FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟の調教記録 (49)
ボンデージの道具たち (52)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
奴隷〝ゆえ〟の小窓 (4)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

人生って、捨てたものじゃない…。

yue201812_03flsh.jpg


〝ゆえ〟を奴隷にして3年目。

振り返ってみてしみじみ思うんだ。「人生って捨てたものじゃないなぁ…」って。

若い頃は色々な苦労をしたし、数年前には仕事で危機的な状況に置かれたりもした。身体もこわして死を意識させられたこともある。そんな自分がこうして、子供の頃から夢に見ていたような理想的なSM生活をM女性とともに、50代になってから送れるようになったのだから。

人生は頑張って生きたとしても80年くらいだろうし、もしかしたら、急に病を得たりして、もうすぐにでもこの世を去るかもしれない。50代というのはそんなことを意識するんだよね。あと何年生きられるかなぁ…って。仕事で多少キツいことがあっても、辛くなくなってくる。「頑張って仕事をするのも、あと数年しかできないし…」ってね。

だから、このブログを以前からご覧の皆さんはご存じのように、かつてのパートナー〝なみ〟からSM決別宣言を受けたあと、最初はショックだったけど、立ち直った。残された人生、楽しむしかないっ!てね。

そこで、前を向き、いちかばちか、「自分の理想のM女性を捜そう!」とSM追求の放浪の旅に出た。

そう。再び、大海原に出て色々な出会いを体験してみようって。大冒険だったんだ、自分としては。〝Y〟は社会的にみれば凄く真面目な人間だからね。周囲の人は誰一人、〝Y〟がSMをしている人間だなんて思っていないと思うよ。

そして、夢を叶えるきっかけになった一つには、このブログをごらんになっているYZさんの応援もあった。彼との出会いのきっかけは、このブログにコメントを送って下さり、そうしてメールのやり取りが始まったこと。そして彼が話してくれた自身のSM遍歴のなかに、新しい出会いのヒントがあった。こうしてみるとブログって、大切な出会いやきっかけをもたらしてくれるものでもあるんだ。YZさん、ありがとう。

時代の後押しもあった。今は「SMの相手を探しています!」とネットで公言すれば、お相手をしてくださる方がいらっしゃる。出会いがないとおっしゃる方も多いけど、実は手順を間違えない限り、出会いは無限にあるのが今の時代なんだって思うよ。

実際に、そうして何十人もの女性とプレイをしてみた結果、最終的に〝ゆえ〟と出会ったわけで、その間の体験もまた、自分の成長に大きな影響を与えたと思う。彼女たち一人一人、本当に心から感謝の気持ちは尽きない。ありがとう。

また、〝ゆえ〟を奴隷としてからも、その主従関係を通した様々な経験で二人はお互いに学び続けている。正直、関係が危機に瀕したことも。主従関係は奴隷もご主人様も、ともに成長していくための学びの場でもあるんだ。

でも、そもそも、なぜ〝Y〟は〝ゆえ〟を奴隷にしたのか、できたのか?

もちろん、まずはこんな「へなちょこ〝S〟」である〝Y〟をご主人様として選んでくれた〝ゆえ〟の寛大な心に感謝しなければいけない。本当にありがたいことだと思う。

その上で考えると、使い古した言い方かも知れないけど、「縁」という言葉が頭に浮かぶよ。

出会った瞬間に、待ち合わせの場所で〝ゆえ〟の姿を見た瞬間に、「あ、この女性が今までずっと探してきた相手だ」と、ピンときたから…。

そんな女性は他にいなかった。

〝Y〟の直感というのは、仕事でもそうだけど、不思議によく当たる。

そして、実際にその後、〝ゆえ〟が自分の奴隷となってくれて、〝Y〟のSM放浪の旅も終わり、今日に至るんだ。もっとも、あまりの〝Y〟のへなちょこぶりに〝ゆえ〟がいつ愛想をつかしてしまい、関係が終わってもおかしくないのだけどね。(^^;)

とはいえ、まさかこの年齢で、こんな出会いがあるとは!

だから、もし、自分の夢がかなわないからって、SMの相手がいないからって、絶望している人は、決して諦めないでね。「縁」も、自分が動かない限り目の前には現れない。そして、ここに良い実例があるのだから。(^^)

「人生、捨てたものじゃない!」

まず、一歩踏み出してみようよ。人生は自分の夢を叶えるためにあるのだからね。

というわけで、大晦日の今日、新年が皆さんにとって良い年になりますように…、という願いを込めて、この文章を書いたよ。

みなさん、楽しいお正月を!そして新たな年に素敵なSMライフを!!




スポンサーサイト
[PR]

アルファイン全室紹介~記事へのリンク一覧

alphainnentrance_02flsh.jpg
アルファインでのSMプレイの楽しさ。
これは、もう比類無き体験だよね。
責められる〝ゆえ〟も嬉しそうだ!
全室制覇をはじめた頃の写真。


東麻布にあるSM専用ホテル「アルファイン」。その全室を制覇するという夢が、今年かなったよ。こちらの記事に書いたとおり。そして、このブログでの紹介も、先日、無事に26室全室紹介を達成。

ただ、今までの紹介記事の順序は利用した順番なので、ちょっと整理が必要だと感じていたんだ。

そこで、ここに記事を部屋番号に並べ、それぞれURLをクリックすれば飛んでいけるようにしてみたよ。(注:リストをみて「あれ?」と感じる人もいると思うけど、実は、202号室、このホテルに存在しないんだ)

【1階】
101号室「火の鳥」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-21.html
102号室「スワップ地獄」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-11.html
103号室「性態実験」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-99.html

【2階】
201号室「隠し砦」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-126.html
203号室「女囚の檻」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-96.html
204号室「淫ら天使」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-128.html
205号室「西太后」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-107.html

【3階】
301号室「サド侯爵」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-17.html
301号室「サド侯爵」 設備更新後
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-119.html
302号室「晒し便座」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
303号室「ベビードール」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-131.html
304号室「楊貴妃」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-121.html
305号室「診察学園」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-133.html

【4階】
401号室「奴隷市場」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-3.html
402号室「排泄学園」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-135.html
403号室「タブー」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-83.html
404号室「魔洞窟」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-143.html
405号室「定期検診」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-102.html

【5階】
501号室「痴乱将軍」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-111.html
502号室「拷縛便器」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-109.html
503号室「テクニシャン」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-145.html
504号室「地底窟」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-147.html
505号室「萬華鏡」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

【6階】
601号室「拷問地獄」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-95.html
602号室「羞恥破壊」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-152.html
603号室「巌窟王」
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-154.html
604号室「狂い十字架」~リニューアル以前
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-13.html
604号室「狂い十字架」~リニューアル後
 https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-169.html

それにしても良く通ったものだね!

一緒にこの「全室制覇」という困難な課題にチャレンジし、そして、喜びを分かち合ってくれた〝ゆえ〟に感謝!

そして、我々が全室制覇を目指していると知って、温かく見守ってくださったアルファインスタッフの皆さんにも感謝です!

alphainnentrance_00bsh.jpg
フロントのこのパネルを見る時は
いつもワクワクするよ。



この本にもアルファインが紹介されているよ!


アルファインのお部屋~603号室「巌窟王」

alphainn_603_1sh.jpg
以前にもご紹介したこの写真。
肋木のような拘束具が印象的。


アルファインのお部屋紹介、いよいよ今日は26室目。つまり、最後のお部屋。

今回は〝ゆえ〟とのプレイ写真を中心にご紹介するね。

近年のアルファインにとって、いわば「看板」のような、フラッグシップ的なお部屋。

それが、603号室「巌窟王」。

というのも、このお部屋、10年くらい前にアルファインが大々的なお部屋の改装を始めた第1号。しかも、そのリノベーションは、秀逸なインテリアデザインも相まって、大変な話題になった。当時のSM専門雑誌などでも取り上げられたし、実際に、このお部屋の人気は飛び抜けて高い。さらに、ホテルの公式ホームページにもギャラリーコーナーとして、このお部屋の写真のページがあるくらい!
http://www.hotelalphain.com/gallery/gallery.html

アルファインといえば、今はこのお部屋をイメージする人も多いかもしれないね。

さて、さっそく見てみよう!

alphainn_603_6sh.jpg
人気の宇宙遊泳もある!


まず、価格から。

REST(休憩&サービスタイム)が18,950円、そしてSTAY(宿泊)が36,480円。(2019年10月の価格改定により修正済み)

つまり、102号室「スワップ地獄」と並んでアルファインで最も高額のお部屋となる。

そして、設備は、

・Suspension (ツリ)
・X十字架
・オープントイレ
・宇宙遊泳
・檻テーブル
・オーロラバス
・ブローバス


というわけで、設備を見ても必要な物はほぼすべてそろっていると言っても過言ではないね。電マも常備。

alphainn_603_5sh.jpg
X十字架はかなりタイトな拘束になる。


部屋の構造はベッドルーム、そしてプレイルームの2室がつながった構造。しかも、プレイルームの方は真ん中をドアで仕切ることができる。そうなると、3室!そのドアはハーフミラーのようにもなっているので、閉めると、一方の側にある宇宙遊泳で拘束した奴隷の姿を奴隷自身に見せる事もできる。

また、ベッドルームとプレイルームをつなぐ場所にも実は手足枷があるので、四肢拘束できる。奴隷の身体がドアのようになるなんて、実に良くできている!

alphainn_603_3sh.jpg
部屋の仕切りまで拘束具に!


そして、この部屋の場合、インテリアデザインには非常に気合いが入っているんだ。トイレ周りの木のデザインは壁に置かれた肋木のような拘束具も含めてデザインに統一性を持たせている。ちなみに、この拘束具はデザイナーさんが小学校の時に見ていた体育館をイメージして造ったんだって!

alphainn_603_4sh.jpg
テーブルタイプの檻


そして、アルファインでは数少ない檻のある部屋であり、しかも、その檻が壁の埋め込み式と、テーブルタイプの2種類が楽しめるのも面白い。このお部屋、奴隷を数人連れ込んで同時進行でプレイも出来てしまうよ。そのぐらい拘束する道具が多いんだ。手足枷のあるベッドも含めて数えてみると、おそらく7人は同時に拘束できるはず。ハーレムだねぇ…。

ベッドルームはまた、プレイルームとは違った趣。こちらは洞窟のイメージ。

alphainn_603_7sh.jpg
海から侵入した女スパイ
〝ゆえ〟を快楽調教。
右下は着替えの際、ラバープレイの潤滑剤が
床に付着しないよう床に敷いたシート。
みなさんもぜひ!


そして、目玉はおそらくオープントイレ。金隠しのない和式というのも刺激的。この便器はタイから取り寄せているとか。もちろん、いつ利用してもキレイに清掃されていて、清潔だから安心してね。この部屋の最大のテーマはス*トロ。だから、便器とお風呂の近さもあるわけなんだね。

alphainn_603_2sh.jpg
オープントイレも恥ずかしさがハンパない!
すぐ後ろが浴室。


もしこのお部屋に宿泊したら、試したい道具が多すぎて、たぶん、一睡もできないと思うよ。

できれば、1週間、この部屋だけに籠もりっぱなしで〝ゆえ〟を責めてみたいと〝Y〟は思う。

そうそう、以前、ここに記事を書いたけれど、洞窟のイメージを持つこのお部屋。絶海の孤島にある地底秘密基地という想定で、潜入してきた女スパイの〝ゆえ〟をとらえて拷問するという想定でのラバープレイをしたことがあったけど、本当に雰囲気出たなぁ。

このお部屋からアルファインの新時代がスターとしたことがよくわかるよ。

ところで、このお部屋が改装されてまもなく、当時出版されていた月刊誌「SMスナイパー」がこのお部屋を取り上げた記事が手元にあったので、久し振りに読んでみた。デザイナーさんや依頼元であるマネージャーさんの素敵な「熱量」がわかる良い記事だったよ。

新しい時代を作る…って、こういうことなんだなぁ…って。皆さんも、もしご覧になる機会があれば、ぜひ読んでみて!

alphainn_603_8.jpg
こちらがその記事の最初のページ。



この本にもアルファインが紹介されているよ!


まさか!こんなところにボールギャグが!?

某月某日、都内某ホテルに滞在したときのこと。

欧米系の人が多く滞在する都心のビジネスホテル。

フロアを行き来するのはピシッとスーツで決めたビジネスマンやビジネスウーマンとおぼしき人たちがたくさん。

そんな、なんとなく緊張するような雰囲気の中で、〝Y〟が突然驚く事が…。

エレベーターホールのすぐ横、小さな部屋があって、自動販売機コーナーになっている。

そこのドアの下に、こんなものを見つけちゃったんだ。

ballgag201812_01sh.jpg
見覚えあるでしょ?


えっ!!!

えっ???

なんで???


なんで、ボールギャグがこんな床に落ちているの?

驚いてドギマギしてしまう。

こんなピリっとした雰囲気のビジネスホテルでもSMプレイをする人たちがいたの?

でも、よぉく見たら…。

あれ?なんかついている…。

ははぁ~ん、これは…。

ドアを動かしてみたら…、

ballgag201812_02sh.jpg
こうなっていたんだ!


そう、実はボールギャグではなく、そのボールにヒモを通して、ドアストッパーとして活用していると判明。


もともと、ボールギャグのボールって、ゴルフの練習用「ホローボール」。きっと、このホテルのスタッフのだれかが、ゴルフファンで、手持ちのホローボールを加工して作ったのかもしれないね。いやいや、もしかしたら、ホテルのスタッフがSMファンで自分でボールギャグを作ろうと、ホローボールを大量に持っていたと言うことも考えられなくはない…、って、それはないか(笑)。

こうしてみると、ホローボール、ボールギャグになったり、ドアストッパーになったり、大活躍なんだね。

ああ、それにしても驚いた!

えっ?こんな驚き方をするのは〝Y〟くらいのものだって?

いやいや、このブログをごらんの皆さんも〝Y〟の「ご同類」。その場にいれば、きっと驚かれるはず…。(笑)

ballgag201812_00flsh.jpg
でも、このボールはやっぱり
奴隷に使うのが一番…。






 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.