FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (21)
ボンデージの道具たち (24)
SMホテル(アルファインなど) (18)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (14)
風俗 (4)

敵に捕らえられたラバースーツの女スパイ〝ゆえ〟

spyinrubber201804_01flsh.jpg
敵の手に落ちた女スパイ〝ゆえ〟。



全身ラバーのキャットスーツを着て、そして、顔の部分が空いたフードをかぶった〝ゆえ〟。この姿がたまらなく好きな〝Y〟。

でも、最初は〝ゆえ〟、その自分の姿に戸惑いを覚えていたようだった。

「ご主人様、まるでモジモジくんみたいですぅ。ご主人様はモジモジくんがお好きなのですか?」

おいおい、そんな想像をオレはしているのじゃないぞ。

この姿、別名、「海女さんスタイル」とも言うけれど、実は、〝Y〟のアタマの中での妄想では、美しき女スパイなんだよ。

絶海の孤島、ある組織の秘密基地。そこに海から侵入してきた女スパイ。

spyinrubber201804_02flsh.jpg
様々な手法で性の奴隷として敵に再教育される女スパイ。
快楽に猿轡から涎を流し、よがり狂う。


それが見つかり、とらえられ、そして尋問、拷問を受けるという、そういうストーリーを想像し、それを再現しているわけなんだ。

だから頭の額の部分には、潜水マスクをかけておくように指示しているし、それにはシュノーケルまでついているというわけ。本当はスキューバの機材にしたいけど、数十キロの装備は水中はともかくも地上ではキツイからね。

spyinrubber201804_03flsh.jpg
呼吸を制御されながら次から次へと与えられる快楽に
今までの記憶もすべて薄れ、ついには完全に洗脳されてしまう。


そして、これは〝Y〟が子供の頃、テレビや映画で見て興奮したシーンを組み合わせて作った物語。性に目覚める以前から、なぜか、自分で作ったこのストーリーに異様に興奮して、いつかは実現してみたいと思っていたんだ。

と、こう説明して、初めて「あ、なるほど!そういうわけなんですね!」と大いに納得してくれた〝ゆえ〟。

「そっか、私は超優秀なスパイなのに、なぜか、捕らわれてしまったのですね」

「うーん、超優秀かどうかはわからないけど、捕らわれると言うことは結果的にドジを踏んだのは確かだね。もしかしたら、はじめからドジな女スパイだったのかもしれないけど…。」

と言ったらむくれていた〝ゆえ〟。(笑)

spyinrubber201804_04flsh.jpg
性奴隷となった女スパイ〝ゆえ〟。
敵のリーダーのものを自ら喜んで咥えてしまう。


でもね、本当に、この姿はたまらなく好きなんだ。そして、そのウェットスーツにも見える、黒光するキャットスーツ、体にピタッと密着している姿は実に魅力的。

しかも〝Y〟はこの姿には細身の体が似合うと思っているので、本当にスレンダーな〝ゆえ〟が奴隷で良かったよ。

捕らえられた美しき女スパイはSMチェアでの尋問をうけ、やがて、快楽責めという拷問を受ける。

そして遂に快楽に負け、落ちたスパイは、すべてを話してしまう。

通常は用が済んだスパイは即座に始末されるものだけど、〝ゆえ〟はその美貌ゆえ、殺されることなく、かわりにまず洗脳され、さらに性のオモチャとしての教育を受ける。そして、組織リーダーの慰み者、性奴隷として生きていくことになる。

そんなシナリオがアルファインで次から次へと実際に〝Y〟と〝ゆえ〟との間で展開されていくんだ。

ああ、至福のひととき。

また一つ、子供の頃からの夢がかなった幸せをかみしめていた〝Y〟だよ。

spyinrubber201804_05flsh.jpg
セックス奴隷〝ゆえ〟は、自ら腰を振って快楽に溺れる。






スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ラバーへの意識が変わった〝ゆえ〟

rubber201803_1flsh.jpg
まずは十字架拘束から。
ウエスト拘束具も良く似合う。


やっと春!

ラバープレイがこれから楽しめるという人もいるよね。つまり、寒い冬はラバーが冷たいし、室温が低い中では…という人も。

でも、〝Y〟にとってはすでに冬はラバー(ラテックス)の最適期。というのも、汗っかきの傾向があるので、夏は絶対に無理。秋から冬が旬。とくに真冬は部屋を暖かくしておけば、汗もさほどかかずに快適!

というわけで、冬が終わる前にまたラバーを楽しまなきゃ…と、先日訪れた場所はまたもやアルファイン。今回は医療の部屋ではなくて、スタンダードなお部屋に。

せっかくなので、やや広めの部屋を選び、着替えをする場所にはいつものようにビニールシートを。潤滑材が床に着くと大変だからね。清掃スタッフさんを困らせないためにもこれは必要。

〝ゆえ〟にとっては初めての部屋である601号室。こちらは、独特の雰囲気だよね。そう、以前記事に書いたとおり(こちら)、トイレが特殊!

rubber201803_4flsh.jpg
黒いラバードールのご奉仕フェラは
視覚的にも刺激的。
鞭を片手に持ち心地よさを味わう〝Y〟。


というわけで、無事に(?)トイレをすませて、ラバーのキャットスーツを着込む。ファンタスティックラバー、慣れたとはいえ、やはり、着込むのに10分以上はかかってしまう。お互いに手伝いながらの作業。

でも、装着してみると、実にぴったりと体になじみ、本当に第二の皮膚に包まれている実感。この触覚が実に楽しいんだ。いつものように、ユーリン・インヘーラー(Urine Inhaler)と面体を使った呼吸責めを楽しんだり、あるいは、ゴム人形のフェラをする姿を鏡に映しだして堪能したり…。本当に楽しいひとときだった。

普通のラブホもいいけれど、アルファインでのラバープレイだといろいろと立派な拘束具があるので、ラバープレイが本当に映えるんだ。写真も実に見栄えがよくなるし。ラバードールをSMチェアに固定すると、これが本当にワクワクした絵になる。十字架拘束でもそう。

rubber201803_3flsh.jpg
ラバーのキャットスーツには潜水マスク
とシュノーケルも良く似合う。


さらに、ベッド上で二人で交合している姿なんて、黒く妖しく輝く二人が抱き合う姿、これはもう悶絶してしまうくらいに美しい。ありがたいことにアルファインには鏡が随所にあるので、そんな自分たちを視覚でも楽しむことができる。

なによりも、一番最初にラバーを試した時にはさほど気に入ってはくれなかった〝ゆえ〟が、オーダーで体にぴったりのスーツをつけるようになってからは、すごく楽しんでくれるようになったこと。これが最高にうれしい。

ラバーの締め付け自体も快感になっているみたいだし、また、「ラバーの上から乳首をもてあそばされるのが、すごく感じました」とも言っていたよ。

もっとも、ラバーを着せられて、それで激しく何度もイキ続ける奴隷にとってはまた別の感想も。

「ラバーの時は、本当に本当にオナカが空きます。運動嫌いの奴隷が、あれだけ汗をかくのですから…。ハードなスポーツです(笑)。」

なぁるほど。そうなると、これはダイエットしたいけど、運動が苦手な人にはぴったりだよね!

着てエッチをするだけで痩せられる!楽しく気持ち良いダイエット!(笑)

rubber201803_2flsh.jpg
SMチェア「宇宙遊泳」上の〝ゆえ〟。
そして呼吸責めのUrine Inhalerが。


ただね、ラバーの締め付けはそれだけでも体には結構キツイんだ。それをさらにSMプレイで拘束させるとなると…、奴隷があとで、腕や足にシビレを訴えたりしないように、常に細心の観察とケアはしてあげようね。

安全をしっかりと確保できれば、ラバー、本当に最高。

一人でも楽しいけれど、やはりパートナーと楽しむ、それがまた自分の奴隷であれば、こんな楽しいことはないよ。

みなさんも、きっかけがあれば、ぜひ、ラバー(ラテックス)のオーダースーツを作って楽しんでほしいと思うな。



奴隷の排*を見物する楽しみ

toilet201802_01flsh.jpg
最大級の辱めを受ける〝ゆえ〟。


その日、〝ゆえ〟とのプレイでアルファインへ。そして選んだ部屋は601号室「拷問地獄」

この部屋をまだ未経験の〝ゆえ〟。フロントでカギを受け取ったときはまだ普通の表情だった。

ところが、部屋に入ったとたん、血の気が引いている。

部屋にいきなり便器が置かれ、扉もないという、いわゆる「晒し」トイレ。この形式の部屋はアルファインには結構数多くるけど、この部屋のトイレは和式。しかも、手足の拘束が壁についているんだ。洋式なら陰部が隠れるからまだしも、和式となると、この晒し感は強烈だよね。

「ご主人様、奴隷は実はトイレに行きたくて我慢していたんです…」と悲痛な叫びにも似た声を上げる。

ふふふ、それは良い良い。

「他に扉のついたトイレはないでしょうか?」

「ないよ。ここでしなさい」と冷たく宣言する意地悪なご主人様。

まさか、いきなりご主人様に排*を見られる事になるとは思っていなかったんだね。

すぐに〝ゆえ〟に全裸になるように命じたよ。そして、トイレを少し我慢しろと命じて手足枷で固定すると…。

「ひえぇ、こんな格好でお*っこをするのですかぁ!」

とさらに声のトーンがあがる。

「無理です!出なくなっちゃいますぅ!」

そんなハズはないよね。だって、ずっと我慢していたんだもの。

さらにボールギャグも咥えさせてみる。

しばらく出すまいと抵抗していたけれど、やがて、「うぐぐぐぐぐ」と叫びとも何ともとれない声を上げながら、水しぶきが…。

よほど我慢していたのだろうねぇ。相当な時間、お*っこは出続けていたよ。

「ああ、はふはひい…(恥ずかしい)」と呻くような声を出し、やがて、嗚咽とも取れる声が。ああ、泣き出しちゃったかな…。

それをゆっくりと眺めながら撮影するご主人様。

そして、特有のにおいが立ってくる。

なすすべもない奴隷はひたすらうなだれている。

「ああ、おまえのお*っこは臭いなぁ…」とつぶやいてみると、〝ゆえ〟、イヤイヤをするように手足を拘束された体をよじる。

最大級の辱めをプレイの前に与えられたことで、〝Y〟はすっかりと笑顔。まるでフルコースの前のアミューズにステーキが出てきたみたいな満足感。

「ああ、今日はこれからのプレイがますます楽しみだ…。」と〝Y〟はつぶやいて、この日のプレイが始まったよ。






太陽がまぶしい…。

wafu01flsh.jpg
鞭打ちを待つ〝ゆえ〟。
暗い中でのプレイが続くと…。


ラブホテルを出てきた瞬間、陽の光がまぶしいのはなぜだろう?

…って、答えは簡単。それは、ラブホテルの場合、窓がないのが普通だから。

〝Y〟の場合、朝から午後早い時間まで〝ゆえ〟とプレイをすることが多い。するとホテルを出ると、まだ太陽が傾く前。

すると、この季節、寒いけれど、晴れ続きの東京、燦々と太陽の光が体に降り注ぐんだ。

ラブホテル、とりわけアルファインなどの場合、プレイに集中する。それに、なんといっても、あれだけ、いろいろな設備があると、次から次へと使っていると、もう夢中になってしまって…。もはや時間の感覚がなくなるんだよね。

それで、外に出た瞬間、まだ陽が高いと、「あ、まだこんなに明るかったのか」といきなり現実の世界に戻される。

そのときの、感覚といったら!

これは独特のもの。

そして、そこからまた日常に解き放される瞬間の気持ちの切り替え、これがなかなかいつもながら体験するたびに不思議な心持ちにさせられるんだよね。なんだろう、遠足から帰って来た翌日、学校に出て行ったときの、あの不思議な気持ち。祭りが終わったあと、誰もいなくなった、そして、夜店も消えてしまった神社の境内のような…。いや、寂しいだけじゃなくて、独特の充実感もある。そして、非日常、まさに「ハレ」の気持ちを残したまま、「ケ」の世界に戻る気持ち。

この落差感を味わいたくて、また、ラブホテルに向かうのかも知れないね。

この写真の日も、アルファインを出ると太陽がまぶしかったよ。そんな中、それまでの数時間のプレイを反芻しながら〝ゆえ〟と歩く。体は疲れているはずなのに、アドレナリンが出たせいか、なぜか高揚し、そして、精神的にも満足感一杯で歩く。

ああ、SMっていいなぁ…と、しみじみ思う瞬間だよね。

太陽のまぶしさを感じるたびに、SMプレイの楽しさを想う…、ちょっと他の人にはない感覚かな。(笑)



本を使った責めを2つ

readingsmplay2018_05flsh.jpg
読み間違えると鞭打ち。
愛の鞭を受けながらの朗読はまだ耐えられたけど…。


皆さん、読書は好き?

〝Y〟は大好き。子供の頃から本の虫だった。〝ゆえ〟も本好き。

そう、二人とも好きなのだけど、なにも二人で会っている時に読書なんてしている場合じゃないよね。プレイをしなきゃ…、と思っていたんだけど、実は、読書…、プレイになり得るんだ。

最初のきっかけはこのブログにリンクを貼らせてもらっている「sm110.com」というサイト。管理人であるshadowさんが「SM調教百態」というコーナーで書かれていた記事に目を止めた二人。気になってぜひ試してみたくなったのが「朗読」。

へ?「朗読」?

と思ったあなた。いや、ちゃんとした責めなんです。つまり、ご主人様の前で奴隷にエロ小説を朗読させるというプレイ!

エロ小説、特に奴隷の好みにあった責めが描かれている小説を奴隷自身が朗読。すると、奴隷がやがて読みながらもそのシーンを想像し、興奮してくる。その姿を楽しむというもの。

きわめてシンプル。だけど、立派な責めになる。shadowさん、さすが。

これはやってみたいじゃない。そして、読みながら羞恥に震える、あるいは、興奮する〝ゆえ〟を見てみたいよね。

というわけで、我々のプレイに取り入れてみたのが一昨年。

与えた本は「サタミシュウ」の1冊。特にその中でのプレイでのシーンをベッドの上で責め具をつけられている彼女に読ませたんだ。この時は〝ゆえ〟の提案で、さらに、彼女のクリトリスになんと、メンソレータムを塗るというおまけ付き(これもshadowさんが書いている)。

これはね…、めちゃくちゃ楽しかったよ。

readingsmplay2018_02flsh.jpg
後ろから抱きかかえられ、ローターを入れたパンティを
強くご主人様に押さえられると、息も絶え絶えに…。


最初は真面目な顔をして読み始めた〝ゆえ〟、やっぱり、主人公が女性を責めるシーン、具体的な描写になってくると、彼女の声が微妙にうわずっているのがわかる。

しかも、読み間違えたら、そこで鞭打ち。とはいえ、〝ゆえ〟、めったに読み間違えなかったので、鞭の出番は比較的少ない。それでは楽しくない。そこで、彼女の読む描写にあわせて、こちらも責めることに。描写が乳首を責める場面になれば、〝ゆえ〟の乳首をつまんだり…。

うん、これはね、楽しいんだよ。物語と現実の責めがシンクロしていくのだから、のめり込んでしまう!

さらに、時折、彼女のあそこに口で息を吹きかける。メンソレータムが効いて、彼女が「ひえー!」と声を上げる。その度に、ちゃんと読まなかった罰として、鞭を…。

さらには、革パンティの中にローターを入れ、スイッチオン!

朗読の声が、感極まったように震え、やがて止まる…。

30分程度の責めだったけど、これは楽しめた。shadowさん、ありがとう。

さて、タイトルに2つと書いたのは、本に絡んだ責め、もう一つ考えたんだ。こちらは〝Y〟のオリジナル…っていうほどオリジナリティがあるわけじゃない。みなさんも、すでにやってらっしゃる方もいるんじゃないかな。

つまり、ご主人様が何か他のことをやっている最中のご奉仕。ほら、奴隷にフェラをさせながら、ご主人様が電話に出ていたり、仕事をしていたり…。そう、それを読書にしたわけ。

ご主人様はイスやベッドに腰掛ける。そして読書をする。その際に奴隷をひざまずかせ、ご主人様のモノを咥えてご奉仕させる。

それだけ。

ご主人様は心地良い気分を味わいながら読書。

これね、えらくシンプルだけど、やっぱり楽しい。

readingsmplay2018_03flsh.jpg
ご奉仕を受けながらの読書。ご主人様も奴隷も満足の責め。


理由は奴隷が完全に自分の道具になっているという感覚を持てること。しかも、相手を人間として見ず、ほとんどペット、いや、道具として扱っているようなもの。

奴隷も奴隷で、自分がどれだけご奉仕していても、ご主人様は自分の方を向いて下さらないという辛さがあるんだ。それでいて細心の注意を持ってご奉仕しないと、ご主人様のペニスがしぼんでしまうかもしれないし、あるいは逆に発射してしまうかもしれない。

おまけにご主人様は本に夢中になると、奴隷がフェラしていることさえ忘れてしまう。そうすると、30分くらいすぐに経ってしまうし、下手すると1時間以上も奉仕しなきゃいけないんだ。これ、結構キツイ責めだよね。

というわけで、今まで数回試しているけれど、〝ゆえ〟はこんな感想を話していたよ。

ご主人様が集中して読書をしている時に、おちんぽ様のご奉仕をさせていただくのは、まさに奴隷の真骨頂です。いつものご奉仕とはまた違う、特別な集中をします。読書の邪魔をせずに、どうすれば長く気持ち良くなっていただくかという事をずっと考えていました。(^_^;)。

という、奴隷にとっても、少し特別なフェラになるんだよ。

ご主人様が感じてくださるのがわかると、嬉しくて笑顔が(ニヤニヤが)とまりません。ご主人様に気持ちよくなって頂きたい、また、ご主人様が快感を得ている姿を見るととても満ち足りた気持ちになります。

と書いてくれる。そう、〝ゆえ〟にとって、この責めは苦しい責めではなく、実は喜びの責め。ご奉仕を幸せに感じる事ができる奴隷ならではだね。

もちろん、この責めもご主人様が読む本1冊だけ用意していればいいので、手軽でもあるし、逆に、重装備の革具を奴隷につけさせて、その姿を読書の合間に楽しむのもいい。それと、奴隷には、乳首ローターやバイブなどを装着させたままご奉仕させるというのも楽しいよね。

色々なバリエーションで楽しめる本を使った2つの責め。

みなさんもぜひどうぞ!



 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.