FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (52)
ボンデージの道具たち (53)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

進化する画像編集ソフトでSMをより魅力的に記録する

201912beforeflsh.jpg
十字架に拘束された〝ゆえ〟。
右横のコンセントが気になる。
お部屋の印象ももっと赤が鮮やかだったような。


Windows7のサポート期限が来年初めに切れる。来年…、え?それってもうすぐじゃん!

と、突然焦った〝Y〟。

10年前に買ったデスクトップパソコンをメインとして大切に使ってきた。特に問題もなく使えているのだけど、さすがにサポートが終わってしまうとセキュリティの問題があり、アウト。

そこでWindows10を無料アップグレードしてみたら…。なんと!古いパソコンなので、一部の機能が対応していないことに気づく。これは困った!

となると、新しいパソコンへの買い換えの必要が。

品定めをし、10年ぶりにデスクトップパソコンを更新。

そして、それにともない、いくつかのソフトもバージョンアップしたり、買い換えたりしたのだけど、驚いたのは画像編集ソフト。

それまで15年近く使ってきたフリーソフトで特に不便は感じていなかったのだけど、今回導入したソフトは凄い!

とにかく、機能が豊富。いや、もう豊富すぎて使いこなせないかも!

一方で、操作は簡単に。

今時のソフトはこんなに進化していたんだね。

このソフト、本来は有料なのだそうだけど、別のバージョンアップしたソフトにサービスで付いてきたので実質無料。

これは本当にありがたい!

こうした編集ソフトでまず重宝するのは、余計なモノが映り込んだときに、それを消すことができること。

たとえば、上の写真のような場合、コンセントだったり、あるいは、背後のクッションの傷だったり。

こうしたものを簡単に消すことができるのはすごくありがたい。でも、それは古いソフトでも比較的簡単にできていた。ただ、仕上がりはやっぱり新しいソフトの方が一枚上手だけど。

でも、今回のこのソフトは色調の変更機能がかなり細かく変更できて、撮った写真の印象がものすごく変わるんだ。

写真の技術は永遠に初心者レベルの〝Y〟でも、わかるくらいに。

ホテルで撮った写真、それなりにカメラでは綺麗に写るけど、やはり、カメラそれぞれのレンズの個性もあるし、カメラメーカーの色作りの好みもあり、我々が利用した時の視覚の印象とは異なることも多いんだ。さらにいえば、実際の色、つまり絶対的な色と、心の中に刻まれた色は個人個人で異なるはず。

それが、この編集により、かなり自分の心に映った色に近いものに再現できる。

201912afterflsh.jpg
こうして、余計な物を消して、少し色を変えてみたよ。
実際の色の再現ではなく、記憶に残る印象の色。
大きな変化ではないけれど、着実に印象は異なるね。


しかも、その設定を覚えておいてくれるから、同じ場所で撮った数多くの写真を一気に同じ色調に変えてくれたりする。

さらに、あえて色調を強めにして「どぎつさ」のようなものを出してみたり、昔の雑誌のような安っぽい印刷の色調にしていみたり…、と、色々と遊べるんだ。

何より、自分たちのプレイの記録を様々な色調で再現してみる楽しさ。

これは、プレイが終わったあと、もう一度プレイを楽しんでいるようで、夢中で時間を忘れてしまうよ。

SMプレイの際、写真を撮る人は多いと思うし、昨今はスマホで撮影してさらにスマホで映像編集することもできるから、実に手軽!こうした画像編集の技術がどんどん進化しているというのは、楽しみ方の幅を広げてくれるなぁ…と実感するよ。




スポンサーサイト
[PR]

ソフトなプレイのはずがハードになってしまうことがある…。

ballgag201905_01flsh.jpg
一見ソフトなプレイに見えるボールギャグ
着用の放置も長時間となるとかなりハードに。


手足枷や胴枷などをつけて座らせた奴隷にボールギャグをかませる。そのまましばらく放置する。

どうってことのない一種の放置プレイ。

ムチやロウソクが登場するわけでもない。おまけに大人のオモチャも使わない。

一見、ごくごくソフトなプレイ…、のはず。

しばらくするとヨダレがたれ始める。やがて、奴隷の膝の上や床に涎の池ができはじめる。

そして、10分を過ぎたあたりから雲行きが怪しくなる。

しきりと、つばを飲み込もうとする奴隷。そして、体を揺らすことが増える。

やがて、奴隷の様子を見て、そろそろ限界かな…と見極めて、ボールギャグを外す。

咳き込む奴隷。

やがて、口を開く。

「ご主人様、外していただいてありがとうございます。本当にきつかったです…」

と、これはあくまで以前の体験を組み合わせて想像で書いたのだけど、実際にこんな展開もあるんじゃないかな…。

つまり、ボールギャグだけ…というのは、さほど辛くない責めのように思えるけど、実は長時間の着用は相当にきつい。

まず、アゴを大きく開けたままというのは、通常の状態ではないため、長時間行うと、かなり口が疲れるし、悪くすると顎関節症につながる場合もある。

さらに、このまま開けていたら、アゴが外れてしまって、そして元に戻らなかったらどうしようという恐怖心がもたげてくることも。それが始まると、どんどん、自分自身の精神が恐怖に満たされ始めてしまい、一種のパニックになる場合がある。

さらに、舌がうまく動かせないこともあり、一部の人を除いて、嚥下が阻害される。すると、ノドの奥を唾液で湿らせることが出来ないので、乾いてくる。それを放って置くと、やがて、痛みに変わることも。これはつらい。

すると、本来ソフトだったはずのボールギャグ責めというプレイが、突然、自分自身の生命活動に大きな支障が出るのではないかと不安に思うような、かなりハードなプレイに転じてしまうんだ。

そのことを責め手であるSはちゃんとわかっていなければいけないと思う。

そう、ソフトプレイだから…と、安心しきってはいけないということ。

あらゆるソフトプレイは、やり方を変えれば、超ハードなプレイになり、奴隷の体や精神に、もしかしたら修復不能なダメージを与えることがあるということを知っておくことは大切だと思うよ。

〝ゆえ〟とのプレイも4年目に入った。ちなみに〝ゆえ〟はボールギャグをしたままでのでの嚥下もできるし、こうした放置プレイも大好き。

とはいえ、こうした「ソフトがハードに変わる」という経験は、実際に今までに何度かしているし、〝ゆえ〟から、後で「ご主人様、実は…」と聞かされることもある。ああ、危なかったなぁ…と反省することも。

SMプレイ、ソフトだからと言って、安心は禁物。

ソフトなつもりが、気づかないうちにハードにMを責めていることがあるという、そういう自覚をこれからも持って、〝ゆえ〟とプレイを続けていく〝Y〟だよ。みなさんもぜひ、心に留めてみてね。




〝ゆえ〟への電マ責めで気づいた、男性のドライオーガズムとの接点

denma201902_03flsh.jpg
懐かしいマルゴーの革具とともに


前々回(こちら)、電マプレイの楽しさを書いた。

奴隷の〝ゆえ〟、そのとき書いたように、あとで、こうメールで教えてくれた。

電マのしびれる感覚で、すごく気持ち良いのにおまんこが痛くなる感覚、でも、膣の中は刺激を受けないから、どんどん疼いて仕方なくなっていきました。電マ責めは、気持ち良いのにすごく苦しい(快楽も呼吸も)です。

終わり静寂を迎えると、ぐったりしているのに膣が疼いて仕方ない身体に気づきました。

だから、はしたないと感じながらも、「おまんこにおちんぽ様を入れていただきたいです」とお願いしました。

おちんぽ様は、やはり、バイブとは比べられない、、本当に気持ちよくて。


ツイッターでもつぶやいたけど、〝ゆえ〟のこの言葉を聞いて、かつて、〝やま〟がドライオーガズムの訓練のためにM性感を利用していた時の事を思い出したよ。

ベテランの方に「パンスト亀頭責め」をしてもらったんだ。

ご存じの方もいらっしゃると思うけど、パンストに沢山ローションをつけて、それで、勃起したペニスの亀頭部分を往復運動してしごくという、本来はM男性向けのテクニック。

これ、それまで体験したことのない、強烈な気持ち良さと、同時に、強烈な苦しさに襲われる。

射精したいけど絶対に射精できない!そして、痛いような独特の身体を貫くすさまじい快楽…。終わると、ぽっかりと穴が空いたような喪失感があり、射精したくてたまらなくなる。

そう。どうも、〝ゆえ〟の言葉を聞くと、それと近いんじゃないかって感じたよ。〝ゆえ〟の身体を激しくよじらせる姿を見ると、〝Y〟もそっくり同じように身体をよじらせて悶えたなぁ…と昔の記憶が蘇った。

もともと、解剖学的に見ると、亀頭は女性のクリトリスと一緒と言われているしね。

最近になって、科学は男性と女性、性器はかなり似た構造であるということを解き明かし始めた。いままで女性にはないと言われてきた前立腺も、同様の器官(スキーン腺)が実は存在することがわかってきたよね。

構造だけじゃない。実は快感においても、例えば、男性も女性の「中イキ」に相当する「ドライオーガズム」が存在することがわかってきている。

だとすると、〝ゆえ〟の苦しみ。わかる気がするなぁ…。

自分のパンスト亀頭責め体験をてらしあわせてみると、〝ゆえ〟が逃れようと体をよじらせ、泣き叫ぶのを見て「かわいそう」とは思わず「もっと楽しめ!」と、ますますサディスティックな気分になってしまう〝Y〟だよ。





バストが小さくても、コンプレックスを抱く必要はないよ!

slimbody201902_02flsh.jpg
〝ゆえ〟の身体はスリムで胸もさほど
大きくはない。でも…、


今日は女性に向けてのお話。

胸の大きさが気になる人は多いよね。豊満な人はラッキー!という感じで男性の視線が釘付けになる。確かに豊かな乳房は男性へのセックスアピールとしては大きな要素であるのは間違いないよね。AVなどでも巨乳というのは、ウリになる。整形手術で豊胸する人も多い。

じゃ、胸の大きくない人、たとえば、微乳と呼ばれる人って、アンラッキーってこと?

いや、そんなことはないよ。

だって、自分は気にならないもの。いや…、むしろ逆だな。

実は若い頃から胸の大きくない人が大好きだった。

有名な画家に「高塚省吾(1930-2007)」という人がいる。この人は美人画で良く知られている。その彼が多くの絵を残したモデルさん、代表的な方が数名いらっしゃるけど、中でも、この絵に描かれた方は一番多く知られているんじゃないかな。

takatsuka201902_02.jpg
この美人画、見かけたことの
ある人もいるよね。
高塚省吾の「イヤリング」。


そう、胸の大きさはさほど大きくない。そして、全体にとてもスリム。清楚な日本女性というイメージにぴったりだよね。

このモデルさんの体型が実はとびきり大好きな〝Y〟。こうした体つきを見ると、昔から、すごく性欲が高まるんだ。つまり、バストサイズが小さい女性にセックスアピールを強く感じる!

さらに言えば、こうした体型の方はたいてい鼻孔も細い。これも〝Y〟の嗜好にドンピシャ!

だから、〝ゆえ〟と出会ったときには本当に感激したよ。ここまで自分の理想の女性を奴隷にできたのだから。

こうした嗜好って本当に不思議だね。これはどうしてかという理屈では説明できないもの。

それからね、若い10代や20代前半の頃って、性的にまだ初心者。深い性の魅力をまだ知らない事もあり、むやみに胸の大きさが魅力的に映ったりするという傾向がある。

でも、次第に性の喜びを深く知ってくると、自分にとっての、女性の性的魅力がピンポイントで分かってくる。

たとえば、〝Y〟の場合はそれが前述のように鼻孔の形だったりする。女性にとっては思いもよらないことかもしれないね。でも、そういうものなんだ。女性のうなじの線の美しさに激しく惹かれるという人もいるし、背中のラインが好きだという人も。だから、必ずしも男性は大きなバストが好きというわけではないんだよ。

というわけで、もし、貴女がご自身のバストサイズにコンプレックス持っているのであれば、それは全く必要ないということをぜひ伝えたいと思って、この記事を書いたんだ。




人生って、捨てたものじゃない…。

yue201812_03flsh.jpg


〝ゆえ〟を奴隷にして3年目。

振り返ってみてしみじみ思うんだ。「人生って捨てたものじゃないなぁ…」って。

若い頃は色々な苦労をしたし、数年前には仕事で危機的な状況に置かれたりもした。身体もこわして死を意識させられたこともある。そんな自分がこうして、子供の頃から夢に見ていたような理想的なSM生活をM女性とともに、50代になってから送れるようになったのだから。

人生は頑張って生きたとしても80年くらいだろうし、もしかしたら、急に病を得たりして、もうすぐにでもこの世を去るかもしれない。50代というのはそんなことを意識するんだよね。あと何年生きられるかなぁ…って。仕事で多少キツいことがあっても、辛くなくなってくる。「頑張って仕事をするのも、あと数年しかできないし…」ってね。

だから、このブログを以前からご覧の皆さんはご存じのように、かつてのパートナー〝なみ〟からSM決別宣言を受けたあと、最初はショックだったけど、立ち直った。残された人生、楽しむしかないっ!てね。

そこで、前を向き、いちかばちか、「自分の理想のM女性を捜そう!」とSM追求の放浪の旅に出た。

そう。再び、大海原に出て色々な出会いを体験してみようって。大冒険だったんだ、自分としては。〝Y〟は社会的にみれば凄く真面目な人間だからね。周囲の人は誰一人、〝Y〟がSMをしている人間だなんて思っていないと思うよ。

そして、夢を叶えるきっかけになった一つには、このブログをごらんになっているYZさんの応援もあった。彼との出会いのきっかけは、このブログにコメントを送って下さり、そうしてメールのやり取りが始まったこと。そして彼が話してくれた自身のSM遍歴のなかに、新しい出会いのヒントがあった。こうしてみるとブログって、大切な出会いやきっかけをもたらしてくれるものでもあるんだ。YZさん、ありがとう。

時代の後押しもあった。今は「SMの相手を探しています!」とネットで公言すれば、お相手をしてくださる方がいらっしゃる。出会いがないとおっしゃる方も多いけど、実は手順を間違えない限り、出会いは無限にあるのが今の時代なんだって思うよ。

実際に、そうして何十人もの女性とプレイをしてみた結果、最終的に〝ゆえ〟と出会ったわけで、その間の体験もまた、自分の成長に大きな影響を与えたと思う。彼女たち一人一人、本当に心から感謝の気持ちは尽きない。ありがとう。

また、〝ゆえ〟を奴隷としてからも、その主従関係を通した様々な経験で二人はお互いに学び続けている。正直、関係が危機に瀕したことも。主従関係は奴隷もご主人様も、ともに成長していくための学びの場でもあるんだ。

でも、そもそも、なぜ〝Y〟は〝ゆえ〟を奴隷にしたのか、できたのか?

もちろん、まずはこんな「へなちょこ〝S〟」である〝Y〟をご主人様として選んでくれた〝ゆえ〟の寛大な心に感謝しなければいけない。本当にありがたいことだと思う。

その上で考えると、使い古した言い方かも知れないけど、「縁」という言葉が頭に浮かぶよ。

出会った瞬間に、待ち合わせの場所で〝ゆえ〟の姿を見た瞬間に、「あ、この女性が今までずっと探してきた相手だ」と、ピンときたから…。

そんな女性は他にいなかった。

〝Y〟の直感というのは、仕事でもそうだけど、不思議によく当たる。

そして、実際にその後、〝ゆえ〟が自分の奴隷となってくれて、〝Y〟のSM放浪の旅も終わり、今日に至るんだ。もっとも、あまりの〝Y〟のへなちょこぶりに〝ゆえ〟がいつ愛想をつかしてしまい、関係が終わってもおかしくないのだけどね。(^^;)

とはいえ、まさかこの年齢で、こんな出会いがあるとは!

だから、もし、自分の夢がかなわないからって、SMの相手がいないからって、絶望している人は、決して諦めないでね。「縁」も、自分が動かない限り目の前には現れない。そして、ここに良い実例があるのだから。(^^)

「人生、捨てたものじゃない!」

まず、一歩踏み出してみようよ。人生は自分の夢を叶えるためにあるのだからね。

というわけで、大晦日の今日、新年が皆さんにとって良い年になりますように…、という願いを込めて、この文章を書いたよ。

みなさん、楽しいお正月を!そして新たな年に素敵なSMライフを!!




 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.