FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

SM、スパンキング

タブーを愛する二人の日記

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (54)
ボンデージの道具たち (58)
アルファイン(SMホテル) (40)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (7)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

アルファインのお部屋~205号室「西太后」

alphainn205_00sh.jpg
部屋の奥から入口に向け、広角で撮影してみたよ。


アルファインのお部屋紹介。今日は205号室「西太后」。

名前でわかるとおり中華風のお部屋。「西太后」とは、中国三大悪女の一人にあげられる清末期の政権を掌握した女性。残虐なエピソードが沢山残っている(事実かどうかはわからないよ)。そんな事を知っていると、この部屋に入るとテンションがひどく上がるかも知れないね。

ところで、アルファインには中華風のお部屋は2室あるんだ。

でも、なぜ中華風?

しばらく考え込んだ〝Y〟。〝ゆえ〟はすぐに答えを出しちゃった。

「ご主人様、それはもうチャイナドレスを奴隷に着せてプレイするに決まっていますよ!」

あ、なるほど!〝ゆえ〟、賢いな。そういう理由ならわかるぞ!

確かにフロントにはコスプレ用の衣装レンタルのリストが張ってあるけど、チャイナドレスもあったね!ふふふ、これはいいね。

とはいえ、我々は通常のプレイで利用。

alphainn205_01sh.jpg
公式ホームページの写真と違い、十字架は
スタンダードな形に変更されていた。


公式ホームページの紹介では、このお部屋の設備は次の通り。

・変形十字架(上記のように現在はスタンダードな形に)
・SMチェア


値段はリーズナブル、REST(休憩&サービスタイム)が11,450円、そしてSTAY(宿泊)が20,090円となっている。(その後、2019年10月の価格改定によりRESTが12,110円、STAYが21,240円となりました)

お部屋は2階フロアーの一番奥。このシリーズで前回ご紹介した405号室と同じ位置ということで、部屋の構造そのものは一緒。そう、狭いけれど、動線を考えると非常に使いやすい部屋になっているよ。十字架があり、そしてSMチェアがあり…というあたり、604号室の狂い十字架と一緒。

部屋のデザインは圧倒的。龍がいたり、いかにも「中華」!全体に壁は金色、そして、朱色の組み合わせ。随所にある彫刻は相当凝った造りになっていて、この部屋をデザインした方の心意気を感じるね。

alphainn205_02sh.jpg
彫刻は気迫に満ちている!


また、入口は二重扉なので、奴隷が大きな声で叫んでも大丈夫。

ただ、吊りの設備がこの部屋にないのは、残念という方もいらっしゃるだろうね。そして、電マも我々が利用した時には無かったよ。

そして、部屋の古さでいえば、かなりのもので、リニューアルした他の部屋に比べれば、たとえば水回りが不便だったりするんだ。たとえば、シャワーを浴びている最中は洗面台の水は出ない。そんなところを少しだけガマンすれば、他は悪くない部屋だと思うよ。

alphainn205_03shfl.jpg
十字架で責めるのはやっぱり愉しいよね。


あ、それから、実はボイラー室に近いのか、時々、「ゴー」という作動音が壁越しに聞こえてくる。その点も気になる人はいるかもしれないね。

そんなマイナス面もあるけれど、〝ゆえ〟はといえば、この部屋、結構気に入ってくれたよ。

それと、この部屋は他の階の同じ場所に位置する部屋と同じで、テレビの置かれている造り付けの台があり、そこに色々と道具を並べておけるのも便利。

この独特の内装を一度は味わってみるのもいいと思うし、チャイナドレスの奴隷を責めたいなら、ぜひこの部屋に!

alphainn205_05shfl.jpg
プレイルームの窓から、バスルーム、オープントイレが見える。
〝ゆえ〟のトイレをしっかりと観察。うつむく〝ゆえ〟。




この本にもアルファインが紹介されているよ!


スポンサーサイト
[PR]

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.