FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟の調教記録 (49)
ボンデージの道具たち (52)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
奴隷〝ゆえ〟の小窓 (4)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

最近のツイートから 2019年1月~3月

Tokyo Bondage Lifeのツイッター(こちら)が誕生して3ヶ月。メインはこのブログの記事更新情報だけど、それ以外にも、時折、ツイッター向けにつぶやいたり写真を掲載することもある。

今回はそんなつぶやきと写真をまとめてこちらにも掲載するね。

20190330
バックから責められる〝ゆえ〟。キャットスーツ自体の締め付けの圧力もあり、股の部分のジッパーから搾り出されたようなお*んこは、ご主人様のものをきつく咥えてくる。これは気持ちイイ!
rubber201902_01sh.jpg


20190319
ネックエントリーのラバーキャットスーツ。着るのには慣れたとはいえ、10分以上かかる。ところが脱ぐのは…、特に、湯船の中でイチャイチャしながら脱ぐと、皮膚との摩擦が減るためか、一瞬にして脱げてしまう!ああ、あの長時間の苦労は何だったの…と、少し寂しい思いになるけど…。(笑)
rubber201902_02bsh.jpg


20190307
アルファインさん、最近はボディーソープが従来のポーラからコーセーに。新しい方は以前のに比べ、香りが若干少ない。それを喜ぶ方も多いかも。ちなみに〝ゆえ〟は以前の香りも好きだった。こうして、日々、いろいろと進化していくアルファインさん、今後も変化に目が離せないね!
bodysoap2019_03sh.jpg


20190305
アルファインさん、先日、久しぶりに604号室「狂い十字架」を利用しようと部屋の鍵を受け取ったら…、なんと、プラスチックのキーホルダーが従来のオレンジではなく透明に!思わずじっくりと眺めてしまう。そして、こちらもデザインが変わった椅子の上に置いてみた!なんとも新鮮で不思議な気分!(^^) 20190305
newkey2019_01sh.jpg


20190211
以前、ブログでも紹介した超小型ローター「マイクロブレット」。〝ゆえ〟の調教に愛用していたけれど、断線か、動かなくなってしまった。再び買おうと探すと、すでにどのお店も販売終了。小ささから想像できない暴れ方で、女性を何度も何度も絶頂に導ける、悪魔のような製品だった。ああ!復活希望!!
californiaen201901sh.jpg


20190209
電マで散々寸止めされて焦らされる全身キャットスーツの〝ゆえ〟。全頭マスクで咥えさせられているチューブ越しに、ついに「イカせてくださぁぁぁぁぃぃぃぃっっっっっっ!」と絶叫して懇願する。〝Y〟にとって楽しい瞬間!
rubber201902_03sh.jpg


20190207
都内のホテルで〝ゆえ〟とラバープレイ。キャットスーツに、細いチューブを咥えさせられる全頭マスクをかぶせ、ベッド上に放置。後で「籠もっている状態に安らぎを覚えました」との感想。そう、その籠もっているという感覚&安心感は全身ラバーの魅力。次第にラバーの本質がわかってきた〝ゆえ〟。
rubber201902_00sh.jpg


20190203
ベッドに手足拘束された〝ゆえ〟を電マで責める。やがて身体をよじりながら絶叫。あれ?これ、男性にもあるかも!昔、ドライオーガズムの訓練でパンスト亀頭責めを受けたことがある。イキたいのだけど、射精できない。そして、メチャ苦しいのだけどすごく気持ち良い!絶叫!!もしかして、同じ!?

20190113
奴隷〝ゆえ〟のオーガズムの進化に目を見張る。出会って2年半、快楽責め中心の調教を続けてきた。クリ行き→中イキ(Gスポット&ポルチオ)と、順調に来たけれど、ついに先日、乳首刺激だけで中イキに。脳イキできるのもさほど先ではなさそう。実際、その兆候も出てきている。ご主人様として楽しみ!

20190129
ヘッダーにこの写真を入れてみました。奴隷の〝ゆえ〟です。大好きなアルファインさんで、制服のコスプレをしたときの1枚。快楽責めの後、朦朧としている様子です。
twittermain2019_1flsh2.jpg


20190121
裸に黒のTバックだけのまま、しばらく身体を触っていたずら。脱がせたら、あそこに当たった部分がこんなに濡れているなんて…。本当に欲情しやすい奴隷の〝ゆえ〟。
t-back201901_01sh.jpg


20190121
なんと、SMホテル「アルファイン」さんが、Twitter(https://twitter.com/HotelALPHAIN1 )を開始。そして、Tokyo Bondage Life(https://bondagelife.blog.fc2.com )のブログの記事にいくつかリンクを貼って下さっている。嬉しいですね!アルファインさん、これからもよろしくです。

20190121
Tokyo Bondage Life のツイッターを始めてみました!




スポンサーサイト
[PR]

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.