FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (52)
ボンデージの道具たち (53)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

アルファインのお部屋~402号室「排泄学園」

alphainn402_01sh.jpg
部屋入口から見るとこう。


東京は狸穴にある奇跡のホテル「アルファイン」。そのお部屋を紹介するシリーズ。今回は402号室「排泄学園」。前回は305号室「診察学園」だったよね。全館に2室ある学園部屋の一つ。おそらくセーラー服を奴隷に着せてプレイをしてね!というオーナーさんの思いではないかと想像するよ。

ちなみに価格は、RESTが10,960円、STAYが17,820円とアルファインではかなり安い!

さて、この部屋の公式ページによる設備は次の通り。

・Suspension (ツリ)
・十字架
・オープントイレ


そう。オープントイレ。これ、ビギナーには敷居の高い設備。でもね、この部屋は洋式。だから、和式に比べればはるかに羞恥度は低い…はず…、とはいえ、これでも、初心者には辛いかな。でも、次第に調教を経て、そろそろ晒しトイレデビューをさせたいな…、というときには、ちょうどいいと思うよ。しかもこの晒しトイレは本当に普通の洋式なので、表情は楽しめるけど、「ナニ」が出てくるところは見えないから。これが、和式だったり、あるいは、502号室「拷縛便器」にあるような跨ぐタイプの洋式トイレだと、結構キツイもんね。

alphainn402_02sh.jpg
部屋の奥からはこう見える。


十字架はかなり太めの明るい色の木材でできている。支柱の上部は少しだけ前面に倒れるような角度になっている。これが、また、独特の姿勢を奴隷に与えることになる。そう、首を少し下げ気味になるわけ。すると何が起きるかというと、ボールギャグなどを噛ませていると、涎が出やすくなるんだね。これも楽しい工夫。

十字架の正面にはソファがあるので、磔にされた奴隷の口から涎が次々と垂れてくるのをお酒でも飲みながら眺めて過ごすと、至福の時が味わえるよね。

そうそう、このブログ、PCでご覧の方は右コラムにブログランキングの写真があるけれど、これはこのお部屋で撮った十字架に磔された〝ゆえ〟の姿。

tenandx_01flshb.jpg
ブログランキングの写真。


そして、この部屋には吊りがあるので、縄を愛する人たちも十分楽しめる。そういえば、このお部屋、シンプルな設備なので、逆にスペースを広く取れる。だから、吊りも思う存分楽しめるし、ロウソクプレイなども楽しめるよね(ホテルが無料で貸し出してくれるシートを必ず敷いてプレイしようね)。

alphainn402_03sh.jpg
滑車やフックが…。


さて、このお部屋のインテリアは、他のお部屋とずいぶん印象が違う。それは壁紙。ゼブラのような縞模様。これはアルファインよりも、普通のラブホでみかけそうなデザイン。だから、このお部屋に最初に足を踏み入れると、あまり「おどろどろしさ」はない。だから、初心者のM女性でも、安心して足を踏み入れられるんじゃないかな。(晒しトイレではあるけれど)

alphainn402_04sh.jpg
写真では見えにくいけど黒のボールギャグも。
小道具は一通り揃っているよ。
そして、ゼブラのような壁紙が印象的。


それから、お風呂とプレイルームの間には大きな窓が。シャワーを浴びている奴隷を眺めるのも楽しいし、逆に十字架に奴隷を磔にしたまま、それを眺めながら、ご主人様がお風呂を楽しむというのもありだね。

比較的最近にリフォームを受けたようで、水回りも良いし、清潔感があるよ。

そして、照明はやや暗いので、その点も抵抗が少ないかもしれないね。

電マはないので、お好きな方は持参してね。

トータルで見ると、吊りもあれば、洋式だけど晒しトイレも。中級者から上級者まで使えるコンパクトな良い部屋だと思うよ。



この本にもアルファインが紹介されているよ!


スポンサーサイト
[PR]

バイアグラなどのED治療薬を試してみた

edpills201808_01sflsh.jpg
高価なお薬だけど、ピルカッターなどで
分割して使っても効果あり!


〝Y〟、お恥ずかしい話なんだけど…、そしてここだけの話、実は「精力」が「絶倫」に分類されるらしいんだ。あれ?じゃ、なんでタイトルのようになるわけ…って?

まぁまぁ、話をおしまいまで読んでね。

この歳になっても、毎朝、我が愚息の朝立ちはキツイくらい。女性の中に挿入しても1時間以上はもたせることはしょっちゅう。2~3時間挿入しても大丈夫。そういえば髪も黒々なので、体自体が若いのかもしれないね。

しばらくプレイできないと、欲求不満であそこの張りが著しく、困ってしまう。そこで、1日に2回くらいオナニーをしてしまう。

ある時〝ゆえ〟が言う。「ご主人様がこんなに元気なのは、もしかしてバイアグラを飲んでいらっしゃるからですか?」

上記のように、ものすごく元気なので、そんな薬を飲んではいないけど、この言葉に興味を引かれた〝Y〟。

実はそう言いながらもさすがにこの年齢、少し前から、少しずつあそこの変化を感じていたんだ。

肝心なときにはもちろん十分に膨張して役に立っているんだけど、プレイとプレイの合間、ふとした時に気づくと、やわらかくなっていることも最近は出てきた。

もちろん、その後プレイに入れば固くなるから問題ないけど、そうした変化を自覚していたから、興味をひかれちゃった。

もしかしてバイアグラなどのED治療薬を飲むと、ずっと立ちっぱなし?で、いっぱい精液が出たりする?(いや、それはないでしょう…)

興味を持つとすぐに行動する尻軽な、あ、いや、好奇心旺盛な〝Y〟。その日のうちにネットで色々と調べ、そして翌日には駅前のクリニックに。

おもしろいね。こうしたED治療薬を販売するのが主な仕事というクリニックが、都内の大きなターミナル駅にはあるんだね。

ネットに詳しい啓蒙的なページを載せている、あるクリニックに入ると、すぐに受付で必要事項の記入が。ED治療薬、日本では保険がきかず、自由診療。そうなると、逆に、だからこそのメリットもあって、保険証を出す必要がないし、本名などが知られなくて済むんだ。

簡単な医師の問診があり、問題ないとなると、ED治療薬を選ぶ。一昔前と違い、バイアグラのジェネリックが数種出ているので、値段も安くなっているよ。1錠千円程度。しかも、バイアグラなどは効き目が4~5時間程度なのだけど、今は36時間程度続くという「シアリス」というお薬なども。

とりあえず、バイアグラのジェネリック(業界ではゾロとも言うよ)である「シルデナフィル」というお薬の処方箋を書いてもらう。1錠1,000円。

そして、受付でお薬をもらい、支払。全部で5分ほどの滞在だった。こんなに手軽なんだ!

ただ、注意が3つあるんだ。

1.
ED治療薬は血管を拡張させることで効果をもたらすもの。したがって、心臓疾患をかかえている人には処方されない。禁忌なんだ。狭心症などではニトロ(硝酸薬)と呼ばれる薬を使うけど、もしED剤を飲んでいる人がニトロを摂取すれば、たちまち血圧が大幅に下がり、最悪、死に至る。したがって、その点は即、命に関わるから注意!実際、過去にこのことが原因となる死者が出ているよ。

2.
多くのED治療薬は胃からの吸収を良くするために、胃袋が空っぽの状態で効果をもたらすんだ。したがって、食事の直後などの服用は効き目が出なくなるので要注意。

3.
実は、ED治療薬は偽物が多い。通販などではそうした偽物をつかまされる可能性が高い。しかも、中には体に有害な成分を含んでいるものも。でも、ちゃんとした病院なら安心。だから、ED治療薬は必ず医師に処方してもらうこと。上記のようにプライバシー上も問題ないし、短時間で処方されるから、面倒くさがらず、必ず病院に行こうね。

ということさえ注意すれば、多くの人にとってはさほど大きな副作用もなく利用出来る。

手に入れたシルデナフィル。〝Y〟は勃起障害ではないので、1錠まるごと飲む必要はないと踏んだ。

そこで、ある日、〝ゆえ〟とのプレイの日、朝食抜きでホテルに入ると、ピルカッター(これもAmazonなどで数百円で売られているよ)で事前に半分に切っておいたシルデナフィル錠剤を飲む。そうそう、シルデナフィルは幾つかの製薬会社が出しているけど、東和薬品のは初めから錠剤表面にカットガイドの溝が掘られている。こうした使い方をする人が多いのかもしれないね。

そして、約20分後に効果が出てくるはず。

そして、プレイに入った〝Y〟。

当然の事にすぐ気づく。

あ、勝手に勃起するわけではないんだ…。

そう、ED治療薬というのは、媚薬ではない。エッチな気持ちになって本来「立つべき場」になったときに、自然と勃起するのを助けるというのがこのお薬。だから、何もなければ、別に何も変化しないのがこの薬なんだね!

今になって気づいちゃった。

だから、肝心なときにはちゃんと勃起して、そのあいだ柔らかくなるというのは、この薬を飲んでも変わりはないんだ。(笑)

実に無駄な買い物をしちゃったか!

まぁいいさ…と気を取り直す。

仰向けに寝ころんでさて、横に座った〝ゆえ〟の口舌奉仕を受けることにする。

このときにあれっ?と気づいた。

ペニスの勃起が尋常じゃない。

そう、通常なら仰向けになると120度くらいの角度で天を仰ぐペニス、天を通り越して、180度勃起し、〝Y〟のお腹に密着せんばかり!これは驚いた。

そして〝ゆえ〟が困った表情をしている。

「ご主人様、立ちすぎです。この角度だと、くわえるのが難しいです。」

笑い話のようだけど、本当の話。

というわけで、わざわざ立っているペニスを途中まで〝ゆえ〟に手で角度を戻させ、そして、咥えさせてご奉仕を始めてもらったよ。

「ご主人様、普段より張りが強く、硬いです…」

ということで、結論を言えば、ED治療薬、効果があるのは間違いない。角度、そして硬さにおいてもやっぱり噂通り。

ただ、この薬を飲めば、それだけエッチな気持ちになるとか、持続時間が増えるとか、そういうことではないのだね。そこは誤解しないようにね。

それと、おそらく〝Y〟と同じように、さほど日頃は勃起に困っていない人の場合、ED治療薬を使ったとしても、1/4錠の分量で十分みたいだよ。実際、その後1/4にカットしてみて使ったけど、十分に効果があった!

それと〝Y〟の場合、副作用は全く感じなかった。人によっては顔が赤くなったりする人もいるらしいけどね。

EDなどで悩む方の参考になればと、この記事を書いてみたよ。

でも、そうはいっても、薬を飲むという行為は常にリスクと背中合わせ。くれぐれも、自己責任でね。そして、繰り返すけど、必ずクリニックなどで、医師の処方を受けて利用しようね。





アルファインのお部屋~305号室「診察学園」

alphainn3056_01sh.jpg
部屋入口から見るとこう。


〝Y〟が〝ゆえ〟と共に全室制覇したSM界のワンダーランド「アルファイン」。そのお部屋を全部紹介するというシリーズ。今回は305号室。

アルファインには医療をテーマにした部屋が3室ある。103号室「性態実験」、405号室「定期診療」、そして、この305号室「診察学園」。

医療はSMとの関わりが深いよね。SM行為の代表的な一つに「浣腸」がある。色々なやり方があるけれど、本格的な浣腸をしたいと思えば、それなりの用具と設備が必要。それが揃っているというのは、医療部屋の魅力。

さらに、無機質なタイル、足を強制的に開かせる産婦人科の診察台、さらに、手術室の天井にあるライトと、もう、これはSMの妄想をどんどんふくらませてくれる。

これから奴隷の体で生体実験をしよう…とか、性感をチェックすべく検査をしようとか、あるいは性の奴隷アンドロイドにすべく改造手術をしようとか…。

そんなストーリープレイができてしまうのが、この医療部屋。

alphainn3056_02sh.jpg
部屋の奥から見るとこうなる。


さて、公式には設備は以下の通り。

・オープントイレ
・診察台


オープントイレはカーテンさえついていない。しかも和式。ベテラン向けでもあるよね。

ところが、一つ、決定的に注意しなければならないことがあるんだ。それは、他の部屋にあって、この部屋にないものがある。

「磔」。

そう。だから、磔系の責めがお好きな人は注意。ただし、ベッドには手足枷があるので、そちらで大の字拘束はできるからご安心を。

お値段はアルファインの中では中くらいの価格帯。REST(休憩&サービスタイム)が12,530円、そしてSTAY(宿泊)が23,530円。(その後、2019年10月の価格改定によりRESTが13,240円、STAYが24,860円となりました)

部屋を改めて見渡してみると、いくつかおもしろいことに気づくんだ。

alphainn3056_05sh.jpg
医療用具入れとクローゼット
の両横に棚があるのが便利。


まず、医療用具の入った棚があるのは、この部屋らしさ。さらにナース服、白衣があり、こちらはプロのメーカーが作ったもの。やはりアルファイン、こうした小道具にも手を抜かないね。

それから、テレビが置かれた台は横長で、ここに様々な責め具やオモチャを置くのにちょうどいいけど、これが、クローゼットを挟んださらにその先にもあるのは、大きな特徴。たくさんの道具を使いたい人には重宝がられると思うよ。

浣腸に便利な点滴用スタンドも完備。

一方で、電マはないのでご注意を。

お風呂、洗い場が妙に広い。ここで何かよからぬ(笑)プレイをすることを考えつく人もいるかもしれないなぁ。

プレイルームの壁のタイルは白の実に無機質なもの。ここまで徹底した無機質さは他の医療部屋には見られない。これも大きな特徴だといえるよね。

alphainn3056_04sh.jpg
手術室のようなライトが雰囲気満点!


この部屋で診察台に拘束された実験台の女性を冷酷な目で見下ろすマッドサイエンティスト…という感じでプレイを始めると楽しいだろうね!あるいは、前回の記事の写真のようにセーラー服を着せた奴隷を拘束して、診察しちゃうというのもあるよね。いけない遊びを覚えた女高生が妊娠検査を受けているという図だよ。

いい部屋だな。

ただ、一つ疑問が残っちゃった。

お部屋の名前、「診察」はわかるけど、「学園」というのはどうして?

〝Y〟のようにセーラー服を着せた奴隷を診察したい人向けかな…。

どなたか解る方、教えてくれれば嬉しいな。

alphainn3056_06flsh.jpg
これからDr.〝Y〟による性態実験を受ける〝ゆえ〟。
快楽責めにどこまで耐えられるのか…。




この本にもアルファインが紹介されているよ!

超小型ローター「マイクロブレット」の威力

microboret201808_01flwm.jpg
振動部をつまむ指と比較しても
その小ささがわかる。


最近、〝Y〟が調教に愛用しているのが超小型のローター。多くの製品が売られているけれど、評判のいい「マイクロブレット」を使っている。本当に小さくて、豆のようなサイズ。

もともとこの製品の事はあるS女さんが教えてくれた。男性のペニスにコンドームをかぶせ、その中に、このローターを入れてしまう。そう、亀頭がずっと刺激されたまま。拘束された哀れなM男につけて遊ぶのが楽しみなんだって。逆にS男性が使うのなら、同じように自分のペニスにつけて、M女性の中に挿入し、よがり狂わせるというのもあり。そんな楽しみ方もできるよ。

で、最近のマイクロローターは超小型とはいえ、振動は超強力。いや、逆に小さいからこそ、振動はダイレクト!

だから、見た目は小さな小さな振動部。決して侮ることなかれ!

これを女性のクリに当てると…、

…そこは「地獄」。

そう、強い振動がピンポイントにクリに当たる感覚は、普通サイズのローターとは比較にならない、ものすごくダイレクトな振動がクリを襲う。

ほとんどの女性にとって、これを長時間当てられるのは苦痛だと思うよ。

むしろ、程々に間隔をあけながら少しずつ当てるほうが、長時間の責めができて、楽しい。

それくらいに、破壊力が大きいんだ。

〝Y〟はこのマイクロブレットを使い始めてからフェアリーなどの電マの使用頻度が明らかに減ったもん。だって、まったく同じくらいの強い刺激を生み出すから。小さいから持ち運びにも便利。しかも使用する電力は少なくてすむから地球環境にも優しい。M女性には優しくない、キビシイ責めだけどね(笑)。

microboret201808_00flwm.jpg
診察台に拘束されたセーラー服と口穴マスクの〝ゆえ〟。
マイクロブレットが〝ゆえ〟を何度も何度も絶頂に導く。


前戯で使って、女性をさんざんクリイキさせたあと、今度は挿入の時にも対面座位となり、挿入したままこれでクリをもてあそんでもいい。その場合には、クリイキから中イキにつながっていくことも。向かい合った目の前のM女性が、ボールギャグを嵌められた口から泡を吹きながら絶叫する姿を見るのは楽しいよ。

〝Y〟にとっては〝ゆえ〟とのプレイに欠かすことができないアイテム。

驚くべきパワーを持つ今時の超小型ローター。

快楽責めが好きなSのみなさんはぜひ一つ常備を!

そうそう、商品を探すときのコツを。「小型ローター」という検索より、「尿道用ローター」や「乳首用ローター」とした方が、案外と検索にひっかかるかも。そう、もともとのメーカー想定の用途はそちらのようだね。




アルファインのお部屋~303号室「ベビードール」

alphainn303_01wm.jpg
部屋の奥から見るとこう。


SM専門ホテル「アルファイン」のお部屋紹介。今回は全館でもっともお値段の安いお部屋、303号室「ベビードール」。

REST(休憩&サービスタイム)が9,293円。なんと1万円を切るアルファインで唯一のお部屋。そしてSTAY(宿泊)が15,770円。(その後、2019年10月の価格改定によりRESTが9,820円、STAYが16,670円となりました)

実は〝Y〟が全室制覇を目指していたとき、最後まで残っていたお部屋の一つがこちら。

理由はただただ「空いてない」。

いつ見ても空室のランプがついていないんだ。ここ数年利用していて1、2度、帰り際にランプが付いていることがあったくらい。

といわけで、最後のほうになり、やっと機会が巡ってきた。

公式ホームページを見ると「ビギナー」のカテゴリ-。

alphainn303_03wm.jpg
お風呂からプレイルームが窓越しに見える。


実際、お部屋の設備はと見ると、公式ホームページでは

・十字架
・SMチェア


の二つだけ。

とある平日、なんとこのお部屋が空いている!

ただ、この日は珍しく長時間のプレイ時間がとれる日。色々な設備のある部屋を楽しむべきという気もするけれど、でも、滅多に空かないこの部屋が利用出来るのであれば、絶対に行きたい!

それに、シンプルな部屋で長時間を過ごすというのも、また、別の「大人の楽しみ方」で良いのでは…。

そう考えて鍵を受け取った二人。

ワクワクしながら部屋に向かったよ。

alphainn303_04wm.jpg
珍しくドア付きの個室トイレ。


そして扉を開けると…。

ほぉ!珍しく、壁紙がややパステル調。赤を基調にしているのにどぎつくないんだ。「なんとなく蒲田にあるホテル、ロッシェルを思い出す内装ですね」と〝ゆえ〟。

そして、部屋は相当に狭いと想像していたのだけど、設備が少ない分、意外と広く感じてしまう。

おまけにコンセントがプレイルームに少なくとも3箇所あり、これはオモチャも含め色々な電器製品を使う我々にとっては使い勝手がよさそう。

SMチェアは変形椅子のようなタイプ。そしてベッドには手足枷がついている。

十字架は他の部屋のものとは色が違うけれど、表面にクッションも張られていて、身体を預けるのに優しい仕様。長時間の磔に向いているね。

お風呂の水回りも悪くないところを見ると、一度改装されているんだろうね。

alphainn303_02wm.jpg
小道具の右横に、なんとあの製品が!


小道具類、ここで、一瞬、笑いがこみ上げて来たよ。なんと、昔バラエティ番組などでよく使っていたプラスチック製のハンマーパンチ(ピコピコハンマー)が!これは楽しくて、ついつい、その場で座らせた〝ゆえ〟をクイズ責めにし、間違ったら、このハンマーで頭をポコリ。楽しい漫画チックな責めができたよ。もちろん、小道具、他に、目隠し、ボールギャグ、鞭、洗濯ばさみなど定番は揃っている。

一方で、お部屋の設備には吊りがなかったり、電マの常備もないなど、このあたりはやはり物足りなさを感じる人もいるかも知れないね。

おそらくこの部屋が「ビギナー」となっている理由の一つはトイレかもしれない。アルファインでは晒しトイレなど、扉のないのが多いのだけど、このお部屋はしっかりと個室仕様。扉がついている。これは貴重だよね。まだ恥じらいの大きな初心者奴隷をつれていくときにはちょうど良い。初心者でなくても、ご主人様の腹具合が悪いときにもね。(笑)

この日、いつもより2時間ほど長い6時間ほどのプレイだったけど、このお部屋で十分に楽しめた!

もし、空いているのを見たら、ぜひ利用してみて。何と言ってもアルファインで一番安いお部屋!コスパ的にも悪くないと思うよ。

alphainn303_05flwm.jpg
十字架に拘束された〝ゆえ〟。
この日は口にバルーンを入れて覆うタイプの
口枷を装着されている。




この本にもアルファインが紹介されているよ!



 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.