FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (21)
ボンデージの道具たち (24)
SMホテル(アルファインなど) (18)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (14)
風俗 (4)

アルファインが年間パスポートを導入!(必ず最後まで読んでね)


〝ゆえ〟と〝Y〟はどれだけお世話になっているんだろう。
だから、これは本当に嬉しいニュース!


今日は4月1日。年度当初にふさわしい話題を。

SMの聖地とも言える東京・麻布にあるSMホテル、「アルファイン」。その素晴らしい施設と雰囲気がお気に入りの〝Y〟。このブログでも何度も取り上げてきているよね。

そのアルファインが先日、雑誌の記事に。(月刊・SMタイムズ4月1日号p.41)

SM専用ホテル、アルファイン(東京都港区)は、創業39周年を記念し、4月1日より1年間有効の年間パスポートを発行すると発表した。これはTDLなどと同じ方式で、年間99,800円のパスポートを購入すれば、発行日以降1年間、何度でもサービスタイムでの利用ができるというもの。65歳以上の利用者向けには、シニアパスポートも発行し、こちらは65,000円で購入できる。4月内の購入であれば、ホテルで販売している「有末剛オリジナル手ぬぐい」が1本プレゼントされる。
 また、ホテルの記念事業として、昨年、耐震補強工事の際、偶然見つかった敷地内の温泉の本格採掘が行われ、創業40年を迎える2019年に1月には各部屋で天然温泉が利用できることになる。浴槽も「檻」タイプや「SMチェア」タイプなど様々な趣向をこらしたものに改装する。
 ホテルでは東京オリンピックを前に、外国人利用客の大幅な増加も見込んでいる。室内表示の英語化も進めているが、さらにはホテルの海外展開も視野に入れているという。


これは嬉しいよね!

最近〝ゆえ〟と毎月のようにアルファインに通っている〝Y〟。

年間パスポートを買って、例えば大好きな102号室「スワップ地獄」を利用したとしたら、6回くらいで元が取れる!

先日利用した際、〝ゆえ〟が「東京ディズニーランドに年間パスポートがあるのだから、SM界のTDL、アルファインにも欲しいわ…」と話していたばかり。フロントの前で話していたその会話を聞いていてくれたのかなぁ…と思うくらいに嬉しい企画。

というわけで、これからも足繁くアルファインに通いたいなぁ。

ここまで読んで来られた皆さんに一つだけご注意を。

冒頭に書いたように、この内容、「今日」、つまり「4月1日」だからこそ〝Y〟が書いた記事だからね。

ふふふ。ふー、ふー、ふー…る。そう、えいぷりるふーる!

くれぐれもホテルへ問い合わせをしないようにね!!

ちなみにアルファイン、公式ホームページの他にfacebookページもあるんだ。
https://www.facebook.com/hotelalphain/


この本にもアルファインが紹介されているよ!

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

アルファインのお部屋 501号室「痴乱将軍」

alphainn501_01sh.jpg
入口から見たらこう。ベッドの頭上、
葵のご紋が強烈な印象を与えるよね。


SMの聖地とも呼ばれるSM専用ホテル「アルファイン」のお部屋紹介、今回は501号室「痴乱将軍」。

アルファインに2室だけある和風のお部屋。その一つ。

公式ページによる設備は、

・Suspension (ツリ)
・磔台
・木馬
・変形椅子
・ブローバス


となっている。

alphainn501_02sh.jpg
奥から見るとこう。
バスルームがよく見えるよ。


値段はちょうど中くらいのカテゴリー。REST(休憩&サービスタイム)が14,690円、そしてSTAY(宿泊)が25,690円。

最初にこの部屋の写真を公式ホームページで見たときは結構度肝を抜かれたんだ。ベッドの頭の部分の壁、大きな葵のご紋が木彫りで飾られている。これはねぇ、いくら何でも、〝Y〟のように革具を中心にしたボンデージには合わないでしょう…。

そう、だから、この部屋を利用することはまずないだろうなぁ…って思っていたんだ。

ところが、このブログで〝ゆえ〟とともに全室制覇して、紹介しようという気持ちになったものだから、利用しなきゃ…となったわけ。

で、ある日、ついにお部屋に向かったんだ。

入口は二重扉になっている。

そして、部屋に入ってみると、まず、全体にさほど明るくないということに気づくんだ。そう、やや暗めの照明。こちらが淫靡な雰囲気でいいという人も多いだろうね。そして、赤のなまこ壁を模したような内装がとても印象的。

そして、前述の葵のご紋、でーんと存在感を示しているよ。

部屋の設備をゆっくりと見てみると、意外と充実していることに気づくんだ。まず、和風であれば、当然、縄プレイをされることが前提となっているだろうから、天井には滑車。そして、数多くのフックが付いている。

そして、壁の磔もしっかりとあるし、シンプルな木馬、変形椅子などもあって、長時間、バラエティに富んだプレイができそうだね。

上記公式ホームページの記載にはないのだけれど、実は全館に2室しかない「スリングーブランコ」があるのが嬉しいんだ。和風の部屋なのに!

alphainn501_03sh.jpg
これがそのスリングーブランコ。


そして、バスルームはガラスでプレイルームと仕切られているから、奴隷の入浴を見て楽しむことができる。そう、トイレも、バスルームに仕切り無しで置いてあるので、洋風便座に腰掛ける奴隷を眺めることもできるよ。また、リニューアル後、まだ数年なのか、水回りも良く、全体に綺麗なバスルームだよ。

ところで、このお部屋、隅々まで見ていて、〝ゆえ〟が面白いモノに気づいたんだ。

ベッドの頭の部分の物置のような扉、開いてみると、なんと、文字が墨で書かれた壁紙のようなものが…。これ、もともと改装前の部屋のものだろうか?謎だねぇ。

alphainn501_04sh.jpg
小さな扉を開けると謎の壁紙が…。


さて、実際にプレイで使ってみると…。

これがね、面白いんだけど、革と良くマッチングするんだ。〝ゆえ〟がこう感想を言ったよ。

「入ってみると、ハリウッドテイストな和風で、黒と赤の配色が、革具にも映えました」

そう、確かにハリウッドテイストというのは言えているね。

そして、例の葵のご紋、プレイに集中すると、全く気にならなくなるんだ。そんなものなんだね!

この日はスリングーブランコを長時間楽しんだり、フックに手枷をひっかけて、彼女を両手吊りにして、そこに鞭打ちをして楽しんだり、そんな風におもいっきりプレイを楽しめたよ。

wafu01flsh.jpg
そう、先日の記事に登場した
この写真はこの部屋でのもの。


部屋の奥には2面にわたり大きな鏡があるので、自分たちを鏡で眺めながらプレイをすることができる。鞭打ちの姿は鏡で見ると本当に楽しいんだ。

ベッドには手足枷もあるし、電マも常備。

実に使い勝手の良いお部屋。

洋風なボンデージがお好きなあなたもぜひ利用してみるといいよ。

alphainn501_05flsh.jpg
革ボンデージの〝ゆえ〟、和風の磔にも合う。



この本にもアルファインが紹介されているよ!



アルファインのお部屋 502号室「拷縛便器」

alphainn502_01sh.jpg
入口から見たらこう。床が広いので、
シートを敷いてのロウソクプレイなどにも便利。


東京は東麻布にあるSM専用ホテル「アルファイン」のお部屋紹介、今回は502号室「拷縛便器」だよ。

このお部屋公式ホームページでは紫色の内装が印象的なお部屋。

公式ページによる設備は、

・Suspension (ツリ)
・チェーン磔台
・オープントイレ
・シャワールーム


となっている。

値段は安いほうのカテゴリー。REST(休憩&サービスタイム)が11,450円、そしてSTAY(宿泊)が20,090円。

alphainn502_02sh.jpg
部屋の奥からみるとこうなるよ。


アルファイン、各階とも同じ位置の部屋は、構造が似通っているんだ。この部屋の場合、302号室の「晒し便座」、402号室の「排泄学園」、602号室「羞恥破壊」と似た構造になっているね。お風呂がなく、シャワールームだけというのも共通(402号室はバスタブあり)。

特に302号室とはチェーンの磔台というところも共通している。この4室、他にも便器の形など、細かく見ていけば、共通する部屋と異なる部屋があるんだ。同じ部屋の構造でも、少しずつ設備が異なっているところがまた、バリエーションが豊かになる要素でもあり、面白いね。

入口は二重扉なので、奴隷の悲鳴も外にもれにくいよ。

alphainn502_03sh.jpg
磔はチェーンスタイル。
手枷と足枷は別途とりつける必要があるよ。


このお部屋、各階の同じ位置にある部屋と決定的に違い、魅力的なのが「鏡」。

これが実に多く取り付けられているので、奴隷の姿をまさに「晒」しているような感覚を楽しめるんだ。しかも、部屋が明るいから綺麗に、よぉく見える。505号室のスモークのはいったような鏡を多用した「萬華鏡」は名前通り鏡がご自慢だけど、そちらよりもいいかも。

そして、その鏡、ぴかぴかに磨かれている。アルファインの清掃スタッフの心意気を感じるよ。いい仕事しているねぇ!

そしてその明るさ、これがアルファインのお部屋の中ではトップクラスの明るさだと思うんだ。奴隷の苦しむ、あるいは、悶える姿を細部までよく見てみたいというときには、このお部屋は良いね。最近〝Y〟は老眼も始まっているからねぇ、暗いとよく見えなくて…(爆)。

alphainn502_05sh.jpg
壁には必要最小限の小道具がかかっている。


部屋そのものもリニューアルからまださほど年数が経っていないみたいで、とても綺麗。水回りも良い。もっとも5Fなので、お湯が出るまでやや時間がかかることがあるけどね。

設備も吊りがあるし、ベッドには手足枷がついている。

ただ、電マはないので、使いたい方は持参の必要があるね。

alphainn502_04sh.jpg
何と言ってもこの磔便器が強烈な存在感。


コンパクトで、非常にコスパの良い部屋であると同時に、満足のいく使い方ができる。オススメのお部屋。あ、ただ、連れて行く奴隷がまだ初心者で、晒し便器になれていない場合は、要注意!

それと、ご主人様もドレイに大きい方の排泄を見られたくなければ、腹具合を完全にして行こうね。(笑)

alphainn502_06shfl.jpg
天井にはフックが何カ所かとりつけてあるので、
こうして〝ゆえ〟を拘束するにも便利。




この本にもアルファインが紹介されているよ!



アルファインのお部屋~205号室「西太后」

alphainn205_00sh.jpg
部屋の奥から入口に向け、広角で撮影してみたよ。


アルファインのお部屋紹介。今日は205号室「西太后」。

名前でわかるとおり中華風のお部屋。「西太后」とは、中国三大悪女の一人にあげられる清末期の政権を掌握した女性。残虐なエピソードが沢山残っている(事実かどうかはわからないよ)。そんな事を知っていると、この部屋に入るとテンションがひどく上がるかも知れないね。

ところで、アルファインには中華風のお部屋は2室あるんだ。

でも、なぜ中華風?

しばらく考え込んだ〝Y〟。〝ゆえ〟はすぐに答えを出しちゃった。

「ご主人様、それはもうチャイナドレスを奴隷に着せてプレイするに決まっていますよ!」

あ、なるほど!〝ゆえ〟、賢いな。そういう理由ならわかるぞ!

確かにフロントにはコスプレ用の衣装レンタルのリストが張ってあるけど、チャイナドレスもあったね!ふふふ、これはいいね。

とはいえ、我々は通常のプレイで利用。

alphainn205_01sh.jpg
公式ホームページの写真と違い、十字架は
スタンダードな形に変更されていた。


公式ホームページの紹介では、このお部屋の設備は次の通り。

・変形十字架(上記のように現在はスタンダードな形に)
・SMチェア


値段はリーズナブル、REST(休憩&サービスタイム)が11,450円、そしてSTAY(宿泊)が20,090円となっている。

お部屋は2階フロアーの一番奥。このシリーズで前回ご紹介した405号室と同じ位置ということで、部屋の構造そのものは一緒。そう、狭いけれど、動線を考えると非常に使いやすい部屋になっているよ。十字架があり、そしてSMチェアがあり…というあたり、604号室の狂い十字架と一緒。

部屋のデザインは圧倒的。龍がいたり、いかにも「中華」!全体に壁は金色、そして、朱色の組み合わせ。随所にある彫刻は相当凝った造りになっていて、この部屋をデザインした方の心意気を感じるね。

alphainn205_02sh.jpg
彫刻は気迫に満ちている!


また、入口は二重扉なので、奴隷が大きな声で叫んでも大丈夫。

ただ、吊りの設備がこの部屋にないのは、残念という方もいらっしゃるだろうね。そして、電マも我々が利用した時には無かったよ。

そして、部屋の古さでいえば、かなりのもので、リニューアルした他の部屋に比べれば、たとえば水回りが不便だったりするんだ。たとえば、シャワーを浴びている最中は洗面台の水は出ない。そんなところを少しだけガマンすれば、他は悪くない部屋だと思うよ。

alphainn205_03shfl.jpg
十字架で責めるのはやっぱり愉しいよね。


あ、それから、実はボイラー室に近いのか、時々、「ゴー」という作動音が壁越しに聞こえてくる。その点も気になる人はいるかもしれないね。

そんなマイナス面もあるけれど、〝ゆえ〟はといえば、この部屋、結構気に入ってくれたよ。

それと、この部屋は他の階の同じ場所に位置する部屋と同じで、テレビの置かれている造り付けの台があり、そこに色々と道具を並べておけるのも便利。

この独特の内装を一度は味わってみるのもいいと思うし、チャイナドレスの奴隷を責めたいなら、ぜひこの部屋に!

alphainn205_05shfl.jpg
プレイルームの窓から、バスルーム、オープントイレが見える。
〝ゆえ〟のトイレをしっかりと観察。うつむく〝ゆえ〟。




この本にもアルファインが紹介されているよ!


東麻布で縄と言えば…?

nawacafeflsh.jpg
場所が場所だけに意味深…。


ちょっと短く、軽いネタで…。

ここは東麻布。地下鉄で「麻布十番」駅を降りる。SMの聖地、「アルファイン」に向かって歩く。地下から地上に出る「6番」出口。そこを出ると、すぐ目の前にこの店が…。

アルファインに行く途中にある昭和の雰囲気を残す飲食店。

意味深でしょ?

どう考えても関係を連想しちゃうよね。

縄好きの店主が始めたお店?そして、このお店にSM愛好家たちが集う…?

昼間から縄の講習会をやったり、夜は居酒屋タイム、酒を酌み交わしながら、麻縄で縛られた女体を鑑賞する…?

実は、なんてことはなんだ…、残念ながら。

このお店、「縄」とついているのはおそらく「沖縄」から。

メニュー豊富なお店だけど、沖縄料理もあることから、そちらの意味のよう。

でも、場所が場所だけに…、前を通る度に妄想してしまう〝Y〟。

あっ、お店の人、ごめんね。

食べログなどを見ると、とても評判の良いお店のようだから、SMとは関係なく、おいしい料理をがっつりと食べたい場合は、皆さんもぜひ行ってあげてね!



この本にもアルファインが紹介されているよ!

 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.