FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

青い首輪の女

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

SM、スパンキング

若狭と雫(緊縛と首絞め)

tabooを愛する二人の日記

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (58)
ボンデージの道具たち (60)
アルファイン(SMホテル) (48)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (28)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (13)
出会い系サイトでM女性を見つける方法 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

フェティシズムをくすぐる冬季オリンピック

olympics1.jpg
Tina Maze選手。笑顔が素敵だねぇ。


ソチで開催されている冬季オリンピック、フィギュアの男子初金メダルやジャンプ葛西の銀メダルなど盛り上がっているね。〝Y〟もよくテレビに釘付けとなっているよ。全てをスポーツに捧げている選手達の姿を見て、国を問わずすべてのアスリートを心から応援している。

でもね、ついでに言えば、実は…。

いやぁ、こんなことを書くと不謹慎と怒られそうだけれど…。

冬のオリンピックって、いや、ウィンタースポーツってフェチの要素満載だと思わない?

例えば女子のジャンプやスキー。体にピチピチの光沢のあるスーツ、あれって、ウェットスーツとも通じる、ツルテカマニアにはたまらない魅力。さらにヘルメット。こちらもフェチのファンは多いよね。その二つが組み合わさっている上に、昨今の選手、美女が多い!これはハマルんだよねぇ。

olympics2.jpg
こちらはLindsey Vonn選手。凛々しい!


スピードスケートだってそう。こちらはもっと薄い素材の全身にぴったりのスーツ。そして、海女さんのような顔の部分だけ出ているフード(マスク)。こちらも萌える!

こうした美女達がそのままの姿で拘束されるのを想像すると…。うーん、たまりません。

ウェットスーツで拘束というのは結構昔からある定番パターンなので、たとえば、UZUSHIOさんというウェットスーツ系のイラストを描かれる方がいるけれど(http://uzusio04.h.fc2.com/uzusio04_index0_0.htm)、〝Y〟の想像はその路線でオリンピックになっちゃたという感じかな。

とくに昨今、ヨーロッパの選手は美形が多いので(カーリング…は、まぁ普通の衣装で残念だけど…のイギリス、ロシアの選手などは相当話題になっているよね)、ついつい画面に釘付けとなっちゃう。そんな趣味を知っている〝なみ〟は「まったくアンタって人は!」とあきれちゃっているけどね。

最近になって岡崎朋美選手が化粧してテレビでコメンテーターをしたら、その姿が美しすぎるとネットでも話題沸騰&騒然となったよね。でも、そんなのは20年前から冬季スポーツ・フェチ(笑)としてはわかりきったことで、「何をいまさら」という感じだったよ(ちょっとエラソーかな…)

バイアスロンで真剣に銃を構える北欧の女性選手達の横顔の美しさは筆舌モノ。「この人たちになら撃たれてもいい!」と思わずつぶやいたら、〝なみ〟からパンチが飛んできた。(爆)

ネットサーフィンしていたらこんなブログも。冬季オリンピックのたびに美女の特集を組んでいるブログ。凄いねぇ。改めて冬季オリンピックは美女の祭典だと思たよ。目の付け所はみな同じってところかな。
http://blog.goo.ne.jp/mccreary

さて、オリンピックもあと数日。厳しいスポーツに全身全霊を傾ける選手達を心から応援しつつ、フェチな楽しみもしっかりと味わっておかなきゃ。


スポンサーサイト
[PR]

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.