FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (29)
ボンデージの道具たち (31)
アルファイン(SMホテル) (30)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (19)
風俗 (4)

アルファインのお部屋~602号室「羞恥破壊」

alphainn602_01sh.jpg
入口から見ると…。


東京・東麻布と言えば…、SMの世界では何と言ってもホテル「アルファイン」。その全室を制覇し、紹介するシリーズ。いよいよあと2室を残すのみになったよ。

今回は602号室「羞恥破壊」。

名前が凄いよね。「羞恥」を「破壊」するんだもん。

その名前の理由はこちら。

alphainn602_03sh.jpg
これは強烈!


そう、オープントイレ。しかもしかも、トイレの形状がまた特殊。例えば402号室「排泄学園」ではオープントイレだけれども洋式。そうなると、実際には排泄中の何やかや…は見えにくい。これが、たとえば601号室「拷問地獄」のような和式だと相当な羞恥破壊。

ところがこのお部屋の便器。大きな洗面器という出で立ち。淵にまたがってするのだけど、あまりにもあからさま!

これは恥ずかしいよぉ…。逆にいえばご主人様が奴隷の前で使うのはとても股間にかかわる…、いや、沽券にかかわるから、くれぐれも腹具合が良い時に利用しようね。

しかもね、この便器の上には手枷も。それだけじゃない、便器の上の梁にはフックも!そう、吊ったまま排泄させるという強烈な責めも。さらに、にぎり棒もあるから…、これは「立ってしろ!」と言うことかもね。

もう、奴隷にとっては絶望的に恥ずかしい状況なんだ。だから、お部屋の名前はダテじゃない!羞恥破壊の極みだね。

さて、このお部屋の他の特徴を書いておくね。

まず、公式ホームページの紹介によれば、

・Suspension (ツリ)
・十字架
・オープントイレ
・シャワールーム


料金はREST(休憩&サービスタイム)が11,450円。そしてSTAY(宿泊)が20,090円と、全体の中では安価な価格帯。

alphainn602_02sh.jpg
部屋の奥から見るとこう。
現在は奥に見える黒のSMチェアは
撤去されている。


全部の照明をつければ、全体がとても明るくなる。これもまた、「羞恥破壊」に繋がるねぇ。

それと、コンセントがプレイルームに4箇所もあって、電マを利用したりするときには便利。昨今は携帯の充電を…という人も多いだろうから、その場合にも便利だね。

以前は写真のように変形SMチェアがあったのだけど、最近訪れた時には無くなっていたのは残念。でも、逆にいえば、その分、お部屋の床スペースを広く利用出来るから、プレイによってはこちらの方がいいという人もいるだろうね。滑車もあるので、吊りに使うという人にも良いね。

alphainn602_04sh.jpg


お部屋のもう一つのシンボルともいえる、太い木製の十字架も存在感がある。

また、ベッドには四肢拘束のための手足枷もついているから、SMチェアがない分、こちらで拘束は楽しめるよ。

あと、価格の低い部屋なので、バスタブはなくシャワーのみ。また、電マもないので、持ち込む必要があるね。

alphainn602_05sh.jpg
必要最低限の小道具も揃っている。


小さな事だけど、実は便利なのが、ベッドの横の棚。これ、バイブなど、すぐに使う道具が色々と置けて便利!

そして、何より、お部屋自体が改装されて年月がさほど経っていないので、綺麗なのも得点高い。

この部屋を利用したい…と思うのは、明るいので、コスプレなどの時。事実、いままでこのお部屋は2度ほど使っているけど、いずれも、セーラー服、CA制服の時だった。

というわけで、皆さんも羞恥を破壊させたい奴隷がいれば、ぜひこのお部屋に連れて行ってみようね!

alphainn602_06flsh.jpg
この部屋で磔にさせられた
セーラー服と革具姿の〝ゆえ〟。




この本にもアルファインが紹介されているよ!


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

アルファインのお部屋~504号室「地底窟」

alphainn504_01sh.jpg
部屋を見上げてみると…、
そう、吊りのフックもあちらこちらに。


東洋の奇跡、いやいや、世界の奇跡、SMの桃源郷「アルファイン」。その全てのお部屋を体験して紹介するシリーズ。今回は504号室「地底窟」。全館に3室ある洞窟シリーズのお部屋。いずれの部屋も近年リニューアルされているのだけれど、このお部屋もごく最近のリニューアル。非常に綺麗で、今どきのおしゃれなラブホと比べても遜色ないんだ。後でも触れるけど、初心者のM女性を連れてくるのに最も適した部屋の一つじゃないかと思うよ。

まず、公式ページによる設備は

・十字架

だけ。そう、以前紹介した404号室「魔洞窟」と一緒。シンプル!

しかも、部屋の構造もとても良く似ている。兄弟のような部屋だね。

alphainn504_02sh.jpg
奥から見るとこう。


料金も一緒。REST(休憩&サービスタイム)が10,370円。そしてSTAY(宿泊)が16,850と、かなり安価な部類。

お部屋の紹介に関しては、「魔洞窟」の記事(こちら)を読んでいただければ、ほぼおなじことがこの部屋にも当てはまるよ。

滑車もある。となると、吊りにはとても便利な部屋だと言える。

この日、〝ゆえ〟を天井から両手吊りにして、さらに、口には穴の開いた口枷を装着。さらに、そこに漏斗を突っ込んで強制的にペットボトルの飲み物を飲ませたりするのは楽しかったなぁ。

「静かに、身体を動かさずに飲みなさい!」と命令したのに、「うぐっ」と苦しそうな音を出して身体をよじる〝ゆえ〟。

すぐに罰の鞭が飛ぶ…。そんなプレイを楽しめる。

alphainn504_06flsh.jpg


大道具が少ないので、逆に床が広く使えるのも「魔洞窟」と一緒。

ビニールシートをフロントで借りて、床に広げれば、ゆったりとロウソクプレイも楽しめるよ。我々も、この日、〝ゆえ〟とロウソクプレイを。四つん這いで逃げようとする〝ゆえ〟を押さえつけ、ロウソクを。こちらも「静かに!」との命令を無視して、大きな全館中に響きそうな叫び声を上げる〝ゆえ〟。もちろん、すぐに罰の鞭が飛ぶ。

ああ、この日の〝ゆえ〟は罰せられてばかり。

こんなに罰が下るのもすべて、このお部屋のシンプルな便利さ〝ゆえ〟だね。(笑)

alphainn504_04sh.jpg
素敵な洗面台まわり。


さて、逆に「魔洞窟」との違いといえば、

・お風呂のタイルのデザインと色。

・一部の壁のデザイン

といったところかな。

alphainn504_03sh.jpg
清潔なお風呂。


後は思いつかないくらいよく似ている。鏡の位置まで一緒だからね!

そして、部屋の照明もかなり明るくすることが出来るから、しっかりと晒しを楽しみたいときにも便利だね。

さて、〝ゆえ〟の感想は、

今日のお部屋は、アルファインの雰囲気を感じつつ、一般的なラブホテルの様でもあり、初めてアルファインへ訪れる方で、ちょっと尻込みしている方にオススメしたいです!磔もビギナータイプなので、気楽にチャレンジ出来ますね。

うん。〝Y〟も100%同感だな。

皆さんも、まだ調教を始めたばかり、あるいは、これから調教しようという新人M女さんと、ぜひ楽しい時をこのお部屋で過ごしてね。


alphainn504_05sh.jpg
アルファインではお馴染みの
革張りの十字架。




この本にもアルファインが紹介されているよ!


アルファインのお部屋~503号室「テクニシャン」

alphainn503_01sh.jpg
部屋入口の奥から見ると、
左奥にX十字架、右下に
スパンキングテーブル。


SMの殿堂とも言えるホテル、「アルファイン」。

そのお部屋を実際に利用して紹介するシリーズ。今回は503号室「テクニシャン」。

部屋の雰囲気としては、以前ご紹介した403号室「タブー」ととても良く似ている。そうコンクリート打ちっ放しのまるで地下牢のような雰囲気。X字架の位置や、入口にかかっている金属製の重い玉すだれも…。

カテゴリーとしては「宇宙空間」となっているので、おそらく、宇宙基地や宇宙ステーションをイメージしているのかもしれないね。天井に取り付けられているむき出しの配管などはそんな印象もあるね。

設備は以下の通り。

・Suspension (ツリ)
・X十字架
・スパンキングテーブル
・スパンキングベンチ


ただし、お部屋は広くはなく、お風呂もなく、シャワールームのみとなっている。シャワーヘッドは独特の形状。最初はどう使うのか、また、どこからお湯が出てくるのか、はてな…というのはおそらく皆さん初めての時の反応だと思うよ。こうしたところの遊び心って、面白いね。このヘッド、他では見たことがないけれど、きっと外国製なのかな…。

alphainn503_04sh.jpg
マイクロホンのような形の
独特のシャワーヘッド。
スケベ椅子もある。


トイレはそのシャワールームの先にあり、奥まっていることもあり、あからさまな晒しというタイプではない。トイレを見られるのが嫌という初心者Mさんでも大丈夫。

料金はREST(休憩&サービスタイム)が11,450円。そしてSTAY(宿泊)が20,090円と、全体の中では安価な価格帯。

さて、このお部屋、見渡してみると、全体的に照明は暗い。明るいのが苦手の人にはぴったり。この暗い雰囲気がたまらなく良いという人もいるだろうね。

そして、実際の道具をチェックしてみると、公式ページに書かれていないものに「吊り」がある。そう、このお部屋、滑車があり、吊りもできるんだ。

それと部屋の中、洗面台近くに不思議な形をした柱が…。柱は珍しい!これは、ここに拘束するなり、何か責めに使えそうだね。

alphainn503_02sh.jpg
奥の赤い椅子のようなもの
がスパンキングベンチ。そして、
左手前に不思議な柱が…。


そしてなによりも、上記のリストにあるように、スパンキングに特化した道具が2つある。これがこのお部屋の特徴になっている。

スパンキング好きにはたまらないね!

一つは「タブー」にもあったスパンキングテーブル。四つん這いの格好で、奴隷を固定して、スパンキングを楽しむも良し。そのままテーブルとして、飲み物を置いたりして、目の前の拘束された奴隷の姿を楽しむのも、また良し。〝ゆえ〟はこの責め具が大好き。かつて、プレイの後、こんな事を書いてくれた。

何はともあれ、スパンキングテーブルに繋がれると、人間辞めて快楽だけを貪りたい思いに支配されるくらい、アルファインの拘束具の中で、ずば抜けて、奴隷にとって危険です(笑)。

というくらいに気に入ってくれている。

スパンキングベンチの方は身体を預ける部分が広くなっており、ヨーロッパのSMなどで見かけるスパンキング台のタイプ。おそらく、面積が広い分、スパンキングテーブルに比べ、奴隷としては多少楽な格好になるかもしれない。座面の革は以前は黒だったと思うけど、新しく赤い革に張り替えられていた。この赤がこの部屋のアクセントにもなっているね。

alphainn503_03sh.jpg
壁に掛かる小道具たち。


さきほど、「タブー」と良く似ているとしたけれど、実はタブーの方はベッドの横が全面にわたって鏡のようになっているというのが特徴。ベッドでの交合の姿を楽しむことができた。こちらのお部屋は、ベッドの横はコンクリート風の壁で、一面に道具がかかっている(これも憧れるね。我が家の壁もこうしたい!)。そのかわり足下側の壁が全面鏡のようになっている。ベッドで交合しながら、自分たちの姿を楽しむことはできないけれど、スパンキングベンチなど、他の設備を使っての自分たちのプレイを見て楽しむことができる。とても広い鏡なので、ここに魅力を覚える人も多いんじゃないかな。

さほど広くない室内にこれだけ道具があると、たとえば吊りをするときに、少々困るのでは…という方はご安心を。すべての大道具には車輪がついている。だから、移動が可能。ベッドですらそう!だから、吊りだけを楽しみたいという方も、道具を全部一箇所に集めてしまえば、かなり広く部屋を使えるんだ。

そして、テレビの下は金属製の容積の広い棚になっているので、道具や荷物を沢山持ち込む人にとっては収納場所として重宝するかもしれないね。

それと、シャンプーなどのアメニティは、シャワーブースから離れたテレビの横にあるので、見逃してフロントに「ありません!」と電話しないようにね。

地下室のような独特な雰囲気でプレイをしたい人、そしてスパンキング大好きな人にはオススメの部屋。それが503号室「テクニシャン」。

alphainn503_05flsh.jpg
手足を拘束され、無防備に
ご主人様からのスパンキングを
待つ〝ゆえ〟。




この本にもアルファインが紹介されているよ!

アルファインのお部屋~404号室「魔洞窟」

alphainn404_01sh.jpg
部屋入口の床から奥を見上げると…。


ロシア大使館裏という場所にひっそりと佇むSMの館「アルファイン」。

そのお部屋を紹介するシリーズ。今回は404号室「魔洞窟」。

「洞窟」をイメージしたお部屋、アルファインには3室あるんだ。そして、いずれも、リフォームされて新しいデザインとなっている。そして、とても綺麗。

一番有名な603号室「巌窟王」、そして504号室「地底窟」とともに、このお部屋はリニューアルを受けて、人気。

料金はREST(休憩&サービスタイム)が10,370円。そしてSTAY(宿泊)が16,850と、かなり安価な部類。

alphainn404_02sh.jpg
部屋の奥から見ると…。


それもそのはず、公式ページによる設備は

・十字架

だけ。

そう。昔で言えば「シンプル・イズ・ビューティフル」。この潔さが良いね。

十字架は焦げ茶色の革を貼った、アルファインで最も多く見るタイプのもの。

また、ベッドには手足枷がついていない。

電マもない。

無いモノづくし…と言いたいところだけど、実はこの部屋、ホームページには書かれていないけど、思わぬ魅力が。

「滑車」

そう。吊りが出来るんだ。しかも、余計な設備がない分、部屋を広く使える…、というわけで、縄をされる方には重宝。

部屋が広く使えるので、天井から奴隷を吊して、そして、四方八方、360度、どの方向からも鞭を浴びせる愉しみもあるね。

alphainn404_03flsh.jpg
天井から吊された〝ゆえ〟。
ご主人様の鞭を受ける。


それから、部屋に大きな鏡があるので、鞭打たれる自身の姿を奴隷に見させるのもまた楽しい。鏡は十字架の正面にあるので、磔させられている姿もまた奴隷自身に見せつけることができるんだ。

我々がこの部屋を使ったとき、〝ゆえ〟愛用のディルドを鏡に取り付け、それをしゃぶらせながらバックで〝ゆえ〟を責めて愉しんだ。頭を軽く押さえて、イラマチオ風にね(喉を傷つけないように気をつけて)。こうすると、奴隷の苦悶する表情が鏡に写って後ろからでも愉しめる。さらに、嘔吐反射のたびに膣が痙攣するので、まさにサディスティックな責めになる。かなり危険な責めでもあるし(喉を傷つけると大量出血で生死に関わることになるからね)、奴隷の身体の負担は大きいので、必ず二人の合意のもとで行うことと、無理をしないこと。この点だけは〝Y〟から皆さんにくれぐれもお願いだよ。

alphainn404_04sh.jpg
トイレは独立した部屋に。


一方で、このお部屋のトイレ、実はプレイルームの外、ちゃんと独立した部屋になっている。扉はないけど、プレイルームのドアを閉めれば見えなくなるから、実質、独立トイレ。他のいくつかの部屋に見られる「晒し」じゃないんだ。だから、初心者でも安心して連れて行ける。

それから、部屋全体が前述のように最近リフォームされたので、全体にとても清潔な印象。特に洗面台、お風呂にそれを感じる。お風呂はさらに湯船がかなり広い。これはリラックスできるよね。

さらに、バスルームの大きめの窓から、プレイルームを見ることもできる。

alphainn404_05sh.jpg
バスタブも広くて清潔!


あとね、照明の関係で、全体にとても明るいんだ。

明るい光の下で奴隷を鑑賞したいという方には特に、このお部屋はお勧めだと思うよ。

そして、お部屋のデザインそのものも、非常に落ち着いた、シックな感じで、狭いながらも居心地がいい。

小さいお部屋だけど長時間の滞在でも決して飽きの来ない、素敵な部屋だと思うよ。


alphainn404_06sh.jpg
洗面台も綺麗で、今どきのラブホという
感じ。こうしたリフォームの部屋が現在
も徐々に増え、進化中のアルファイン!




この本にもアルファインが紹介されているよ!



アルファインのお部屋~402号室「排泄学園」

alphainn402_01sh.jpg
部屋入口から見るとこう。


東京は狸穴にある奇跡のホテル「アルファイン」。そのお部屋を紹介するシリーズ。今回は402号室「排泄学園」。前回は305号室「診察学園」だったよね。全館に2室ある学園部屋の一つ。おそらくセーラー服を奴隷に着せてプレイをしてね!というオーナーさんの思いではないかと想像するよ。

さて、この部屋の公式ページによる設備は次の通り。

・Suspension (ツリ)
・十字架
・オープントイレ


そう。オープントイレ。これ、ビギナーには敷居の高い設備。でもね、この部屋は洋式。だから、和式に比べればはるかに羞恥度は低い…はず…、とはいえ、これでも、初心者には辛いかな。でも、次第に調教を経て、そろそろ晒しトイレデビューをさせたいな…、というときには、ちょうどいいと思うよ。しかもこの晒しトイレは本当に普通の洋式なので、表情は楽しめるけど、「ナニ」が出てくるところは見えないから。これが、和式だったり、あるいは、502号室「拷縛便器」にあるような跨ぐタイプの洋式トイレだと、結構キツイもんね。

alphainn402_02sh.jpg
部屋の奥からはこう見える。


十字架はかなり太めの明るい色の木材でできている。支柱の上部は少しだけ前面に倒れるような角度になっている。これが、また、独特の姿勢を奴隷に与えることになる。そう、首を少し下げ気味になるわけ。すると何が起きるかというと、ボールギャグなどを噛ませていると、涎が出やすくなるんだね。これも楽しい工夫。

十字架の正面にはソファがあるので、磔にされた奴隷の口から涎が次々と垂れてくるのをお酒でも飲みながら眺めて過ごすと、至福の時が味わえるよね。

そうそう、このブログ、PCでご覧の方は右コラムにブログランキングの写真があるけれど、これはこのお部屋で撮った十字架に磔された〝ゆえ〟の姿。

tenandx_01flshb.jpg
ブログランキングの写真。


そして、この部屋には吊りがあるので、縄を愛する人たちも十分楽しめる。そういえば、このお部屋、シンプルな設備なので、逆にスペースを広く取れる。だから、吊りも思う存分楽しめるし、ロウソクプレイなども楽しめるよね(ホテルが無料で貸し出してくれるシートを必ず敷いてプレイしようね)。

alphainn402_03sh.jpg
滑車やフックが…。


さて、このお部屋のインテリアは、他のお部屋とずいぶん印象が違う。それは壁紙。ゼブラのような縞模様。これはアルファインよりも、普通のラブホでみかけそうなデザイン。だから、このお部屋に最初に足を踏み入れると、あまり「おどろどろしさ」はない。だから、初心者のM女性でも、安心して足を踏み入れられるんじゃないかな。(晒しトイレではあるけれど)

alphainn402_04sh.jpg
写真では見えにくいけど黒のボールギャグも。
小道具は一通り揃っているよ。
そして、ゼブラのような壁紙が印象的。


それから、お風呂とプレイルームの間には大きな窓が。シャワーを浴びている奴隷を眺めるのも楽しいし、逆に十字架に奴隷を磔にしたまま、それを眺めながら、ご主人様がお風呂を楽しむというのもありだね。

比較的最近にリフォームを受けたようで、水回りも良いし、清潔感があるよ。

そして、照明はやや暗いので、その点も抵抗が少ないかもしれないね。

電マはないので、お好きな方は持参してね。

トータルで見ると、吊りもあれば、洋式だけど晒しトイレも。中級者から上級者まで使えるコンパクトな良い部屋だと思うよ。



この本にもアルファインが紹介されているよ!


 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.