FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (21)
ボンデージの道具たち (24)
SMホテル(アルファインなど) (18)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (14)
風俗 (4)

〝ゆえ〟をアルファイン302号室「晒し便座」で責めてみたら…

alphainn302_03flsh.jpg
チェーン磔に〝ゆえ〟を。
秘部に装着された「蝶秘密」がいやらしい


さて、前回紹介したお部屋、302号室「晒し便座」(こちら)、このお部屋を使ったときの写真、実は、先月のレーシックの記事(こちら)に使っているけど、気づいた?

ここではさらに、そのときのプレイをもっと紹介しちゃうね。前回のお部屋の記事と合わせて読んでみてね。

まず、スリムな〝ゆえ〟の体を裸にし、この日履いていた黒のラバー長靴だけにして、チェーンの磔台に(部屋が汚れないように、長靴の底はしっかりと洗って拭いているよ)。上半身をかがませて、手枷をチェーンにとりつけ、バックから挿入して責める。自分から腰をしっかりと振らせる。すぐに大きな喘ぎ声がボールギャグ越しに部屋に響く。同時にガチャガチャとチェーンの揺れる音が激しくなる。

バックからの責めはいつも膣口が狭くなり、気持ち良いんだ。そして、鞭を当てるとその度に、膣が締まる。しばらく愉しんだ。

〝ゆえ〟に、床に広がった自分の唾液を拭かせる。その間に〝Y〟は次の準備を。

この日はセーラー服プレイ。彼女にまず革のメタリックブラを装着し、その上で、持参させたセーラー服。スカートを履く段階で、「ストップ!」と声を上げた〝Y〟。

下半身が裸!これが良いじゃない!この姿、男性は大好きだよね。実は〝ゆえ〟は初めてだったらしい。こんな感想を送ってくれた。

「制服を上だけ使用する…なんて斬新なエロスでしょう‼と思いました。」

そう。それだけでも恥ずかしいのに、そのあらわになった下半身には、「蝶秘密」という固定のバイブを装着。細いヒモのTバックのような形状なので、これは思いっきり恥ずかしい。しかも上半身にはセーラー服、もう男性にとっては最高のエロス。

しかも、「蝶秘密」、バイブはあえて短めになっている。そう、それだけでは深い快楽に行き着けない。つまり、女性を焦らしっぱなしにするという残酷なオモチャなんだ。両手が自由になれば、自分の手で揺らしたりして、快感を高めたりできるんだけど、磔にされているから、とにかくもどかしい。そして乳首にはローターを。

チェーン式の磔に大の字で拘束。上半身冷たい鎖の網に預けられる。冷たい金属でできた蜘蛛の巣にかかった獲物のよう。体を激しく揺らすたびに金属音が部屋に響くんだ。

alphainn302_04flsh3.jpg
フェラはねっとりと…。


唇を重ねてみると、快楽に酔いしれているのか、激しく、理性を無くしたように自分の舌をご主人様の舌にからめてくる。

そんな状態で鞭打ちやいろんな責めを繰り返し、最後に電マを蝶秘密の上からあてたら…、あっけなく、しかしもの凄い痙攣させながら、イッてしまった。焦らしの効果だね。

さて、磔から下ろしたら、そのまま床に座らせてフェラに。これも、実は鏡がチェーンの向こう側に置いてあるから、実に眺めが楽しい!これはいいねぇ。

しかも、下半身裸で、長靴を履かせたまま。この姿、やっぱりエロい。これには、ご主人様のペニスも常に張り裂けそうにパンパンになっている。

どうにか、射精はガマンして、彼女の口に口枷を。そう、フェラが終われば奴隷の口に用はないからね。

alphainn302_05flsh.jpg
マルゴの口枷とセーラー服もよく似合う。


そしてベッドで〝ゆえ〟と交合。口枷の穴から大きな喘ぎ声を放つ〝ゆえ〟。

途中で騎乗位にすると、面白いくらいに〝ゆえ〟はガクガクと腰を震わせる。

昔懐かしい新宿マルゴの口枷は相当にキツイみたいだ。口径が50mmと、ボールギャグよりも遙かに広く口を開けさせるのだから。しばらく涎が流れるのを愉しんだけれど、途中で〝ゆえ〟からNGシグナルが送られてきたので、外しておく。目隠しも外し、〝ゆえ〟の表情を愉しむのだけれど…、快感のあまり、すでに人間らしい表情はもはや消え失せている。乳首を下から指先でいじり続けると、絶頂を行き来し、さらに快楽を求める姿はもはや雌犬に。

alphainn302_06flsh.jpg
快楽に酔いしれているベッド上の〝ゆえ〟。


こちらも大興奮の末、正常位になり、射精を。長い、長い、射精だった。

射精の後も、しばらく、繋がったまま腰をゆっくりと動かすと、その度に〝ゆえ〟は短く「あっ!」と声を上げながら「ありがとうございます!」と、もはやエネルギーも尽きたのか、細い声でお礼を言う。

最後に抜き取ると、口で綺麗にしてもらう。

〝ゆえ〟、死んだようになって、ベッドに横たわっている。

10分ほどそのままにしたけれど、これで終わりじゃつまらない。無理矢理に起こし、今度は口穴マスクで視界を奪い、そして、アームバインダーで上半身の自由を奪う。そして、この部屋には吊りがある!ということで、バインダーの先を滑車でゆっくりとつり上げていく。

ところが…。

ここで、〝ゆえ〟、全身を震わせてNGシグナルを送ってくる。

視界のない状態での腕吊りは恐怖を感じてしまったみたいだった。うん、奴隷に苦痛は与えても恐怖は与えない…とういうのがポリシー。

すぐにいましめを解く。

alphainn302_09fl2sh.jpg
視界を奪われてのこの姿勢は恐怖を感じてしまったみたいだ。


「申し訳ありません!」と奴隷。

「情けないな。じゃ、電マでお前がボロボロになるまで責めるぞ」と宣言。

口穴マスクのまま、再び磔台に。

「ご主人様、やめてください!またイっちゃいます!」

と叫ぶ〝ゆえ〟。叫び声を聞きつけたのか、他のお部屋の人らしき気配が外で。そしてトントンとノックが…。

うーん、まだ〝ゆえ〟は皆様に晒すほどには成長していないので、みなさん、もうしばらく待ってね。

ということで、ドアノックには応えず、責めを続けたよ。

さすがに長時間の電マはキツイよね。〝ゆえ〟も「痛くなりました!」と叫んだので終了。チェーンに繫がれたままがっくりと頭を落とす〝ゆえ〟。まさに崩れ落ちたというのがふさわしい姿。これ、絵になる…。本当に素敵だ。よほど堪えたのか、「はぁ、はぁ」と早くて浅い息をしている。

lasik2017_02flsh.jpg
以前も紹介したこんな姿になっちゃったわけ…。


と、しばらくして〝ゆえ〟。「トイレにいかせてください。ご主人様」

よぉし!この時を待っていた。「ああ、良いよ。行きなさい」とにこやかに答えると、立ちあがった〝ゆえ〟、一瞬、ハッと立ち止まる。そう、晒し便器だ!

「見ないでください」と言いながら便座に腰を下ろす〝ゆえ〟。見ないわけにいかないだろう…と、目の前にしゃがんで、じっと観察。〝ゆえ〟は顔を押さえて…。

ふふふ。最後の最後まで愉しませてくれるお部屋だね。

というわけで、302号、「晒し便座」、みなさんも愉しんで!


alphainn302_08flsh.jpg
晒し便座の楽しみ。






スポンサーサイト
[PR]

[PR]

アルファインのお部屋~302号室「晒し便座」

alphainn302_01sh.jpg
全体を赤色でまとめたお部屋のデザイン。


東京は東麻布にあるSM専門ホテル、「アルファイン」のお部屋紹介、今回はコンパクトなお部屋。302号室「晒し便座」だよ。

まず、ホテルの公式ホームページ(こちら)を見ても、設備としては、これだけ。

・Suspension(吊り)
・チェーン磔台
・オープントイレ


あまりにもシンプル。他の部屋では標準装備で置いてある電マもないので、お好きな方は注意してね。備え付けの小道具も、短い綿ロープの他は、目隠し、ボールギャグ、バラ鞭、手枷、首輪、洗濯ばさみなど標準装備のものだけで、スパンキングラケットなどは置いてないので注意。

部屋に入ると、「あ、結構広い」となるのは、この設置器具の少なさによるもの。そう、だから、縄のプレイや、吊りとか、蝋責めなどをされる場合には、逆に重宝するんじゃないかな。

シンプルなのは決して悪いことじゃない。そしてお値段もその分安くなっているよ。REST(休憩&サービスタイム)が10,370円、そしてSTAY(宿泊)が16,850円となっている。

部屋は全体に赤の色調でまとめられている。これ、苦手な人もいるのでご注意を。そして照明もやや暗め。撮影を楽しみたい人はその点も気をつけてね。

alphainn302_10sh.jpg
お部屋の名前になっているシンボルのトイレ。ドアがない!


それと、トイレ、本当に洋式の晒し便座だけなんだ。他にドア付きのトイレがないので、羞恥責めに慣れていないM女性を連れて行くときには、これも要注意。

で、この部屋で一番特徴的なのは、磔。

alphainn302_02sh.jpg
これがそのチェーン磔。


他の部屋のように十字架だったりX字架だったりじゃないんだ。上記のように「チェーン磔」となっている。これは写真をみていただければわかるように、チェーンを網の目のようにしてあり、そこに手枷や足枷を取り付けて拘束することになるんだ。手枷はお部屋にあるけど、足枷はないので、持参する必要があるよ。

チェーンは網の目だから、手枷や足枷をどの位置につけてもいいんだ。だから、身長の低い方でも大丈夫だし、あるいは、低い位置に手枷を取り付けて、そこで上体を折り曲げ、腰を突き出させる格好で拘束してもいい。そう、使い方は様々。非常に自由度が高い拘束具だといえるよ。

で、実際に使ってみると、奴隷の方は、実は、お尻など、体全体を預けることができるので、十字架などよりは少し楽な面もあるんだ。それに〝ゆえ〟も言っていたけれど、冷たいチェーンが体に当たるのも、被虐感を強めてくれるみたいだよ。まるで「蜘蛛の糸に絡まっているみたいなんです」とも言っていた。

ベッドは部屋の奥にある。手足枷もついているよ。ただ、鏡がベッド横の壁についていないのは残念。

alphainn302_14sh.jpg
ベッド上の灯りも雰囲気を出しているね。


それと、もう一つ、お風呂。湯船は結構大きめ。でも、湯船の手前に洗い場があり、それ以外に余分なスペースはないので、やや使いにくいかもしれないね。でも、ガラス張りになっており、部屋から奴隷の入浴を眺めることもできるのはさすがアルファイン!

alphainn302_11sh.jpg
浴槽の向きはこうなっているんだ。


alphainn302_12sh.jpg
アルファイン独特のお風呂窓。お風呂に浸かりながら、
プレイルームに磔された奴隷を眺めることもできる。


〝ゆえ〟は、

今回のお部屋は、アルファインの中でもとてもシンプルなお部屋でしたね。あのシンプルさが、縄師の心をくすぐるのだと思いました。コイン電マも無い、チェアも無い…のは、玄人な方向けなのでしょうね。シンプルな方が、自分の世界でそのお部屋を染められますから。

という感想を送ってくれた。

まさにその通り。シンプル故の楽しいお部屋。ぜひ皆さんの色で染めてプレイを愉しんでね。

さて、せっかくのお部屋、〝ゆえ〟をこの部屋で責めた写真は次回お届けするね。



この本にもアルファインが紹介されているよ!



アルファインのお部屋~203号室「女囚の檻」

alphainn203_03wm.jpg
独立したプレイルームには、様々な道具が。
右には宇宙遊泳(SMチェア)。さらし便器。
そして、磔はユニークなデザイン。


さて、アルファインのお部屋紹介。前回に続いてホテルの分類で「オールマイティ」となっているお部屋を。今回は2階にある203号室「女囚の檻」。こちらは前回ご紹介した601号室「拷問地獄」とは部屋の造りが異なり、2室に分けた構成になっているんだ。値段は601号と一緒。やや高い方の設定で、REST(休憩&サービスタイム)が16,850円、そしてSTAY(宿泊)が32,170円となっている。

扉を入って最初がベッドルームとお風呂。こちら、ベッド頭上のステンドグラスが特徴的。このステンドグラスは背後の灯りをつけたり消したりできるようになっている。このお部屋のシンボルともいえるものだね。

そして、この寝室から、檻のような扉をあけて隣のプレイルームに入ることができるんだ。

このプレイルーム、独立した部屋のような作りになっているけど、そこそこの広さで使い勝手はとてもいいと思う。ただ、ベッドと別のスペースになっている点が、人によっては使いにくいと感じるかもしれないね。それから、和式の晒しトイレもある。この部屋の場合、これとは別に通常のトイレもあるので、初心者のM女性を連れて行っても、抵抗感はないと思うよ。

さすがオールマイティ、プレイルームの設備は揃っているよ。

ホテルの公式ホームページ(こちら)によると、以下の通り。

・Suspension (ツリ)
・磔台×2
・オープントイレ (個・オープン)
・宇宙遊泳
・馬
・ギロチン
・ブローバス


alphainn203_02wm.jpg
真ん中の一本柱が磔。
右にはギロチンと馬も頭の部分が見えている。


大きな道具も揃っているし、601号室にはなかったギロチンが置いてあるのも嬉しい人が多いかも。ギロチン、単純な道具だけど、これに拘束されると大きな羞恥心を感じるという女性は多いみたいだね。そうそう、〝ゆえ〟もこのギロチンを他の部屋で経験しているけど、結構ファンだったりするよ。

吊りもできるし、宇宙遊泳もあるし、言うこと無し!という事なんだけど、実は磔については少し注意が必要。

一つは1本柱に体を預け、天井から吊された手枷と、床に固定された足枷で拘束するという形式。これだと手は宙ぶらりんになる。手を背後の木に預けて…なんて休ませ方はできないので、奴隷の手がしびれないように、チェックは頻繁に行ったほうがいいよ。

それと、もう一つの壁の磔。これ、ちょっとユニークで、岩のようにゴツゴツした壁の表面の一部を人型の部分を革にしてあるんだ。これはこれで体には優しくて負担が少なくていい。でもね、その革の部分、首と腰の部分にスパイクのように棒がニョキッと出ているんだ。つまり、この間に体が入り込めないと、この磔使えない事になる。極端に身長が高かったり低かったり、あるいは太っていたりすると、この磔は使えない。この点は注意が必要だね。

窓の側には横長のベンチが置いてあり、ここに持参の道具を並べておくと便利だよ。

alphainn203_05wm.jpg
一本鞭まである!


それと、壁には他の部屋同様、ホテル備え付けの様々な小道具が掛かっている。このクラスの部屋になると充実していて、バラ鞭の他に一本鞭もあるから、鞭責めの好きな方にとっては嬉しいね。

さて、ベッドは前述の通り、入口の方の別室になる。ちゃんと手足枷もついている。プレイルームを離れて、じっくりとベッド上だけでプレイをしたいときには、かえって、色々な道具に目移りせず、集中できて良いかもしれないね。〝Y〟がかつてこの部屋を使ったときは、前半はプレイルームで呼吸制御などを楽しみ、後半はベッドでアナル責めを楽しみ…なんて、プレイの前半と後半で分けるという形だった。気持ちの切り替えができるので、とても、良いと思ったよ。

あと、2カップルで使えば、1組がプレイルームを使っている最中に、もう1組はベッドで責める…ということもありかもしれない。

alphainn203_01wm.jpg
ステンドグラスが独特!
右がプレイルームへの入口。


それと、頭上のステンドグラス、灯りをつけると結構な明るさになるんだ。これはこれでムードが出るけど、写真を撮影するときにはこれで被写体が逆光になる恐れがあるから、それは気をつけてね。

バスルーム、ガラス張りになって、ベッドから見えるようになっている。で、全部赤のタイル。これはちょっとデザイン的には好みが分かれるよね。で、面白いのは、壁に樽のような大きめのオケが置かれていること。これ、何に使うのかな?使い方をご存じの方はぜひ、教えてくださるとありがたいね。

というわけで、このお部屋、レイアウトのユニークなお部屋なのでぜひ一度体験してみてね。

alphainn203_04wm.jpg
写真の奥に桶が写っている。どう使うのだろう?




この本にもアルファインが紹介されているよ!



アルファインのお部屋~601号室「拷問地獄」

alphainn601_01sh.jpg
結構広くて、見通しも良いお部屋。


アルファインのお部屋を紹介するシリーズ。今日は6階にある広いお部屋、601号室「拷問地獄」だよ。

このお部屋はホテルの分類では「オールマイティ」となっている。つまり、何でもできちゃう便利なお部屋。確かに昔から雑誌のグラビアなどでよく登場する部屋。人気もあるんじゃないかな。〝Y〟がホテルを訪れると、ロビーの掲示板の灯りが消えていて、使われていることが多いからね。

その分値段もやや高い方の設定で、REST(休憩&サービスタイム)が16,850円、そしてSTAY(宿泊)が32,170円となっている。

設備としても、かなり大がかりな設備が多いよ。ホテルの公式ページによると以下の通り。

・Suspension (ツリ)
・オープントイレ
・宇宙遊泳
・馬
・ブローバス


特に目を惹くのは、まずオープントイレ。このトイレ、和式が部屋の一角にむき出しになっているんだけど、特に、その壁に革の手足枷がついていること。そう、奴隷を四肢拘束したままの状態で、排便や排尿させることができるという仕組み。これは他の部屋にはあまり見られないものので、非常に重宝するし、これを見ると、絶対に使いたくなっちゃう。

alphainn601_02sh.jpg
これは絶対に奴隷を拘束したくなるよね。究極の羞恥プレイ!


それと、馬と宇宙遊泳はファンの方も多いと思うので、両方が揃っているという点もうれしいね。特に、この馬。結構責めとしてはなかなか重い責めができるのだけど(特に鞭打ち)、それに反して顔の部分のつぶらな目の可愛いこと!このギャップがいつも素敵だと思ってしまうよ。

ブローバスについては、アルファインでは湯船は使わないという主義の人にとっては無用かもしれないね。それと、シャワーの水回りがやや不便だったけど、〝Y〟がこの部屋を使ったのはかなり前なので、その後改善されているといいな。ただ、スペース的にはかなり広いお風呂なので、お風呂でプレイをされる方には重宝するんじゃないかな。

吊りに関しても2つ滑車が用意されているし、梁だけでなく、十字架の横に立てられた柱にもいくつもフックがある。いろいろな使い方が出来るようになっているみたいだね。

さて、もう一つ、ここに書かれていないけど、この部屋では、ベッドが檻の中にあるというのも特徴的だね。責めとしての実用度はさほどないかもしれないけど、やはり、ムード…ということを考えるとかなり嬉しいもの。檻の中に閉じ込めた奴隷をベッドでオナニーさせ、それを檻との外から観察して楽しむなんてシチュエーションもいいよね。もちろん、ベッドには手足枷がついているよ。

alphainn601_00sh.jpg
十字架の革も使い込まれていい雰囲気を出しているね。


十字架も目の前に大きな鏡があるのも得点高い。宇宙遊泳をそこに置いて奴隷を責めるのは奴隷自身にその狂態を見せつけるという意味でも楽しいしね。

こうしてみると、分類の「オールマイティ」というのは看板に偽りなし!この部屋なら1晩、寝ずにプレイをし続けたとしても、決して飽きないと思うよ。

部屋が広くて、しかも見通しが良いので、撮影などをされる人にはとても便利な部屋だと思うし、赤を基調にしたこの部屋は昔ながらのアルファインのイメージを色濃く残しているから、それが好きという人にはたまらないんじゃないかな。それに、トイレのプラスチックでできた蔦のチープさも懐かしい!あ、そうそう、壁上方に取り付けられた水洗トイレのタンクもね。実際、〝Y〟もこの部屋に入ると、AVが流行始めた、昭和50年代から60年代のあの淫靡な時代を思い出して懐かしい気分に浸ることができるんだ。

アルファインを代表する部屋の一つ、チャンスがあればぜひ利用してみてね。

alphainn601_03sh.jpg
檻というのは、ムードを出すよね…。



この本にもアルファインが紹介されているよ!



 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.