FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (52)
ボンデージの道具たち (53)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

奴隷が快楽に崩れ落ちた姿を愛でる

denmaikase201805_01shfl.jpg
アルファインのナース服は本格仕様。


SM調教での「責め」というのは、本当に様々なものがあるよね。このブログでも色々と紹介してきている。でも、〝Y〟にとって最も外せないのは「快楽責め」。もともと女性のイク姿を見ることが大好きな〝Y〟。責めでも、この「ご馳走」を味わいたいと思ってしまう。

中でも、連続イキ。これを奴隷にさせて、奴隷の叫び続ける、そして悶え続ける姿を見るのが最高の「ご馳走」。

ご主人様のモノを挿入して、長時間連続イキを楽しむのも大好きだけれど、これはそれなりの時間も必要で、なかなか贅沢なこと。

おそらく一番手軽に同じことを味わおうとすれば、電マだよね。

女性を強制的にいかせてしまう、悪魔のような道具。これを活用すれば、手軽にそんな連続イキが楽しめる。もちろん、女性のオーガズムの「開発度合い」に依存するけどね。

その日、SMホテル「アルファイン」で選んだのは医療系のお部屋。405号室「定期検診」。このお部屋には本格的なナース服も置いてある。三光白衣製の立派なものなんだ。

メタリックブラや胴枷など、黒の革具を身につけさせて、その上にナース服を。そのまましばらく全身を愛撫し、その後、ナース服のボタンを一部はずして、胸の部分と股の部分を晒す。

denmaikase201805_02shfl.jpg


胸には乳首ローターを装着。結構キツイ痛みもあるのだけど、痺れるような快感も同時に発生するんだ。

革の目隠しをし、口には開口型の顔面拘束具「サディオカフ」。

そして、まずは前技として軽くローターから。愛用の「マイクロブレット」。小さなマイクロ型のローターは小さいがために、かえってピンポイントで強力な刺激を与える。普通のローターとは比較にならない強い刺激。

拘束された手足を突っ張らせて、あっという間にクリイキしてしまう〝ゆえ〟。激しく肩で息をしている。

そこに、いよいよ電マ「フェアリーミニ」登場。

最初は軽く当てたり、離したり。〝ゆえ〟の喘ぎが次第に大きくなる。

denmaikase201805_03shfl.jpg


1分後、あっけなくイッてしまう。しばらく、その余韻を味わっている姿を楽しむ。

再びフェアリーをあそこに当てる。今度は当てている時間をやや長めにしたり、当てる場所を変えたり、強さを変えたり…と、バリエーションを豊かにして、刺激を続けていくんだ。電マを上手に使うにはこの「変化」が重要。特に長時間使う場合は電マ自体が熱を持ち、けっこうな熱さになるので、一つの場所に長時間当てないように注意が必要。

すぐに呼吸が大きく、荒くなり…、やがて止まる。ああ、またイッた。

今度は刺激をやめないで続けていく。さらにローターが刺激している乳首も、指でつまんだり。

サディオカフからは涎が垂れてきて、フェアリーを濡らす。

声のオクターブが上がり、再び呼吸が止まる。さきほどのイキから2分後、またイッてしまう。

さらに刺激を続ける。大声で何やら叫びながら電マから逃れようと身体をよじる。

しかしご主人様は許さない。しっかりと電マを当て続けると…、

ついに〝ゆえ〟、絶叫して崩れ落ちる。幸い、十字架の手枷の鎖がやや長いこともあって、崩れ落ちた〝ゆえ〟、床に膝をつき、両手は吊らされた格好。

denmaikase201805_04shfl.jpg
崩れ落ちた〝ゆえ〟。


そして身体をピクピクさせている。おそらく、頭の中は真っ白で意識もないに違いない。

そこで、鞭を激しく当てて、意識を戻させる。

〝ゆえ〟、やっと言葉を発する。サディオカフを装着されたままなので「あーあー」とし聞こえないけれど、よぉく、聞いてみると、「有難うございます。ご主人様…」と言っている…はず(笑)。

それにしても、こうして、手足を拘束された美しき〝ゆえ〟が果てている姿を堪能できる。ああ、何て幸せなんだろう!

やっぱり快楽責めはSMの王道だね。




スポンサーサイト
[PR]

アルファイン304号室「楊貴妃」、チャイナドレスで本格的なムードを味わう

alphainn304_07shfl.jpg
チャイナドレス姿で目隠しをされ、
両手を吊られる…。


前回、記事に書いた304号室の「楊貴妃」(こちら)。この「楊貴妃」が空いていないかなぁ…と、実はこのところ、ずっと狙っていたんだ。

というのも、以前「西太后(こちら)」を使ったとき、〝ゆえ〟が一言、「チャイナドレスでお部屋を使うと、きっとステキですね」と言ったんだ。そして、アルファインはコスプレ用に衣類を有料で貸し出してくれるのだけど、ちゃんとその中に「チャイナドレス」がある。

というわけで、この日、フロントでこの「楊貴妃」が空室になっているのを見て心の中でガッツポーズの二人。

さっそくキーを受け取り、そして、コスプレの衣装をお願いする。エレベーター横にかかっているものから好きなのを選んでいいんだ。そこで品定め。チャイナドレスだけで4着ほどあり、選べる。サイズとデザインを見て最も〝ゆえ〟にあうものを〝ゆえ〟自身が選んでくれる。

〝ゆえ〟、少々驚いている。「ご主人様、チャイナドレスもそうですが、他の衣装も、本格的な作りの衣装が揃っています」

さすがアルファイン、この辺りも手を抜かないのだね。

そして部屋に。部屋の設備については前回ご紹介したとおり。

まず、一旦〝ゆえ〟を裸に。そして、「飛びっこ」を装着。その上で、黒革のパンティを履かせ、チャイナドレスを…。

チャイナドレスの魅力って、なんといっても、身体の線が綺麗に出ること。そう、ボディコンシャスなんだ。そして、衿にはカラーがあり、そのあたりは男性的な部分でもあり、性の一種の倒錯を感じさせる。宝塚の男装の麗人のような…。それでいて、足の部分にはスリットがあり、女性の色香を引き立たせる。

そう、チャイナドレスは非常に強い性の衝動を男性にもたらす衣装だと言えるんだ

その事を、身につけた〝ゆえ〟の姿を見て再認識してしまったよ。

さすがスリムな〝ゆえ〟、もの凄く似合う!しかも、〝ゆえ〟は首がやや長いので、それが、ドレスのカラーにとてもマッチするんだ。これはいいね!

〝ゆえ〟はチャイナドレス美人でもあったのか!

さて、そんな〝ゆえ〟、自分自身でも鏡を見て、楽しんでいるけれど、やがて、それを制止してプレイに…。

alphainn304_08shfl.jpg


十字架に磔にし、まずはリモコンバイブで責めていく。スリットから覗く細く形の良い足。そこに鞭の連打。「ああ!ああ!」と悲鳴を上げている。さらに下半身をたくし上げ、再び鞭とスパンキングラケットで痛みを与え続ける。

そこで、口枷を。これがまたチャイナドレスとも良いマッチングを見せてくれるのは意外だった。

alphainn304_09flsh.jpg
両手を吊られ、鞭を浴びる〝ゆえ〟。


さらに、天井のフックに手枷を取り付け、さらに鞭で責める。飛びっこには音声モードがあるので、鞭で〝ゆえ〟を打つたびに彼女の上げる叫び声をリモコンのマイクが拾い、さらに飛びっこは振動を増す。これは凄い責めだよねぇ。

そんなこんなですっかりと疲弊した〝ゆえ〟のいましめを解く。

床に座りこむ〝ゆえ〟。

そこで休ませはしないのが〝Y〟流。そのままご主人様にご奉仕。

着衣のままご主人様に力なくご奉仕する〝ゆえ〟。「力がはいっていないぞ!」と叱責し、再び鞭を打つ。

ご主人様のものを咥えたまま鞭打たれるチャイナドレスの〝ゆえ〟を鏡で見ているとたまらなくS心が満たされる。

いやぁ、これ、もの凄くいい!

alphainn304_10flsh.jpg


正直言うと、中国風の部屋、当初はどう楽しめばいいのだろう…とやや不安に感じていた部分もあったよ。ところが、さすがアルファイン。レンタルのチャイナドレスで、これほど楽しめるとは!

みなさんも、中国風のお部屋を利用する際には、ぜひレンタルでチャイナドレスを!

ちなみにレンタル料金は1080円。それで本格的なドレスが!これはオトク。



この本にもアルファインが紹介されているよ!



アルファインのお部屋 304号室「楊貴妃」

alphainn304_01sh.jpg
部屋の奥から見るとこう。


SM愛好家にとって、ファンタジーランドのようなホテル「アルファイン」。そのお部屋紹介。今回は304号室の「楊貴妃」。

全館に2室ある中国風のうちの1部屋。もう一方の「西太后」はすでにこちらでご紹介したよね。

さて、このお部屋の設備は次の通り(2018年5月に利用した際)。

・Suspension (ツリ)
・十字架
・天吊り手枷

そう。比較的シンプルな構成だよね。

alphainn304_02sh.jpg
部屋の入口からだと…。


それだけにお値段はかなり安い価格帯。休憩(サービスタイムも)であるRESTが10,370円、そして宿泊のSTAYが16,850円となっているよ。(その後、2019年10月の価格改定によりRESTが10,960円、STAYが17,820円となりました)

さて、部屋のインテリア。これは西太后と同じ赤を基調としているのだけど、暗い、渋い赤。照明もさほど明るくないので、落ち着いた雰囲気になっている。窓を埋めた扉には凝った龍の彫刻も。さすがアルファイン、こんなところの内装にも、かなりのこだわりがあるねぇ。

alphainn304_03sh.jpg
この彫刻が印象的。


以前は十字架がなくて、磔台になっていたので、十字架は最近になってリニューアルでつけられたのかな。他の部屋にもある茶の革張り、標準的な十字架になっているよ。

また、特徴的なのは天井からツルされた手枷。これはなかなかユニークだよね。これに奴隷を吊るし、そして、鞭の連打なんてプレイも楽しい。

alphainn304_04sh.jpg
この吊り手枷は他の部屋ではあまり見かけない。


もちろん、本格的な吊りのための滑車も用意されている。つまり、基本的なものから上級者向けまでの道具が揃っているんだ。万能選手だね。

SMチェアは使わない…という人にはぴったり。その代わりベッドは手足枷がついているからそれで代用しようとすれば出来ない事はないしね。

ただ、電マがないので、電マ責めを愉しみたい人は持参する必要があるね。

コンセントは入口付近と、テレビの下に。

あとね、トイレは入口の方に個室タイプのものがある。晒しトイレは苦手…という人にはぴったり。さらに2018年末には改装されてシャワートイレになっている。

alphainn304_05sh.jpg
お風呂とプレイルームのガラス窓。


そして、お風呂とプレイルームの間のガラス窓。これ、結構広いよ。アルファインにはこのタイプの部屋は多いけど、窓はかなり広いので、嬉しい人も多いのじゃないかな。

お風呂もリニューアルをしているので、バスタブは広く、水回りも悪くない。洗面台も綺麗だよ。

鏡は十字架の正面。奴隷は自分の磔した姿を目にすることになる。

壁の小道具類、首輪(リード付き)、手枷、鞭、目隠し、ボールギャグ、洗濯ばさみ、綿ロープという構成になっている。

初心者から上級者までリーズナブルに楽しめる部屋という印象だけど、特に、あるこだわりのある人にはぴったりの部屋…。それは…。

そう。チャイナドレスのコスプレ!

alphainn304_06bflsh.jpg


と、こうなっちゃうでしょう!(笑)

このお部屋での実際の〝ゆえ〟とのプレイについては、次回の記事で詳しくご報告するので、お楽しみに!



この本にもアルファインが紹介されているよ!



ラバーファンに強い味方~kurage(クラゲ)さん

kurage201804_03flsh.jpg
修理してもらったスーツでポーズの二人。


ラバー(ラテックス)のキャットスーツ、〝Y〟と〝ゆえ〟はドイツのFantastic Rubberを愛用している。オーダーで頼み、身体にぴったりと密着する素敵なキャットスーツ。以前、こちらに詳しく書いたよね。

ただ、非常に薄い材質であり、いままで数度、穴が空くなどして修理している。最初の修理はドイツの製造元に。これ、間違いない方法だけど、送料はものすごくかかってしまう。送料だけで1万円近くかかってしまうので、あまりおすすめできない。

で、相手のメーカーの方も気の毒に思ったのか、修理の方法をメールで教えてくれたんだ。さいわい、ラバー用の接着剤は国内ではAlt-fetish.com さんなどで販売しているので、それを使って2度ほどチャレンジしてみたよ。どうにかくっついたけれど、どうも、強度の点では、なかなか修理のコツがつかめない。そうこうしているうちに、自分で修理した場所、はがれてきちゃった。

困った!

と、ネット検索したら、なんと東京にもラバーのキャットスーツを修理してくれるところがあるんだね!

池袋にある「Kurage(クラゲ)」さん。

このショップ、有名だよね。とってもファッショナブルなラバーの輸入をしたり、スーツなどを作ったりするところだ。

でも、修理を結構大々的にうたっていらっしゃるのは今まで気づかなかった!

kurage201804_01b.jpg
KurageさんのHP。


すぐに電話してみると、〝Y〟のスーツような小さな穴であれば、修理はできるという話。1週間程度みておけば大丈夫とのこと。

そこで或る日、スーツを直接お店に持って行ったんだ。

お店は池袋の駅からほど近い。駅から地下道を通って「C1」出口から出れば、もう徒歩2~3分の距離。便利な場所にあるよ。

住宅街の一角、マンションの1F。おしゃれな外装のお店に入ってみると、ちょうど、女性が接客中。ほぉ、こうしてラバーマニアの方が日常的に来ているんだね。

やがて、その先客さんが帰り、自分のスーツを取り出し、説明をしたら…。奥から男性が出てきて一緒に穴を見る。2カ所。

「大丈夫です。修理できますよ」

助かる!

「おいくらですか?」

「一カ所につき500円いただきます」

え?そんなに安いの?と驚いちゃった。これ、とても良心的だよね。

時間は?と尋ねると、これも驚き。

「この程度の穴でしたら、30分みていただければ。すぐに取りかかれますよ」

本当????これはうれしいじゃない!

というわけで、いったんお店を出て近所の喫茶店で読書して、30分後お店に戻ったら…。

kurage201804_02bflsh.jpg

こんな風に綺麗に修理してくださった!


修理された二カ所、おお、美しい!

さらに「もう1カ所、少し危なそうなところがあったのでそこも手当しておきました。そちらの料金はいりません。」

なんとなんと、もう、あまりにも素敵な対応に驚いてしまったよ。

たまたまこの日はお店の方で忙しい仕事が立て込んでいなかったのかもしれない。そうだとしたらラッキーだったこともあるのだろうけど、これは、ラバーファンにとっては心強い味方だね!

ラバーのキャットスーツ、オーダーで作るとそれなりに値段はする。でも、革と違い、やがては劣化するもの。でも、こうして、身近に修理してくださるショップがあれば、少しでも長く使う事ができる。本当にありがたいね!

もちろん、大きく裂けたりしたら、大変だけど、〝Y〟のように小さな穴などで悩む方は、ぜひ「Kurage」さんを利用してみては?

「Kurage」さんで、今度は他の商品も購入してみたいね。


<参考>
KurageさんのメインHP
http://kurage.tokyo/
Kurageさんのオンラインショップページ
http://kurage-webshop.com/






アルファインのお部屋 301号室「サド侯爵」~2

alphainn301_01sh.jpg
入口から見るとこう。


東麻布にあるSMの聖地、アルファインのお部屋紹介、今回は301号室「サド侯爵」。以前にもこのお部屋について書いたけれど今回はその改訂版。

アルファインの各部屋にはそれぞれ独特の名前が付いているよね。それぞれの名前が何を意味するのか、どうして、その部屋についているのかを考えるのもまた楽しいもの。

そんな中で「サド侯爵」はズバリ!元祖SM!という名前。そう、お部屋の種類も「スタンダード」というまさにSMのメインストリーム的な部屋に分類されているよ。

REST(休憩&サービスタイム)が12,530円、そしてSTAY(宿泊)が23,530円。これは価格帯でいえば、やや安い方のカテゴリー。(その後、2019年10月の価格改定によりRESTが13,240円、STAYが24,860円となりました)

alphainn301_00sh.jpg
奥からだとこういう風になる。


さて、お部屋の設備は2018年4月に利用した際は、以下の通りだった。

・磔台
・十字架
・後背位専用便女


このほかに電マが常備され、ベッドには手足枷がついている。

責め具の数だけ言えば意外とシンプル。でもね、上記の中に…、そう、気づいた?

「後背位専用便女」。以前は確かこの部屋に置いてあるのはSMチェアだったけど、その代わりに置かれたこの装置。AVメーカーのソフト・オン・デマンドがホテル向けに製作しているSM責め装置の1つ。同社の「射精公衆便女 SUPER STAR 大沢美加」というAVにも登場するね。

一部に熱狂的なファンを持つ装置。

alphainn301_04sh.jpg
これがその装置。


奴隷を上半身前にかがませた格好で固定して下半身があらわになるというもの。顔はフェラチオに良い位置にくるし、下半身もいくらでも責め放題というとてもとても便利な木製の大型道具。これが置いてあるんだ!これだけでもこの部屋に行きたい!と思う人も多いはず。

alphainn301_06sh.jpg
フェイスクラッチマスクを装着した〝ゆえ〟を
この装置で責める。
ジップオープンタンガーから突きだしたご主人様の
モノを不自由な口でご奉仕する。


それとね、磔台というのは他の十字架やX字架とは少々趣が異なるんだ。つまり、奴隷が固定された場合、背中を預けるものがない。したがって、磔にしたまま背中に鞭を打つことが可能。そう、これは鞭打ちの楽しみが広がるよね!キツイ鞭の打ち方もできるし、そういう意味でもこの部屋はシンプルながら初心者から上級まで使える、まさに「スタンダード」という看板に偽りなし。もっとも吊りの設備がないのだけは残念だけど。

alphainn301_03sh.jpg
磔台は十字架やX字架とは違った魅力が。


この磔台、奴隷の方は辛い。手が空中に吊らされたまま。途中で腕を預ける場所がないからね。手が痺れてきたようだったら、手枷の位置を変えるとか(中央にもフックがあるよ)、そうした配慮はしてあげようね。

alphainn301_05sh.jpg
〝ゆえ〟も途中で音を上げそうになる。


部屋全体の照明はやや暗め。その分、ムードが出るのだけど、奴隷の写真を綺麗に撮りたいと言う人はライティングに工夫が必要かも。

コンセントが多いのもこの部屋の特徴。これはAC電源のオモチャを使うときにもありがたいよね。

そして、もう一つ。アルファインのお部屋は鏡の使い方が凄く上手なんだけど、この部屋も例外ではないよ。ちょうど磔台や後背位専用便女の向かい側とベッドの向かい側に大きな鏡がある。だから、プレイをしながら、鏡に映る奴隷を眺めるのも楽しいし、奴隷もまた、責められている自分の姿を目にすることになり、羞恥にうつむくことになるというわけ。特に後背位専用便女の場合は、奴隷の後ろに座って、下半身を後ろから責めていても、向かいの鏡越しに奴隷の表情を見ることができるんだ。これは楽しい!

プレイルームからバスルームも見えるから、奴隷のシャワー姿を見るのもおつなもの。あるいは、逆にプレイルームに奴隷を磔にしたままオモチャをとりつけよがり狂わせ、自分はゆっくりとシャワーを浴びながらそれを眺めているという楽しみも!

色々な楽しみ方がリーズナブルにできる良いお部屋だよ。

alphainn301_02sh.jpg
別の角度からの部屋全景。



<参考>
・アルファインの公式HP
http://www.hotelalphain.com/
・アルファインのfacebook
https://www.facebook.com/hotelalphain/




この本にもアルファインが紹介されているよ!

お風呂でのラバーの楽しみ

rubberinbath201804_01flsh.jpg
再び女スパイ〝ゆえ〟参上!
ご主人様のモノを咥える時以外は
シュノーケルを咥えさせている。


〝ゆえ〟とのラバープレー、前回は面白い手袋 Buki GLOVES の話をしたよね。(こちら

この日は〝ゆえ〟の希望もあり、お風呂でラバーを楽しむというプレイだったんだ。

ラバーの全身キャットスーツ。それを二人が着て、ホテルの大きな浴室の中で遊び、そして湯船の中で抱き合ったり交合したらどうなるのかという興味と好奇心から。そう、お風呂でのプレイは初めての体験。

まずはホテル選び。なんといっても浴室が広いことが条件。すると、奇しくも、〝ゆえ〟と〝Y〟が初めて出会ってプレイしたホテルが思い出されたんだ。そのホテル、の一番値段の高いお部屋、浴室がものすごく広くてまるで一つの部屋みたい。もちろん湯船も大きい。

そこに行こう!とすぐに二人とも考えた。

2年前、二人は初めて出会ってプレイをした時に、午前中、そのホテルではそのお部屋だけが空いていた。値段のせいかもしれないね。もしかしたら今回も…ということで訪れてみたら、ねらい通り!しっかりとその部屋が空いてたんだ。うれしいね!

そして、いつものように床にビニールシートを敷き(潤滑剤が床について他の方の迷惑にならないように)、二人で協力しあいながら Fantastic Rubber のキャットスーツを着る。一人ではなかなか着脱が大変なネックエントリーもお互いに手伝えば楽になるよ。

そして、二人ともお風呂へ…。

rubberinbath201804_02bfl.jpg
シュノーケルを咥えたままでのバック責めも楽しい。


前回書いたように、手袋でのプレイも楽しかったけれど、その後、〝ゆえ〟に持ってこさせた「みちのくディルド」を壁や床に取りつけ、〝ゆえ〟が自分のお*んこを挿入。そして、口には〝Y〟のモノをくわえ込む。これが…絵になるんだなぁ…。実に楽しい!3Pを疑似体験できるのだから。

そして、いよいよ、広い浴槽にややぬるめのお湯を張って、二人で入る。そして、抱き合ってキスしたり、あるいは、アソコを指で刺激してみたり…。

エピキュリアンが販売しているラバー製の手足枷も水中で〝ゆえ〟を拘束するのに実に役に立ったよ。

面白いのは浮力!

そう、ラバーキャットスーツ、体にぴったりのはずだけど、やっぱり皮膚とスーツのあいだにわずかに空気が入っているせいだろうね。体がやや浮き気味に。そのわずかな浮力感があるせいで、いつもの挿入や指刺激の快感が倍増していくんだ。これはものすごい発見。

しかも、潜水マスクとシュノーケルもつけているから、水の中に完全に顔を沈めても平気だし、あるいは〝ゆえ〟のクリトリスを責める場合も、水の中でも、マスク越しによく見える。これはいいね!

そして、もう一つ、すごく驚いた事があるんだ。〝ゆえ〟の言葉を…。

やはり、特筆すべきは、ぬるま湯のなかでラバー越しに優しく触るのが、何とも言えない快感を皮膚にもたらしました。

そう。ラバー、水の中ではまったく違う触感が得られるんだ。シリコンオイルのせいなのか、ものすごくなめらかな触感。まるでプリンをさわっているような…。

特に、内腿や背中は、ふだんは触られてもそれほどなのですが、数倍の快楽を得られました。乳首や胸はもちろん気持ち良いですよ。

驚いた。ラバー越しに皮膚を触ったり触られたりするだけでこれほどの大きな快感を得ることができるなんて。本当に驚いたよ。これ、ぜひ、大勢の方に知って欲しいと思った。いままでのラバープレイの概念を覆しちゃう。

rubberinbath201804_03bflsh.jpg
お湯の中で悶え、意識を失いそうになる〝ゆえ〟。


出会って2年、〝ゆえ〟のMとしての成長ぶりも楽しめたし、実に記念になるプレイだったよ。

というわけで色々な新発見と快楽をもたらしてくれたバスルームでのラバープレイ。

ラバー、これからも頻繁に楽しみたいものだね。





 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.