FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (27)
ボンデージの道具たち (26)
アルファイン(SMホテル) (22)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (16)
風俗 (4)

アルファインのお部屋 501号室「痴乱将軍」

alphainn501_01sh.jpg
入口から見たらこう。ベッドの頭上、
葵のご紋が強烈な印象を与えるよね。


SMの聖地とも呼ばれるSM専用ホテル「アルファイン」のお部屋紹介、今回は501号室「痴乱将軍」。

アルファインに2室だけある和風のお部屋。その一つ。

公式ページによる設備は、

・Suspension (ツリ)
・磔台
・木馬
・変形椅子
・ブローバス


となっている。

alphainn501_02sh.jpg
奥から見るとこう。
バスルームがよく見えるよ。


値段はちょうど中くらいのカテゴリー。REST(休憩&サービスタイム)が14,690円、そしてSTAY(宿泊)が25,690円。

最初にこの部屋の写真を公式ホームページで見たときは結構度肝を抜かれたんだ。ベッドの頭の部分の壁、大きな葵のご紋が木彫りで飾られている。これはねぇ、いくら何でも、〝Y〟のように革具を中心にしたボンデージには合わないでしょう…。

そう、だから、この部屋を利用することはまずないだろうなぁ…って思っていたんだ。

ところが、このブログで〝ゆえ〟とともに全室制覇して、紹介しようという気持ちになったものだから、利用しなきゃ…となったわけ。

で、ある日、ついにお部屋に向かったんだ。

入口は二重扉になっている。

そして、部屋に入ってみると、まず、全体にさほど明るくないということに気づくんだ。そう、やや暗めの照明。こちらが淫靡な雰囲気でいいという人も多いだろうね。そして、赤のなまこ壁を模したような内装がとても印象的。

そして、前述の葵のご紋、でーんと存在感を示しているよ。

部屋の設備をゆっくりと見てみると、意外と充実していることに気づくんだ。まず、和風であれば、当然、縄プレイをされることが前提となっているだろうから、天井には滑車。そして、数多くのフックが付いている。

そして、壁の磔もしっかりとあるし、シンプルな木馬、変形椅子などもあって、長時間、バラエティに富んだプレイができそうだね。

上記公式ホームページの記載にはないのだけれど、実は全館に2室しかない「スリングーブランコ」があるのが嬉しいんだ。和風の部屋なのに!

alphainn501_03sh.jpg
これがそのスリングーブランコ。


そして、バスルームはガラスでプレイルームと仕切られているから、奴隷の入浴を見て楽しむことができる。そう、トイレも、バスルームに仕切り無しで置いてあるので、洋風便座に腰掛ける奴隷を眺めることもできるよ。また、リニューアル後、まだ数年なのか、水回りも良く、全体に綺麗なバスルームだよ。

ところで、このお部屋、隅々まで見ていて、〝ゆえ〟が面白いモノに気づいたんだ。

ベッドの頭の部分の物置のような扉、開いてみると、なんと、文字が墨で書かれた壁紙のようなものが…。これ、もともと改装前の部屋のものだろうか?謎だねぇ。

alphainn501_04sh.jpg
小さな扉を開けると謎の壁紙が…。


さて、実際にプレイで使ってみると…。

これがね、面白いんだけど、革と良くマッチングするんだ。〝ゆえ〟がこう感想を言ったよ。

「入ってみると、ハリウッドテイストな和風で、黒と赤の配色が、革具にも映えました」

そう、確かにハリウッドテイストというのは言えているね。

そして、例の葵のご紋、プレイに集中すると、全く気にならなくなるんだ。そんなものなんだね!

この日はスリングーブランコを長時間楽しんだり、フックに手枷をひっかけて、彼女を両手吊りにして、そこに鞭打ちをして楽しんだり、そんな風におもいっきりプレイを楽しめたよ。

wafu01flsh.jpg
そう、先日の記事に登場した
この写真はこの部屋でのもの。


部屋の奥には2面にわたり大きな鏡があるので、自分たちを鏡で眺めながらプレイをすることができる。鞭打ちの姿は鏡で見ると本当に楽しいんだ。

ベッドには手足枷もあるし、電マも常備。

実に使い勝手の良いお部屋。

洋風なボンデージがお好きなあなたもぜひ利用してみるといいよ。

alphainn501_05flsh.jpg
革ボンデージの〝ゆえ〟、和風の磔にも合う。



この本にもアルファインが紹介されているよ!



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ラバーへの意識が変わった〝ゆえ〟

rubber201803_1flsh.jpg
まずは十字架拘束から。
ウエスト拘束具も良く似合う。


やっと春!

ラバープレイがこれから楽しめるという人もいるよね。つまり、寒い冬はラバーが冷たいし、室温が低い中では…という人も。

でも、〝Y〟にとってはすでに冬はラバー(ラテックス)の最適期。というのも、汗っかきの傾向があるので、夏は絶対に無理。秋から冬が旬。とくに真冬は部屋を暖かくしておけば、汗もさほどかかずに快適!

というわけで、冬が終わる前にまたラバーを楽しまなきゃ…と、先日訪れた場所はまたもやアルファイン。今回は医療の部屋ではなくて、スタンダードなお部屋に。

せっかくなので、やや広めの部屋を選び、着替えをする場所にはいつものようにビニールシートを。潤滑材が床に着くと大変だからね。清掃スタッフさんを困らせないためにもこれは必要。

〝ゆえ〟にとっては初めての部屋である601号室。こちらは、独特の雰囲気だよね。そう、以前記事に書いたとおり(こちら)、トイレが特殊!

rubber201803_4flsh.jpg
黒いラバードールのご奉仕フェラは
視覚的にも刺激的。
鞭を片手に持ち心地よさを味わう〝Y〟。


というわけで、無事に(?)トイレをすませて、ラバーのキャットスーツを着込む。ファンタスティックラバー、慣れたとはいえ、やはり、着込むのに10分以上はかかってしまう。お互いに手伝いながらの作業。

でも、装着してみると、実にぴったりと体になじみ、本当に第二の皮膚に包まれている実感。この触覚が実に楽しいんだ。いつものように、ユーリン・インヘーラー(Urine Inhaler)と面体を使った呼吸責めを楽しんだり、あるいは、ゴム人形のフェラをする姿を鏡に映しだして堪能したり…。本当に楽しいひとときだった。

普通のラブホもいいけれど、アルファインでのラバープレイだといろいろと立派な拘束具があるので、ラバープレイが本当に映えるんだ。写真も実に見栄えがよくなるし。ラバードールをSMチェアに固定すると、これが本当にワクワクした絵になる。十字架拘束でもそう。

rubber201803_3flsh.jpg
ラバーのキャットスーツには潜水マスク
とシュノーケルも良く似合う。


さらに、ベッド上で二人で交合している姿なんて、黒く妖しく輝く二人が抱き合う姿、これはもう悶絶してしまうくらいに美しい。ありがたいことにアルファインには鏡が随所にあるので、そんな自分たちを視覚でも楽しむことができる。

なによりも、一番最初にラバーを試した時にはさほど気に入ってはくれなかった〝ゆえ〟が、オーダーで体にぴったりのスーツをつけるようになってからは、すごく楽しんでくれるようになったこと。これが最高にうれしい。

ラバーの締め付け自体も快感になっているみたいだし、また、「ラバーの上から乳首をもてあそばされるのが、すごく感じました」とも言っていたよ。

もっとも、ラバーを着せられて、それで激しく何度もイキ続ける奴隷にとってはまた別の感想も。

「ラバーの時は、本当に本当にオナカが空きます。運動嫌いの奴隷が、あれだけ汗をかくのですから…。ハードなスポーツです(笑)。」

なぁるほど。そうなると、これはダイエットしたいけど、運動が苦手な人にはぴったりだよね!

着てエッチをするだけで痩せられる!楽しく気持ち良いダイエット!(笑)

rubber201803_2flsh.jpg
SMチェア「宇宙遊泳」上の〝ゆえ〟。
そして呼吸責めのUrine Inhalerが。


ただね、ラバーの締め付けはそれだけでも体には結構キツイんだ。それをさらにSMプレイで拘束させるとなると…、奴隷があとで、腕や足にシビレを訴えたりしないように、常に細心の観察とケアはしてあげようね。

安全をしっかりと確保できれば、ラバー、本当に最高。

一人でも楽しいけれど、やはりパートナーと楽しむ、それがまた自分の奴隷であれば、こんな楽しいことはないよ。

みなさんも、きっかけがあれば、ぜひ、ラバー(ラテックス)のオーダースーツを作って楽しんでほしいと思うな。



アルファインのお部屋 502号室「拷縛便器」

alphainn502_01sh.jpg
入口から見たらこう。床が広いので、
シートを敷いてのロウソクプレイなどにも便利。


東京は東麻布にあるSM専用ホテル「アルファイン」のお部屋紹介、今回は502号室「拷縛便器」だよ。

このお部屋公式ホームページでは紫色の内装が印象的なお部屋。

公式ページによる設備は、

・Suspension (ツリ)
・チェーン磔台
・オープントイレ
・シャワールーム


となっている。

値段は安いほうのカテゴリー。REST(休憩&サービスタイム)が11,450円、そしてSTAY(宿泊)が20,090円。

alphainn502_02sh.jpg
部屋の奥からみるとこうなるよ。


アルファイン、各階とも同じ位置の部屋は、構造が似通っているんだ。この部屋の場合、302号室の「晒し便座」、402号室の「排泄学園」、602号室「羞恥破壊」と似た構造になっているね。お風呂がなく、シャワールームだけというのも共通(402号室はバスタブあり)。

特に302号室とはチェーンの磔台というところも共通している。この4室、他にも便器の形など、細かく見ていけば、共通する部屋と異なる部屋があるんだ。同じ部屋の構造でも、少しずつ設備が異なっているところがまた、バリエーションが豊かになる要素でもあり、面白いね。

入口は二重扉なので、奴隷の悲鳴も外にもれにくいよ。

alphainn502_03sh.jpg
磔はチェーンスタイル。
手枷と足枷は別途とりつける必要があるよ。


このお部屋、各階の同じ位置にある部屋と決定的に違い、魅力的なのが「鏡」。

これが実に多く取り付けられているので、奴隷の姿をまさに「晒」しているような感覚を楽しめるんだ。しかも、部屋が明るいから綺麗に、よぉく見える。505号室のスモークのはいったような鏡を多用した「萬華鏡」は名前通り鏡がご自慢だけど、そちらよりもいいかも。

そして、その鏡、ぴかぴかに磨かれている。アルファインの清掃スタッフの心意気を感じるよ。いい仕事しているねぇ!

そしてその明るさ、これがアルファインのお部屋の中ではトップクラスの明るさだと思うんだ。奴隷の苦しむ、あるいは、悶える姿を細部までよく見てみたいというときには、このお部屋は良いね。最近〝Y〟は老眼も始まっているからねぇ、暗いとよく見えなくて…(爆)。

alphainn502_05sh.jpg
壁には必要最小限の小道具がかかっている。


部屋そのものもリニューアルからまださほど年数が経っていないみたいで、とても綺麗。水回りも良い。もっとも5Fなので、お湯が出るまでやや時間がかかることがあるけどね。

設備も吊りがあるし、ベッドには手足枷がついている。

ただ、電マはないので、使いたい方は持参の必要があるね。

alphainn502_04sh.jpg
何と言ってもこの磔便器が強烈な存在感。


コンパクトで、非常にコスパの良い部屋であると同時に、満足のいく使い方ができる。オススメのお部屋。あ、ただ、連れて行く奴隷がまだ初心者で、晒し便器になれていない場合は、要注意!

それと、ご主人様もドレイに大きい方の排泄を見られたくなければ、腹具合を完全にして行こうね。(笑)

alphainn502_06shfl.jpg
天井にはフックが何カ所かとりつけてあるので、
こうして〝ゆえ〟を拘束するにも便利。




この本にもアルファインが紹介されているよ!



奴隷の排*を見物する楽しみ

toilet201802_01flsh.jpg
最大級の辱めを受ける〝ゆえ〟。


その日、〝ゆえ〟とのプレイでアルファインへ。そして選んだ部屋は601号室「拷問地獄」

この部屋をまだ未経験の〝ゆえ〟。フロントでカギを受け取ったときはまだ普通の表情だった。

ところが、部屋に入ったとたん、血の気が引いている。

部屋にいきなり便器が置かれ、扉もないという、いわゆる「晒し」トイレ。この形式の部屋はアルファインには結構数多くるけど、この部屋のトイレは和式。しかも、手足の拘束が壁についているんだ。洋式なら陰部が隠れるからまだしも、和式となると、この晒し感は強烈だよね。

「ご主人様、奴隷は実はトイレに行きたくて我慢していたんです…」と悲痛な叫びにも似た声を上げる。

ふふふ、それは良い良い。

「他に扉のついたトイレはないでしょうか?」

「ないよ。ここでしなさい」と冷たく宣言する意地悪なご主人様。

まさか、いきなりご主人様に排*を見られる事になるとは思っていなかったんだね。

すぐに〝ゆえ〟に全裸になるように命じたよ。そして、トイレを少し我慢しろと命じて手足枷で固定すると…。

「ひえぇ、こんな格好でお*っこをするのですかぁ!」

とさらに声のトーンがあがる。

「無理です!出なくなっちゃいますぅ!」

そんなハズはないよね。だって、ずっと我慢していたんだもの。

さらにボールギャグも咥えさせてみる。

しばらく出すまいと抵抗していたけれど、やがて、「うぐぐぐぐぐ」と叫びとも何ともとれない声を上げながら、水しぶきが…。

よほど我慢していたのだろうねぇ。相当な時間、お*っこは出続けていたよ。

「ああ、はふはひい…(恥ずかしい)」と呻くような声を出し、やがて、嗚咽とも取れる声が。ああ、泣き出しちゃったかな…。

それをゆっくりと眺めながら撮影するご主人様。

そして、特有のにおいが立ってくる。

なすすべもない奴隷はひたすらうなだれている。

「ああ、おまえのお*っこは臭いなぁ…」とつぶやいてみると、〝ゆえ〟、イヤイヤをするように手足を拘束された体をよじる。

最大級の辱めをプレイの前に与えられたことで、〝Y〟はすっかりと笑顔。まるでフルコースの前のアミューズにステーキが出てきたみたいな満足感。

「ああ、今日はこれからのプレイがますます楽しみだ…。」と〝Y〟はつぶやいて、この日のプレイが始まったよ。






 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.