FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (52)
ボンデージの道具たち (53)
アルファイン(SMホテル) (39)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (24)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

さらに女性の涎について…

yodare202003flsh.jpg
フェイスクラッチマスクなどの口枷や開口具でも
流れ落ちる涎が楽しめるよ。


前回こちらの記事(こちら)について、〝ゆえ〟と話をしていたら、やっぱり、

ご主人様に〝ゆえ〟の汚い涎なんて舐めていただくのは…

と言うんだよね。

でも、考えてみると、男って、かなりの割合で自分の好きな女の涎を舐めたいと思うんじゃないかなぁ。もちろん、潔癖症の人や、異性であっても他人に触れるのは嫌だという人もいるけど。

大好きな女性との唾液の交換には興奮を覚える男性は多いと思う。

だって、ディープキスなんて、涎の交換だし。

そう書いたら、〝ゆえ〟、少しは納得してくれたみたいだ。

男性として、唾液という、自分の汚い部分をも受け入れてくれる女性にいじらしさも感じる。

〝ゆえ〟の場合はご主人様の唾液を喜んで飲んでくれるし、それどころか、お*っこまで飲んでくれる。これは本当に男性、特にS男性としては幸せだよね。

あ、ちょっと脱線しそうなので話を戻すけど、

一般的に言えば、女性は自分の唾液が汚いと思う人は多いと思う。だからこそ、快楽にひたりながら、普段では絶対に男性に見せないはずの唾液を垂れ流してしまう姿を見せてくれるというのは、自分の「素」の部分をさらけ出してくれているということにもなる。

だからこそ、そんな貴重なシーンに男性は強烈な興奮を覚えるのかもしれないね。そして他の人では汚いと思う唾液を「素敵だ」と思うのかも。

また、好きな女性と身も心も一体になりたいという想いが「唾液レベルでも」という気持ちになるのかもしれない。

さらに、〝Y〟の場合、挿入して抱き合っている時に〝ゆえ〟が涙を流してくれたことがあり、そのときは、涙を舐めてしまったしね。ただ、こちらは性的な興奮というよりは、むしろ、奴隷のいじらしさにこちらも感動して思わず…、という側面が強かったよ。

下の口をクンニする場合だって、愛液を舐めていることになるよね。それはそれで楽しいし、こちらは〝ゆえ〟の快楽を高めたいという気持ちから。

というわけで、女性の体から出てくる液体、男性は結構舐めているものだよね。

さすがに花粉症の〝ゆえ〟が流す鼻水までは舐めないけど…。(笑)

そうなると、やっぱり、男性にとって好みの女性の唾液には独特の性的魅力があるということになるね。

と、次の〝ゆえ〟との楽しいキスを想像しつつ、歯磨きにいそしむ〝Y〟だよ。





スポンサーサイト
[PR]

〝ゆえ〟が涎で濡らしたボールギャグの魅力

ballgag202003_01flsh.jpg
快楽責めでボール越しに聞こえる
〝ゆえ〟の喘ぎ声が大好きな〝Y〟


〝ゆえ〟とのプレイでは必ずといって良いほど使うボールギャグ。中でも、白のシンプルな物は一番のお気に入り。

これだけはどんなプレイでも外せないんだ。

〝Y〟がボールギャグ好きなのは何度もこのブログでも取り上げている。でも、どうしてこんなにボールギャグが好きなんだろうと改めて考えると、これはいろいろと思考が巡り巡るけど、これだ!という唯一の結論は出てこない。

ゴルフ練習用のホローボール、それに革のベルトを通しただけというシンプルな道具。

奴隷が言葉を発することができないという不自由さを楽しめるから?

うん。それはあるよね。ボールギャグ越しの言葉にならない声を聞くと凄く興奮するし。

また、呼吸の音でさえ、ボールギャグ越しだと、独特の音になり、これも心地よい。

〝ゆえ〟のような整った顔立ちの奴隷が口をボールギャグでふさがれている姿、これにも激しく欲情するから、きっと女性の口をふさぐという行為もまた、魅力的なんだろうね。

そして、もう一つ。

「涎(よだれ)」。

ballgag202003_02flsh.jpg
〝ゆえ〟の口から外した直後のボールギャグ。
ボールギャグはうっすらと涎で光っている。


女性がセックスの最中に涎を流すということは、普段はない。だから、それはものすごい興奮状態を表しているよね。そしてそれを見るのは男としてはものすごい喜び。

ボールギャグは女性の興奮とは関係なく涎を強制的に流させるもの。でも、結果、それを見た男を激しく興奮させる。

しかも、涎を垂らす女性はたいてい、強い羞恥心を感じるもの。それがM女性であれば、その心理的な効果は計り知れないよ。

ある日、〝ゆえ〟をベッドに座らせてひとしきりローターで快楽責めを楽しむ。口にはボールギャグ。

何度も何度も絶頂に導く。口からは涎を垂らしながら、腰を何度も痙攣させる。

そして、〝ゆえ〟の口からボールギャグを外し、首輪の状態に。

白いボールギャグに絡まった大量の唾液。

うーん、いいねぇ。思わずそのボールギャグを舐めてしまいたいくらいだ。

そう言うと、〝ゆえ〟、「ご主人様、ダメですぅ!〝ゆえ〟の唾液なんて、汚いですから!」

ま、確かにSであるご主人様の沽券に関わるから舐めないけど…。でも、美しい奴隷のよだれ、舐めたいなぁ…。これ、たぶん女性にはわからない男性の心理だろうね。

やがて、ボールギャグから唾液がベッドのシーツに垂れていく。

それを見届けて再び、そのボールギャグを〝ゆえ〟に噛ませ、再び快楽責めに…。

さらに涎を流しながらうめく〝ゆえ〟。

いいなぁ…。

やっぱりボールギャグ、最高!





仙骨シャワーで〝ゆえ〟が深いイキを経験!そして一つだけ気をつけるべきかもしれない重要な事

senkotsu202003_00flsh.jpg
ご主人様から仙骨にシャワーを受ける〝ゆえ〟


マスタピさんのツイート、以前、寝バックについて書いたけど(こちら)、実は以前から気になっていたのが「仙骨シャワー」。昨年11月につぶやかれている。

「中逝きしたいならこれを毎日続けてみて。お尻の割れ目のすぐ上の「仙骨」に熱めのシャワーを数分当てるだけ」 (こちらのツイート)

という実にシンプルなアドバイスだけど、その効果は実に凄い!ということで、多くの喜びの声が女性から寄せられている。数分とあるけど、マスタピさんの別のツイートでも説明しているとおり、30秒程度で十分。長時間続けるより、短時間を分けて行った方が効果は高いみたい。

マスタピさんのツイートを良く読んでいる〝ゆえ〟は毎日、お風呂で30秒程度実践している。冷え性などにその効果はあるようだ。でも、せっかくだから、セックスでの快楽を強めるために、この仙骨シャワーを使ってみたいもの。

そこで、これも以前書いた「全身フェザータッチ」をする前に仙骨シャワーをさせてみようと思いついた〝Y〟。

その日、まずバスルームで適温にしたシャワーを〝ゆえ〟に当てる。当然、手枷、首輪、乳房枷、そして目隠しとボールギャグという奴隷の制服の格好で。

この日、プレイの時間は十分にあるので、試しに…と、5分以上、温かいシャワーを仙骨のあたりに当て続けた。その間、〝ゆえ〟は壁に手をつき、ボールギャグをされた口からはヨダレが垂れっぱなしとなっている。

「〝ゆえ〟、気持ち良いか?」

と尋ねると「うぐぐ」とボールギャグ越しに返事し、首を縦に振る。

さて、シャワーを止めて、身体を拭いてやる。そして、ベッドに向かい、〝ゆえ〟を大の字に拘束する。

そして、まずご主人様の指先でタッチを。

ふむ。いいぞ。前回同様、タッチにとても感じやすいようで、声をあげながら身体をよじっている。

やがて、ローターを取り出し、間歇的に当てていく。すると…、即座に腰を大きく動かしはじめ、いつもより早く、あっという間にイキそうになる。いかんいかん、すんでのところで、ローターを離す。この寸止めを何度か繰り返し、やがてローターを当て続けると、腰が大きくバウンドして何度も達してしまう。

さらに、P.S Aileというバイブを入れてみる。瞬間、強烈な叫び声を上げて〝ゆえ〟がもだえる。やがて、声が聞こえなくなったかと思うと、身体の動きが止まる。口に手を近づけてみると息をしていない。呼吸停止。これが長い!心配になってきたところで、ようやく、呼吸が戻る。と、こんなことを何度か繰り返し、いよいよ、〝ゆえ〟の身体が動きを止めたまま、一切反応しなくなった。

そう、イキすぎたみたいだ。

こっちの世界に戻そうとビンタをするも、起きない。呼びかけても反応がない。

え?まさか、まさか…。

〝Y〟の顔が青くなり、あわてて、連続ビンタする。

ようやく目をあけるものの、左右の目がまったく別の所を向いている。

やがて、再び動かなくなる〝ゆえ〟。

しばらく休ませたところ、ようやく、言葉を発するところまで戻ってきた。そこで、〝ゆえ〟に

「今日のイキ方は凄かったね。よくオーガズムは『小さな死』と表現するけど、今日はまさにそれを何度も見せつけられた気がするよ」

すると〝ゆえ〟、「ご主人様、小さなどころではありません。私にとっては『大きな死』という感じでしたよ!」

いやぁ…、凄い。こんなイキ方は珍しいよね。というわけでマスタピさん推奨の「仙骨シャワー」は噂に違わず効果抜群。

senkotsu202003_03flshb.jpg
気を失った〝ゆえ〟


ところが…。

この後、異変が。

〝ゆえ〟によると、実はシャワーをあてて数分した時点で、お腹に重い感覚と痛みを持ったというんだよ。

前述の通り、〝ゆえ〟は毎日「仙骨シャワー」をしているけど、数分にわたって当てたのは初めて。

その後、〝Y〟と別れて自宅に帰った〝ゆえ〟。痛みが大きくなった。そして、翌日から数日前に終わったはずの月経が再び始まり、腹痛はさらにひどくなった。突然の月経と痛みが治まったのは一週間後。その間の日常生活に支障が出てしまった。

〝ゆえ〟、あることに気づいたんだ。

〝ゆえ〟はピルを使っている。

もしかしたら、そのせいで今回の事態は起きたのかも!

仙骨シャワー、その効果のすごさは多くの女性で実証済みだけど、おそらくホルモンの分泌など身体の機序にも作用をしているのだろうね。多くの方々には問題がないどころか、むしろ良い作用ばかりをもたらしてくれるけど、避妊など、何かしらホルモンを制御したりするようなことを行っている女性には、長時間シャワーを当て続ければ、別の影響も出てくる場合があるのではないか。

あくまで仮説だけど、確かに、これはあるかも。

となると、少なくともいきなり「長時間の仙骨シャワー」は避けた方がいいかもしれないよ。

マスタピさんも別のツイートで「30秒程度で十分」という風にも言っていらっしゃるし。長時間あてる場合には、30秒から少しずつ、少しずつ、たとえば15秒ずつ長くしていくなど、身体の様子を見ながら伸ばした方がいいかもしれない。

今回はいきなり、〝Y〟が長時間あててしまい、結果、〝ゆえ〟の身体を長期にわたって苦しめることになってしまった。

ご主人様を信頼して身体を預けてくれている奴隷の扱い方としては実に恥ずかしい、失格な行為をしてしまった〝Y〟。

良かれと思ってやったとはいえ、SMプレイの最低限のルール(何事も慎重に!)を守れなかった事、激しく反省したよ。

というわけで、性感を高めるのにものすごい効果を持っている「仙骨シャワー」、ホルモン系の避妊を行っている人は時間は短めで行った方がいいかも。

その上で、ぜひ「仙骨シャワー」で性の本当の快楽をより多くの女性に体験して楽しんで欲しいね!




全身のフェザータッチというごくシンプルな責めに〝ゆえ〟が狂う

touch202002_00bflsh.jpg
ご主人様が両手の指先を
軽く〝ゆえ〟の皮膚に当てる。


その日、仕事で午前中忙殺された〝Y〟。ところが、午後の作業が急遽キャンセルとなり時間が空くことになった。そこで〝ゆえ〟と合流。

ところが仕事の都合で、責めの持ち物は最低限。快楽責めの道具もバッハローター一つという状態。バイブもない。乳首ローターもない。

ふむ。

そうなると、これは原点に戻って、自分の指を使うしかないでしょう。それも良し。

「雨がふった それもいゝだろう 本が読める」

と、かの武者小路実篤先生も言っていたではないですか。(^^)

というわけで、

「道具がない それもいいだろう 自分の指が使える!」

でも、いきなりクリをいじったり乳首をいじったりしたらつまらない。最近とみに快楽スイッチが入りやすい〝ゆえ〟、それだけですぐにイッてしまいそう。

ということでご主人様の〝Y〟が考えたのは…。

そう、性器はあえて触らず、身体全体の皮膚を延々と軽く指先でタッチし続けるというもの。

これ、普通ならばこそばゆくて、くすぐり責めになるところだけど、最近の〝ゆえ〟を見ていると、もしかしたら、快楽につながるのではないかと考えたわけ。

それにくすぐりとは違い、ごくごく、わずかなフェザータッチ責め。

今までもこのブログにも書いているけど、何度も何度も絶頂に達した後というのは、身体をちょっと触れただけで、イクことができる〝ゆえ〟。きっと、最初の前戯の段階でも、繰り返し繰り返し触れていけば、こそばゆさだけでなくて、快楽につながる何かが見えるかもしれない。

そう思って、その日実践。

オールインワンを着せ、ボールギャグ。首輪にはリードを…。イヌの格好にさせ、最初は、「ワン」と鳴かせたりして楽しんだ。

そして、その後、ワンコ座りをさせて、いよいよ全身の軽いタッチに。

指先が両腕に触れる。

すぐに身体をびくっとさせる〝ゆえ〟。

そして、ツツーっと、指を上下に動かす。

すぐに身体をぐっと弾きながら痙攣する。

うん。これはまだまだこそばゆい、くすぐり感覚かな。

しかし、何度か繰り返すうちに、少ぉしだけ、〝ゆえ〟の表情に変化が出てきた。

そこで、目隠しを。

続けて、太もも、脇、そして腕と、繰り返し何度も指先のごくごく軽いタッチを…。

とはいえ、同じタッチを繰り返すと人間、慣れてしまうので、タッチの大きさや感覚を微妙に変えたりすることが大切。

〝ゆえ〟、やがて、「ああ…」と切なそうな声を上げ始める。

しめしめ…。

そして、〝ゆえ〟のガクガクが止まらなくなった!そして、ついに後ろに倒れ込む。

これ、実は〝Y〟がドライオーガズムの初体験をした大阪の「マル秘堂」さんで女性のキャストさんたちが使っていたテクニック。それをいただいちゃった。

パウダーなどを使うともっと効果があがるのだけど、とりあえず、指先だけでもこれだけの効果がある。

終わった後で尋ねてみたら、やっぱり思い通り。

当初はこそばゆさが勝っていたのに、目隠しをされた直後から、次第に快楽の痙攣が大きくなったのだそうだ。

そう、指先のタッチが実は快楽を誘う。

指先だけでのフェザータッチの快楽責め。電池も使わず、筋力も使わず、エコでしょ!

ま、それは冗談としても、人間の指って、ホントは凄いんだ。

そして、それを受け止める側の感覚とそれを性的快楽に変換する脳の機能もやっぱり凄い。

改めて実感したひとときだったよ。




〝ゆえ〟のクローゼットへの閉じ込めプレイはやっぱり楽しい

closet2020_01flsh.jpg
拘束されたまま、これから閉じ込められる〝ゆえ〟


今回は昨年、途中まで書きかけて、そのままになっていたブログ記事。完成させたので、載せるね。


ホテルのクローゼットを使ってのプレイ。3年以上前にこんな記事を書いた。

先日、しばらくご無沙汰していたホテルを久しぶりに利用。このホテル、大きなターミナル駅にほどちかく、いつも人気で満室のことが多い。この日は偶然、空いており、利用できた。

このホテルの魅力の一つ(とSMカップルである我々は思っている)が磨りガラスの扉のクローゼット。中は鏡張り!

そう、3年前の記事と同じホテル。そして今回のクローゼットは小さめ。その狭さが逆に閉じ込め感を強くするというのも、今までの経験から学んでいる。

じっとクローゼットを見ていたら、もう我慢できない。

というわけで、〝ゆえ〟、オールインワンを着せられ、そして、顔にはボールギャグ付きの全顔枷も装着。

そして、乳首にはローター。そして、下のお口にはキャスパーキューティーを挿入させられる。

手は後ろ手で手枷を装着。

しばらく眺める。

バイブの振動とともに、喘ぎ声をあげながら腰を動かす淫らな〝ゆえ〟。

それを眺める楽しさ。

しかし、眺めてばかりもいられない。なにせ、閉じ込めプレイなのだから。

そこで、扉を閉じる。

磨りガラスを通してうごめく〝ゆえ〟の姿がなかなか魅力的。

closet2020_02flsh.jpg


さぁて、コーヒーでも飲みながら読書しようか…。

しばらく、うめき声をBGMにしながら、読書を楽しむ。

うめき声、大きくなったかと思えばしばらく静かに…。ちょっとだけ心配になるが、すぐに「うぐぐぐ…」と声が聞こえてくる。奴隷は「間歇的」に快楽に酔っているみたいだね。

それにしても、狭い場所に拘束されたまま閉じ込められている〝ゆえ〟。どんな気分なんだろう。

以前、オブジェとして楽しんだこともあったけど(こちらの記事)、オブジェなら、まだ御主人様み見られているという意識がある。でも、こうして押し入れの中に入れられると、もはや、しまわれて、忘れ去られているかもしれないモノでしかない。

子供の頃、閉じ込めプレイが大好きで、よく友人達を押し入れや段ボール箱に閉じ込めて悦に入っていた筋金入りの「S」である〝Y〟。一方でMの気持ちもわかるので、実は〝ゆえ〟の気持ち良さも自分自身の頭の中に投影させて、その快楽も味わうことができる。

聞こえてくるのが悲しさや辛さを表す悲鳴ではなく、喜びに満ちた喘ぎ声の悲鳴だから、間違いなく、奴隷は満足しているに違いない。

さて、もうそろそろいいかな…。

クローゼットの扉を開けると、床には今回も盛大な水たまりが。一つは全顔枷をされた口から流れた涎の、そして、もう一つはキャスパーキューティーを伝わって落ちてきた愛液、それが渾然一体となって作り出したのが、名付けて「はしたない湖(こ)」。

「おい、だらしないじゃないか。床は水浸しだぞ」と声をかけると、いやいやをする〝ゆえ〟。

「当然、こんなに汚したのだから、はしたないおまえには鞭の罰が待っているぞ…。覚悟はできているな!」

静かに目を伏せて頷く〝ゆえ〟。

ああ、これだから、クローゼットの閉じ込めプレイは楽しい…!




 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.