FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (52)
ボンデージの道具たち (53)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

オーガズムで呼吸が止まる奴隷

nobreath02bflsh.jpg
ローターを仕込まれたフェラチオポスト調教
イッてしまった〝ゆえ〟。


ある日の調教で、〝ゆえ〟が終わった後、こうメールを書いてきた。

今日のご調教では、息してない(出来ないのか……自らしないのか)事が頻繁にありました。
ご主人様のビンタや、乳首つねりで、意識が戻り呼吸することが多かったです。
呼吸……止めちゃうのは何ででしょう??


そう。この日の調教、最初から激しく感じ始めた〝ゆえ〟。何度も何度も意識を失っていた。

で、この言葉になったんだ。

これ、同じ疑問を持つ女性も多いのじゃないかな。

最近は更新をしていないけど、〝Y〟の兄弟ブログでもある「ドライオーガズム日記」でも度々触れたことがあるね。答えは簡単。

「オーガズムに達しているから」

そう、女性は(男性もそうだけど)オーガズムに達するとき、無意識に呼吸を止めることが多いんだ。

例えば、これが良くわかるのは、〝Y〟がラバープレイでよく使うUrine Inhaler(ユーリン・インヘーラー)。

ガスマスクなどにとりつけ、女性に装着させる。すると、ボトルの水を通して気泡で呼吸するため、息を吸う度にボコボコと音を立てる。装着したまま快楽責めをしていると、そのうち、このボコボコ音が止まった…と思ったら、呼吸が止まった合図。その瞬間、オーガズムに達しているという具合。とってもわかりやすいオーガズム検知の道具とも言える。(以前、こちらに詳しく書いたね)

で、連続でオーガズムに達すると、この息が何度も何度も止まる現象を目撃することになるんだ。

以前書いたことがあるけど、この呼吸が止まる現象。実はセックス以外にもある。

それは瞑想。あるいはマインドフルネス。

瞑想が深くなると、やがて、目の前が真っ白になり、呼吸が自然と止まってしまう。全然苦しくない。いや、最初は呼吸をしていないことにすら気づかない。そして、その間、強烈な、あるいはとてもやわらかい至福感に全身がつつまれる。

やがて、30秒くらい、あるいはもっと長く無呼吸状態が続いた後、あ、呼吸してないな…と気づき、静かに呼吸が戻るという具合。

だから、宗教などでいう「悟り」とか「三昧」の境地というのは、実はセックスのオーガズムと同種のものではないかと思うんだ。(宗教関係の方で気を悪くされる人がいたらごめんね)

これ、ヨガでも同じ状態になると女性インストラクターが複数証言してくれた。彼女たちはセックスのオーガズムも知っているから、両者が「同じもの」だと断言していたよ。

セックスに罪悪感を持つ人がいるけど、その必要はないよ。だって宗教の修行などで到達することと同じ事をセックスは我々にもたらしてくれるのだから。逆に、お坊さん達が長い時間かけなければ得られない境地を女性はセックスで簡単に得られるのだから、これって凄いことだよね。

そうそう、ついでにいえば、逆に呼吸を意識して止めることでオーガズムに達するという人もいる。だから、感じるけどなかなかイケないという悩みを持っている人は一度、感じているときに呼吸を数秒止めてみるというのも、一つの良い方法かもしれないよ。実際、それでイケるようになったという人も〝Y〟は知っている。

もちろん、みなさん、息を止めすぎちゃって文字通り昇天して天国に行かないよう、くれぐれもご注意を!(笑)

nobreath00flsh.jpg
ナース服着衣のままのロータ責めで
絶頂に達して意識を失った〝ゆえ〟。





スポンサーサイト
[PR]

アルファインのお部屋~201号室「隠し砦」

alphainn201_01sh.jpg
奥行きがあり広い印象のお部屋。
そしてSMチェアの宇宙遊泳がある!
なお、お部屋の床は改装されて今は黒に!


(追記:2019年5月、トイレの改装につき、写真を新たに加えました)

SMの世界で知らぬ者はいないと言われるSM専門ホテル「アルファイン」。そのお部屋を紹介するシリーズ。今回は201号室「隠し砦」。

全館に2室だけ存在する和風のお部屋。縄のファンが多いSMだけど、和風は2室だけというのは少々意外な気もするね。もう一室は以前にも紹介した501号室「痴乱将軍」(こちら)。

このお部屋の公式ページによる設備は、

・Suspension (ツリ)
・オープントイレ
・宇宙遊泳
・変形椅子


となっているよ。

お値段はやや安い方のカテゴリー。REST(休憩&サービスタイム)が12,530円、そしてSTAY(宿泊)が23,530円。(その後、2019年10月の価格改定によりRESTが13,240円、STAYが24,860円となりました)

この値段は301号室「サド侯爵」と同じ。そして、部屋の広さもほぼ、そちらと同じなんだ。そう、値段にしてはかなり広いので、スペースではオトク感が高いお部屋だよ。実際、お部屋に足を踏み入れると、奥行きがあり「え?この値段でこんなに広いの?」とまず驚いてしまう。

alphainn201_02sh.jpg
宇宙遊泳を移動させれば床をかなり広く使える。


これだけ広いと、ペアで利用してもいいかもしれないね。そういえば、お風呂にシャワーヘッドが2つあるんだ。これもそうした利用を意識してのことかな。

そして照明はかなり明るい。この明るさは〝Y〟にとってはとても嬉しい。

和風だから、当然、吊りができるように、梁や滑車、そして多くのフックがある。インテリアも畳こそないものの、障子を模したような飾り窓があったり、古い日本家屋風の壁紙だったり、瓦風の庇があったり、そして照明のシェードも和風!床は灰色で無機質。

お風呂は外からの自然光で非常に明るい。そしてやや広く、水回りもいい。でも、プレイルームからは見えない構造になっていて、それは同じ和風の501号室とは違う点だね。でも、見えない方が落ち着いて…という人もいらっしゃると思うので、選択肢があるというのは良いことだよ。

初心者には気になるトイレ。これは一応、プレイルーム内にあり、洋式(2018年末に和式から洋式に改装)で一種のさらしになっている。

alphainn201_06sh.jpg
トイレはシャワータイプに。


alphainn201_03sh.jpg
参考までに、こちらは、以前の和式の頃の写真。


コイン式の電マ、そしてベッドには手足枷と、必要な物はほぼ揃っているよ。壁の小道具も、鞭だけでなくスパンキングラケットもかかっていて十分!(2017年11月)

拘束のための十字架も壁にある。和風の部屋に十字架?と思われるかもしれないけど、上の写真でご覧のように、違和感はないんだ。

そして、拘束と言えば、この部屋の最大の魅力、なんと「宇宙遊泳」がある。SMチェアの一種で、ファンも多いよね!さすがに和風の部屋にこの装置は、若干、見た目は違和感あるけど、それを越えて、この道具が使える!という魅力が勝るよね!

だって、この価格のクラスの部屋で宇宙遊泳って、他にないもの!

さらに、変形椅子と名付けられている局部の晒し道具も、お好きな人は多いかも。これは401号室「奴隷市場」にあるのと同じだね。この道具のことは、かつて、こちらの記事にも書いたよ。

alphainn201_05flsh.jpg
ベッドの上にある梁にもフックが。
こうしてベッドで〝ゆえ〟の両手を拘束するのも楽しい。


全体的に見て、コストパフォーマンスが非常に良いお部屋だと言える。初心者向けでもあり、上級者でも使える、広い層を対象に出来る部屋という印象だね。

アルファインで和風の部屋を使いたいという場合、暗い淫靡なムードでのプレイが良ければ501号室「痴乱将軍」。明るい照明の下に奴隷を晒してプレイをしたいという場合は、こちらの201号室「隠し砦」を選ぶという感じかな。

〝Y〟はこの部屋、かなりのお気に入りだよ。



この本にもアルファインが紹介されているよ!


〝ゆえ〟と、あるAVを再現する

onsen01_02fl.jpg
ついにあのAVを同じ場所で再現…。


AVがすっかりと手軽になった時代。かつてのVHSやDVDのような物を媒介とした時代を経て、今はデータそのものを売り買いする時代。そのために価格が安くなっているということもあるけれど、機材の小型化などにより制作費も押さえられていることもあるのだろうね。

昔のような豪華なロケがあるわけではないし、ちょっとした場所で、手軽に撮影していることも多い。

するとね、こういう思わぬ不遜な考えが浮かぶんだ。

「俺でもできちゃうじゃん」

そう。自分の奴隷〝ゆえ〟を連れて、撮影すればAVに匹敵してしまうかも…。

そうなんだ。

今回は、以前、このブログでもとりあげた、「人妻生地獄悶絶旅行・坂下えみり」

このAVでは黄色のハーネスつきのボールギャグが非常に印象的に使われているんだ。そしてその猿ぐつわをさせられた奴隷と一緒に温泉に入り、体を洗ってもらったり。

そう。このAVのシーンを自分の奴隷で再現したい!

作品そのものは割合長尺で、ある人気の観光スポットをいろいろと訪れるのだけど、1点に絞ったよ。

つまり、一番〝Y〟が気に入っているシーン。ある個室温泉でのシーンの再現。

ロケ地はある温泉場。とはいえ、めちゃくちゃ高い高級な場所というわけではないんだ。その、我々一般人でも手が届く場所というのがミソ。

そこで、二人の予定を合わせ、さっそく予約を取り、そして、切符も予約。行き帰りもそのビデオにあわせて同じ列車に。

5月のとある日曜日に出発。

やがて、温泉のある町に到着し、そして、チェックイン。

普段はラブホテルしか利用しない二人だから、こうした温泉でのチェックインというのは新鮮だね。〝ゆえ〟もいつになくニコニコと嬉しそう。

そして、個室に向かったよ。

やたらと入り口からのアプローチが広く長いお部屋。眺めは良いし、そして、それなりに広いお部屋。そして、併設されたお風呂を見ると…。

おお、豪華!これだけのスペースが自分たち二人だけのもの。こんこんと出てくるお湯の豊かな湯船もすばらしい。半露天となったお風呂からは外の眺めがすばらしいんだ。そして、何より、あのAVの舞台なのだから。

とりあえずお部屋で奴隷にご挨拶をさせると、着ている物を脱がせ裸に、そして、まず肝心の猿ぐつわを装着。そして、湯船に向かう。

まずはゆっくりと湯船につかる。

ああ、極楽!

そして、眺めを楽しみ、〝ゆえ〟の湯船につかった裸を楽しむ。やがて、口元から流れ落ちるヨダレ。ああ、まさに奴隷を連れて温泉に入っているんだなぁ…と実感。

やがて、お風呂から体を出して、湯船の横に腰掛ける〝Y〟。そう、ちょうど足湯のようになるよね。そのまま〝ゆえ〟のボールギャグをいったん外して、そして、湯船にはいったままの〝ゆえ〟のフェラご奉仕を受ける。なんて贅沢!これもあのAVの中にあったシーンだよね。

ずっと堪能していたいけど、さすがに、〝ゆえ〟、湯だってきちゃった。

そこで、お風呂からあがらせ、再びボールギャグをかませ、今度はシャワーに。

そう、これもあのAVにあったシーン。〝ゆえ〟には自分で体にソープをぬらせる。そして、それで、〝Y〟の体を洗うんだ。彼女の体を〝Y〟の体に密着して石鹸の泡をたてていく。

onsen01_01fl.jpg
あの泡踊りシーンも再現!



一生懸命夢中に体を押しつけてくるけど、手が宙を舞ったまま。

「おい、手が遊んでいるぞ。ご主人様の物を持って刺激するんだ」と声をかける。

それにも素直に従う〝ゆえ〟。〝Y〟の背中に彼女がやわらかい乳房を押しつけて、そして体を動かしていく。手にはご主人のものを持ち、刺激してくれる。

口からは次から次へと涎が流れ落ちる。ご主人様の体にも落ちてくるけど、これがまた楽しい。

そんな風に体を洗ってもらい、再び湯船につかり…。

こうして、大好きなAVの再現を堪能したあとは、お部屋での調教。持ってきたPVCやラバーの手足枷を使い、調教。そして、セックスと…。

さらには、お食事処で美味しいお料理とお酒を味わい…、もちろん〝ゆえ〟のあそこにはリモコンバイブが仕込んであって、食事の間も快楽責め。

夢のようなひとときを味わった〝Y〟。そして〝ゆえ〟も「こんなに楽しかったのは生まれて初めてかもしれません」と喜んでくれた。

みなさんもぜひ、たまには旅気分で、こんな時を味わってみては?

最後にこんなきっかけを作ってくれたAVの制作者に感謝!

え?その温泉?それはね、ナイショ。ぜひ、皆さんも探してみて!

onsen01_03bflsh.jpg
お部屋ではPVCでのプレイも…。








フェラチオポスト調教

fellapost201806_01bflsh.jpg
口をあけて男のモノを待つフェラチオポスト。


〝ゆえ〟との調教、数日前から次はどんな調教をしようかとワクワクしながら考える。この時間がSである〝Y〟にとっては至福の時。そして、その調教をMである〝ゆえ〟が喜んでくれた時は、本当に「やった!」という感じで、幸せがさらに倍になるような実感がある。

先日もそんな感覚を味わえたんだ。

その日、〝ゆえ〟に課した課題は、〝Y〟オリジナルのもの。それがタイトルのフェラチオポスト。

アルファインの一室に入った〝Y〟。〝ゆえ〟に命じる。

「お前は今日は街に立っているポストになれ。ただ、普通のポストじゃない、フェラチオをするポスト、『フェラチオポスト』だ」

「お前は膝立ちになり手を拘束される。そして、目隠しをされた上で、通りがかりの人を待つんだ。通りがかりの人はお前の口を見て、そこにオチンチンを入れるかもしれない。そうしたら、それを一生懸命しゃぶるんだ。言葉は発せないし、誰のオチンチンかもわからない。ただ、ひたすら、通りがかる男のモノを受け入れろ。ただ、待っている間、お前の口は役に立たないから、ボールギャグで塞がれるぞ」

「それにお前は口以外は動かしてはいけない。ポストだからな。途中で犬がやってきて、お前の足下にお*っこをするかもしれないが、動かないで、そのままにしろ。単なるポストだからな」

〝ゆえ〟、なんだかうれしそうだ。

スリムな体には革拘束の定番、メタリックブラ、そして、ウエスト拘束具、手足枷を装着。さらに首輪には金属のリングが2個ついたものをとりつけ、そこに手枷のフックをつなぐ。首から上はオールフェイスカフという全頭マスク、その口の部分の覆いを取り除いた形で被らせる。。

その姿で膝立ちをしている〝ゆえ〟。口をあけて、なんだか本当にポストみたいに思えてくる。

その姿をしばらく眺めた後、近づき、やおらご主人様はオチンチンを入れる。

ビクッと体を一瞬震わせるものの、すぐに、しゃぶり始めてくれる。ねっとりとした唾液をからめてのフェラは心地よい。5分くらい堪能して、抜き去る。そして、〝ゆえ〟の口にボールギャグをはめ込む。そのまま離れ、また、しばらく眺めている。

時間をおいてやや〝Y〟のものがやわらかくなりかけたところで、再び〝ゆえ〟に近づき、ボールギャグをはずし、つっこむ。再びフェラが始まる。

それを何度か繰り返す。

うーん、何か変化が欲しいなぁ。

そこで、乳首にはクリップ式のローターを取り付け、ONに。さらに、Tバックの中にもローターを入れてみる。

すると…、すぐに何やら体を小刻みに震わせている〝ゆえ〟…。

その数秒後、いきなりガクンガクンと体が崩れそうに揺れる。

「おい、まさか、イッたんじゃないだろうな」

「ご、ご主人様、申し訳ありません。奴隷はイッてしまいました」

もともと妄想力の強い〝ゆえ〟、それまでのフェラチオポストですっかりと頭の中の妄想が膨らみ、興奮してしまったんだろうね。だからローターの刺激を数秒受けただけでオーガズムを迎えてしまったんだ。それにしても驚いたねぇ。

でも、これではフェラチオポスト失格だ。罰を与えなければいけない。口にご主人様のものを再びぶちこんで、その体勢で尻に鞭を激しく打つ。

fellapost201806_02flsh.jpg


「うぐぐぐ~」と声を上げながらも、再び体を痙攣させる〝ゆえ〟。

ああ、苦しむどころか、イキ続けている。これじゃ、「罰」じゃなくて「ご褒美」になっているじゃないか!

と、まぁ、これはこれで楽しい調教だった。

あとで〝ゆえ〟が感想を書いてくれたけど、何度か口にご主人様のモノを突っ込むと、間隔を置いているため、その硬さもまた変化している。そのため、ちょうど、入れられるたびに別の人のモノを入れられたような、本当に自分が街なかに立っているポストになったような気分だったようだよ。

ご主人様のモノの立ち方の変化もまた、楽しんでくれたようだったね。

というわけで、「フェラチオポスト調教」、みなさんもぜひ!

fellapost201806_03flsh.jpg
使わないときにはボールギャグで口を塞いでおく。




フェラチオ用のコンドーム。
STD防止のためにもぜひ活用しようね!


 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.