FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (27)
ボンデージの道具たち (29)
アルファイン(SMホテル) (28)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (17)
風俗 (4)

特殊な手袋、Buki Glovesに〝ゆえ〟が悶絶する

bukigloves201804_01flsh.jpg
これがその手袋。


さて、前回書いたL-baseさんで購入した手袋「Buki GLOVES」という名前(複数形だけど1本の販売)。

5本の指がそれぞれ凹凸加工されていて、みなパターンが違うんだ。これをはめて、例えば女性のGスポットを責める。指を入れ替えるたびに、異なる刺激を女性に与えることが出来る…という実にすぐれもの!

これも前回書いたように、人気のブロガーであるF&Cさんの記事を読んだ〝ゆえ〟から話を聞いて購入したもの。

それはこちらの記事。

さぁ、購入後、使うのが待ちきれない〝Y〟。

ちょうど、次のプレイがラバーということになっていたので、さっそくホテルに持ち込んだんだ。

そして二人でラバーを着込み、この日はホテルの広いお風呂でプレー。

最初はディルドを使ってのプレイを楽しんで、そして、いよいよ〝ゆえ〟をお風呂の椅子に座らせる。

後ろ手枷で手を使えないようにして、股の部分を開かせる。

〝Y〟はそのBuki GLOVESを右手に嵌める。

すでに、〝ゆえ〟のあそこは愛液でびしょびしょ。だから、ローションも必要ない、右指から入れてみると…。

ふふふ、良い声で鳴いてくれるゆえ。そして、5本の指を順番に入れてみると…。

なぁるほど!あきらかに反応が異なるんだ。僅かな違いと思ったのに!

あとで〝ゆえ〟がメールで感想を書いてくれた。

「人差し指は、全体的にざらざらした突起ですから、Gスポットを擦られる感じが気持ち良かったです。」

Gスポットは初心者の方でも結構感じる人は多い。そんな方にはまず動きやすい人差し指からの刺激はオーセンティックだよね。

「中指は、一番長いからポルチオに当たって気持ち良いのです。」

そう、ポルチオ刺激向きだね。これからポルチオを開発しようという人にも向くと思うよ。

「薬指は、ご主人様が動かしにくそうなのと、緩やかな凹凸が一番ソフトな刺激でした。」

確かに!動かしにくいから、自然と動きはぎこちなく、そして、ゆっくりした動きになってくるよね。それに凹凸自体も緩やかだから、ソフト。

「小指は、先が尖っていますから、それがチクチク当たるのが痛気持ち良いのです。」

これ、入れた瞬間に〝ゆえ〟「あっ!」と声を上げた。確かにわずかないたみとそれが気持ちよさにつながる。これはM性のある女性ならでは。

「でも、人差し指→薬指→人差し指みたいに緩急をつけるにはとても良いですね。」

女性は同じ刺激を受け続けると、次第に快楽が醒めてくるという人も多い。こうして、始終、刺激を変えて変化をつける事で、やがて大きな快楽の波を引き起こすことができるよ。

「親指は、クリトリスを押し潰したり撫でたりするのに良いのですね。」

親指、こんな使い方となるよね。もう1本の指を挿入しながら、ベースとして親指を動かすと言うのは効率的。

そう。さらに空いている左手で、この日はミニローターを使い、クリトリスの刺激。

bukigloves201804_02flsh.jpg


実に大きな快感の波が〝ゆえ〟を襲う。ボールギャグをくわえさせられた口からは後から後から涎が。しかもその涎、ラバースーツの上に垂れるから、いつまでも、そのまま残っている。実にいやらしい姿。

というわけで、このグローブ、実に愉しい!

ラバーファンでなくても、1本持っておけば、責めのバリエーションとして、楽しめること請け合い!

販売は「LIAIZON RUBBER-JAPAN(リアイゾン・ラバー・ジャパン)」さん。こちらが展開される名古屋と東京のショップ「L-base」でも直接購入は可能だし、LIAIZONさんは郵送もしてくださるので、お店が遠いという方も手に入れることができるよ。

興味のある方はぜひ!




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ラバーファンならワクワクするお店 L-base

lbasetokyo201804_03sha.jpg
沢山のラバー衣装が陳列されているよ。


実は面白いお店を知ったんだ。きっかけは〝ゆえ〟。人気ブログ「妻全頭マスク The Whole Body Rubber Play」を見ていた彼女、面白いグッズを管理人のF&Cさんが使っていらっしゃるのを読んで知ったのが…、

こちらがその記事。
http://pvcmaskkousoku.blog43.fc2.com/blog-entry-865.html

ラバーのショートグローブなんだけど、5本の指の表面にそれぞれ凹凸の加工がしてあって、それをはめて相手をタッチしたり、あそこに入れたりすると、それぞれの指で異なる刺激を与えることが出来るようになっている。

これが気になって仕方ない〝ゆえ〟。

というのも、先日のアルファインでのプレイ、クリトリスをローターで刺激しながら、ラバーグローブの中指を〝ゆえ〟の膣にご主人様が挿入。そしてやわらかいタッチでGスポットを、そして、さらにポルチオを刺激したら…。「もう少しで潮を吹くんじゃないかというくらいに感じたんです…」と言っていたんだ。

ふつうのラバーグローブでそうなんだから、これは手に入れたい!と〝Y〟も思ったよ。

で、F&Cさんの書いていた記事によると名古屋にある「LIAIZON RUBBER-JAPAN」さんが販売しているみたい。

そこでグーグル検索して調べてみたら、なんと東京にもその販売店舗があるのを発見。そこでお店にメール連絡してみたら「在庫あり」とのこと。郵送もできるということだったけど、ホームページとツイッターを読んでみたらお店にも惹かれちゃった!

というのもね、秘密基地をイメージした店舗で、都内某所、しかも、週に2日(土日)しか開いていない!そしてお店では実際にラバーをお客さんが着用したりできるというんだよ。

こういうの、いいなぁ…。行きたくなるじゃない。

そこで先日おじゃましたわけ。

lbasetokyo201804_01sha.jpg
これがそのビル。


場所は秋葉原にもほど近い、地下鉄銀座線末広町、もしくは千代田線の湯島からだと歩いて2~3分の便利な場所にあるよ。

外観は本当にふつうの事務所の入ったビル。看板もない。ただ、1Fにはハンバーガーショップとビストロが入っているのが目印だね。

そのビルの中ほどにある狭い階段を2Fにあがっていくと…。最近リフォームしたばかりと思われるきれいな木製のドアが。

そして、そのドアのガラス越しに飛び込んできたのは、キャットスーツを着込んで全頭マスクを被った男性!おお、凄い。ホームページに書いてあったことは本当だ!

お店に入ると女性と男性の店員さんが笑顔で迎え入れてくれる。

さきほどの先客であるキャットスーツの男性、採寸をしてもらっているようだった。また、〝Y〟がいる間にも他のお客さんがやってくる。ほぉ、人気なんだね!

そして、小さな店内には所狭しとラバーの衣装が吊されている。うわぁ、凄い量だねぇ。壁にはガスマスクも。あっ、こっちの一角は全頭マスクばかり並んでいるぞ…。

これは、もうラバーマニアの心を鷲掴みにするねぇ。

しばし、興奮して言葉を失った〝Y〟。

でも、目的を思い出し、お店の方に「あの、実は手袋を…」。

というわけで、無事に手に入れることができた。

lbasetokyo201804_02sha.jpg
数多く展示されているガスマスクも嬉しい!


さらに、このとき、ふつうのMサイズのショートグローブも欲しかったので尋ねてみると、そちらはちょうど品切れ。ただ、在庫のあるSサイズでも入るかも…ということで、実際に試してみる。これが嬉しいよね!通販だと試してみたりはできないから、買ってから「しまった!」なんてことも。

実際、Sサイズのグローブを試してみたら無理だった。というわけでMサイズの入荷は次週以降ということで、再び訪れようと思った〝Y〟。

さて、お店の方に写真を取る許可を得たときに、記事にすることも了解してもらった。

昨年11月にオープンしたばかり。ラバーファンには心強いお店。ぜひ、みなさんも訪ねてみては?

お店を運営される「LIAIZON RUBBER-JAPAN(リアイゾン・ラバー・ジャパン)」さんののホームページはこちら。
http://liaizon.info/

そしてL-base 東京店のツイッターはこちら。
https://twitter.com/tokyolbaseakiba

ん?そのラバーグローブの効果?

それはもう!近日中に結果をご報告するね!




敵に捕らえられたラバースーツの女スパイ〝ゆえ〟

spyinrubber201804_01flsh.jpg
敵の手に落ちた女スパイ〝ゆえ〟。



全身ラバーのキャットスーツを着て、そして、顔の部分が空いたフードをかぶった〝ゆえ〟。この姿がたまらなく好きな〝Y〟。

でも、最初は〝ゆえ〟、その自分の姿に戸惑いを覚えていたようだった。

「ご主人様、まるでモジモジくんみたいですぅ。ご主人様はモジモジくんがお好きなのですか?」

おいおい、そんな想像をオレはしているのじゃないぞ。

この姿、別名、「海女さんスタイル」とも言うけれど、実は、〝Y〟のアタマの中での妄想では、美しき女スパイなんだよ。

絶海の孤島、ある組織の秘密基地。そこに海から侵入してきた女スパイ。

spyinrubber201804_02flsh.jpg
様々な手法で性の奴隷として敵に再教育される女スパイ。
快楽に猿轡から涎を流し、よがり狂う。


それが見つかり、とらえられ、そして尋問、拷問を受けるという、そういうストーリーを想像し、それを再現しているわけなんだ。

だから頭の額の部分には、潜水マスクをかけておくように指示しているし、それにはシュノーケルまでついているというわけ。本当はスキューバの機材にしたいけど、数十キロの装備は水中はともかくも地上ではキツイからね。

spyinrubber201804_03flsh.jpg
呼吸を制御されながら次から次へと与えられる快楽に
今までの記憶もすべて薄れ、ついには完全に洗脳されてしまう。


そして、これは〝Y〟が子供の頃、テレビや映画で見て興奮したシーンを組み合わせて作った物語。性に目覚める以前から、なぜか、自分で作ったこのストーリーに異様に興奮して、いつかは実現してみたいと思っていたんだ。

と、こう説明して、初めて「あ、なるほど!そういうわけなんですね!」と大いに納得してくれた〝ゆえ〟。

「そっか、私は超優秀なスパイなのに、なぜか、捕らわれてしまったのですね」

「うーん、超優秀かどうかはわからないけど、捕らわれると言うことは結果的にドジを踏んだのは確かだね。もしかしたら、はじめからドジな女スパイだったのかもしれないけど…。」

と言ったらむくれていた〝ゆえ〟。(笑)

spyinrubber201804_04flsh.jpg
性奴隷となった女スパイ〝ゆえ〟。
敵のリーダーのものを自ら喜んで咥えてしまう。


でもね、本当に、この姿はたまらなく好きなんだ。そして、そのウェットスーツにも見える、黒光するキャットスーツ、体にピタッと密着している姿は実に魅力的。

しかも〝Y〟はこの姿には細身の体が似合うと思っているので、本当にスレンダーな〝ゆえ〟が奴隷で良かったよ。

捕らえられた美しき女スパイはSMチェアでの尋問をうけ、やがて、快楽責めという拷問を受ける。

そして遂に快楽に負け、落ちたスパイは、すべてを話してしまう。

通常は用が済んだスパイは即座に始末されるものだけど、〝ゆえ〟はその美貌ゆえ、殺されることなく、かわりにまず洗脳され、さらに性のオモチャとしての教育を受ける。そして、組織リーダーの慰み者、性奴隷として生きていくことになる。

そんなシナリオがアルファインで次から次へと実際に〝Y〟と〝ゆえ〟との間で展開されていくんだ。

ああ、至福のひととき。

また一つ、子供の頃からの夢がかなった幸せをかみしめていた〝Y〟だよ。

spyinrubber201804_05flsh.jpg
セックス奴隷〝ゆえ〟は、自ら腰を振って快楽に溺れる。






十字架とX字架はこうも違うから気をつけて!

tenandx_01flshb.jpg
アルファインの十字架に晒される〝ゆえ〟。


SMホテルでは定番の大道具、それが奴隷を磔にして身動きできなくするもの。壁に取り付けられた枷。そう、よく見かけるよね。

で、この磔タイプの枷、実は大きく分けて2種類あるのを知っていた?

アルファインを例にとると、一つが「十字架」。

そう、上の写真の通りだよね。

キリストの磔にも使われた形だから、おそらく知名度では抜群。磔といえば十字架と思う人も多いと思うんだ。漢字の「十」の形に似ているからこう呼ばれるのだろうね。

ところが、アルファインにはこちらも多く存在する。

tenandx_02flsh.jpg
こちらがアルファインのX字架での〝ゆえ〟。


そう、木組みの形がアルファベットの「X」の文字と似ているので、「X字架」と呼ばれることもある。

アルファインにはこの両方が一緒に存在する部屋もあるよ。たとえば、102号室「スワップ地獄」では、仲良く左右に並んでいる。

ところで、これ、拘束をするSの側から見れば、さほど違いはないように見える。どちらも四肢を拘束するだけだから。

ところが磔されるMの側からはかなり大きな違いがあるんだ。

X字架の方が間違いなく、拘束感が強い。

足をまず広げたまま拘束されるというのは、これは結構しんどいんだ。しかも、開き方が狭ければいいけれど、アルファインの場合、結構広く足を広げなければならないものがある。ここでまず奴隷は悲鳴をあげかねない。

さらに両腕、これをバンザイのように上にあげ、かなり高い位置で手首を固定される。これがまた大変。少し時間がたつと、上腕、とくに手先の血流が悪くなり、しびれてきてしまう。

これがね、しびれてきて、さらに時間をおくと、ヤバいんだ。

一度、ラバーのキャットスーツプレイの時に、〝ゆえ〟をX字架にかけて責めていた。その日、〝ゆえ〟の苦痛と快感に溺れる姿を見ていたら、すっかりと魅せられて時間を忘れ…。

そして、〝ゆえ〟の身体の一部には異変が…。

もともとラバースーツの強い締め付けで血行が悪くなっていたこともあり、腕がしびれを通り越して、感覚がなくなってきたようだった。「ご主人様ぁ、なんだか手が、ダメです!」という〝ゆえ〟の訴えに、慌てて拘束を解いたよ。このときは焦ったなぁ。その後しばらくしびれが続き、さらに自宅に戻っても手の感覚がおかしいというので、かなり心配したんだ。幸い、その日のうちに違和感が収まったから良かったようなものの、もし続けていたら…と背筋が寒くなっちゃった。

十字架ですら、腕を心臓よりも高く上げることになるから、奴隷の体には負担。それがX字架の場合はもっと高い位置だから…。相当な肉体的な負担を奴隷に与えることになるよね。だから、X字架を使う際には、くれぐれも奴隷の様子に気をつけて調教しようね。十字架への磔のときと比べても、さらに細心の注意と心構えで臨むことが大切!

みなさんも気をつけて、そして楽しいSMプレイを。〝Y〟からのお願いでした。



〝Y〟の法則~鼻孔の面積とバストのサイズは正比例する

bikou201801_06flshb.jpg
この角度で〝ゆえ〟の鼻孔の形の良さを愛でる〝Y〟。



ある日、〝ゆえ〟と一緒に過去にとったプレイの写真を見ていた。そして、〝Y〟が1枚の写真のところで、スライドを止め、

「俺、この写真、気に入っているんだよ。」

と言うと、〝ゆえ〟、

「御主人様はいつもこの角度の写真を気に入ってくださいますね」

そう、それは〝ゆえ〟がやや顔を反らした角度の写真。〝ゆえ〟、顔かたちの整った女性だけど、特に〝Y〟が気に入っているのがその鼻の形。いや、本人は子供の頃からコンプレックスを持っていると言う。確かに正面から見たときは、鼻の形、美形といえるかどうかは好みが分かれると思う。だけど、実は全体に小ぶりなその鼻、下から見上げた角度では、鼻孔の形が細く小さい。それが、実は〝Y〟の好みにドンピシャ!ハートを射抜かれてしまんだ。今どきの有名人でいえば…あの清楚感を持ちながらコミカルな演技もできて昨年も大人気だった某有名女優さんの鼻孔の形に似ている。

以前からこのブログをごらんのみなさんは〝Y〟のこのこだわりについてご存じだよね。鼻孔の形の美しい女性が大好きだって。

一つはね、男性から見た女性の顔って、実は反らした角度を一番よく見ることになるんだ。だって、ほら、セックスの時の正常位を考えてみてよ。だいたい、女性の顔をやや下から見る角度になるよね。

騎乗位であればなおさら。これは物理的に完全に下から見上げることになる。

でもね、それだけじゃないんだ。

そう、一番の大きなポイントはボールギャグに代表される猿ぐつわとの関係なんだ。

猿ぐつわをされた女性、プレイの最中、あるいはセックスの最中になると、激しい運動のため、呼吸が深くなる。そうなると、口で呼吸できないので、鼻で大きく呼吸することになるよね。ボールギャグは穴があいているけど、それでも、鼻で呼吸をする女性が一般的。そうなると、どうしても、みな鼻孔を広げてしまう格好になる。すると、もともと鼻孔の大きな人はもっと大きくなって、「それが好き!」という人は別だけど、〝Y〟のように鼻孔の細く、小さな女性が好きな人間にはちょっと興ざめになってしまうことになるんだ。

bikou201801_05flsh.jpg
ボールギャグを嵌められても鼻孔がさほど大きくならない。


〝ゆえ〟、もともと小さく細い鼻孔、口をふさがれて鼻呼吸を激しくしても、美しいまま。これは本当に嬉しい!(逆に大きく膨らむのを見るのが好きという方もいらっしゃる事は承知しているよ)

そういう意味で、猿轡大好き人間である〝Y〟、〝ゆえ〟と出会ったのは本当に幸せな事だったと思うよ。

さて、その鼻孔と、体のある部分は大きな関係が…。実は鼻孔が細い、小さいと、体のある部分も小さくなるという法則を〝Y〟は見つけている。

はい、以前、こちらの記事に書いたよね。

でも、すっかりと忘れちゃった人もいると思うので、ここで復習。

それはね、バスト。かなりの確率でいえるのだけど、

「鼻孔の面積とバストのサイズは正比例する」(〝Y〟の法則)

それを知ってか知らずにか、〝Y〟は若い頃より、バストの小さな女性が好きだったんだ。不思議だねぇ。

え?〝ゆえ〟?もちろん、この法則が当てはまるよ。鼻孔、形はきれいで小さい。バスト、決して大きくはない…と、遠慮がちな表現…、〝Y〟は紳士です(笑)。まさに正比例。

だから、みなさんも周りの女性を思い浮かべて。鼻孔の面積の大きい人はバストも大きいでしょ?逆もそうで、バストの大きな女性は鼻孔の面積が大きいことが多い。もし、その原則を大きくはずれる場合は、整形を疑ってもいいかもしれないね。

そうは言っても、もちろん、例外も結構存在するよ。みんながみんな整形ではないので、その点は理解してね。何事も例外は数多く存在するから。

例外の代表例、たとえば、往年の大人気AV女優だった「小林ひとみ」さん。彼女の場合は本当に珍しいケースだね。鼻孔の美しさ、そして、ピンと張りつめたきれいなバスト。でも、「巨乳」とはいえない大きさだから、これはありかもしれないね。

kobayashihfl.jpg
小林ひとみ「AVこそ私のいのち」より


そして、SMの世界で言えば、何といっても「菊池エリ」さん。こちらはかつてのSM界のアイドル、〝Y〟と同じ世代の男性ならお世話になった方も多いでしょう。彼女の豊満なバストを見ると、あ、この女性は鼻孔が大きいだろうな…と想像するのだけど、実際は、そう!小さい。これは本当に珍しい例だと思うんだ。

一方で、法則通りといえば、これは数多くあるよね。

itousfl.jpg
いとうしいな「巨乳の残り香」より


〝Y〟と同世代の方ならわかると思うけど、たとえば、これも一時期、スゴイ人気だった「いとうしいな」さん。巨乳が売りの彼女、鼻そのものは小さいけれど、鼻孔は大きい。「君島愛」さんもそう。細身だけど胸は大きい。そして鼻孔は長く大きい。

kimijimaafl.jpg
君島愛「背徳のラビリンス」より


一時シネマジックなどで見かけた「常磐エレナ」さん。彼女も豊満な乳房が魅力だけれど、鼻孔は大きかったね。最近では「かなで自由」さんとか「霧島さくら」さんや「河南実里」さん等々…。例をあげればきりがないよね。

逆に鼻孔が細く小さいといえば、たとえば、「西野翔」さん。彼女の場合、やはりバストサイズは小さい。以前、このブログでもふれた「坂下えみり」さんもそう。

でも、鼻孔が大きい方が好きという男性もいるし。人間の嗜好というのは本当に様々。

あれ?

女性だけでなく男性はどうなんだろう?

男性のペニスの大きさを反映している顔の部分ってあるのかな?これは男性経験豊富な女性に尋ねてみたいね。鼻が長いとペニスも長いとか…ね。うーん、天狗か…。(笑)





アルファインが年間パスポートを導入!(必ず最後まで読んでね)


〝ゆえ〟と〝Y〟はどれだけお世話になっているんだろう。
だから、これは本当に嬉しいニュース!


今日は4月1日。年度当初にふさわしい話題を。

SMの聖地とも言える東京・麻布にあるSMホテル、「アルファイン」。その素晴らしい施設と雰囲気がお気に入りの〝Y〟。このブログでも何度も取り上げてきているよね。

そのアルファインが先日、雑誌の記事に。(月刊・SMタイムズ4月1日号p.41)

SM専用ホテル、アルファイン(東京都港区)は、創業39周年を記念し、4月1日より1年間有効の年間パスポートを発行すると発表した。これはTDLなどと同じ方式で、年間99,800円のパスポートを購入すれば、発行日以降1年間、何度でもサービスタイムでの利用ができるというもの。65歳以上の利用者向けには、シニアパスポートも発行し、こちらは65,000円で購入できる。4月内の購入であれば、ホテルで販売している「有末剛オリジナル手ぬぐい」が1本プレゼントされる。
 また、ホテルの記念事業として、昨年、耐震補強工事の際、偶然見つかった敷地内の温泉の本格採掘が行われ、創業40年を迎える2019年に1月には各部屋で天然温泉が利用できることになる。浴槽も「檻」タイプや「SMチェア」タイプなど様々な趣向をこらしたものに改装する。
 ホテルでは東京オリンピックを前に、外国人利用客の大幅な増加も見込んでいる。室内表示の英語化も進めているが、さらにはホテルの海外展開も視野に入れているという。


これは嬉しいよね!

最近〝ゆえ〟と毎月のようにアルファインに通っている〝Y〟。

年間パスポートを買って、例えば大好きな102号室「スワップ地獄」を利用したとしたら、6回くらいで元が取れる!

先日利用した際、〝ゆえ〟が「東京ディズニーランドに年間パスポートがあるのだから、SM界のTDL、アルファインにも欲しいわ…」と話していたばかり。フロントの前で話していたその会話を聞いていてくれたのかなぁ…と思うくらいに嬉しい企画。

というわけで、これからも足繁くアルファインに通いたいなぁ。

ここまで読んで来られた皆さんに一つだけご注意を。

冒頭に書いたように、この内容、「今日」、つまり「4月1日」だからこそ〝Y〟が書いた記事だからね。

ふふふ。ふー、ふー、ふー…る。そう、えいぷりるふーる!

くれぐれもホテルへ問い合わせをしないようにね!!

ちなみにアルファイン、公式ホームページの他にfacebookページもあるんだ。
https://www.facebook.com/hotelalphain/


この本にもアルファインが紹介されているよ!

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.