FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (52)
ボンデージの道具たち (53)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

アルファインで肋木拘束器プレイを楽しむ

rokuboku201201_1flsh.jpg
横の鏡のおかげで、一人の〝ゆえ〟を
別の角度からも見て2倍楽しめる!


肋木というと、学校の体育館にあったという記憶があるよね。〝Y〟はあまり使った記憶はないけど、

もう遠い昔の記憶。それが、アルファインの中で再び出会うことに…。そう、以前こちらの記事にも出てきたけど、アルファインで最も人気のある部屋の一つ、603号室「巌窟王」に設置されている拘束具の1種。もちろん、スポーツ用の「肋木」ではないのだけど、なんとなく雰囲気が似ているし、正式名称が公式ホームページにも書かれていないので、我々は「肋木拘束器」と勝手に呼んでいる。

最初に〝ゆえ〟を拘束したとき、部屋の雰囲気もあって、革具がとてもよく似合う事に気づいたんだ。だから、それ以来、この部屋を利用するときには、よく利用している。とはいえ、603号室、ものすごく責め具の数が多いので、短時間の滞在ではそれぞれでプレイする時間が足りないんだけどね。ホント、この部屋は1泊して、ゆっくりと責めてみたいねぇ。1週間くらい連続して泊まってみたいものだよ。

閑話休題。

rokuboku201201_0flsh.jpg
こんな形の道具なんだ。


その肋木を久しぶりに味わったのが先日。

最近定番となっている乳房枷にウエスト拘束具、首輪、ロングブーツという出で立ちで拘束。さらに、ハーネス付きのボールギャグに目隠し。

両手は手かせがあるから拘束できる。しかし、足の方は左右に広げられたまま宙に浮かぶかたちになる。実はここがポイント。

さて、両足を広げられた〝ゆえ〟。そこにご主人様が静かにローターを当てる。

感度の良い〝ゆえ〟はすぐにあえぎ始める。

イキそうになる瞬間にローターを離す。

この寸止めを繰り返す。そのたびにボールギャグ越しに何かを訴えているけれど、無視。

もちろん「ご主人様、イカせてください」と言っているのだろうと想像つくけれど、「おまえの言うことは全然わからないよぉ」と知らんぷりを決め込む。

そして、やがて、ボールギャグからよだれを大量に流しながら、何やら叫び続ける。ふふふ、もうそろそろご褒美をやらないとねぇ。

と、ローターのスイッチを強に切り替えて、直接肥大したクリに当てると…。

ものすごい勢いでのけぞって、あっという間にイク〝ゆえ〟。

一旦ローターを離す。

ガクンと頭をたれる〝ゆえ〟。再びボールギャグから大量の透明なよだれが流れ出す。

再びローターを当てる。最初は軽いタッチで。すぐに、また叫び声を上げ始める。

ふと見ると、奴隷、左右の膝が揺れている。そして、再び絶頂に…。

この繰り返しをどのくらいやっただろう。

rokuboku201201_2flsh.jpg
なすすべもなく快楽に溺れ、
叫び続ける〝ゆえ〟。


拘束を解くも、自分で立ち上がることができなくなっている〝ゆえ〟。プレイルームから寝室のベッドまでどうにか抱きかかえるようにして連れて行き、しばらく休ませる。

その後、正気に戻った〝ゆえ〟と話をしたけれど、肋木拘束器、他の十字架やSMチェアとは決定的に違う魅力があるんだって。それは、足。強制的に広げられるのだけど、膝から下は拘束されていない。そのために、ぶらぶらと宙を舞っている状態。この不安定な状態が何物にもジャマされないので、足は痙攣でびくびくし放題!ダイレクトに快感を受け止めることができるんだって。そう、あの足をぶらぶらさせていた状態で快楽がどんどん増幅されていたというわけ。

これは肋木拘束器の思わぬ魅力。

確かに他の責め具や拘束具で同じような状態になる物ってあまりないものね。

これは大きな発見だよね。

といわけで、数あるアルファインのお部屋の中でも、ここだけでしか得られない強烈な快感、みなさんもぜひ!





スポンサーサイト
[PR]

訪れるたびに進化しているアルファイン

alphaimpr201910_04flsh.jpg
405号室「定期検診」の診察台照明が新しくなり
十字架の〝ゆえ〟の姿も明るく照らせるよ。


SMの聖地、ホテル「アルファイン」。

ここ数年でかなりのお部屋がリニューアルを受けて、綺麗になってきている。

でも、さらに、少しずつ、進化を遂げているよね。このブログやツイッターでも、改装とは別に、例えば、お部屋の椅子が変わったり、アメニティが変わったり…といった話題を取り上げたね。

最近は、たとえば、こちら。

alphaimpr201910_02flsh.jpg


そう、冒頭の写真でも紹介したけど、405号室「定期検診」の診察台上の照明。

以前はこちら。

alphaimpr201910_03flsh.jpg


新しい照明はLEDなのだろうか。明るさが切り替えられ、最高にすると明るさがハンパない!

考えてみれば、医療の診察台の上にある灯りなので、確かに明るければ明るいほどありがたいよね。

そのまぶしさに奴隷が思わずひるむくらいに。だから、これは責めとしても嬉しい改善。

古い無影灯のような灯りもデザイン的に凄く味わいがあったけど。

そして、別のお部屋ではこちら。

alphaimpr201910_01flsh.jpg
「アルファイン」403号室「タブー」、
シャワー横に取り付けられたタオル掛け
これは確かに便利!


という風に、色々と日々進化を止めないアルファインさん。さすが。

でも、現時点で、もし1つだけ、アルファインさんにお願いがあるとすれば…。

十字架、X字架、あるいは宇宙遊泳などの拘束具についている手枷。そのベルトについている留め穴が時として、少し足りないときがあるんだ。

〝ゆえ〟はかなりスリム。その手に手枷を嵌めた時、一番きつい穴で留めてもすり抜けてしまうことも。

もう1つ、あるいは2つ分、穴が開いていればいいのに…、と思うことがあるよ。もっとも、これはアルファインさんに納入される革職人さんにお願いすべきかもしれないね。

そうなると完璧なんだけどなぁ…と、この場を借りてお願いしちゃおう!

アルファインさん、ぜひ願いをかなえて下さいね!


アルファイン全室紹介記事へのリンクはこちらから
https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-155.html





ライティングに工夫のあるアルファインは影も素敵…。

shadow201908_02sh.jpg
ご覧のように、〝ゆえ〟の右側に
天吊り手枷に吊られた〝ゆえ〟の影が…。


我々の大好きなSMホテルアルファイン、それぞれのお部屋ごとのインテリア、デザイン、コンセプト、道具など、様々な工夫が凝らされていて、どのお部屋も満足できる。

この日はたまたま、久し振りのセーラー服プレイをするということで、部屋の空きをみたら、珍しく204号室「淫ら天使」が空いている。コスパもよく、そして使い勝手の良い人気のお部屋。

このお部屋では特に天吊り手枷があるのがポイント高い。

部屋のネーミングも秀逸。

【淫ら天使】というお部屋の名前が、セーラー服調教にぴったりだと、常々感じていました。ストーカーな男性が「俺の天使(女学生)を拉致して淫らにしたい」願望を叶えるお部屋のネーミングですね。」と〝ゆえ〟も嬉しそう!

さて、その「淫ら天使」でプレイの休憩中、ふと、入口のドアの方に目をやったご主人様、

「あれ?天井吊り手枷が影になっている。ほら。なかなか風情があるねぇ」

〝ゆえ〟も同意。

そう、この影を見ているだけでも楽しい。以前は気づかなかった。そういえば、このお部屋のライティング、以前と比べると、少し変化している。前よりも全体に明るくなり、また、スポット照明も照度があがり、印象が強くなっている気がする。

ああ、だから、今回、新たに手枷がこうしてシルエットで浮かび上がるようになったんだ!多分、これは意図してるよねぇ…。

shadow201908_01flsh.jpg
この影だけ見ても、ワクワクするよ。


アルファインのお部屋を全室制覇してみると、照明へのこだわりを感じる。たとえば、すごく記憶に残るのが各部屋のランプシェード。これが実に凝っているんだ。全部集めると相当なコレクションになるだろうね。

楽しい色を生み出してくれるものもあれば、独特の形状で、ユニークな光の影を生み出すものも。

だから、アルファイン、「光」と「影」にもこだわり、そしてそれもまた日々進化し続けている。

というわけで、アルファインに訪れた皆さんは、次回から照明を気をつけて見てみて。

みなさんも、きっとその素敵なこだわりを感じる事ができるから。




アルファインに新タイプの「拘束棒」が導入されたよ!

bindingbar201907_01flsh.jpg
こうして拘束すれば奴隷の動きが
手軽に制限されるよ。


先日、アルファインの604号室「狂い十字架」を利用した。リフォームされてさほど経っていないのでとても綺麗で、そして、何よりもコストパフォーマンスが抜群に良い部屋なので、〝ゆえ〟とよく利用している。

何気なく壁の道具掛けを見てみたら、見慣れないグッズが。

まずはスパンキングラケットを手に取ってみる。ほぉ、新しいのが導入されたんだね。足の裏の形なんて!面白い痕が〝ゆえ〟の白いお尻に赤く残りそうだ。〝ゆえ〟も興味津々で眺めている。すぐに〝ゆえ〟のお尻にペチン!「痛いですぅ!」と声を上げる〝ゆえ〟。楽しいねぇ…。

と、さらに、道具たちを見ていたら…。あれ?これも今までこの部屋には無かったぞ?

黒く細い棒でフックが4カ所についている。

それぞれのフックに手足枷を付ければ手足拘束棒になる。

bindingbar201907_02sh.jpg
単体では1本の棒。
手・足枷が別に必要になる。
手枷は標準で部屋の小道具に
装備されているよ。


アルファインではこれまでも同種のものが置かれている部屋があったけど、かなり太くて重い、ゴッツイ木製のものだったね(こちらの記事)。ところが、こちらは小振りでスリム、超軽量。手軽に使えそうだ!

いつもアルファインでのプレイでは「マイ手足枷」を持参の我々。これは嬉しくて、さっそく利用!

ベッドに仰向けにさせた〝ゆえ〟。手足枷を装着し、そして、それを棒に接続。

あっという間に狸縛りのような状態ができる。これは簡単にして、視覚的にも刺激的。

〝ゆえ〟も嬉しそう。

その状態で、まずはローターで秘所を刺激して、寸止めを始める。

仰向けに拘束されて体の自由が利かない〝ゆえ〟は、ひたすら「ああぁぁぁ、イキそうです!」と声を上げる。その度にローター刺激をストップ…。手足がガチャガチャと音を立てて揺れる。

そんな焦らしプレイを20分くらい続けたろうか。あそこの中心部に、ぽっかりと穴が開いてはまた閉じる。開くたびに愛液があふれ出てくる。まるで、「お願いです。はやく入れてください!」と下の口が叫んでいるかのよう。

ほんとうに貪欲な奴隷だこと。

よぉし!入れるぞ!

そしてゆっくりと挿入。「はぁ…」と〝ゆえ〟は満足そうな笑顔で声を上げる。手足拘束棒で身動きできないまま、ご主人様に犯される〝ゆえ〟。ペニスを突っ込まれた状態で心地よさそうに喘いでいたけど、さらに、ローターがクリに当てられると、いきなり「うわぁぁぁぁぁぁ!」と大きな叫びになる。そして動かない手足をバタバタさせようともがく。

快楽なのか、苦しさなのか、おそらくその両方を味わう〝ゆえ〟。

うーん、やっぱり楽しいねぇ。この棒一つでこんなに楽しめるのだから。

bindingbar201907_03flsh.jpg
仰向けにすれば狸縛りのよう。
そのまま挿入してローター刺激も!


軽いけど長さはそれなりにあるので、自分で購入して持ち込むのもなかなか難しい。だから、こうして設備にあると助かるね!

ちなみに、この新しい手足拘束棒、その後利用した103号室「性態実験」にも置いてあったので、おそらく、次第に他の部屋にも導入されてきているのかも。そう言えば、103号室はベッドに手足枷がない仕様。これは他に、404号室、504号室もそうなので、そうしたお部屋を利用する際にベッドで奴隷を拘束したいというときに、この棒があれば便利かも!

というわけで日々進化を続けるアルファイン。やっぱり目が離せない!


アルファイン全室紹介記事へのリンクはこちらから
https://bondagelife.blog.fc2.com/blog-entry-155.html






アルファインのお部屋~604号室「狂い十字架」~リニューアル後

alphainn604re_01sh.jpg
洗面台のあたりから部屋を眺める。


アルファインの全26室を紹介し終えた〝Y〟。これで一段落となるところだけど、実は、このシリーズ、まだまだ続くんだ。

え?どうして?

だって、記事を書いて以降にリニューアルした部屋を追わなければいけないから!(^^)

というわけで、さっそく、以前こちらで紹介した部屋で、大規模なリニューアルを受けた部屋をご紹介。

それが、604号室「狂い十字架」。

以前の記事はこちら

そう、あの時は水回りなど、かなり老朽化していたけれど、一方で、部屋の明るさ、コンパクトさが隠れた魅力として紹介したよね。あの当時、古さを我慢すれば、コストパフォーマンス的にはベストな部屋と書いた。

それが、リニューアルを受けてどうなったか!

alphainn604re_02sh.jpg
別の角度から…。


さっそく、ご紹介。

まず、値段から。

レスト(休憩)が11,450円、ステイ(宿泊)が20,090円。というわけで、変化無し!相変わらずアルファインでは安い価格帯のお部屋。これは嬉しいね。(その後、2019年10月、消費税の改定を機にレストが12,110円、ステイが21,240円となりました)

そして、設備。公式ページによると、

・変形十字架
・SMチェア


こちらも、変化はない。

さて、じゃ、どこがどう変わったのか。

まずはこちら。

alphainn604re_03sh.jpg
「超!」モダンに!!


そう、バスルームは全室中、最も現代的なユニットバスになっている。これは、多分、アルファインの中で、昨今の一般ラブホに最も近いかもしれない。

バスルームの床材も、すべりにくく、また、温かい。寒い冬でも、これはいいね。

そして以前の最大の問題であった水回りが、すっかり解決、どころか、最高に使い勝手が良い!

ただし、プレイルームから覗ける小窓が無くなってしまったのは残念だけどね。

水回りでいえば、さらにトイレ!

alphainn604re_04sh.jpg
これも嬉しい人が多いよね。
一方で、昭和な和便器も懐かしいけど。


これは独立したものになって、しかも最新のシャワートイレが。これは、初心者の女性を連れてくるときには良いだろうね。最初から晒しトイレだと恥ずかしすぎて気を失っちゃう人もいるかもしれないから。

そして、洗面台。こちらもシンプルながら、オシャレに変化。

alphainn604re_05sh.jpg


鏡の上、アルファインのこだわりであるランプも、ス・テ・キ!(^^)

alphainn604re_09sh.jpg


むむむ、アルファイン、これだけ見ても素晴らしいリニューアルじゃないですか。

さぁ、じゃ、プレイルームを。

そう、基本的な構造は変わっていない。この部屋はとにかく、コンパクトで使い勝手が良かったのが魅力。その点も変わっていない。

そして、最も明るい部屋であるという点、これも踏襲されている!奴隷の姿を眺めるのに、暗い部屋も良いけれど、細部にわたって苦悶の表情を見て楽しむには、やっぱり明るい部屋も良いもの。

さて、インテリア、大きく変わったのが色合い!

壁や床、以前はどちらかといえば、地味目な色合いだったのだけど、今回は床は黄金、壁は赤(朱色)、そして、黒のアクセント。これは結構インパクトがあるよ。

alphainn604re_08sh.jpg
部屋の名前からすれば、これは
お部屋のシンボル。


考えてみれば、この部屋の名前「狂い十字架」というのは、おそらく、ローマ時代の暴君「ネロ」などをイメージしたのではないかと睨んでいるけど、実際、内装の彫刻は、以前と変わらず、そうした時代の様式を反映している。

アルファインの改装、基本は創設者の方のデザインを踏襲しながら、新しいテイストを加えるというのが、以前、ここで触れた「SMスナイパー」の記事で、デザインの野上さんがおっしゃっていた言葉。この部屋にも、見事にそれが当てはまるね。

以前同様、SMチェアは使い勝手の良いもの。そして、電マも常備、さらに、壁の鏡は以前より大きくなったように感じる!さらに、公式ページにはないけど、滑車もあるので、吊りも可能。

alphainn604re_06sh.jpg
気がつけば天井の吊りフックも部屋の
コンセプトを反映して十字架に!


そう、この部屋は実はオールマイティ。それでいて、値段が安い!このリニューアルを考えると…、「破格」と言っても良いかも。

このお部屋、おそらく現在アルファインではもっともコストパフォーマンスが良いお部屋と言えるね。初心者からベテランまで楽しめる。

もし、お部屋選びに迷ったら、そして、この部屋が空いていたら…、もう迷う必要なし!この部屋で決まりだね!!

ああ、こんなことを書いちゃうと、このお部屋の人気が沸騰して、我々が入れなくなっちゃうかな…。(^^;)

というわけで、久しぶりのアルファインのお部屋紹介、リニューアル後の604号室「狂い十字架」を取り上げたよ。

さて、今までの26室の紹介、一覧はこちら!クリック一つで各部屋の紹介に飛べるよ。

alphainn604re_07flsh.jpg
黄金の床の上でPVCのメイド服を着せた
〝ゆえ〟の犬の散歩を楽しむ。





 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.