FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

SM、スパンキング

タブーを愛する二人の日記

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (54)
ボンデージの道具たち (58)
アルファイン(SMホテル) (40)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (7)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

アルファイン全室制覇を達成!

alphainn2018_00flsh.jpg
305号室「診察学園」で全室利用を達成!


このブログをごらんの皆さんは、〝Y〟が以前よりアルファインを何度も利用していることをご存じだよね。そして、そのお部屋を紹介する記事も書いてきた。

そして、ある時、ふと考えたんだ。〝ゆえ〟とこれだけ頻繁にアルファインにきていると、もしかして、全室を制覇できるのではないか…って。

ご主人様と奴隷が同じ方向を目指すために共通の目標をもつのはとても良いこと。アナルを開発しようとか、ロウソクを怖がらないようになろうとか…いろいろな共通の目標を二人で持つのは、二人のためにも良いよね。

そして、その一つに「アルファイン全室制覇」を決めたんだ。そう、これには副産物もあって、このブログで、全室の紹介ができてしまうということもある。

というわけで、昨年の夏頃、そうした目標を二人で心に決めたんだ。

アルファインは全部で26室。そして、我々がホテルを訪れる時間は午前中。宿泊者がチェックアウトして、そのあとの清掃が徐々に終わってくる時間。空いているのは全体の半分以下。日によっては1/4も空いていないこともあるよ。そうなると、結構時間がかかるかなぁ…と思っていた。

さて、結果からいえば、目標を持ってから1年で実現したんだ。

6月のある日、残っていた1室が空いているのを見て小躍りした二人!305号室「診察学園」がその最後の部屋。この部屋の名前はまた意味深で、二人のゴールを記念すべき偶然にもちょっとびっくり。

全室制覇して、改めて思うこと…それは、アルファインのすばらしい「こだわり」。

26室、それぞれにテーマがあり、そして、そのテーマに基づいた内装、そして設備、どれをとっても、妥協がなく、利用者がその世界にのめりこめるような工夫がある。これが、すばらしいんだ。おそらくオーナーの強い思いが反映されていると思う。

たとえば、部屋ごとの灯りのランプシェードは実に凝っている。これだけ集めてみても、おもしろいコレクションになるよ。

そして、それぞれの設備の保守は大変なことだと思うし、それを考えると、「アルファインって値段が高いよね」とおっしゃる方が時々いるけど、「いや、これは当然でしょう。あれだけの設備の保守をしているのだから」となる。さらにいえば、清掃風景をごらんになった方はわかると思うけど、通常のホテルの倍の数の清掃スタッフチームがしっかりとした清掃をしている。その人件費を考えても、リーズナブルな値段だと思うよ。

なによりも、これだけの夢のある数々の部屋で、それぞれのストーリーを展開したプレイができること。これこそがアルファインのすばらしい魅力なんじゃないかと思うよ。

世界中を捜してみても、こんなホテルはきっとないよね。

そんなホテルの魅力をすべて味わうというのは素敵な体験。そして日本にいるからこそできる体験。みなさんもぜひ!

そして、このブログでのお部屋の紹介はすでに18室を掲載。あと8室を残している。そちらも徐々に続けていくのでお楽しみに!

最後に、我々が全室制覇を狙っていると知って、とっても親切にご協力くださったアルファインのフロントの皆さん、そしてスタッフのみなさん、本当にありがとうございました!



この本にもアルファインが紹介されているよ!


スポンサーサイト
[PR]

吸われる?それとも挟まれるのがお好きですか?

nippleroter201807_01flsh.jpg
吸引タイプはこれ!


って、タイトルは乳首のこと。

乳首を責められるのが好きなM女性は多いよね。

そして、女性の乳首を責めるのが好きなS男性も。

〝Y〟もそう。だから、奴隷を責めるとき、全身をSMチェアに、あるいは、磔台に拘束し、胸の部分に穴のあいた革製のブラジャーかボディスーツを着せ、そして、露出した乳首の部分にニップルローターを取り付けるのは大好きな責め。

オトナのオモチャの世界、同好の士が多いのか、以前から乳首を挟むタイプのニップルローターは売れ筋で、常に数種類販売されていた。ただ、こうした道具の常で、壊れやすく、いままで3回以上は買い換えていたかな。で、今回もまた壊れたのをきっかけに新たな製品を買おうと、ネットでショップのサイトを見ていると…。

ほぉ、今時は吸引式の種類が増えたんだねぇ。試してみたいなぁ…。

そうなると話は早い。

挟むクリップ式のローターと吸引式と両方ぽちってしまった(笑)。

nippleroter201807_02flsh.jpg
クリップ式はこちら。


ただ、吸引式はレビューを見ると、結構はずれやすいという商品も多く、注意が必要。そんな中で、購入者のレビューをなどを数多く見て検討した結果、〝Y〟が買ったのは「鬼イカセニップルローター2」という製品。

さて、さっそく、〝ゆえ〟との調教で鞄から取り出す。

〝ゆえ〟生まれて初めての吸入式ローターを興味津々に眺めている。

そして、透明なカップを磔台に拘束された〝ゆえ〟の乳首に強くあて、吸入すると…。

しっかりと固定されたローター。うん。はずれにくい。これなら大丈夫そう。

そしてスイッチを入れると、〝ゆえ〟、すぐに苦しそうな、それでいて、甘い吐息を漏らし始めた。

うん、責めにはなっているようだね。

でも、あらためて。その姿を見てみて、驚いたのは、カップの中の乳首、乳輪の部分も含めて巨大に変形している。そう、体の一部とはいえ、女体が一時的に変形している姿を見るのは、S心を大きくくすぐる。

ほぉ、こうした奴隷に対する加虐感が、こんなに簡単に味わえるなんて。

もちろん、乳首への負担はそれなりにあるから、長時間責める場合にも、様子を見つつ、適宜はずして、いったん休憩させ、また取り付けるという風にする必要があると思う。

でも、ずいぶんとS男性にも興奮を味あわせてくれる責め具だね。

nippleroter201807_03flsh.jpg
このように可憐な乳首と乳輪が
吸引されて巨大化する。


〝ゆえ〟の感想は、

吸われる感覚、これはやっぱり独特で、挟まれるクリップタイプのローターとは全く別の感覚でした。挟むタイプよりは痛みはないです。乳首は吸われるぶん、柔らかくなるようです。

挟むタイプとはまったく違う責め。視覚的にもかなり異なるので、乳首責めがお好きな方は2つのタイプとも持っているといいかもしれないね。

そう、乳首責めには、これ以外にも乳首そのものをよじったりして、もてあそぶ「UFO」シリーズなどもあるから、また、そのうち、手に入れてみてもいいね。本当にオトナのオモチャ、よりどりみどりで、いい時代だなぁ。





アルファインのお部屋~204号室「淫ら天使」

alphainn204_01sh.jpg
コンパクトながら落ち着きのある色調のお部屋。


今や海外からも注目される日本のSM専門ホテル「アルファイン」のお部屋紹介。今回は204号室「淫ら天使」。

こちら、2室ある「ビギナー」カテゴリーの1室。

このお部屋の公式ページによる設備は、

・Suspension (ツリ)
・磔台
・天吊り手枷
・拘束椅子


となっているんだ。

初心者向けということで、確かに設備は少ない。その分、お値段もアルファインの中ではかなり安くなっているよ。REST(休憩&サービスタイム)が10,370円、そしてSTAY(宿泊)が16,850円。(その後、2019年10月の価格改定によりRESTが10,960円、STAYが17,820円となりました)

この部屋に足を踏み入れてみると、まず、ダークチェリーの柱、そして、ベージュ系の壁というオーソドックスな組み合わせのインテリアに心が落ち着くんだ。

alphainn204_02sh.jpg
ベッドの横はお風呂への広い窓。


そして、やや明るい印象。実際、ベッドのあたりは照明が集中していてかなりの明るさ。一方で、磔台の当たりは緑のダウンライトがあり、やや暗さも感じ、趣が違う。同じ部屋でも、場所によって印象が異なるのは面白いね。

バスルームにと目を向ければ、湯船は縦方向だけど、広い。このあたりは404号室「魔洞窟」や504号室「地底窟」もそうだから、最近の改装の傾向かもしれないね。水回りなども比較的新しい設備になっていて使いやすいよ。

ビギナーということで、トイレも「晒し」ではなく、独立した部屋になっているから(ドアはないけど、プレイルームのドアを閉めれば事実上個室に)、初心者を連れてきても安心。しかも、トイレは2018年末に改装されて最新のシャワートイレに!

ちなみに以前のトイレはこんな感じのカワイイ和式だったよ。
alphainn204_06sh.jpg


ベッドには手足枷がついているし、磔台もある。拘束には困らないはず。

とにかくコンパクトな作りが印象的な部屋だけど、実はこの部屋には幾つか、他にない面白いものがあるんだ。

alphainn204_03sh.jpg
これがその「天吊り手枷」。


一つはここ最近、「天吊り手枷」が導入されたこと。これ、実は他の部屋では204号室「楊貴妃」にだけある。その部屋の記事にも書いたけど、天井から吊された棒にしっかりとした手枷がついているもので、これに奴隷を拘束すると、もの凄く「絵」になる。しかも、これで拘束された奴隷は360度、身体を回すことができるから、鞭打ちをすると、もの凄く楽しい!そう、どの角度からでも鞭打ちできるし、また、奴隷も、鞭の打力で身体を揺らしたり、回転したり!この楽しさは皆さんにもぜひ味わって欲しいな。

また、奴隷の〝ゆえ〟にとっても、この「天吊り手枷」、拘束された状態で長時間耐えられるので大好きだと言っていたよ。

alphainn204_04bflsh.jpg
こうして吊ることができる便利な道具。


そして、もう一つは「磔台」。このお部屋のものは何と「拘束椅子」と合体しているんだ!

両脚を開いて、陰部を晒した格好になる。部屋備え付けの綿ロープで大腿部を固定すれば奴隷が必死に足を閉じようとしても無理。強制的な晒し装置になるよ。で、奴隷も座った形での磔なので、肉体的な負担が少ない。よく考えられた装置だね。これも他のお部屋では見たことがない独特の設備。これを使いたいがためにこの部屋を選ぶという人もいるかもしれないね。実際、〝ゆえ〟は「大好き!」と言っていたから。感覚的には603号室「巌窟王」の肋木に似た拘束具が近いと〝ゆえ〟が言っていた。

そしてビギナーのカテゴリーながら、吊りの設備も。フックも沢山あり、縄をされる方にとって重宝する部屋だと思うよ。

今のところ縄のプレイをしない我々だけど、この日は久し振りにアームバインダーを持ってきたので、これを〝ゆえ〟に装着し、その先を滑車にとりつけて、ほどよい高さにつり上げた拘束を楽しんだよ。

〝ゆえ〟は「お部屋はコンパクトなのですが、私はこのタイプのお部屋が、なんだかとても落ち着くので、大好きです。」と後で感想をメールに書いていた。

コンパクトな部屋というのは、奴隷との距離感がとても短く感じられるもの。そんな環境でみなさんも濃密なプレイを楽しんでみては?

alphainn204_05flsh.jpg
〝ゆえ〟が大好きな磔台。




この本にもアルファインが紹介されているよ!


 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.