FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

青い首輪の女

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

SM、スパンキング

若狭と雫(緊縛と首絞め)

tabooを愛する二人の日記

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (58)
ボンデージの道具たち (60)
アルファイン(SMホテル) (48)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (28)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (13)
出会い系サイトでM女性を見つける方法 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

アルファインのお部屋~503号室「テクニシャン」

alphainn503_01sh.jpg
部屋入口の奥から見ると、
左奥にX十字架、右下に
スパンキングテーブル。


SMの殿堂とも言えるホテル、「アルファイン」。

そのお部屋を実際に利用して紹介するシリーズ。今回は503号室「テクニシャン」。

部屋の雰囲気としては、以前ご紹介した403号室「タブー」ととても良く似ている。そうコンクリート打ちっ放しのまるで地下牢のような雰囲気。X字架の位置や、入口にかかっている金属製の重い玉すだれも…。

カテゴリーとしては「宇宙空間」となっているので、おそらく、宇宙基地や宇宙ステーションをイメージしているのかもしれないね。天井に取り付けられているむき出しの配管などはそんな印象もあるね。

設備は以下の通り。

・Suspension (ツリ)
・X十字架
・スパンキングテーブル
・スパンキングベンチ


ただし、お部屋は広くはなく、お風呂もなく、シャワールームのみとなっている。シャワーヘッドは独特の形状。最初はどう使うのか、また、どこからお湯が出てくるのか、はてな…というのはおそらく皆さん初めての時の反応だと思うよ。こうしたところの遊び心って、面白いね。このヘッド、他では見たことがないけれど、きっと外国製なのかな…。

alphainn503_04sh.jpg
マイクロホンのような形の
独特のシャワーヘッド。
スケベ椅子もある。


トイレはそのシャワールームの先にあり、奥まっていることもあり、あからさまな晒しというタイプではない。トイレを見られるのが嫌という初心者Mさんでも大丈夫。

料金はREST(休憩&サービスタイム)が12,110円。そしてSTAY(宿泊)が21,240円と、全体の中では安価な価格帯。(2019年10月の価格改定により修正済み)

さて、このお部屋、見渡してみると、全体的に照明は暗い。明るいのが苦手の人にはぴったり。この暗い雰囲気がたまらなく良いという人もいるだろうね。

そして、実際の道具をチェックしてみると、公式ページに書かれていないものに「吊り」がある。そう、このお部屋、滑車があり、吊りもできるんだ。

それと部屋の中、洗面台近くに不思議な形をした柱が…。柱は珍しい!これは、ここに拘束するなり、何か責めに使えそうだね。

alphainn503_02sh.jpg
奥の赤い椅子のようなもの
がスパンキングベンチ。そして、
左手前に不思議な柱が…。


そしてなによりも、上記のリストにあるように、スパンキングに特化した道具が2つある。これがこのお部屋の特徴になっている。

スパンキング好きにはたまらないね!

一つは「タブー」にもあったスパンキングテーブル。四つん這いの格好で、奴隷を固定して、スパンキングを楽しむも良し。そのままテーブルとして、飲み物を置いたりして、目の前の拘束された奴隷の姿を楽しむのも、また良し。〝ゆえ〟はこの責め具が大好き。かつて、プレイの後、こんな事を書いてくれた。

何はともあれ、スパンキングテーブルに繋がれると、人間辞めて快楽だけを貪りたい思いに支配されるくらい、アルファインの拘束具の中で、ずば抜けて、奴隷にとって危険です(笑)。

というくらいに気に入ってくれている。

スパンキングベンチの方は身体を預ける部分が広くなっており、ヨーロッパのSMなどで見かけるスパンキング台のタイプ。おそらく、面積が広い分、スパンキングテーブルに比べ、奴隷としては多少楽な格好になるかもしれない。座面の革は以前は黒だったと思うけど、新しく赤い革に張り替えられていた。この赤がこの部屋のアクセントにもなっているね。

alphainn503_03sh.jpg
壁に掛かる小道具たち。


さきほど、「タブー」と良く似ているとしたけれど、実はタブーの方はベッドの横が全面にわたって鏡のようになっているというのが特徴。ベッドでの交合の姿を楽しむことができた。こちらのお部屋は、ベッドの横はコンクリート風の壁で、一面に道具がかかっている(これも憧れるね。我が家の壁もこうしたい!)。そのかわり足下側の壁が全面鏡のようになっている。ベッドで交合しながら、自分たちの姿を楽しむことはできないけれど、スパンキングベンチなど、他の設備を使っての自分たちのプレイを見て楽しむことができる。とても広い鏡なので、ここに魅力を覚える人も多いんじゃないかな。

さほど広くない室内にこれだけ道具があると、たとえば吊りをするときに、少々困るのでは…という方はご安心を。すべての大道具には車輪がついている。だから、移動が可能。ベッドですらそう!だから、吊りだけを楽しみたいという方も、道具を全部一箇所に集めてしまえば、かなり広く部屋を使えるんだ。

そして、テレビの下は金属製の容積の広い棚になっているので、道具や荷物を沢山持ち込む人にとっては収納場所として重宝するかもしれないね。

それと、シャンプーなどのアメニティは、シャワーブースから離れたテレビの横にあるので、見逃してフロントに「ありません!」と電話しないようにね。

地下室のような独特な雰囲気でプレイをしたい人、そしてスパンキング大好きな人にはオススメの部屋。それが503号室「テクニシャン」。

alphainn503_05flsh.jpg
手足を拘束され、無防備に
ご主人様からのスパンキングを
待つ〝ゆえ〟。




この本にもアルファインが紹介されているよ!

スポンサーサイト
[PR]

手足拘束棒の愉しみ

teashibo201808_01flsh.jpg
このシンプルな道具で思わぬ発見が…。


この道具を初めて見たのは「アルファイン」でのこと。幾つかの部屋に設置されている。

太くて長い棒にしっかりとした手枷と足枷がついている。

言ってみれば狸縛りのような格好に奴隷を拘束することができるんだ。

これ、手だけとか足だけなら棒付きで売られていたりするけど、手足両方の拘束となると、以前はなかなか通販では見つからなかった。でも、最近は少しずつ販売されるようになってきたよ。

たとえば、SM Queenというショップで販売されているもの。(手足枷は別売)
http://sm-queen.com/view/b26205
http://sm-queen.com/view/b26208

NLSではこちら、(手足枷は別売)
https://www.e-nls.com/pict1-33020?c2=14001017

ただし、棒に強い力がかかるので、プラスチック製よりも木製や金属製の方が耐久性の面で安心かもしれないね。

アルファインのものは、棒そのものがとても太くて、頑丈な木製。そして重い!これなら棒の部分を吊っても面白いかもしれないね。ただ、体重をかけるのは危ないのでやめた方がいいけどね。奴隷を床に仰向けに寝させて、この棒をつり上げるというのは視覚的にも面白いよ。

実は、この棒がある時とても役に立ったんだ。

〝ゆえ〟、意外な事で実は苦手なことが一つある。それは正常位でのご主人様のモノを受け入れること。

いや、気持ち良くないわけではないんだ。

「逆」。

気持ち良くて、そして、奴隷は仰向けになっているだけ。そう、奴隷の奉仕が足りなくて、怠けて快楽だけ与えられていると感じ、自分でご主人様に申し訳なく思ってしまうらしい。だから苦手だと〝ゆえ〟は言う。ああ、何て生真面目な奴隷なんだ!

「私は今、楽な体勢でご主人様に気持ち良くさせてもらっている。そんなのダメ!奴隷として失格!」

と、〝ゆえ〟、激しく自己反省してしまう。

ご主人様、実は正常位が大好きなのに。〝ゆえ〟のこのクセはなかなか治らないんだ。

ところが、ある日、アルファインの505号室「萬華鏡」でこの棒が置いてあるのを発見。以前、別の部屋で利用した時は〝ゆえ〟に装着してバックで責めた。でも、今日はベッドに仰向けにした〝ゆえ〟に装着後、正常位で挿入したら…。

teashibo201808_02bflsh.jpg
この体勢でご主人様のモノを受け入れると、
苦しみと快感が…。



〝ゆえ〟、なんだか嬉しそう。

そして、いつも以上に、興奮して、そして、イキ続ける。

確かに両足を高くかかげた状態になるので、ペニスの挿入が通常の正常位よりもはるかに深くなり、お互いの陰部の密着度がとても強いんだ。

そして、〝Y〟にとっても、手足を棒で拘束された〝ゆえ〟に挿入するのは、もの凄く視覚的に興奮する。

これはいい!

〝ゆえ〟、その後のメールで、

棒での手足拘束は、非常に満足しました。
後ろから使っていただく時に一度、今回と同じ棒で拘束していただいたような気がします。
あのときより、正常位の方が拘束感が強かったです。


と、一言、書いてくれた。

そう、奴隷、こうして拘束されて、手足を上に上げるのは結構辛い。正常位とは言えどもキツイ。だから、奴隷も、ちゃんと「奴隷としての責めを受けている」とう実感を得られるのだろうね。そうして、その事でご主人様を喜ばせているという安心感と満足感が得られるようだ。

というわけで、この道具の楽しみを知ってしまった〝Y〟と〝ゆえ〟。

結局、その後通販で組み立て式(金属製)のものを購入したよ。そして、すっかりと楽しく活用している。

意外な発見と効果があった拘束棒、みなさんもプレイに取り入れてみてはいかが?





アルファインのお部屋~404号室「魔洞窟」

alphainn404_01sh.jpg
部屋入口の床から奥を見上げると…。


ロシア大使館裏という場所にひっそりと佇むSMの館「アルファイン」。

そのお部屋を紹介するシリーズ。今回は404号室「魔洞窟」。

「洞窟」をイメージしたお部屋、アルファインには3室あるんだ。そして、いずれも、リフォームされて新しいデザインとなっている。そして、とても綺麗。

一番有名な603号室「巌窟王」、そして504号室「地底窟」とともに、このお部屋はリニューアルを受けて、人気。

料金はREST(休憩&サービスタイム)が10,370円。そしてSTAY(宿泊)が16,850と、かなり安価な部類。(その後、2019年10月の価格改定によりRESTが10,960円、STAYが17,820円となりました)

alphainn404_02sh.jpg
部屋の奥から見ると…。


それもそのはず、公式ページによる設備は

・十字架

だけ。

そう。昔で言えば「シンプル・イズ・ビューティフル」。この潔さが良いね。

十字架は焦げ茶色の革を貼った、アルファインで最も多く見るタイプのもの。

また、ベッドには手足枷がついていない。

電マもない。

無いモノづくし…と言いたいところだけど、実はこの部屋、ホームページには書かれていないけど、思わぬ魅力が。

「滑車」

そう。吊りが出来るんだ。しかも、余計な設備がない分、部屋を広く使える…、というわけで、縄をされる方には重宝。

部屋が広く使えるので、天井から奴隷を吊して、そして、四方八方、360度、どの方向からも鞭を浴びせる愉しみもあるね。

alphainn404_03flsh.jpg
天井から吊された〝ゆえ〟。
ご主人様の鞭を受ける。


それから、部屋に大きな鏡があるので、鞭打たれる自身の姿を奴隷に見させるのもまた楽しい。鏡は十字架の正面にあるので、磔させられている姿もまた奴隷自身に見せつけることができるんだ。

我々がこの部屋を使ったとき、〝ゆえ〟愛用のディルドを鏡に取り付け、それをしゃぶらせながらバックで〝ゆえ〟を責めて愉しんだ。頭を軽く押さえて、イラマチオ風にね(喉を傷つけないように気をつけて)。こうすると、奴隷の苦悶する表情が鏡に写って後ろからでも愉しめる。さらに、嘔吐反射のたびに膣が痙攣するので、まさにサディスティックな責めになる。かなり危険な責めでもあるし(喉を傷つけると大量出血で生死に関わることになるからね)、奴隷の身体の負担は大きいので、必ず二人の合意のもとで行うことと、無理をしないこと。この点だけは〝Y〟から皆さんにくれぐれもお願いだよ。

alphainn404_04sh.jpg
トイレは独立した部屋に。


一方で、このお部屋のトイレ、実はプレイルームの外、ちゃんと独立した部屋になっている。扉はないけど、プレイルームのドアを閉めれば見えなくなるから、実質、独立トイレ。他のいくつかの部屋に見られる「晒し」じゃないんだ。だから、初心者でも安心して連れて行ける。

それから、部屋全体が前述のように最近リフォームされたので、全体にとても清潔な印象。特に洗面台、お風呂にそれを感じる。お風呂はさらに湯船がかなり広い。これはリラックスできるよね。

さらに、バスルームの大きめの窓から、プレイルームを見ることもできる。

alphainn404_05sh.jpg
バスタブも広くて清潔!


あとね、照明の関係で、全体にとても明るいんだ。

明るい光の下で奴隷を鑑賞したいという方には特に、このお部屋はお勧めだと思うよ。

そして、お部屋のデザインそのものも、非常に落ち着いた、シックな感じで、狭いながらも居心地がいい。

小さいお部屋だけど長時間の滞在でも決して飽きの来ない、素敵な部屋だと思うよ。


alphainn404_06sh.jpg
洗面台も綺麗で、今どきのラブホという
感じ。こうしたリフォームの部屋が現在
も徐々に増え、進化中のアルファイン!




この本にもアルファインが紹介されているよ!



女性に目隠しをさせることへのS的興奮

blindfold201808_00sflsh.jpg
着衣のまま、目隠しだけされた〝ゆえ〟。
この姿に猛烈に興奮を覚えるご主人様。


SMの小道具として定番の目隠し。

実にシンプルな道具。だって、布一枚でOKなんだから。

でも侮れない。効果は抜群。

される方(M女)は視覚を奪われることで、他の感覚が鋭敏になり、性の快楽が大幅に増すよね。

そして、する方(S男)は相手が視覚を奪われたことで、行動の自由も奪われた姿を見て興奮する。

このSとしての興奮を覚えたのはいつ頃だろう…。

遠い記憶を辿れば、すでに物心つきはじめた頃。テレビで見た時代劇で、ヒロインが捕らわれて目隠しをさせられる姿に興奮していたような気がする。そして、一緒に見ている両親や祖父、祖母などにその興奮を知られまいと必死になっていたのも覚えているよ。

こうして見ると、性に目覚めるより遙か前から「S」の本能は現れていたんだね。

そして、その後、学校に上がる頃になると、それを同級生で試してみたくて仕方なかったけど、嫌われそうで、できぬまま成長。

たまぁに、高校のクラスのゲームやなにかで、同級生の女子が白いタオルで目隠しするようなことがあったけど、それにも密かに興奮を覚えていた。

とはいえ、「惜しぃ!これが黒のシルク、あるいは革だったらいいのに…」なんて思っていた。

でも、その密かな願望はじっと胸にしまったままだったなぁ。

しかし、それからウン十年、今や自分の奴隷、〝ゆえ〟に好きなだけ目隠しをして遊ぶ自分がいるんだからねぇ。

おせっかいかもしれないけど、今はまだ夢が叶わぬと嘆いている若い人たちへ言いたいな。「大丈夫、大丈夫!夢を持ち続けていれば、いつか叶うよ」って。〝Y〟のようなふつーのおっさんでも、ちゃんと夢はかなったんだから。

でも、本当にこの感覚は不思議だよね。男の目隠しには全然興奮しない。女性、特にスリムな女性が目隠しされている姿に猛烈な興奮を覚える…、きっとDNAに何か刻まれているのかも知れない。

そして、その興奮は着衣でも、もちろん裸でも。

たとえば、今でもTVドラマなどで女性が目隠しされている姿を見ると、そこに、いわゆる性的な要素はないにもかかわらず、どーんと脊髄から脳髄を貫くような衝撃を覚えるんだ。先日も街の食堂で食事中、店内にあったテレビにそんなシーンが出てきて、しかもその目隠しが、黒の細い革のような素材だったので、箸を床に落としそうになるくらいの興奮を覚えちゃったんだ。

あるいは、科学の実験番組か何かで、テスト役の女性がアイマスクをしている姿を見て、やはり、衝撃を受けることもあるね。

好みで言えば、黒くて細い…というシンプルな目隠しが、おそらく一番興奮するのだろうね。そして、それに並んで、西洋的なデザインのいわゆるアイマスクも同じくらいに興奮する。いずれにしても、デザインはシンプルが一番。あ、この辺の「シンプル好み」ってボールギャグにも通じるものがあるかも。革は黒、ボールはシンプルな穴あき、ディンプル(突起)なし…ってな具合にね。

幸い、この条件にピッタリする目隠しをアール目白店が「ソフトレザーベルト」という名前で以前から販売しているよ。一方でアイマスクは「天ノ介」さんの物が一番使いやすくて好きだな。

目隠し1つあれば、おそらく、それだけでも1日、SMプレイを楽しめるような気がするね。最初は着衣のまま、そしてその後、少しずつ、衣服を剥がしながら…なんて風にね。

blindfold201808_10sflsh.jpg
着衣に目隠し姿だけで興奮を覚え
たけど、結局、その後はこうなる…(笑)




 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.