FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

青い首輪の女

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

SM、スパンキング

若狭と雫(緊縛と首絞め)

tabooを愛する二人の日記

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (58)
ボンデージの道具たち (60)
アルファイン(SMホテル) (48)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (28)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (13)
出会い系サイトでM女性を見つける方法 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

〝ゆえ〟の小窓~13 密かな楽しみ

20200912bathflsh.jpg
ラバープレイとお風呂の相性は良いよね
でも、温度には気をつけようね!
長時間浸かっているとフラフラに…。(^^;)


ご主人様は奴隷に対して厳かで絶対的に振る舞う…そんな印象を持つ方も多いかもしれないけど、所詮は一人の人間。弱みもある。それを見つけてしまった〝ゆえ〟だよ。〝ゆえ〟のモノローグ、今回はそんな話。

*********************

これは、奴隷らしくない一面の内容です。
ご主人様には既に公然となってしまい、小突かれています。

最近、ご主人様がお風呂を用意してくださいます。
奴隷と一緒に湯船に浸かる事を、楽しんでくださっているご様子です。

ちなみにご主人様は、「楽しいな」とお感じになると、繰り返して続けるのがお好きなタイプです。
湯船に浸かるのも、その一環かもしれません。

さて、お風呂。
皆様にも快適な温度ってありますよね。

〝ゆえ〟は42度以下のお風呂はぬるいと感じる、不健康な熱い風呂短時間型です。

反してご主人様は39~40度位でゆったり入られるタイプ。

最初に戻って、ご主人様がご準備されるお風呂と言うことは「ぬるめ」なはず…ですよね。

それが、何故か、ご主人様は間違って42度位と熱くしてしまうことが多くありまして。

ある時、ご主人様より先に〝ゆえ〟が、すいすいと湯船に浸かったことがありました。
ご主人様も後からすぐにポチャりと足を浸した途端、「あっっつぅ!!」と感じられたのを飲み込んで、
ブルブルしながら徐々にお身体を沈めていらっしゃると同時に、お顔が見たこともないくらいのしかめっ面。

もう、〝ゆえ〟は笑いが込み上げてしまって!!

笑ってはいけない状況で笑う背徳感と、ご主人様が苦手で奴隷が得意な事をみつけられた優越感が、声を出しての笑いに繋がってしまいました。

その後、いつもよりご主人様の鞭が多かったような……。

熱湯風呂を生放送で見ていた世代には、ご主人様のこの一連の行動は、本当に面白くて。

こんなことを書いていたら、、ほう、奴隷は水責めを受けたいと思っていると、、ご主人様、ち、ち、違うのです…。

ご主人様がお顔を歪められたところを初めて拝見した感動を、皆様にお伝えしたかったのですぅ。
ご主人様の出来事を晒してしまい、申し訳ありませんでした。


*************

ふふふ、次回のお仕置きが楽しみだねぇ。水責めではないので安心しなさい。電マで呼吸が何度も止まるようなイキ地獄を倍の時間味わわせてやろう!そう、倍返しだっ!




スポンサーサイト
[PR]

〝ゆえ〟の小窓~12 言葉の受け取り方の違い

20200815komado12flsh.jpg
ご主人様の言葉責めを受ける〝ゆえ〟


〝ゆえ〟と〝Y〟。赤の他人だった二人が出会って主従関係を結ぶ。育った環境も世代も違う二人。当然そこにはコミュニケーションで乗り越えるべき課題が沢山ある。そんな苦労の一つについて〝ゆえ〟が書いてくれたよ。

*******************

SMには独特の表現が多いように思います。
普段の生活では到底お目にかかれないような表現が、褒め言葉として使われていますよね…きっと、ご主人様だけでは無いはず。

普通の生活なら「綺麗だね」「かわいい」「(君のこと)大好きだよ」と、ストレートな表現が好意には使われますよね。
時々「月が綺麗ですね」と表現する方もいらっしゃるようです。
〝ゆえ〟的には情緒たっぷりで、これも素敵だと思います。

でも、SM中では……
「こんなに涎を垂らして恥ずかしい奴隷だな」
「もうまんこがグショグショじゃないか…ドスケベな奴だな。毎回呆れるよ」
「自分で腰を振ってるの気付いてる?淫乱だなぁ」

はい。

今の全部、ご主人様は「大好きで可愛い奴隷」の意味で使われていらっしゃるそうです。

最初は言われる度に、(そうだよね…涎を垂らしている姿は恥ずかしい…)、(濡れやすい体質なのご存知なのに、何で毎回指摘してくるのかしら…恥ずかしい)、(そ、それは、、奴隷は腰を振ってご主人様に喜んで頂くのが嬉しいからであって、淫乱な訳では…訳では……恥ずかしい)と思っていました。

後から思えば、ご主人様はそんな〝ゆえ〟を理解した上で、遊んでいらっしゃったご様子でした。
しかし、〝ゆえ〟自身がこの言葉のすれ違いでかなり疲弊してしまいまして。
もう、無理…精神的に辛すぎる…となった時、初めて言葉についての解説がご主人様からありました。

最近はようやく慣れてきましたが…未だに慣れない表現が1つだけあります。
それは、「役に立たないじゃないか」です 。

「全く、役に立たない奴隷だな」は、ご主人様にとって渾身の決め台詞だそうです。
使われる場面は、快楽責めを受け続けて奴隷が無反応になった時です。
ご主人様はこの言葉を口にすることで、かなり多くの充足感が得られ、脳内では快楽ホルモンがドバドバ出ているそうです。

が、「役に立たない」を受け止めた〝ゆえ〟側は、最初、絶望感でいっぱいでした。

お役に立てないということは、、、もう〝ゆえ〟に飽きたのかな…。

不安がつのり、ご主人様に恐る恐るこの事をお伝えすると、ご主人様、驚愕されました。
それから、珍しくキレられてましたね。

「お前、SM小説とかSMのAVとか読んだり見たりしろよ!何でそんなに知識無いわけ?はあっ?何年俺のそばにいるんだよ。(ご主人様しばし沈黙)……ま、でもこういうのに疎くて、初心者だってことをわかった上で、奴隷にしたのは俺だからな…。いいか、何度も言うぞ。落ち込んだままにして後から言ったりするなよ?!疑問や不安はすぐにその場で伝えること!わかった?」

〝ゆえ〟はもう、涙目、鼻声です。
「ご、ご、ごめんなさい。本当に申し訳ありませんでした」

それ以来、時々このときの事を蒸し返されては、ご主人様は独りムカムカしていらっしゃるご様子ですが、面と向かって〝ゆえ〟に「役立たず!」とはお使いにはなられません。

実は、ご主人様にお気を使わせているという、何とも奴隷らしくない一面を持っている〝ゆえ〟でした。


*******************

言葉の受け取り方の違いで、一時期は危機的な状況になったことも。でも、無事に乗り越えた二人。こうやって、少しずつ、少しずつ、同じ言葉と世界を共有できるようになってくるんだね。やっぱりコミュニケーションは本当に大切!

長い道のりだけど、〝ゆえ〟、これからもよろしく!




〝ゆえ〟の小窓~11 コスプレについて

202007budgirl1flsh.jpg
アルファインではバドガールの
衣装もレンタルできる
504号室「地底窟」での〝ゆえ〟


〝ゆえ〟のホンネトーク。今回はコスプレについて。

***********************

〝ゆえ〟にとっては、ボンデージやラバーと、制服等のコスチュームは、どちらも同じコスプレの品々という物のくくりです。
そう表現すると、ボンデージマニアのご主人様の地雷を踏んでいるような感覚ですが…。
「小窓」なので、多めにみてくださいまし…ご主人様。

今回は〝ゆえ〟なりの思いを、ボンデージ系と制服系で、大まかに分けてお伝えしてみたいと思います。


ボンデージ系の特筆すべきところは、肌に食い込んだり、密着がすごかったりの拘束感が、恍惚に変わることです。

例えば、首回りの拘束がきつすぎると生命に関わるので危険ですが、適度な拘束は快感に変わります。

奴隷さんはほぼ全員、頷いてくださる事だと思います。

動きが不自由な中での快楽責め、鞭責め…
一度快感と脳が判断したら、想像しただけで身体が熱くなるのは、絶対にフィクションではありません。
真実。
…って、この場で豪語しても、信憑性に欠けるのかしら…。
難しいところですね。


さて次に制服系は、精神的な羞恥に特化することです。

年齢的にそぐわない事が特に。
鏡を見る度に猛烈な恥ずかしさに襲われます。

ただし、着られなかった服のコスプレは、恥ずかしいながらも憧れだったという気持ちが加わり楽しめるのです。

問題は、馴染みのある服のコスプレの場合。
リアルな思い出が甦り(大抵マイナスな思い出です)、ご調教後等で支障が出てしまったこともありました。

ま、ご主人様の手にかかると、服の中や上にボンデージが合わさり、洋服コスプレの時は必ず両方が同時進行なので、結局、恍惚としてしまうのですが…。
奴隷のネガティブ感情なんて、たちどころに消えてしまいます。

なんと言っても、ご主人様は【ボンデージ>コスプレ】のボンデージマニアですから。

おしまい


***********************

【ボンデージ>コスプレ】と書いてくれた〝ゆえ〟。でも、〝ゆえ〟と出会ってからはご主人様もコスプレも大好きになって来た。

特に、制服&ボンデージの組み合わせを考えるのがものすごく楽しくて…。

次は何と何を組み合わせようかな!!(^^)




〝ゆえ〟の小窓~10 「奴隷の意見は?」と問うご主人様

20200705ballgagflsh.jpg
尋ねられても口枷をされていれば
答えられない、可愛そうな〝ゆえ〟(^^)


〝ゆえ〟のモノローグ、今回はご主人様とのコミュニケーションと〝ゆえ〟の思いについて。

**********************

「奴隷の意見は?」
ご主人様はお優しいので、事あるごとに聞いてくださいます。

「ご主人様のお好きになさってください」
と、つい答えてしまいます。

ゆえの本心は本気で
「ご主人様のしたいことに従いたいのです」なんだけどなぁ。

ご主人様としては
「コイツ…一体何を考えていやがる?」と思われていらっしゃるのかもしれません。

ゆえは普段からお喋りなタイプの女性では無いようで…。
ご主人様がどちらかと言えば、社交性を持ち合わせた方なので、なんとか関係を続けさせて頂いております。

あまり物言わない奴隷ですが、最低限のコミュニケーションはとても大切みたいで、ご主人様からきつく言われているのです。
どういった内容が最低限なの?と思われますよね。
例えば
「今日は体調不良です」
「(ご調教の最中に)少し休憩が欲しいです」といった事です。

ゆえからすると、体調不良は事前の体調管理の不手際だから痛み止め薬等で対処すべき奴隷側の問題で、
休憩の要請もご主人様が楽しんでいらっしゃる時間を削る事に繋がってしまう…。と考えてしまいつい言い澱んでしまうのです。

言わなさすぎて、自分自身で爆発してしまいご主人様に多大なご迷惑とご心配をお掛けした事もありました(過去の記事を参照にしてください)
「俺が奴隷の日々の体調や予定をわかってないと、楽しんで責められないでしょうが!」とご主人様にめっちゃ怒られ(注意され)ました。

世の中にはして良い我慢と、しなくて良い我慢があることを学びました。

それでも、同じような過ちを犯してしまうのがゆえなのですが……。

でも「ご主人様のやりたいこと全てに従いたい」という気持ちは、何も我慢してないんです。


**********************

ありがとう、〝ゆえ〟!





〝ゆえ〟の小窓~9 ご主人様のギャグ

gag202006_1flsh.jpg
読者の皆さんも、〝Y〟のオヤジギャグより
〝ゆえ〟のこのボールギャグ姿の方がいいよね。



〝ゆえ〟の独白、今回はギャグと言っても猿轡じゃなくて…。(笑)

********************

先日、ご主人様に
「〝ゆえ〟は、神経質でヒトに懐こうとしないタイプの柴犬みたいだな…手懐けるのに苦労したな……いや、今でも苦労しているが」
と言われてしまいました。

以前から「柴犬〝ゆえ〟」の呼び名は出てきていました。

そう、〝ゆえ〟は、手懐けるにはなかなか難しいタイプみたいです。

何でかなぁ…いつもニコニコして従っているし、節度も(奴隷なりに)わきまえていると思うのです。
もしかして、頑固なところがバレているのかしら?

うーん。うーん。

まてよ、、

ご主人様は「柴犬」とからかいたいだけなのかもしれない…!


そう、休憩の時のご主人様はとても朗らかで、よく奴隷をからかっては、ニヤニヤしていらっしゃいます。

〝ゆえ〟は最初、
ご主人様がお話しする内容を、全て真剣に捉えてお返事していたのですが、
時にふざけた内容も含まれていて、その度に恥ずかしくなりました。

今ですか?

実は今でも、よく引っ掛かってしまうのです。
冗談のよく分からない〝ゆえ〟です。

おじさま(ご主人様)ギャグは難しい……

あっ、、
ごめんなさい。奴隷の冗談ですぅ。
いつもからかってくださり、ありがとうございます。


********************

〝Y〟は関西方面によく遊びにいくので、それもあるかもしれないねぇ…。会うとついついジョークやギャグをかましてしまう。ま、挨拶代わりだね。

今度〝ゆえ〟にはしっかりと全身身動きできないように拘束し、ボールギャグを咬ました上で、耳元でダジャレの連発をささやいてやろうかな…。

え?それは今までで最高にキツイ責めだって?(爆)





 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.