FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

青い首輪の女

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

SM、スパンキング

若狭と雫(緊縛と首絞め)

tabooを愛する二人の日記

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (58)
ボンデージの道具たち (60)
アルファイン(SMホテル) (48)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (28)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (13)
出会い系サイトでM女性を見つける方法 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

全頭マスク(目口穴マスク)の買い替え

hood202006_2flsh.jpg
左右がご主人様のマスク。
真ん中は〝ゆえ〟のマスク


全頭マスク、特に目と口の部分に穴が空き、鼻は小さな呼吸穴が空いているだけという製品が大好きな〝Y〟。アール目白店(こちら)では「目口穴マスク」という名称になっている。

初めて手に入れたのはもうどのくらい前だろう。少なくとも、今から30年くらい前だろうと思うよ。その頃の製品はいまでも大事にとってあるし、時に現役で活躍してくれる。アール目白店さんの「奴隷市場」ブランドのロゴがしっかりと入っている。

このマスク、デザインはもう数十年大きく変わっていないと思う。それだけ最初から完成された形だったということだろうね。

〝Y〟は奴隷のこの目口穴マスクを着用させるだけでなく、自分自身も調教の時には着用する。

御主人様が全頭マスク?と少し違和感を持たれる方もいるかもしれないね。

確かにAVの世界ではマスクは奴隷が着用することが多いからね。

でも、例えば、昔、刑罰を執り行う者がマスクをかぶるというのはよくあったこと。

そう考えると、実は違和感ないと思うよ。

だから、このブログのプロフィールにあるイラストでも二人とも全頭マスクをかぶっているというわけ。

実際、最近のAVではS男性が全頭マスクを被っているシーンが以前より増えたような気がする。AVの制作者の方としても、女性の美しさを際立たせる意味で男性がマスクを着用している方がベターという判断もあるんだろうね。

というわけで重宝なマスク。本革製なので大事に使っていれば、非常に長持ちする。前述のように30年以上持っているからね。でも、このところ〝Y〟が自分自身で着用していたマスクは、何かでたまたま傷つけてしまったのか、首の部分に小さな亀裂が入り、穴があいてしまった。もったいないけど、そろそろ買い替えかなぁ…。

というわけで、本当にうん十年ぶりに買い替えた御主人様用の全頭マスク。今回もアール目白店さんの「目口穴マスク」を購入。

(注:このところ人気で、入荷待ちの状態が続いている。だから注文する場合、到着までは時間がかかることは覚悟する必要があるよ。2020年6月現在)

さて、しばらくして届いたマスク。

ビニールの袋から取り出す。そうそう!この新しい革の香りが実にいいんだよね。革が好きな人なら、この香りに頭全体が包まれるという想像をしただけで、イッちゃう人もいるかもしれない。香りは5感の中でも特に本能にダイレクトな影響を与えると思うよ。

そして装着してみる。

うん。まだまだ最初は革が固い。これが使用していくと、汗を吸ったり、次第次第に、なめらかに変化していく。それもまた楽しみ。

惜しくも小さな穴がみつかった〝Y〟の古い全頭マスク、こちらは〝Y〟の匂いもしみこんでいる。

捨てるのは惜しい。このマスクを試しに〝ゆえ〟にかぶせプレイをしてみると、〝ゆえ〟、うっとりとした表情。

hood202006_1flsh.jpg
〝ゆえ〟、御主人様の匂いに
包まれながら意識を失う…


「うわぁ、嬉しいですぅ。御主人様の香りに包まれていますぅ!」

「ふふふ。ういヤツだ…」

そんなうっとりしている〝ゆえ〟に、快楽責めを一気に仕掛ける。

あえぐたびに全頭マスクの御主人様の香りを吸い込み、幸せな〝ゆえ〟。

その中でついに果てていく。

まるで御主人様が全身で〝ゆえ〟の頭を包んで抱擁しているかのような、そんな錯覚を覚えながら快楽の海を漂っているのだろうね。




スポンサーサイト
[PR]

バイトギャグ(ビットギャグ)の魅力~2 唾液採取猿轡

bitegag202005_03flsh.jpg
3つめのバイトギャグはこれ


〝Y〟が大好きな猿轡。様々なタイプがあるよね。今回はその中でもバイトギャグ(ビットギャグ)と呼ばれる、かみつかせるタイプの口枷を紹介している。前回(こちら)は、オーソドックスなものと、乳首クリップがついた物の二つを紹介したよね。

さて、今回はもう一つ、

3.唾液採取猿轡。
https://www.epism.com/info/patchgag.htm

を紹介するね。

エピキュリアン製で4,000円(税別)で販売されている。透明なアクリルの円筒にラバーのバンドがついていて、マジックテープが貼られているので、それで留めることができる。

何と言っても特徴的なのは、その円筒に3つの穴が開いていること。そして円筒の両側にあるゴムキャップは外すことが出来るということ。つまり、円筒に液体を入れて、それを咥えさせることで、強制的に中に入っている液体を飲ませることができる。

また、逆に、角度をうまく調整すれば、奴隷の唾液をため込むこともできる。

以前人気のあったAV「奴隷島」にも登場。「奴隷島」では2種類の使い方をしていた。

一つは男性の精液をこのバイトギャグにいれ、それを女性に咥えさせて、精液を強制的に飲ませるという使い方。

もう一つは2人の奴隷のうち、一人にまず装着。その上で、しばらく置くと、このギャグの中に、その奴隷の唾液が溜まってくる。ほどよいところで外し、それをもう一人の仰向けに寝かせられている奴隷の口に嵌める。すると、たまった唾液がその奴隷の口に流れていくというもの。

責める側にとってはかなりの加虐感を楽しめるし、責められる側にとっても半端ない被虐感を味わえるわけ。

さて、〝ゆえ〟に始めて着けさせたときの感想は、

新しい口枷…ねずこの口枷ですね!!

あの穴に自身の涎が溜まり、また口の中に戻ってくる…ローターで責めて下さっている時にその繰り返しが起こり、なんとも言えない卑猥な感覚でした


そう。この時はベッドの上に開脚で座らせ、後ろからローターでクリトリスを責め続けたんだ。3つの穴は涎が入りやすいように下からやや内側に向けておいた。

案の定、〝ゆえ〟の涎が筒にどんどん入っていく。

やがて、ご主人様がクリトリスにローターを当てると、もだえて、そして、絶頂に達する瞬間首を大きくのけぞらせる。すると、穴が完全に下向きになり、それまでため込んだ涎が再び口の中に戻っていくというワケ。

いやぁ、これは本人にとってはかなり惨めになる責めだよね。

bitegag202005_04flsh.jpg
正常位で何度もオーガズムを迎えながら
猿轡に溜まっているご主人様の涎を
ゆっくりと強制的に飲まされる〝ゆえ〟


そして、その次は、ベッドに仰向けにさせる。そして正常位でご主人様のモノを挿入。そして、この口枷をわざとご主人様が咥える。すると、注送を繰り返す間、ずっと下向きなので、どんどん、筒の中にご主人様の涎が溜まる。ほどよいところでそれをはずして、〝ゆえ〟の口にこぼれないように慎重に装着する。そして、穴の位置をやや下向きにすると、やがて、少しずつご主人様の涎が〝ゆえ〟の口の中に流れ落ち始める。

挿入されて責められながら、ご主人様の唾液を強制的に時間をかけて大量に飲まされる。

これもまた楽しい責め!

奴隷は屈辱感を…、そしてご主人様にとっても加虐感の著しい道具…、と思っていたら、それが、〝ゆえ〟ときたら…、

「ご主人様、美味しいですぅ!」と大喜び。

あれ?これって、責めじゃなくてご褒美になっちゃったか!

まぁ、それもいいか!(^^)

というわけで、

前回と今回、2回にわけて紹介したバイト(ビット)ギャグ。定番のボールギャグとはまた異なる趣が楽しめる。皆さんもぜひどうぞ!





バイトギャグ(ビットギャグ)の魅力~1

bitegag202005_01flsh.jpg
これが最もシンプルなタイプのもの


口枷、猿轡には色々なタイプのものがあるよね。

ボールギャグや開口具などについてはこのブログで何度も触れている。そんな中で、このタイプはあまり触れたことがなかったような気がするよ。

バイトギャグ(BITE GAG)、あるいはビットギャグ(BIT GAG)というカテゴリー。

若い人なら、「あ、禰豆子のあれだね」と反応があるかもしれないね。そう、コミック『鬼滅の刃』のヒロイン竈門禰豆子(かまどねずこ)が常に口にくわえているあれ!

とはいえ、コミックの場合はたぶん竹。実際に竹を用いたバイトギャグは縄の世界でも使うよね。そして、同じような形態のものが欧米のボンデージにも。元々は馬の轡から来ていると思うけど、その場合は革だったり、シリコンだったり。

〝Y〟が持っているバイトギャグは3つ。

1.パイプギャグ(わいえふ工房)

2.ニプルクランプ付シリコン製ビットギャグ(タランチュラ)

3.唾液採取猿轡(エピキュリアン)

いずれも魅力あふれるものばかり。

紹介するね。価格は2020年5月現在。

まずは1.のパイプギャグ。2,800円で売られている。
http://www.yf-koubou.com/mart/face050.html

冒頭の写真のものがそう。

この形、おそらくバイトギャグの最も基本的な物だと思う。素材は直径が2.5cmの木の丸棒に薄い革を張っている。わいえふ工房さんは革の色も様々に選ぶ事が出来るし、また、サイズも2種類から選ぶことができるよ。

とにかくシンプルに奴隷に咬ませて楽しみたいというときにベストなギャグだと思う。

〝ゆえ〟の感想から…、

革が巻いてある作りなので、少し太めに感じます。歯で噛んで支えるというより、唇で挟むという感覚に近いです。
口から外さないように、しっかりはめましょう。奴隷なのだから落とすなんていう粗相は、いけません。
ボールギャグと比べて格段に重量があるので、下顎は疲れやすくなります


その通り!落としちゃだめだよ。(^^)

次に、2.ニプルクランプ付シリコン製ビットギャグ。
https://tarantula.jp/index.php?mode=detail&gid=7566

bitegag202005_02flsh.jpg
ニップルクランプが目につくね。
実はバイトギャグとの組み合わせで
破壊的な状況に奴隷を落とし込む…


これはSMグッズ販売の「タランチュラ」で販売しているもの。6,170円(税別)と少々値段が張る。その訳は、単に口に咬ませるギャグだけでなく、そこから乳房を挟むニップルクランプがついている点。かみつき部分の直径は2.5cmということで1と同じ。また大きな特徴としてシリコンで出来ている。したがって、装着も体にやさしく、そして水洗いも簡単にできて楽。

何よりも、単なる猿轡でなく、乳首責め具にも同時になっている点が素晴らしい。奴隷に咬ませておいて快楽責めをしたりすると、快感で首をのけぞらせるたびに乳首が引っ張られて痛みも味わうという恐るべき責め具なんだ。

〝ゆえ〟の感想は

全体がシリコン製な為か、咥える部分は細身に感じます。噛み砕かないか心配になります。ベルト部分もシリコン製なのか、髪の毛を引っ張られているような感覚が時々あります。
そんな2つの心配を上回る仕掛けが、シンプルですが乳首クリップ。
咥えたまま頭を仰け反らすと、自分で乳首を上に引っ張ることに。
ご主人様が頭を押さえつけたり、強制的に背中を反らせたりなさると、より乳首が引っ張られ、最終的にはクリップが外れます。
勢い良く外れるのでは無くて、じわじわ外れます(ご主人様がじわじわ反らすからなのですが…)。
えっ?恨み節みたい?
?そ、そんなことはナイデスヨ。
ゆえはこのバイトギャグが好きです


bitegag202005_05flsh.jpg
意地悪なご主人様は無理矢理頭を
後ろに引っ張って押さえつけ、
乳首を引っ張らせる


というわけで、被虐感の強い〝ゆえ〟にはぴったりの道具。

さて、3つめのバイトギャグについては、次回!






アイマスク(目隠し)いろいろ~5.アール目白店さんのアイカフ、天ノ介さんのアイカフー

eyemask202004_05bflsh.jpg
ご覧のように顔のかなり広い面積を覆うことになる


連続でお届けしてきたアイマスク(目隠し)シリーズ。今回は最後に「アイカフ(アイカフー)」を紹介するね。以前もこのブログで紹介したことがあるけど、アール目白店さんや天ノ介さんなどが製造して販売している。

この製品、何よりも大きな特徴が、鼻まで覆うという形状。だから、目隠しというよりは目と鼻の一体型カバーという感じ。

もともと、この製品と、口のカバーをするマウスカフという製品と組み合わせ、全頭マスクとともに使用するという商品(オールフェイスマスク)もあって、そちらからの分売という考え方もできる。実は〝Y〟がもっているのも、そのオールフェイスマスクのもの。

アール目白店さんでは「ソフトアイカフ」という名称で、6,000円で販売。商品ページはこちら

天ノ介さんのところでは「アイカフ-」という名称で、6,300円で販売。商品ページはこちら

このマスクの場合、前述のように鼻を覆うという点が特徴。だから、カバーする範囲が広いせいで、完全な闇に奴隷を落とし込むことができる。一方で、鼻呼吸がやや制限されてくるという面での責めも楽しめる。鼻腔が革の匂いで満たされることになるよ。

一方で、鼻孔が見えなくなるので、〝ゆえ〟のように形の良い鼻孔を持っていると、ついつい、それが見たくなり、途中で外してしまうことも多いけどね。

eyemask202004_05_2flsh.jpg
こちらはオールフェイスマスクを全部装着した様子


〝ゆえ〟の感想は、

オールフェイスマスクに付属するものですから、本来のマスクと併用するのが一番だと思いますが、単体でもしっかりと使用できます。
鼻まで覆われる為、光は遮断され嗅覚も鈍くなります。
本当に大きいため、これ1つで顔の拘束が完成します。
鼻孔好きのご主人様は、あまりお使いになりませんが、調教中に顔からズレてしまう心配が一番少ないのでは?と思います


と、やはりご主人様のこと、よくわかっているねぇ…。さすが、我が愛奴。

というわけで、5回にわたって紹介してきた〝Y〟の目隠しコレクション、他にもあるのだけど、今回はここまで。

最後に〝ゆえ〟のアイマスクに関しての一言を。

アイマスクでプレイをされる方、ぜひ参考にしてみてね。

〝ゆえ〟にとってのアイマスク使用時の大前提は、アイメイクは絶対にしないこと。
角膜が傷付いたり、結膜炎になるのはイヤですよね。
それに、アイマスクにメイクの汚れが付くのも防げます。
ご調教が終わったらメイクをすれば良いのです。
ちなみに、〝ゆえ〟のご主人様はメイクの有無はどうでも良いご様子です。
むしろ全くしていない方が良いと言われています。
だからご主人様にお会いするのに、毎回、本当に何もメイクをしていません。

女としてその行動はどうなのか…ま、奴隷ですから女ですら無いのかもしれません。

一度、メイクをばっちりしてご主人様とお食事だけに出掛けたことがありました。
いつもなら遠目から〝ゆえ〟と気付いて下さるご主人様が、その日はなかなか気付いて下さらず…。女っぽくてビックリしたと仰るご主人様を見て、〝ゆえ〟はしめしめと満足感でいっぱいでした


うぅ。〝ゆえ〟に一本とられてしまったよ!(笑)

女性は化粧をするもの…というのが世の中の常識なのかもしれないけど、へそ曲がりで常識に囚われないことが好きな〝Y〟。〝ゆえ〟のような美しい女性はそのまま化粧をしないままのほうがむしろキレイで良いと思うんだけどなぁ…。

あ、でも、結局マスクをさせちゃうんだから…。顔が見えなくなるね。(爆)


アイマスク関連記事一覧(クリックで飛べるよ)
アイマスク(目隠し)いろいろ~1.天ノ介さんのアイマスク 
アイマスク(目隠し)いろいろ~2.アール目白店さんのアイマスク 
アイマスク(目隠し)いろいろ~3.アール目白店さんのソフトレザーベルト
アイマスク(目隠し)いろいろ~4.エピキュリアンさんの特製アイマスク
アイマスク(目隠し)いろいろ~5.アール目白店さんのアイカフ、天ノ介さんのアイカフー





アイマスク(目隠し)いろいろ~4.エピキュリアンさんの特製アイマスク

eyemask202004_04flsh.jpg
バタフライ形状でぴたっと
貼り付くアイマスク。


連続でお届けしているアイマスク(目隠し)特集。

今回は今までと違って、素材がラバーの「特製アイマスク」。

そしてメーカーはエピキュリアンさん。商品紹介ページはこちら

2,630円(税別)で販売している。(2020年4月現在)

この形、おそらくAVでご覧になった方も多いはず。アタッカーズの川村慎一監督作品などに出てきたりしているよね。

上下対称の形状がまず独特。

さらに、頭部に固定するベルトは2本ということで、がっちり固定してくれる。

しかも、リングではなくマジックテープによる装着なので、実に手軽に調整できる。

さらに目の部分はとても薄いラバー。ということで、目にピッタリと貼り付いて、視覚を完全に奪ってしまう。光の一筋も入ってこない。これは凄いね。

そして、素材の薄さゆえ、眉あたりやホホ骨あたりが浮き出て見えてくるのも独特。

そういう意味でも装着された奴隷への加虐感が感じられるのが魅力。

奴隷に一度装着してみると、この独特の感触がクセになってしまう。

〝ゆえ〟の感想は、

全体がゴム製で、マジックテープでの開閉です。後頭部は2手に別れて固定されます。
ゴムの柔らかさも相まって、優しい漆黒の闇に包み込まれるような感覚です。
ゴム特有の匂いがします。それがお好きな方もいらっしゃることでしょう。
ただし、マジックテープが外すときに必ずと言ってよい程、髪の毛に絡まります。
でも、レザー製とは全く違うゴムの柔らかさはクセになります


そう!〝ゆえ〟も言うようにマジックテープに髪の毛が絡まると外しにくいので、その点だけは注意。

でも、ゴム製だと全体を洗うこともできる。メイクが付着してもすぐに洗い落とせる。

そういった扱いやすさも魅力だね。


アイマスク関連記事一覧(クリックで飛べるよ)
アイマスク(目隠し)いろいろ~1.天ノ介さんのアイマスク 
アイマスク(目隠し)いろいろ~2.アール目白店さんのアイマスク 
アイマスク(目隠し)いろいろ~3.アール目白店さんのソフトレザーベルト
アイマスク(目隠し)いろいろ~4.エピキュリアンさんの特製アイマスク
アイマスク(目隠し)いろいろ~5.アール目白店さんのアイカフ、天ノ介さんのアイカフー




 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.