ぶけど、それ以外の世界ではボンベ。だから、ここではボンベって呼ぶね。

ボンベ(タンク)って、一歩間違えるとそのものが大変な危険物。最悪の場合、弱くなった部分が壊れて高圧の空気が噴出し、その勢いで重量が何キロもあるボンベがロケットにでもなって飛び回ったら、それこそ冗談じゃすまない。それは避けたいよねぇ。一時の快楽と引き替えに人生終わりじゃ悲しすぎる。150気圧とか200気圧のボンベが飛び回ったら、その破壊力ってすさまじいよ。

実際にある研究所で起きた事故の事例では重いボンベが70m飛んで隣家の敷地に落ちたってことも。近隣にも大変な被害が出る可能性があるんだ。だから、そうならないように、日頃からしっかりと管理しなきゃいけない。その点、口をすっぱくして言っておくね。ま、ちゃんと定期点検を受けているボンベならよほどの事がない限りその心配はないけれど。だから手に入れたら絶対に定期点検を受けてね(法律でも決まってるんだから)。

そこで、ボンベについてはマジメにちょっとだけお勉強。あ、それとね、良く「酸素」ボンベって言う人がいるけど、呼吸器に入っているのは空気だから「空気」ボンベが正解。酸素ボンベはとても危険だし、別物。間違って酸素入りのボンベを手に入れないでね。


<<空気はどれだけの時間持つのか~簡単な計算>>

ネットで検索すると簡単な計算方法があるんだ。ネット上に掲載して下さった人には感謝!

で、それを利用すると、8リットルのボンベで圧が14.7Mpa(メガパスカルと読むよ)の場合、約1160リットルの空気が圧縮されて入っているんだ。よく見かけるドラム缶にして6本分だね。成人男子は一般的に1分間に必要とする空気は40リットルと言われてる。ということはタンクが満タンになっていれば、約30分持つということになるんだ。最近の空気呼吸器はもっと高い圧が利用出来て、例えば、29.4Mpaの場合もあるから、8リットル容器だと約1時間持つ計算に。これなら十分楽しめるね。ただし、その圧で空気の充填をしてくれる場所はかなり限られるから、ご自分の環境で大丈夫かどうかは事前に調べてみてね。

さて、ボンベを巡る決まりにはどんなものがあるのかを調べてみよう!


<<ボンベの使用期限と点検>>

えっとね、高圧ガス保安法ってのがあって、これがボンベについてのルールになってるんだ。で、一番最初に確認するのはそのボンベがどういう素材でできているかということ。重い「スチール(鋼製)」ボンベであれば5年ごとの再検査を受ければ何年も使える。ただ、製造年月が1989年3月31日以前に作られたボンベだと5年ではなくて、3年に一度の点検が義務づけられている。検査の度にボンベ本体に年月が刻印されるので、オークションで手に入れるのであれば、必ず事前にその刻印のことを出品者に尋ねてみてね。

それから、いくら点検に合格していても製造後20年過ぎたら空気を充填しないというショップもあるから注意が必要なんだ。

一方で、軽量なFRPボンベの場合は検査は初めから3年ごとで、しかもこちらは15年を過ぎると法律上使用できなくなっちゃう点が大きな違い。オークション利用の人はくれぐれも気をつけてね。せっかく落札しても、製造後15年が経っているために空気が充填できないのなら意味がないから。最近の陸上呼吸器はスチールボンベは少なくなってFRPが増えているのでその点注意ね。

で、FRPは鋼製に比べて高価。ざっくり3~5倍の値段がすると思っていた方がいいよ。

まず、ここまでが基本的な決まり。

で、次はその他の検査。

陸上空気呼吸器の場合、法律で決まっているわけじゃないけど調整器(レギュレーター)の点検もした方がいいよ、ちゃんと使いたいならば。オークションで手に入れた古いものだと、それを果たしてメーカーがやってくれるかどうかが問題だけどね。メーカーによっては10年以上もの長期にわたって点検&整備を受け付けてくれるけれど、あまりに古いモノは無理。その点も注意ね。そもそも、メーカーの推奨では1年に1回はメーカーに送って点検というとになっているし。場合によっては部品がないから新品に交換ということもあるよ。部品交換も含めた調整&点検は数万円かかるから、その覚悟も必要。

それから、陸上呼吸器の点検方法や使い方を解説したビデオが動画サイトに公開されていることもあるから、それを見ておくと勉強になる。

この項、次回に続くよ。


注意:
ここに書いた事はすべて自己責任でお願い。何かあっても〝Y〟は責任とれません。それと、エアチャージやタンクの点検、入手など、どのお店がいいかの問い合わせにはお答えできないのであしからず…。


ラバーキャットスーツ+陸上空気呼吸器という、「超」トータルエンクロージャーの世界~1
ラバーキャットスーツ+陸上空気呼吸器という、「超」トータルエンクロージャーの世界~2
ラバーキャットスーツ+陸上空気呼吸器という、「超」トータルエンクロージャーの世界~3
ラバーキャットスーツ+陸上空気呼吸器という、「超」トータルエンクロージャーの世界~4



スポンサーサイト
[PR]

ラバーキャットスーツ+陸上空気呼吸器という、「超」トータルエンクロージャーの世界~1

kukikokyu201904_01flsh.jpg
どう?カッコイイでしょう?


かつて、ある人にこう尋ねられたことがある。

「〝Y〟さんって、いままでいろいろなエッチをしてきたと思うんですが、変わったエッチというとどんなのですか?」

いやいや、〝Y〟はヘンタイとはいえ、SMの範疇だから、そんなに珍しいエッチというのはないよ。

「でも、まぁ、変わった事といえば、例えば…、…なぁんて事かな」

とお話ししたら、

「すっげー!それ、メチャ、ヘンタイじゃないですか。そんなエッチ、他にしたことある人、この世の中にいないんじゃないですか!!!」

と、ひどく驚かれたことがあったので、紹介すると…。

そう、タイトル通り、陸上呼吸器を使ったエッチなんだ。二人で全身ラバーに包まれた上、陸上呼吸器を共に身につけ、それから供給される空気で呼吸をしながらエッチをする…。

そもそも、〝Y〟は革とともにラバーも大好き。とくに、キャットスーツで全身ラバーに包まれる状態が。

トータルエンクロージャーとも言うね。そうなると、とことん、限界までエンクローズ(閉じられる)されたくなるんだなぁ…。

すると、究極のエンクロージャーは呼吸。そう、普通の空気じゃなくて、閉ざされたボンベの空気を吸いたくなるんだ。

スキューバダイビング(業界ではスクーバが正式らしいけど〝Y〟的には言い慣れたスキューバを使うね)を始める人にも結構そのエンクロージャー・フェチは多いはず(…かな!?)。スキューバの場合も全身をウェットスーツに包まれた上での一種の呼吸制御だもんね。

で、ラバースーツを着込んでダイビングの機材を身につける…というのも良いけれど、実は「陸上空気呼吸器」というものがあるんだ。言葉で聞くと「?」と思うかもしれないけど、みんなよく知っているはず。ほら、消防士さんがよくボンベを背負って、黒光りのするカッコイイマスクを被っているじゃない。あれ。

そう、端的に説明しちゃえば、スキューバの陸上版。

え?個人で買えるの?

うん。買える。でも、値段がメチャ高い。ボンベを含めると一セット20~50万円するんだ。だから、現実にはなかなか無理。〝Y〟は知り合いから中古のものを譲り受けたから(その知り合い、消防マニアで世界中の消防グッズを集めている。で、空気呼吸器を個人的に買い集める趣味があるんだって。何てお金持ち!!)良かったけど、いまどきはオークションという手もあるよ。

オークションでは陸上呼吸器、頻繁に出品されていて、しかも数千円から数万円で落札されることも多いんだ。バイタスとか、ライフゼム、ドレーゲルって名前のモノがそれ。なぜそんなに安く?理由は簡単。整備&点検など、実際に使いこなすのが面倒だから。企業などで防災用に大量に購入し、未使用のままボンベの使用期限が切れた…。そこで放出…。というケースは多いみたい。

ただ、オークション出品の場合、中には相当くたびれてるものも多いから、できるだけ未使用と説明してあるか、新しいものを落札したほうがいいと思うよ。見てみると過去に何度も何度も出品はあるから、焦らなくて大丈夫。

じゃ、オークション市場で実際にそれだけ需要があるの?

〝Y〟が想像するに、殆どがコスプレ、消防ファン、もしくはサバイバルゲームの需要じゃないかな。特に面体と呼ばれる格好良いマスクが目的。だから、それほど実際の呼吸の機能は必要ない場合が多いんだろうね。だから、ボンベが古くてもオークションで良く出るし、安ければ落札される…。

でね、コスプレだけだったらいいけれど、何も知識がない人が陸上空気呼吸器を実際に呼吸のために使うのはちょっと大変。最低限の知識は学んだ方がいいと思うんだ。でね、一応、今回から4回シリーズで、知人から譲り受けた陸上呼吸器を〝Y〟が使うにあたって得た知識を記してみるね。

ただし、〝Y〟が勉強したのは何年も前の話。その点は了解してね。それと、〝Y〟はもともとスキューバダイビングをしたことがあるし、潜水士の免許を取ろうと勉強をしたこともあるので、基礎的な知識はほんのちょっとだけあったんだ。ただし、皆さんが同じ事をしようとするのであれば、ここに書いた事を読んだ後、ご自分で勉強して、できればメーカーなどが主催する研修を受けてね。事故が起きても〝Y〟は責任をとれない。あくまで自己責任でお願いするね。何も勉強しないで、ちょっと着けて呼吸ができるかどうか、試してみよう…というのは危険だからやめてね。


ラバーキャットスーツ+陸上空気呼吸器という、「超」トータルエンクロージャーの世界~1
ラバーキャットスーツ+陸上空気呼吸器という、「超」トータルエンクロージャーの世界~2
ラバーキャットスーツ+陸上空気呼吸器という、「超」トータルエンクロージャーの世界~3
ラバーキャットスーツ+陸上空気呼吸器という、「超」トータルエンクロージャーの世界~4




ロウソクを怖がる奴隷にはこの方法

selfcandle201904flwm.jpg
「アルファイン」ではフロントでビニールシートを
無料で借りることが出来るので、必ず使用しようね!


〝Y〟の奴隷となってまもなく3年目となる〝ゆえ〟。

様々なプレイをこなしてきて、スローだけれど、奴隷として着実な進化を遂げている。そんな中でもまだまだ苦手なプレイがある。

その一つがロウソクプレイ。

ごくわずかなロウソクを垂らすだけでも、強烈な恐怖を感じるらしく、泣き叫んで逃げ惑おうとする。

その姿を見ると、さすがに、「苦痛を与えても恐怖を与えてはいけない」という〝Y〟のルールを逸脱しているかなぁと思ってしまう。

なんどか、ご主人様自身で自分の体に垂らすのを見せて、「ほら、大丈夫だから、恐怖をとりのぞきなさい」と説得するも、なかなか…。

とはいえ、奴隷を正しくSMの道で進化させるのに、ロウソクは必要。

また、〝ゆえ〟自身も、そんな自分をなんとかしなければ…とは思っている様子。

当初は1分で音を上げていた〝ゆえ〟、最近は3~4分は頑張れるようになってきた。でも、一つ、「突き抜け」させたい!

そう考えて、ある日、AVを一緒に見たんだ。相当以前のもの。もはや古典的ともいえるアートビデオの作品。「快楽生肉人形・鳳美和」。以前、このブログでも紹介したことがある(こちら)。その中で主人公の女性が自分でロウソクを自分の体に垂らすシーンが。それを〝ゆえ〟に見せ、「どうだ、これなら自分でできそうじゃないか?」と話してみた。

静かに頷く〝ゆえ〟。

そして、プレイ!

いつものようにフロントで借りたビニールシートを床に敷きそこに座らせる。裸で首輪をつけられた〝ゆえ〟を座らせる。

そして、自分の手にロウソクを持たせて火をつける。

さぁ、どうだ!

「ぎゃー!」

と、自分の体にかけながら体を震わせる〝ゆえ〟。

やっぱり、恐怖なんだぁ…と、思うが、その姿を見ていると、いつもとはまた違う興奮を覚えてしまう〝Y〟。

そう、自分を虐めながら、そこで苦しむ姿をご主人様にさらす…。

きっと、怖くて辛いのに、ご主人様を喜ばせようというその気持ち。

恐怖と、奉仕の心のせめぎ合い。

体をよじらせながら、自分でロウソクを垂らしながら、絶叫しつづける〝ゆえ〟。

それを横で見るご主人様の幸せ。

結局、5分と持たなかったのだけれど、その姿にいじらしさを感じたご主人様は、思わず、〝ゆえ〟をなでなでしてしまった。

奴隷よ、これからも、こうしてご主人様を楽しませるのだぞ。

そしていつかはロウソクだけで10分以上は楽しめるようになりなさい。


アルファイン全室紹介記事へのリンクはこちらから
https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-155.html





最近のツイートから 2019年1月~3月

Tokyo Bondage Lifeのツイッター(こちら)が誕生して3ヶ月。メインはこのブログの記事更新情報だけど、それ以外にも、時折、ツイッター向けにつぶやいたり写真を掲載することもある。

今回はそんなつぶやきと写真をまとめてこちらにも掲載するね。

20190330
バックから責められる〝ゆえ〟。キャットスーツ自体の締め付けの圧力もあり、股の部分のジッパーから搾り出されたようなお*んこは、ご主人様のものをきつく咥えてくる。これは気持ちイイ!
rubber201902_01sh.jpg


20190319
ネックエントリーのラバーキャットスーツ。着るのには慣れたとはいえ、10分以上かかる。ところが脱ぐのは…、特に、湯船の中でイチャイチャしながら脱ぐと、皮膚との摩擦が減るためか、一瞬にして脱げてしまう!ああ、あの長時間の苦労は何だったの…と、少し寂しい思いになるけど…。(笑)
rubber201902_02bsh.jpg


20190307
アルファインさん、最近はボディーソープが従来のポーラからコーセーに。新しい方は以前のに比べ、香りが若干少ない。それを喜ぶ方も多いかも。ちなみに〝ゆえ〟は以前の香りも好きだった。こうして、日々、いろいろと進化していくアルファインさん、今後も変化に目が離せないね!
bodysoap2019_03sh.jpg


20190305
アルファインさん、先日、久しぶりに604号室「狂い十字架」を利用しようと部屋の鍵を受け取ったら…、なんと、プラスチックのキーホルダーが従来のオレンジではなく透明に!思わずじっくりと眺めてしまう。そして、こちらもデザインが変わった椅子の上に置いてみた!なんとも新鮮で不思議な気分!(^^) 20190305
newkey2019_01sh.jpg


20190211
以前、ブログでも紹介した超小型ローター「マイクロブレット」。〝ゆえ〟の調教に愛用していたけれど、断線か、動かなくなってしまった。再び買おうと探すと、すでにどのお店も販売終了。小ささから想像できない暴れ方で、女性を何度も何度も絶頂に導ける、悪魔のような製品だった。ああ!復活希望!!
californiaen201901sh.jpg


20190209
電マで散々寸止めされて焦らされる全身キャットスーツの〝ゆえ〟。全頭マスクで咥えさせられているチューブ越しに、ついに「イカせてくださぁぁぁぁぃぃぃぃっっっっっっ!」と絶叫して懇願する。〝Y〟にとって楽しい瞬間!
rubber201902_03sh.jpg


20190207
都内のホテルで〝ゆえ〟とラバープレイ。キャットスーツに、細いチューブを咥えさせられる全頭マスクをかぶせ、ベッド上に放置。後で「籠もっている状態に安らぎを覚えました」との感想。そう、その籠もっているという感覚&安心感は全身ラバーの魅力。次第にラバーの本質がわかってきた〝ゆえ〟。
rubber201902_00sh.jpg


20190203
ベッドに手足拘束された〝ゆえ〟を電マで責める。やがて身体をよじりながら絶叫。あれ?これ、男性にもあるかも!昔、ドライオーガズムの訓練でパンスト亀頭責めを受けたことがある。イキたいのだけど、射精できない。そして、メチャ苦しいのだけどすごく気持ち良い!絶叫!!もしかして、同じ!?

20190113
奴隷〝ゆえ〟のオーガズムの進化に目を見張る。出会って2年半、快楽責め中心の調教を続けてきた。クリ行き→中イキ(Gスポット&ポルチオ)と、順調に来たけれど、ついに先日、乳首刺激だけで中イキに。脳イキできるのもさほど先ではなさそう。実際、その兆候も出てきている。ご主人様として楽しみ!

20190129
ヘッダーにこの写真を入れてみました。奴隷の〝ゆえ〟です。大好きなアルファインさんで、制服のコスプレをしたときの1枚。快楽責めの後、朦朧としている様子です。
twittermain2019_1flsh2.jpg


20190121
裸に黒のTバックだけのまま、しばらく身体を触っていたずら。脱がせたら、あそこに当たった部分がこんなに濡れているなんて…。本当に欲情しやすい奴隷の〝ゆえ〟。
t-back201901_01sh.jpg


20190121
なんと、SMホテル「アルファイン」さんが、Twitter(https://twitter.com/HotelALPHAIN1 )を開始。そして、Tokyo Bondage Life(https://bondagelife.blog.fc2.com )のブログの記事にいくつかリンクを貼って下さっている。嬉しいですね!アルファインさん、これからもよろしくです。

20190121
Tokyo Bondage Life のツイッターを始めてみました!




アルファインのお部屋~604号室「狂い十字架」~リニューアル後

alphainn604re_01sh.jpg
洗面台のあたりから部屋を眺める。


アルファインの全26室を紹介し終えた〝Y〟。これで一段落となるところだけど、実は、このシリーズ、まだまだ続くんだ。

え?どうして?

だって、記事を書いて以降にリニューアルした部屋を追わなければいけないから!(^^)

というわけで、さっそく、以前こちらで紹介した部屋で、大規模なリニューアルを受けた部屋をご紹介。

それが、604号室「狂い十字架」。

以前の記事はこちら

そう、あの時は水回りなど、かなり老朽化していたけれど、一方で、部屋の明るさ、コンパクトさが隠れた魅力として紹介したよね。あの当時、古さを我慢すれば、コストパフォーマンス的にはベストな部屋と書いた。

それが、リニューアルを受けてどうなったか!

alphainn604re_02sh.jpg
別の角度から…。


さっそく、ご紹介。

まず、値段から。

レスト(休憩)が11,450円、ステイ(宿泊)が20,090円。というわけで、変化無し!相変わらずアルファインでは安い価格帯のお部屋。これは嬉しいね。(その後、2019年10月、消費税の改定を機にレストが12,110円、ステイが21,240円となりました)

そして、設備。公式ページによると、

・変形十字架
・SMチェア


こちらも、変化はない。

さて、じゃ、どこがどう変わったのか。

まずはこちら。

alphainn604re_03sh.jpg
「超!」モダンに!!


そう、バスルームは全室中、最も現代的なユニットバスになっている。これは、多分、アルファインの中で、昨今の一般ラブホに最も近いかもしれない。

バスルームの床材も、すべりにくく、また、温かい。寒い冬でも、これはいいね。

そして以前の最大の問題であった水回りが、すっかり解決、どころか、最高に使い勝手が良い!

ただし、プレイルームから覗ける小窓が無くなってしまったのは残念だけどね。

水回りでいえば、さらにトイレ!

alphainn604re_04sh.jpg
これも嬉しい人が多いよね。
一方で、昭和な和便器も懐かしいけど。


これは独立したものになって、しかも最新のシャワートイレが。これは、初心者の女性を連れてくるときには良いだろうね。最初から晒しトイレだと恥ずかしすぎて気を失っちゃう人もいるかもしれないから。

そして、洗面台。こちらもシンプルながら、オシャレに変化。

alphainn604re_05sh.jpg


鏡の上、アルファインのこだわりであるランプも、ス・テ・キ!(^^)

alphainn604re_09sh.jpg


むむむ、アルファイン、これだけ見ても素晴らしいリニューアルじゃないですか。

さぁ、じゃ、プレイルームを。

そう、基本的な構造は変わっていない。この部屋はとにかく、コンパクトで使い勝手が良かったのが魅力。その点も変わっていない。

そして、最も明るい部屋であるという点、これも踏襲されている!奴隷の姿を眺めるのに、暗い部屋も良いけれど、細部にわたって苦悶の表情を見て楽しむには、やっぱり明るい部屋も良いもの。

さて、インテリア、大きく変わったのが色合い!

壁や床、以前はどちらかといえば、地味目な色合いだったのだけど、今回は床は黄金、壁は赤(朱色)、そして、黒のアクセント。これは結構インパクトがあるよ。

alphainn604re_08sh.jpg
部屋の名前からすれば、これは
お部屋のシンボル。


考えてみれば、この部屋の名前「狂い十字架」というのは、おそらく、ローマ時代の暴君「ネロ」などをイメージしたのではないかと睨んでいるけど、実際、内装の彫刻は、以前と変わらず、そうした時代の様式を反映している。

アルファインの改装、基本は創設者の方のデザインを踏襲しながら、新しいテイストを加えるというのが、以前、ここで触れた「SMスナイパー」の記事で、デザインの野上さんがおっしゃっていた言葉。この部屋にも、見事にそれが当てはまるね。

以前同様、SMチェアは使い勝手の良いもの。そして、電マも常備、さらに、壁の鏡は以前より大きくなったように感じる!さらに、公式ページにはないけど、滑車もあるので、吊りも可能。

alphainn604re_06sh.jpg
気がつけば天井の吊りフックも部屋の
コンセプトを反映して十字架に!


そう、この部屋は実はオールマイティ。それでいて、値段が安い!このリニューアルを考えると…、「破格」と言っても良いかも。

このお部屋、おそらく現在アルファインではもっともコストパフォーマンスが良いお部屋と言えるね。初心者からベテランまで楽しめる。

もし、お部屋選びに迷ったら、そして、この部屋が空いていたら…、もう迷う必要なし!この部屋で決まりだね!!

ああ、こんなことを書いちゃうと、このお部屋の人気が沸騰して、我々が入れなくなっちゃうかな…。(^^;)

というわけで、久しぶりのアルファインのお部屋紹介、リニューアル後の604号室「狂い十字架」を取り上げたよ。

さて、今までの26室の紹介、一覧はこちら!クリック一つで各部屋の紹介に飛べるよ。

alphainn604re_07flsh.jpg
黄金の床の上でPVCのメイド服を着せた
〝ゆえ〟の犬の散歩を楽しむ。





 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.