FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (52)
ボンデージの道具たち (53)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

〝ゆえ〟への電マ責めで気づいた、男性のドライオーガズムとの接点

denma201902_03flsh.jpg
懐かしいマルゴーの革具とともに


前々回(こちら)、電マプレイの楽しさを書いた。

奴隷の〝ゆえ〟、そのとき書いたように、あとで、こうメールで教えてくれた。

電マのしびれる感覚で、すごく気持ち良いのにおまんこが痛くなる感覚、でも、膣の中は刺激を受けないから、どんどん疼いて仕方なくなっていきました。電マ責めは、気持ち良いのにすごく苦しい(快楽も呼吸も)です。

終わり静寂を迎えると、ぐったりしているのに膣が疼いて仕方ない身体に気づきました。

だから、はしたないと感じながらも、「おまんこにおちんぽ様を入れていただきたいです」とお願いしました。

おちんぽ様は、やはり、バイブとは比べられない、、本当に気持ちよくて。


ツイッターでもつぶやいたけど、〝ゆえ〟のこの言葉を聞いて、かつて、〝やま〟がドライオーガズムの訓練のためにM性感を利用していた時の事を思い出したよ。

ベテランの方に「パンスト亀頭責め」をしてもらったんだ。

ご存じの方もいらっしゃると思うけど、パンストに沢山ローションをつけて、それで、勃起したペニスの亀頭部分を往復運動してしごくという、本来はM男性向けのテクニック。

これ、それまで体験したことのない、強烈な気持ち良さと、同時に、強烈な苦しさに襲われる。

射精したいけど絶対に射精できない!そして、痛いような独特の身体を貫くすさまじい快楽…。終わると、ぽっかりと穴が空いたような喪失感があり、射精したくてたまらなくなる。

そう。どうも、〝ゆえ〟の言葉を聞くと、それと近いんじゃないかって感じたよ。〝ゆえ〟の身体を激しくよじらせる姿を見ると、〝Y〟もそっくり同じように身体をよじらせて悶えたなぁ…と昔の記憶が蘇った。

もともと、解剖学的に見ると、亀頭は女性のクリトリスと一緒と言われているしね。

最近になって、科学は男性と女性、性器はかなり似た構造であるということを解き明かし始めた。いままで女性にはないと言われてきた前立腺も、同様の器官(スキーン腺)が実は存在することがわかってきたよね。

構造だけじゃない。実は快感においても、例えば、男性も女性の「中イキ」に相当する「ドライオーガズム」が存在することがわかってきている。

だとすると、〝ゆえ〟の苦しみ。わかる気がするなぁ…。

自分のパンスト亀頭責め体験をてらしあわせてみると、〝ゆえ〟が逃れようと体をよじらせ、泣き叫ぶのを見て「かわいそう」とは思わず「もっと楽しめ!」と、ますますサディスティックな気分になってしまう〝Y〟だよ。





スポンサーサイト
[PR]

小生意気な婦人警官〝ゆえ〟を快楽責めで従順な奴隷に落としてみた

miniskpolice201902_01flsh.jpg
小生意気なポーズをとる
婦警さん〝ゆえ〟


〝ゆえ〟のおかげでコスプレの楽しさに目覚めた〝Y〟。アルファインでは本格的なコスプレの貸し出しがあることから、時折、借りて楽しんでいる。

先日、ミニスカポリスを楽しんだんだ。

「本格的なコスプレ」と書いたのは、実際、アルファインではCAさんや看護師さんなどは「ホンモノ」のコスチュームをそろえているからなんだ。

で、ミニスカポリス…となると、これは本物は実在しない!(笑)

というわけで、どうしてもこればかりは、ややパーティ・コスプレっぽいものになってしまうのは仕方ないよね。

でも、さすが〝ゆえ〟、ちゃんと制服に似合う、黒のタイツにショートブーツと準備万端。

さっそく衣装を着せてみると…。

miniskpolice201902_02flsh.jpg
さっそく拘束!


ほぉ!

こうして実際に身につけさせてみると思わぬ発見があるもの。

なんと、帽子が似合う!

もともと、小顔の〝ゆえ〟、この制帽が実に似合うことが判明。

ポーズをとらせてみるとこれがまたキュート!

ふーん、こうしてみると、衣装というのは、実際に着せてみないとわからないものだね。

再びカメラの前でポーズをとらせてみる。

「逮捕しちゃうぞ!」と口から出てきそうな雰囲気。

miniskpolice201902_03flsh.jpg
ところが快楽責めで正体を失う


小生意気な婦人警官〝ゆえ〟が小さな交通違反を見咎めたところから物語がスタート。たちの悪いS男の〝Y〟は逆に因縁をつけていき…、気がつけば婦人警官は手かせをはめられ、首輪も…。

そして、十字架に拘束されて快楽責めの尋問に…。

主客逆転された、哀れミニスカポリス〝ゆえ〟はフェラのご奉仕をさせられた上、最後は、悪党〝Y〟に長時間ファックさせられ、ついにベッドの上で果てる…。

miniskpolice201902_04flsh.jpg
ベッドの上で拘束。この時点では
まだ挑戦的な目つき。


そんな状況ができあがる。

それにしても、コスプレは楽しい。交通違反で〝Y〟が〝ゆえ〟に捕まったところからの会話のやりとりが、お互いにのめり込むと、本当にどんどんキャッチボールで進んでいくんだ。

そして〝Y〟も調子に乗って、ネチネチと婦警さんを問いつめていく。

アルファインのお部屋にある大道具たちがさらに、その妄想を現実のように盛り上げてくれるんだ。

やっぱりSMでのコスプレは楽しい!

みなさんもぜひ!

miniskpolice201902_05flsh.jpg
ついに陥落した婦警さんは
〝Y〟のものを口に咥えてご奉仕する。





おちんぽ様を入れてくださいと奴隷に懇願させる電マの威力


アナルと膣にバイブ。その上で
クリに電マを当てていく…。
究極の快楽責め。


「電マ」、電動マッサージ器の略だろうと思う。別名では「電マン」と呼ぶ人もいるけど、その場合はおそらく「手マン」の電気版という意味かな。

バイブレーターの超強力版。老舗ブランドである「スライブ」での正式名称は「ハンディ・マッサージャー」。

この「魔物」のような製品の虜になる人は多いよ。

特にS男性にとって、この電マの持つ破壊力はSMプレイでM女に用いるのは最高の楽しみ。実際、先日放送された「タモリ倶楽部」に登場した安田理央さんの解説によると、AVで最初に登場したのはSM系のAVだったらしいからね。(ちなみにその回のタモリ倶楽部、「電マ」がテーマ。スライブの大東電気工業での収録という贅沢な作り!〝Y〟は放送を知らなくて見逃していたけど、我が優秀な「奴隷秘書〝ゆえ〟」が教えてくれ、ガラポンTVで探して見てみたよ)

その日、長時間のプレイとなった〝Y〟と〝ゆえ〟。すでにローターや〝Y〟のペニスの挿入で〝ゆえ〟は何度も何度も絶頂を迎え満足している。でも、それでも、まだ、快楽責めをやめない〝Y〟。ついに、禁断の電マ登場。

〝ゆえ〟のアソコにあてていく。

電マはご存じのように非常に強力なので、使い方に若干注意を要する。

長時間当て続けてはいけないということ(責めとしてそれがお好きな方は別だけど…)。

一つにはヘッド部分が熱を持つので、熱くなってしまう。低温ヤケドになったら、目も当てられないからねぇ…。

さらに、強力な振動を皮膚に与え続けると皮膚表面が痛くなってしまう。そのため、潤滑剤としてローションを常に当てる部分に垂らしておく必要がある。

その上で、当てるのは、程々にしながら、長時間のプレイに臨む必要があるんだ。

でも、それさえ守れば、その威力は絶大。その昔、お相手をしてくださった、プロのM女性はこう言っていた。

電マが当てられると、もう、子宮がまるで一つの動物になったかのように動き出すんです。そして、やがて、自分の意識がその子宮と一体化する。そう、自分の体全体が、脳も含めて子宮になったかのようになり、気が付くと咆哮しているんです!その後は数日間、廃人になります…

そのぐらいすごいんだ。

プレイの後半、全身拘束された〝ゆえ〟のアソコに徐々に電マを当てていく。やがて、呼吸が止まる。しばらくして、「うぐぅぅぅぅぅ!」と獣のような声を上げて、体をよじり、叫び続ける。体全体が何度も何度も反り返り、ついには「ギャー!!!」と絶叫。

ようやく、こちらも電マを止める。四肢拘束を解いて、しばらく休ませる。

「はぁ、はぁ」と激しく息をしている〝ゆえ〟。

数秒ごとに体が激しくケイレンしている。

スゴイなぁ…と、その反応を眺めて、嬉しくなるご主人様。

布団をかけてやり、一旦休ませる。〝Y〟はソファに座って、静かに読書を始める。

denma201902_02aflsh.jpg
宇宙遊泳に拘束された〝ゆえ〟の
あそこに電マを当てていく…。


しばらくして、〝ゆえ〟がこちらを見ている気配がする。本から目をあげてみると、〝ゆえ〟、なんだかはにかんだような笑顔。カワイイなぁ…と思いながら、優しく「どうした?」と声をかける。

ご主人様…

と、なんとなくモジモジしている。

あの…、〝ゆえ〟のおまんこに…、ご主人様の…、おちんぽさまを入れてくださらないでしょうか…

ほぉ!

とっても恥ずかしそうに言う〝ゆえ〟に、再び激しく欲情してしまう、ご主人様。これは断るはずないよね!

〝ゆえ〟の体に正常位でのしかかり、ご主人様のものをヌルっと入れた瞬間、〝ゆえ〟、頭を後ろにのけぞらせ、

あぐー!

と、オーガズムを迎えてしまう。「秒殺」なんて言葉が浮かぶ。なんと感度が良いのだろう!

そして、膣がご主人様のものをとても強く締め付ける。ほとんど意識が薄れかけている様子の〝ゆえ〟、無意識に膣が反応して動いているようだ。

その気持ち良さを味わいながら、そこから、つながること30分、ご主人様も最後に射精。

再び精も根も尽き果てた〝ゆえ〟。

あとで、こうメールで教えてくれた。

電マのしびれる感覚で、すごく気持ち良いのにおまんこが痛くなる感覚、でも、膣の中は刺激を受けないから、どんどん疼いて仕方なくなっていきました。電マ責めは、気持ち良いのにすごく苦しい(快楽も呼吸も)です。

責めが終わり、静寂を迎えると、ぐったりしているのに膣が疼いて仕方ない身体に気づきました。

だから、はしたないと感じながらも、「おまんこにおちんぽ様を入れていただきたいです」とお願いしました。

おちんぽ様は、やはり、バイブとは比べられない、、本当に気持ち良くて。


というわけで、電マの楽しみ、まだ経験していない方はぜひ!



バストが小さくても、コンプレックスを抱く必要はないよ!

slimbody201902_02flsh.jpg
〝ゆえ〟の身体はスリムで胸もさほど
大きくはない。でも…、


今日は女性に向けてのお話。

胸の大きさが気になる人は多いよね。豊満な人はラッキー!という感じで男性の視線が釘付けになる。確かに豊かな乳房は男性へのセックスアピールとしては大きな要素であるのは間違いないよね。AVなどでも巨乳というのは、ウリになる。整形手術で豊胸する人も多い。

じゃ、胸の大きくない人、たとえば、微乳と呼ばれる人って、アンラッキーってこと?

いや、そんなことはないよ。

だって、自分は気にならないもの。いや…、むしろ逆だな。

実は若い頃から胸の大きくない人が大好きだった。

有名な画家に「高塚省吾(1930-2007)」という人がいる。この人は美人画で良く知られている。その彼が多くの絵を残したモデルさん、代表的な方が数名いらっしゃるけど、中でも、この絵に描かれた方は一番多く知られているんじゃないかな。

takatsuka201902_02.jpg
この美人画、見かけたことの
ある人もいるよね。
高塚省吾の「イヤリング」。


そう、胸の大きさはさほど大きくない。そして、全体にとてもスリム。清楚な日本女性というイメージにぴったりだよね。

このモデルさんの体型が実はとびきり大好きな〝Y〟。こうした体つきを見ると、昔から、すごく性欲が高まるんだ。つまり、バストサイズが小さい女性にセックスアピールを強く感じる!

さらに言えば、こうした体型の方はたいてい鼻孔も細い。これも〝Y〟の嗜好にドンピシャ!

だから、〝ゆえ〟と出会ったときには本当に感激したよ。ここまで自分の理想の女性を奴隷にできたのだから。

こうした嗜好って本当に不思議だね。これはどうしてかという理屈では説明できないもの。

それからね、若い10代や20代前半の頃って、性的にまだ初心者。深い性の魅力をまだ知らない事もあり、むやみに胸の大きさが魅力的に映ったりするという傾向がある。

でも、次第に性の喜びを深く知ってくると、自分にとっての、女性の性的魅力がピンポイントで分かってくる。

たとえば、〝Y〟の場合はそれが前述のように鼻孔の形だったりする。女性にとっては思いもよらないことかもしれないね。でも、そういうものなんだ。女性のうなじの線の美しさに激しく惹かれるという人もいるし、背中のラインが好きだという人も。だから、必ずしも男性は大きなバストが好きというわけではないんだよ。

というわけで、もし、貴女がご自身のバストサイズにコンプレックス持っているのであれば、それは全く必要ないということをぜひ伝えたいと思って、この記事を書いたんだ。




ツイッター、始めました!

twitter201901_01as.jpg


〝ゆえ〟とのプレイで頻繁に利用しているSM専門ホテル「アルファイン」、今月、ツイッターを開始(こち)。すぐさま人気で、大勢のフォロワーさんが誕生。〝Y〟もその一人。いかに大勢の人が待っていたかということだよねぇ。

お部屋の紹介も、たとえば、トイレのリニューアルとか、最新の情報が得られるのが魅力。

それと、なんと驚いたのは清掃スタッフさんの募集告知も!こちらもあっという間に応募が集まったとか。スゴイねぇ!

さらに、嬉しいことに我がブログ、これまで全室制覇して、そのお部屋案内を記事に書いてきたけれど、その記事にリンクを貼ってくださっている。すごく名誉なこと。アルファインさん、ありがとう!

このツイッターを参考にしながら、さらに、リニューアルされた御部屋は追記や新しい記事を書いていきたいな。

さて、ここで一つお知らせ。

当ブログ「Tokyo Bondage Life(東京ボンデージライフ)」、略して「TBL」も(TDLじゃないよ!(笑))、ツイッターを始めたよ。

https://twitter.com/Tokyo_Bondage_L

とはいえ、ほとんど、ブログの更新情報(自動)が主体になってしまうけど、時折〝Y〟や〝ゆえ〟もつぶやくことがあるので、お楽しみに!ブログにするほどの長い記事にならなような小ネタを、Twitterでつぶやくことになるかも。

というわけで、どうぞよろしくね!




 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.