FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (27)
ボンデージの道具たち (26)
アルファイン(SMホテル) (22)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (16)
風俗 (4)

アルファインのお部屋~204号室「淫ら天使」

alphainn204_01sh.jpg
コンパクトながら落ち着きのある色調のお部屋。


今や海外からも注目される日本のSM専門ホテル「アルファイン」のお部屋紹介。今回は204号室「淫ら天使」。

こちら、2室ある「ビギナー」カテゴリーの1室。

このお部屋の公式ページによる設備は、

・Suspension (ツリ)
・磔台
・天吊り手枷
・拘束椅子


となっているんだ。

初心者向けということで、確かに設備は少ない。その分、お値段もアルファインの中ではかなり安くなっているよ。REST(休憩&サービスタイム)が10,370円、そしてSTAY(宿泊)が16,850円。

この部屋に足を踏み入れてみると、まず、ダークチェリーの柱、そして、ベージュ系の壁というオーソドックスな組み合わせのインテリアに心が落ち着くんだ。

alphainn204_02sh.jpg
ベッドの横はお風呂への広い窓。


そして、やや明るい印象。実際、ベッドのあたりは照明が集中していてかなりの明るさ。一方で、磔台の当たりは緑のダウンライトがあり、やや暗さも感じ、趣が違う。同じ部屋でも、場所によって印象が異なるのは面白いね。

バスルームにと目を向ければ、湯船は縦方向だけど、広い。このあたりは404号室「魔洞窟」や504号室「地底窟」もそうだから、最近の改装の傾向かもしれないね。水回りなども比較的新しい設備になっていて使いやすいよ。

ビギナーということで、トイレも「晒し」ではなく、独立した部屋になっているから、初心者を連れてきても安心。ただし、便器は和式だけどね。このトイレのタイルは少々ポップな可愛らしい、昭和の時代を感じるもの。トイレは大きく改装していないのかもしれないね。

alphainn204_06sh.jpg
個室タイプのトイレにホッとするビギナーも多いはず。


ベッドには手足枷がついているし、磔台もある。拘束には困らないはず。

とにかくコンパクトな作りが印象的な部屋だけど、実はこの部屋には幾つか、他にない面白いものがあるんだ。

alphainn204_03sh.jpg
これがその「天吊り手枷」。


一つはここ最近、「天吊り手枷」が導入されたこと。これ、実は他の部屋では204号室「楊貴妃」にだけある。その部屋の記事にも書いたけど、天井から吊された棒にしっかりとした手枷がついているもので、これに奴隷を拘束すると、もの凄く「絵」になる。しかも、これで拘束された奴隷は360度、身体を回すことができるから、鞭打ちをすると、もの凄く楽しい!そう、どの角度からでも鞭打ちできるし、また、奴隷も、鞭の打力で身体を揺らしたり、回転したり!この楽しさは皆さんにもぜひ味わって欲しいな。

また、奴隷の〝ゆえ〟にとっても、この「天吊り手枷」、拘束された状態で長時間耐えられるので大好きだと言っていたよ。

alphainn204_04bflsh.jpg
こうして吊ることができる便利な道具。


そして、もう一つは「磔台」。このお部屋のものは何と「拘束椅子」と合体しているんだ!

両脚を開いて、陰部を晒した格好になる。部屋備え付けの綿ロープで大腿部を固定すれば奴隷が必死に足を閉じようとしても無理。強制的な晒し装置になるよ。で、奴隷も座った形での磔なので、肉体的な負担が少ない。よく考えられた装置だね。これも他のお部屋では見たことがない独特の設備。これを使いたいがためにこの部屋を選ぶという人もいるかもしれないね。実際、〝ゆえ〟は「大好き!」と言っていたから。感覚的には603号室「巌窟王」の肋木に似た拘束具が近いと〝ゆえ〟が言っていた。

そしてビギナーのカテゴリーながら、吊りの設備も。フックも沢山あり、縄をされる方にとって重宝する部屋だと思うよ。

今のところ縄のプレイをしない我々だけど、この日は久し振りにアームバインダーを持ってきたので、これを〝ゆえ〟に装着し、その先を滑車にとりつけて、ほどよい高さにつり上げた拘束を楽しんだよ。

〝ゆえ〟は「お部屋はコンパクトなのですが、私はこのタイプのお部屋が、なんだかとても落ち着くので、大好きです。」と後で感想をメールに書いていた。

コンパクトな部屋というのは、奴隷との距離感がとても短く感じられるもの。そんな環境でみなさんも濃密なプレイを楽しんでみては?

alphainn204_05flsh.jpg
〝ゆえ〟が大好きな磔台。




この本にもアルファインが紹介されているよ!


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

アルファインのお部屋~201号室「隠し砦」

alphainn201_01sh.jpg
奥行きがあり広い印象のお部屋。
そしてSMチェアの宇宙遊泳がある!


SMの世界で知らぬ者はいないと言われるSM専門ホテル「アルファイン」。そのお部屋を紹介するシリーズ。今回は201号室「隠し砦」。

全館に2室だけ存在する和風のお部屋。縄のファンが多いSMだけど、和風は2室だけというのは少々意外な気もするね。もう一室は以前にも紹介した501号室「痴乱将軍」(こちら)。

このお部屋の公式ページによる設備は、

・Suspension (ツリ)
・オープントイレ
・宇宙遊泳
・変形椅子


となっているよ。

お値段はやや安い方のカテゴリー。REST(休憩&サービスタイム)が12,530円、そしてSTAY(宿泊)が23,530円。

この値段は301号室「サド侯爵」と同じ。そして、部屋の広さもほぼ、そちらと同じなんだ。そう、値段にしてはかなり広いので、スペースではオトク感が高いお部屋だよ。実際、お部屋に足を踏み入れると、奥行きがあり「え?この値段でこんなに広いの?」とまず驚いてしまう。

alphainn201_02sh.jpg
宇宙遊泳を移動させれば床をかなり広く使える。


これだけ広いと、ペアで利用してもいいかもしれないね。そういえば、お風呂にシャワーヘッドが2つあるんだ。これもそうした利用を意識してのことかな。

そして照明はかなり明るい。この明るさは〝Y〟にとってはとても嬉しい。

和風だから、当然、吊りができるように、梁や滑車、そして多くのフックがある。インテリアも畳こそないものの、障子を模したような飾り窓があったり、古い日本家屋風の壁紙だったり、瓦風の庇があったり、そして照明のシェードも和風!床は灰色で無機質。

お風呂はやや広く、水回りもいい。でも、プレイルームからは見えない構造になっていて、それは同じ和風の501号室とは違う点だね。でも、見えない方が落ち着いて…という人もいらっしゃると思うので、選択肢があるというのは良いことだよ。

alphainn201_03sh.jpg
和式トイレには一応カーテンが。


初心者には気になるトイレ。これは一応、プレイルーム内にあり、和式で一種のさらしになっている。ただ、カーテンがついているので、恥ずかしい人には救い。

コイン式の電マ、そしてベッドには手足枷と、必要な物はほぼ揃っているよ。壁の小道具も、鞭だけでなくスパンキングラケットもかかっていて十分!(2017年11月)

拘束のための十字架も壁にある。和風の部屋に十字架?と思われるかもしれないけど、上の写真でご覧のように、違和感はないんだ。

そして、拘束と言えば、この部屋の最大の魅力、なんと「宇宙遊泳」がある。SMチェアの一種で、ファンも多いよね!さすがに和風の部屋にこの装置は、若干、見た目は違和感あるけど、それを越えて、この道具が使える!という魅力が勝るよね!

だって、この価格のクラスの部屋で宇宙遊泳って、他にないもの!

さらに、変形椅子と名付けられている局部の晒し道具も、お好きな人は多いかも。これは401号室「奴隷市場」にあるのと同じだね。この道具のことは、かつて、こちらの記事にも書いたよ。

alphainn201_05flsh.jpg
ベッドの上にある梁にもフックが。
こうしてベッドで〝ゆえ〟の両手を拘束するのも楽しい。


全体的に見て、コストパフォーマンスが非常に良いお部屋だと言える。初心者向けでもあり、上級者でも使える、広い層を対象に出来る部屋という印象だね。

アルファインで和風の部屋を使いたいという場合、暗い淫靡なムードでのプレイが良ければ501号室「痴乱将軍」。明るい照明の下に奴隷を晒してプレイをしたいという場合は、こちらの201号室「隠し砦」を選ぶという感じかな。

〝Y〟はこの部屋、かなりのお気に入りだよ。



この本にもアルファインが紹介されているよ!


アルファインのお部屋 304号室「楊貴妃」

alphainn304_01sh.jpg
部屋の奥から見るとこう。


SM愛好家にとって、ファンタジーランドのようなホテル「アルファイン」。そのお部屋紹介。今回は304号室の「楊貴妃」。

全館に2室ある中国風のうちの1部屋。もう一方の「西太后」はすでにこちらでご紹介したよね。

さて、このお部屋の設備は次の通り(2018年5月に利用した際)。

・Suspension (ツリ)
・十字架
・天吊り手枷

そう。比較的シンプルな構成だよね。

alphainn304_02sh.jpg
部屋の入口からだと…。


それだけにお値段はかなり安い価格帯。休憩(サービスタイムも)であるRESTが10,370円、そして宿泊のSTAYが16,850円となっているよ。

さて、部屋のインテリア。これは西太后と同じ赤を基調としているのだけど、暗い、渋い赤。照明もさほど明るくないので、落ち着いた雰囲気になっている。窓を埋めた扉には凝った龍の彫刻も。さすがアルファイン、こんなところの内装にも、かなりのこだわりがあるねぇ。

alphainn304_03sh.jpg
この彫刻が印象的。


以前は十字架がなくて、磔台になっていたので、十字架は最近になってリニューアルでつけられたのかな。他の部屋にもある茶の革張り、標準的な十字架になっているよ。

また、特徴的なのは天井からツルされた手枷。これはなかなかユニークだよね。これに奴隷を吊るし、そして、鞭の連打なんてプレイも楽しい。

alphainn304_04sh.jpg
この吊り手枷は他の部屋ではあまり見かけない。


もちろん、本格的な吊りのための滑車も用意されている。つまり、基本的なものから上級者向けまでの道具が揃っているんだ。万能選手だね。

SMチェアは使わない…という人にはぴったり。その代わりベッドは手足枷がついているからそれで代用しようとすれば出来ない事はないしね。

ただ、電マがないので、電マ責めを愉しみたい人は持参する必要があるね。

コンセントは入口付近と、テレビの下に。

あとね、トイレは入口の方に個室タイプのものがある。晒しトイレは苦手…という人にはぴったり。ちなみに珍しく和式。

alphainn304_05sh.jpg
お風呂とプレイルームのガラス窓。


そして、お風呂とプレイルームの間のガラス窓。これ、結構広いよ。アルファインにはこのタイプの部屋は多いけど、窓はかなり広いので、嬉しい人も多いのじゃないかな。

お風呂もリニューアルをしているので、バスタブは広く、水回りも悪くない。洗面台も綺麗だよ。

鏡は十字架の正面。奴隷は自分の磔した姿を目にすることになる。

壁の小道具類、首輪(リード付き)、手枷、鞭、目隠し、ボールギャグ、洗濯ばさみ、綿ロープという構成になっている。

初心者から上級者までリーズナブルに楽しめる部屋という印象だけど、特に、あるこだわりのある人にはぴったりの部屋…。それは…。

そう。チャイナドレスのコスプレ!

alphainn304_06bflsh.jpg


と、こうなっちゃうでしょう!(笑)

このお部屋での実際の〝ゆえ〟とのプレイについては、次回の記事で詳しくご報告するので、お楽しみに!



この本にもアルファインが紹介されているよ!



アルファインのお部屋 301号室「サド侯爵」~2

alphainn301_01sh.jpg
入口から見るとこう。


東麻布にあるSMの聖地、アルファインのお部屋紹介、今回は301号室「サド侯爵」。以前にもこのお部屋について書いたけれど今回はその改訂版。

アルファインの各部屋にはそれぞれ独特の名前が付いているよね。それぞれの名前が何を意味するのか、どうして、その部屋についているのかを考えるのもまた楽しいもの。

そんな中で「サド侯爵」はズバリ!元祖SM!という名前。そう、お部屋の種類も「スタンダード」というまさにSMのメインストリーム的な部屋に分類されているよ。

REST(休憩&サービスタイム)が12,530円、そしてSTAY(宿泊)が23,530円。これは価格帯でいえば、やや安い方のカテゴリー。

alphainn301_00sh.jpg
奥からだとこういう風になる。


さて、お部屋の設備は2018年4月に利用した際は、以下の通りだった。

・磔台
・十字架
・後背位専用便女


このほかに電マが常備され、ベッドには手足枷がついている。

責め具の数だけ言えば意外とシンプル。でもね、上記の中に…、そう、気づいた?

「後背位専用便女」。以前は確かこの部屋に置いてあるのはSMチェアだったけど、その代わりに置かれたこの装置。AVメーカーのソフト・オン・デマンドがホテル向けに製作しているSM責め装置の1つ。同社の「射精公衆便女 SUPER STAR 大沢美加」というAVにも登場するね。

一部に熱狂的なファンを持つ装置。

alphainn301_04sh.jpg
これがその装置。


奴隷を上半身前にかがませた格好で固定して下半身があらわになるというもの。顔はフェラチオに良い位置にくるし、下半身もいくらでも責め放題というとてもとても便利な木製の大型道具。これが置いてあるんだ!これだけでもこの部屋に行きたい!と思う人も多いはず。

alphainn301_06sh.jpg
フェイスクラッチマスクを装着した〝ゆえ〟を
この装置で責める。
ジップオープンタンガーから突きだしたご主人様の
モノを不自由な口でご奉仕する。


それとね、磔台というのは他の十字架やX字架とは少々趣が異なるんだ。つまり、奴隷が固定された場合、背中を預けるものがない。したがって、磔にしたまま背中に鞭を打つことが可能。そう、これは鞭打ちの楽しみが広がるよね!キツイ鞭の打ち方もできるし、そういう意味でもこの部屋はシンプルながら初心者から上級まで使える、まさに「スタンダード」という看板に偽りなし。もっとも吊りの設備がないのだけは残念だけど。

alphainn301_03sh.jpg
磔台は十字架やX字架とは違った魅力が。


この磔台、奴隷の方は辛い。手が空中に吊らされたまま。途中で腕を預ける場所がないからね。手が痺れてきたようだったら、手枷の位置を変えるとか(中央にもフックがあるよ)、そうした配慮はしてあげようね。

alphainn301_05sh.jpg
〝ゆえ〟も途中で音を上げそうになる。


部屋全体の照明はやや暗め。その分、ムードが出るのだけど、奴隷の写真を綺麗に撮りたいと言う人はライティングに工夫が必要かも。

コンセントが多いのもこの部屋の特徴。これはAC電源のオモチャを使うときにもありがたいよね。

そして、もう一つ。アルファインのお部屋は鏡の使い方が凄く上手なんだけど、この部屋も例外ではないよ。ちょうど磔台や後背位専用便女の向かい側とベッドの向かい側に大きな鏡がある。だから、プレイをしながら、鏡に映る奴隷を眺めるのも楽しいし、奴隷もまた、責められている自分の姿を目にすることになり、羞恥にうつむくことになるというわけ。特に後背位専用便女の場合は、奴隷の後ろに座って、下半身を後ろから責めていても、向かいの鏡越しに奴隷の表情を見ることができるんだ。これは楽しい!

プレイルームからバスルームも見えるから、奴隷のシャワー姿を見るのもおつなもの。あるいは、逆にプレイルームに奴隷を磔にしたままオモチャをとりつけよがり狂わせ、自分はゆっくりとシャワーを浴びながらそれを眺めているという楽しみも!

色々な楽しみ方がリーズナブルにできる良いお部屋だよ。

alphainn301_02sh.jpg
別の角度からの部屋全景。



<参考>
・アルファインの公式HP
http://www.hotelalphain.com/
・アルファインのfacebook
https://www.facebook.com/hotelalphain/




この本にもアルファインが紹介されているよ!

アルファインが年間パスポートを導入!(必ず最後まで読んでね)


〝ゆえ〟と〝Y〟はどれだけお世話になっているんだろう。
だから、これは本当に嬉しいニュース!


今日は4月1日。年度当初にふさわしい話題を。

SMの聖地とも言える東京・麻布にあるSMホテル、「アルファイン」。その素晴らしい施設と雰囲気がお気に入りの〝Y〟。このブログでも何度も取り上げてきているよね。

そのアルファインが先日、雑誌の記事に。(月刊・SMタイムズ4月1日号p.41)

SM専用ホテル、アルファイン(東京都港区)は、創業39周年を記念し、4月1日より1年間有効の年間パスポートを発行すると発表した。これはTDLなどと同じ方式で、年間99,800円のパスポートを購入すれば、発行日以降1年間、何度でもサービスタイムでの利用ができるというもの。65歳以上の利用者向けには、シニアパスポートも発行し、こちらは65,000円で購入できる。4月内の購入であれば、ホテルで販売している「有末剛オリジナル手ぬぐい」が1本プレゼントされる。
 また、ホテルの記念事業として、昨年、耐震補強工事の際、偶然見つかった敷地内の温泉の本格採掘が行われ、創業40年を迎える2019年に1月には各部屋で天然温泉が利用できることになる。浴槽も「檻」タイプや「SMチェア」タイプなど様々な趣向をこらしたものに改装する。
 ホテルでは東京オリンピックを前に、外国人利用客の大幅な増加も見込んでいる。室内表示の英語化も進めているが、さらにはホテルの海外展開も視野に入れているという。


これは嬉しいよね!

最近〝ゆえ〟と毎月のようにアルファインに通っている〝Y〟。

年間パスポートを買って、例えば大好きな102号室「スワップ地獄」を利用したとしたら、6回くらいで元が取れる!

先日利用した際、〝ゆえ〟が「東京ディズニーランドに年間パスポートがあるのだから、SM界のTDL、アルファインにも欲しいわ…」と話していたばかり。フロントの前で話していたその会話を聞いていてくれたのかなぁ…と思うくらいに嬉しい企画。

というわけで、これからも足繁くアルファインに通いたいなぁ。

ここまで読んで来られた皆さんに一つだけご注意を。

冒頭に書いたように、この内容、「今日」、つまり「4月1日」だからこそ〝Y〟が書いた記事だからね。

ふふふ。ふー、ふー、ふー…る。そう、えいぷりるふーる!

くれぐれもホテルへ問い合わせをしないようにね!!

ちなみにアルファイン、公式ホームページの他にfacebookページもあるんだ。
https://www.facebook.com/hotelalphain/


この本にもアルファインが紹介されているよ!

 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.