FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (52)
ボンデージの道具たち (53)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

〝ゆえ〟の小窓~5 パイパンについて

paipan202003flsh.jpg


〝ゆえ〟のモノローグ、今回はあそこの処理について。(^^)

********************

ご主人様との契約で「日常生活に支障が無い場合、奴隷は常にパイパンにする」といった内容が盛り込まれていました。

ちなみにご主人様は剃る行為に萌えない派。奴隷がコツコツしなくてはいけません。

普段、大衆浴場的な所とは縁遠い為、「いつもパイパンで問題なし!」と契約時に判断してパイパン生活が始まりました。

まず、長い陰毛はカミソリの刃にすぐ絡まってしまうので、ハサミで短く切ってからシェービングジェルをたっぷりつけてカミソリで剃りました。

陰毛が生えてから剃るなんて、考えたことすらなかった自分のまんこが、幼少期ぶりにツルリとなりました。

陰毛を取り去ったら、ムニッとしたぷにぷにまんこが出てくると思っていたのです。

で、

も、

鏡に映るのは痩せてペタンとした大陰唇(本来ムニまんを主張するところ)と、そこからかなりはみ出てる小陰唇でした。

愕然としました。

痩せすぎているからなのか、陰毛の量が多かったからなのかは定かではありませんが、醜態を晒す羽目になりました。

苦労して剃った結果が醜いなんて…。どうせパイパンになるなら、白くてムニッとしたおまんこになりたい!と強く思いました。

自己処理でのカミソリ使用では、皮膚がヒリヒリしたり、生えてくるとチクチクしたりと、不快な事が多くありました。

これでは皮膚が今より黒ずんでしまう…もっと醜いまんこになるのでは…と不安になり、脱毛サロンのドアを叩きました。

後から色々と調べていると、医療系の脱毛の方ががイイよ!とか、ブラジリアンワックスは段々と生えなくなるよ!といったものを目にしました。

でもゆえは、契約して通い始めたサロンに悪いしなぁと思う気持ちもあり、現在はサロンで脱毛するのと、お家でカミソリで剃るのを組み合わせています。

段々と陰毛が生えなくなり、剃る場所も限られてきました。

こうして、せっせとパイパン作業を繰り返し、ご調教を受けていた結果、徐々にゆえの大陰唇はムニッとしてきました。

きっと、ご調教時に鞭が当たったり、電マで責められたり、挿入の摩擦……等で皮膚が鍛えられたのかもしれません。

肉付きが良くなったのは、おまんこへの刺激を吸収していた陰毛の代わりに脂肪が着いたのでは?と推測しています。

パイパンにしたらムニまんこも手に入れることが叶ったお話でした。

今は「おまんこ美白化」を実行中です。

ご主人様にとっては、ご調教時にパイパンであることか大切であり、美白だったり、ムニッと感であることはさほど重要では無いみたいで残念ですが…。

それからたま~に行く温泉地で、パイパン女子を未だにお目にかかれないのも残念なところです。


********************

ふふふ。〝ゆえ〟よ、ムニッとしたのは好きだぞん!

それはさておき、まず第一に、パイパン、性病予防にもなるし、良い事だらけ!とご主人様は思うよ。

世の中にもっとパイパンが増えればいいなぁ。ついでに男性もパイパンが増えれば〝Y〟もぜひしてみたいなぁと思っているよ。





スポンサーサイト
[PR]

〝ゆえ〟の小窓~4 鼻孔のヒミツ

nose202002flsh.jpg
形の良い鼻孔の〝ゆえ〟


〝ゆえ〟の語る御主人様とのSM。今日は御主人様が愛してやまない〝ゆえ〟の鼻孔について。以前、こんな記事を書いたけど、今回は〝ゆえ〟自身に語ってもらうね。

********************

これまでもご主人様が、鼻腔についての記事を何度も書かれています。

〝ゆえ〟はそれらを読む度に身の凍る?いえ、引き締まる思いになります。


何故?と思われるでしょうか…

それは、〝ゆえ〟の鼻腔は本来、今のようなアーモンド形でななく、丸い(ご主人様のいうところの楕円形)形でした。

小鼻をヒクヒク動かせるし、豚鼻遊びもしていたから、小さい頃は家族にからかわれていました。


これでは、整形疑惑がかけられそうですが、、。
人間の鼻って確か軟骨ですよね?
しかも、小鼻って皮膚なのでは?
と考えた幼少期の〝ゆえ〟は、洗濯バサミを手にしていました。

毎日、自分で鼻の形を整えていたら、鼻筋の通った西洋風な鼻になれるかも!
私も素敵になりたいなぁと思ったのです。

小鼻周りを挟むのは基本ですが、鼻筋の真ん中辺りや、眉間近くも、暇さえあれば挟み続けました。


そんなこんなで手に入れた鼻を、まさか気に入る方(ご主人様)が現れるなんて、思ってもいませんでした。


今でも小鼻を広げすぎないように、注意しています。
頂いたノーズクリップも、自宅で活躍しています。が、やはり洗濯バサミの威力の方が好きなゆえでした。

ちなみに使う洗濯バサミは、名称をよく見ていたら、ダブルピンチY型…。

えっ?
Y……
〝Y〟様?

出会う前から、Y型の洗濯バサミを愛用していた〝ゆえ〟でした。

ご縁でしょうか?


********************

nose202002_1flsh.jpg
〝ゆえ〟も書いているように
今ではシンクロナイズドスイミングの
ノーズクリップも大活躍。


そう。〝ゆえ〟は御主人様の〝Y〟に出会う前から〝Y〟(型)に鼻責めを受けていたなんて!うん、まさにご縁だよ!!(^^)




〝ゆえ〟の小窓~3 「革具、ラバー、PVCの魅力」

leather202001flsh.jpg


〝ゆえ〟のモノローグ、今回は御主人様が愛してやまない革具、ラバー、PVCについて、〝ゆえ〟がどう感じているかをご紹介するね。

********************

革具の何が楽しいの?
そんな声が聞こえた気がする…。
被害妄想も変態妄想も、どちらも激しいゆえです。(^^;)

答えは「楽しい」ですよ🎵。
毎回がコスプレです。
身につけるだけで別世界の扉が開きます。

何より、体のラインを意識できますから、美容効果抜群です。
特に、ラバーとPVCスーツは締め上げ感半端ないのです。

ゆえはもともと、ウエストニッパー(コルセット)が好きでした。

ご主人様の革具コレクションには、ウエストを締め上げて、胸を絞り出すものが沢山あるのです。

初期、それらを見せて頂いた時「これで寸胴体型とは、おさらばだ!」と心の中でガッツポーズしました。

革具、ラバー、PVCで、ピタッと身体を締め上げた中での騎乗位ご奉仕や、磔責めは、一般的なウエストニッパーを着けて生活していた頃とは、段違いにくびれが出現します。


********************

何よりも御主人様が大好きなモノ達を〝ゆえ〟も気に入ってくれていることが嬉しいね!

それにしても、まさか革具やラバー、PVCに美容効果がありとは!

次は何をつけて〝ゆえ〟を責めるかを考えるのがますます楽しい〝Y〟だよ。(^^)


〝ゆえ〟の小窓~2 二大【あ】言葉は使わない

komado2b_202001flsh.jpg


奴隷〝ゆえ〟が綴る「〝ゆえ〟の小窓」の2回目は…、

主従関係を持っていらっしゃる人たちには意外なことかもしれないね。〝ゆえ〟が己の判断で自分に課していることについて…。(^^;)

********************

〝ゆえ〟はご主人様に対して「会いたいです」「愛してます」の2大【あ】言葉を言わない方針です。

でも、それって奴隷としてどうなの…? と、自問自答をよくします。

お会いしたい…なんて、ご調教の予定は立っているのに頻繁にメールに載せたら、めっちゃ【かまってちゃん】だし…。

愛してます…なんて簡単に使う人程、すぐ別の人に乗り換えたりするし(偏見でごめんなさい)…。

奴隷の普段の気持ちなんて、ご調教に関係ないと思うんだけどなぁ。
奴隷は穴なのだし。
そう、革具の映えるまんこ奴隷。
と、すぐにネガティブになってしまいます。

なんて、モヤモヤして曖昧に笑っていたら、ご主人様に「言いたいことがあるなら、キチンと伝えなさい!」と注意されました。

勇気を振り絞り、まずは「お会い出来ないのは寂しいです」を口に出してみたら、
「お、お、お会い…で、できなくなるのは…じゃなかった……出来ないのは、さ寂しいです……ぅ」
ゴニョゴニョになってしました…。
手汗半端ない。

自分の気持ちにキチンと向かい合えて、言葉で発信出来る方は素敵です。
そのうえ、可愛らしく伝えたり、スマートに「愛してます」を口に出来る人、、神!!

本当は羨ましいゆえなのです。

〝ゆえ〟


********************

と、まぁ、実に〝ゆえ〟らしい。

その〝ゆえ〟が二大【あ】言葉をゴニョゴニョでなく「はっきり」と口にできるのはいつの日かなぁ…。

とりあえずは別の言葉で言い換えをしてみたら…、ということにしている。

「ご主人様に会いたいです」は「ご主人様のことを想っています」に。そして「愛しています」は「お慕いしています」にね。(^^)





愛奴の〝ゆえ〟が初めて自身でブログ記事を書いてみた 奴隷〝ゆえ〟の小窓~1

aido201912flsh.jpg
某エアラインの制服に身を
包まれた〝ゆえ〟


〝Y〟と〝ゆえ〟の主従関係、いつも、〝Y〟の方から見た〝ゆえ〟を一方的にこのブログで紹介してきた。でも、〝ゆえ〟自身はどう思っているんだろう…、なんて、気にならない?

いや、気になるよねぇ!

というわけで、このブログ、〝ゆえ〟自身にも時々登場してもらおうと思った。

そこで、〝ゆえ〟に「調教」の一環として、「ブログ記事を書いてみなさい」と強く勧めてみたよ。あ、限りなく「命令」だけどね(笑)。

そして、その成果が!

今回は〝ゆえ〟のブログ記事、その記念すべき1回目。

読者の皆さんへの少し遅いクリスマスプレゼント、あるいは、少し早いお年玉。

どうぞ楽しんでね!

********************

改めまして。
奴隷のゆえです。
ご主人様の強いお勧めで、人生で初めて記事を書かせて頂きます。
緊張しますぅ。


ご主人様と〝ゆえ〟の関係ではどんな風に呼び合っているのか、、ご興味あるかしら?と、ふと思いました。

ご主人様と私の関係では、
ご主人様は「〝ゆえ〟」「おまえ」「おい奴隷」がほとんどですが、
最近「愛奴」が仲間入りになりました。

「愛奴」と呼ばれると、何だかとてもこそばゆいのですが……。
そんな表情をみて、ご主人様はニヤリとなさり、「愛奴!愛奴~」と連呼することも…。
本当に心臓が持ちません。


一方の〝ゆえ〟は…というと
「ご主人様」一択です。
まじ?ガチ??
ええ。いたって本気です。
メール、お会いした時、、いつも「ご主人様」。

以前ご主人様から
「〝Y〟様とか、〝Y〟さんも良いんだよ」
と仰って頂けて、チャレンジしたこともあったのですが、うまく使いこなせませんでした。
緊張してしまって…。

街中でも、スルッと「ご主人様」とお呼びしてしまいますが、〝ゆえ〟の話し方はゴニョゴニョしているので、周りの方にはバレてないかも?と思っています。


今回は呼び方のお話でした。

〝ゆえ〟


********************

というわけで、奴隷の〝ゆえ〟が初めて書いてみたブログ記事。

〝Y〟はこの文章を見て、真面目で恥ずかしがり屋な、実に〝ゆえ〟らしい雰囲気が出ているなぁ…と感じたよ。

「愛奴」と呼ぶと、ホントに顔を真っ赤にして、恥ずかしがるからねぇ。

でも、これからも「愛奴!愛奴~」と連呼する〝Y〟だよ。あ、これは立派な「言葉責め」だね。(笑)




 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.