FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (27)
ボンデージの道具たち (26)
アルファイン(SMホテル) (22)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (16)
風俗 (4)

オーガズムで呼吸が止まる奴隷

nobreath02bflsh.jpg
ローターを仕込まれたフェラチオポスト調教
イッてしまった〝ゆえ〟。


ある日の調教で、〝ゆえ〟が終わった後、こうメールを書いてきた。

今日のご調教では、息してない(出来ないのか……自らしないのか)事が頻繁にありました。
ご主人様のビンタや、乳首つねりで、意識が戻り呼吸することが多かったです。
呼吸……止めちゃうのは何ででしょう??


そう。この日の調教、最初から激しく感じ始めた〝ゆえ〟。何度も何度も意識を失っていた。

で、この言葉になったんだ。

これ、同じ疑問を持つ女性も多いのじゃないかな。

最近は更新をしていないけど、〝Y〟の兄弟ブログでもある「ドライオーガズム日記」でも度々触れたことがあるね。答えは簡単。

「オーガズムに達しているから」

そう、女性は(男性もそうだけど)オーガズムに達するとき、無意識に呼吸を止めることが多いんだ。

例えば、これが良くわかるのは、〝Y〟がラバープレイでよく使うUrine Inhaler(ユーリン・インヘーラー)。

ガスマスクなどにとりつけ、女性に装着させる。すると、ボトルの水を通して気泡で呼吸するため、息を吸う度にボコボコと音を立てる。装着したまま快楽責めをしていると、そのうち、このボコボコ音が止まった…と思ったら、呼吸が止まった合図。その瞬間、オーガズムに達しているという具合。とってもわかりやすいオーガズム検知の道具とも言える。(以前、こちらに詳しく書いたね)

で、連続でオーガズムに達すると、この息が何度も何度も止まる現象を目撃することになるんだ。

以前書いたことがあるけど、この呼吸が止まる現象。実はセックス以外にもある。

それは瞑想。あるいはマインドフルネス。

瞑想が深くなると、やがて、目の前が真っ白になり、呼吸が自然と止まってしまう。全然苦しくない。いや、最初は呼吸をしていないことにすら気づかない。そして、その間、強烈な、あるいはとてもやわらかい至福感に全身がつつまれる。

やがて、30秒くらい、あるいはもっと長く無呼吸状態が続いた後、あ、呼吸してないな…と気づき、静かに呼吸が戻るという具合。

だから、宗教などでいう「悟り」とか「三昧」の境地というのは、実はセックスのオーガズムと同種のものではないかと思うんだ。(宗教関係の方で気を悪くされる人がいたらごめんね)

これ、ヨガでも同じ状態になると女性インストラクターが複数証言してくれた。彼女たちはセックスのオーガズムも知っているから、両者が「同じもの」だと断言していたよ。

セックスに罪悪感を持つ人がいるけど、その必要はないよ。だって宗教の修行などで到達することと同じ事をセックスは我々にもたらしてくれるのだから。逆に、お坊さん達が長い時間かけなければ得られない境地を女性はセックスで簡単に得られるのだから、これって凄いことだよね。

そうそう、ついでにいえば、逆に呼吸を意識して止めることでオーガズムに達するという人もいる。だから、感じるけどなかなかイケないという悩みを持っている人は一度、感じているときに呼吸を数秒止めてみるというのも、一つの良い方法かもしれないよ。実際、それでイケるようになったという人も〝Y〟は知っている。

もちろん、みなさん、息を止めすぎちゃって文字通り昇天して天国に行かないよう、くれぐれもご注意を!(笑)

nobreath00flsh.jpg
ナース服着衣のままのロータ責めで
絶頂に達して意識を失った〝ゆえ〟。





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

〝ゆえ〟と、あるAVを再現する

onsen01_02fl.jpg
ついにあのAVを同じ場所で再現…。


AVがすっかりと手軽になった時代。かつてのVHSやDVDのような物を媒介とした時代を経て、今はデータそのものを売り買いする時代。そのために価格が安くなっているということもあるけれど、機材の小型化などにより制作費も押さえられていることもあるのだろうね。

昔のような豪華なロケがあるわけではないし、ちょっとした場所で、手軽に撮影していることも多い。

するとね、こういう思わぬ不遜な考えが浮かぶんだ。

「俺でもできちゃうじゃん」

そう。自分の奴隷〝ゆえ〟を連れて、撮影すればAVに匹敵してしまうかも…。

そうなんだ。

今回は、以前、このブログでもとりあげた、「人妻生地獄悶絶旅行・坂下えみり」

このAVでは黄色のハーネスつきのボールギャグが非常に印象的に使われているんだ。そしてその猿ぐつわをさせられた奴隷と一緒に温泉に入り、体を洗ってもらったり。

そう。このAVのシーンを自分の奴隷で再現したい!

作品そのものは割合長尺で、ある人気の観光スポットをいろいろと訪れるのだけど、1点に絞ったよ。

つまり、一番〝Y〟が気に入っているシーン。ある個室温泉でのシーンの再現。

ロケ地はある温泉場。とはいえ、めちゃくちゃ高い高級な場所というわけではないんだ。その、我々一般人でも手が届く場所というのがミソ。

そこで、二人の予定を合わせ、さっそく予約を取り、そして、切符も予約。行き帰りもそのビデオにあわせて同じ列車に。

5月のとある日曜日に出発。

やがて、温泉のある町に到着し、そして、チェックイン。

普段はラブホテルしか利用しない二人だから、こうした温泉でのチェックインというのは新鮮だね。〝ゆえ〟もいつになくニコニコと嬉しそう。

そして、個室に向かったよ。

やたらと入り口からのアプローチが広く長いお部屋。眺めは良いし、そして、それなりに広いお部屋。そして、併設されたお風呂を見ると…。

おお、豪華!これだけのスペースが自分たち二人だけのもの。こんこんと出てくるお湯の豊かな湯船もすばらしい。半露天となったお風呂からは外の眺めがすばらしいんだ。そして、何より、あのAVの舞台なのだから。

とりあえずお部屋で奴隷にご挨拶をさせると、着ている物を脱がせ裸に、そして、まず肝心の猿ぐつわを装着。そして、湯船に向かう。

まずはゆっくりと湯船につかる。

ああ、極楽!

そして、眺めを楽しみ、〝ゆえ〟の湯船につかった裸を楽しむ。やがて、口元から流れ落ちるヨダレ。ああ、まさに奴隷を連れて温泉に入っているんだなぁ…と実感。

やがて、お風呂から体を出して、湯船の横に腰掛ける〝Y〟。そう、ちょうど足湯のようになるよね。そのまま〝ゆえ〟のボールギャグをいったん外して、そして、湯船にはいったままの〝ゆえ〟のフェラご奉仕を受ける。なんて贅沢!これもあのAVの中にあったシーンだよね。

ずっと堪能していたいけど、さすがに、〝ゆえ〟、湯だってきちゃった。

そこで、お風呂からあがらせ、再びボールギャグをかませ、今度はシャワーに。

そう、これもあのAVにあったシーン。〝ゆえ〟には自分で体にソープをぬらせる。そして、それで、〝Y〟の体を洗うんだ。彼女の体を〝Y〟の体に密着して石鹸の泡をたてていく。

onsen01_01fl.jpg
あの泡踊りシーンも再現!



一生懸命夢中に体を押しつけてくるけど、手が宙を舞ったまま。

「おい、手が遊んでいるぞ。ご主人様の物を持って刺激するんだ」と声をかける。

それにも素直に従う〝ゆえ〟。〝Y〟の背中に彼女がやわらかい乳房を押しつけて、そして体を動かしていく。手にはご主人のものを持ち、刺激してくれる。

口からは次から次へと涎が流れ落ちる。ご主人様の体にも落ちてくるけど、これがまた楽しい。

そんな風に体を洗ってもらい、再び湯船につかり…。

こうして、大好きなAVの再現を堪能したあとは、お部屋での調教。持ってきたPVCやラバーの手足枷を使い、調教。そして、セックスと…。

さらには、お食事処で美味しいお料理とお酒を味わい…、もちろん〝ゆえ〟のあそこにはリモコンバイブが仕込んであって、食事の間も快楽責め。

夢のようなひとときを味わった〝Y〟。そして〝ゆえ〟も「こんなに楽しかったのは生まれて初めてかもしれません」と喜んでくれた。

みなさんもぜひ、たまには旅気分で、こんな時を味わってみては?

最後にこんなきっかけを作ってくれたAVの制作者に感謝!

え?その温泉?それはね、ナイショ。ぜひ、皆さんも探してみて!

onsen01_03bflsh.jpg
お部屋ではPVCでのプレイも…。








フェラチオポスト調教

fellapost201806_01bflsh.jpg
口をあけて男のモノを待つフェラチオポスト。


〝ゆえ〟との調教、数日前から次はどんな調教をしようかとワクワクしながら考える。この時間がSである〝Y〟にとっては至福の時。そして、その調教をMである〝ゆえ〟が喜んでくれた時は、本当に「やった!」という感じで、幸せがさらに倍になるような実感がある。

先日もそんな感覚を味わえたんだ。

その日、〝ゆえ〟に課した課題は、〝Y〟オリジナルのもの。それがタイトルのフェラチオポスト。

アルファインの一室に入った〝Y〟。〝ゆえ〟に命じる。

「お前は今日は街に立っているポストになれ。ただ、普通のポストじゃない、フェラチオをするポスト、『フェラチオポスト』だ」

「お前は膝立ちになり手を拘束される。そして、目隠しをされた上で、通りがかりの人を待つんだ。通りがかりの人はお前の口を見て、そこにオチンチンを入れるかもしれない。そうしたら、それを一生懸命しゃぶるんだ。言葉は発せないし、誰のオチンチンかもわからない。ただ、ひたすら、通りがかる男のモノを受け入れろ。ただ、待っている間、お前の口は役に立たないから、ボールギャグで塞がれるぞ」

「それにお前は口以外は動かしてはいけない。ポストだからな。途中で犬がやってきて、お前の足下にお*っこをするかもしれないが、動かないで、そのままにしろ。単なるポストだからな」

〝ゆえ〟、なんだかうれしそうだ。

スリムな体には革拘束の定番、メタリックブラ、そして、ウエスト拘束具、手足枷を装着。さらに首輪には金属のリングが2個ついたものをとりつけ、そこに手枷のフックをつなぐ。首から上はオールフェイスカフという全頭マスク、その口の部分の覆いを取り除いた形で被らせる。。

その姿で膝立ちをしている〝ゆえ〟。口をあけて、なんだか本当にポストみたいに思えてくる。

その姿をしばらく眺めた後、近づき、やおらご主人様はオチンチンを入れる。

ビクッと体を一瞬震わせるものの、すぐに、しゃぶり始めてくれる。ねっとりとした唾液をからめてのフェラは心地よい。5分くらい堪能して、抜き去る。そして、〝ゆえ〟の口にボールギャグをはめ込む。そのまま離れ、また、しばらく眺めている。

時間をおいてやや〝Y〟のものがやわらかくなりかけたところで、再び〝ゆえ〟に近づき、ボールギャグをはずし、つっこむ。再びフェラが始まる。

それを何度か繰り返す。

うーん、何か変化が欲しいなぁ。

そこで、乳首にはクリップ式のローターを取り付け、ONに。さらに、Tバックの中にもローターを入れてみる。

すると…、すぐに何やら体を小刻みに震わせている〝ゆえ〟…。

その数秒後、いきなりガクンガクンと体が崩れそうに揺れる。

「おい、まさか、イッたんじゃないだろうな」

「ご、ご主人様、申し訳ありません。奴隷はイッてしまいました」

もともと妄想力の強い〝ゆえ〟、それまでのフェラチオポストですっかりと頭の中の妄想が膨らみ、興奮してしまったんだろうね。だからローターの刺激を数秒受けただけでオーガズムを迎えてしまったんだ。それにしても驚いたねぇ。

でも、これではフェラチオポスト失格だ。罰を与えなければいけない。口にご主人様のものを再びぶちこんで、その体勢で尻に鞭を激しく打つ。

fellapost201806_02flsh.jpg


「うぐぐぐ~」と声を上げながらも、再び体を痙攣させる〝ゆえ〟。

ああ、苦しむどころか、イキ続けている。これじゃ、「罰」じゃなくて「ご褒美」になっているじゃないか!

と、まぁ、これはこれで楽しい調教だった。

あとで〝ゆえ〟が感想を書いてくれたけど、何度か口にご主人様のモノを突っ込むと、間隔を置いているため、その硬さもまた変化している。そのため、ちょうど、入れられるたびに別の人のモノを入れられたような、本当に自分が街なかに立っているポストになったような気分だったようだよ。

ご主人様のモノの立ち方の変化もまた、楽しんでくれたようだったね。

というわけで、「フェラチオポスト調教」、みなさんもぜひ!

fellapost201806_03flsh.jpg
使わないときにはボールギャグで口を塞いでおく。




フェラチオ用のコンドーム。
STD防止のためにもぜひ活用しようね!


奴隷が快楽に崩れ落ちた姿を愛でる

denmaikase201805_01shfl.jpg
アルファインのナース服は本格仕様。


SM調教での「責め」というのは、本当に様々なものがあるよね。このブログでも色々と紹介してきている。でも、〝Y〟にとって最も外せないのは「快楽責め」。もともと女性のイク姿を見ることが大好きな〝Y〟。責めでも、この「ご馳走」を味わいたいと思ってしまう。

中でも、連続イキ。これを奴隷にさせて、奴隷の叫び続ける、そして悶え続ける姿を見るのが最高の「ご馳走」。

ご主人様のモノを挿入して、長時間連続イキを楽しむのも大好きだけれど、これはそれなりの時間も必要で、なかなか贅沢なこと。

おそらく一番手軽に同じことを味わおうとすれば、電マだよね。

女性を強制的にいかせてしまう、悪魔のような道具。これを活用すれば、手軽にそんな連続イキが楽しめる。もちろん、女性のオーガズムの「開発度合い」に依存するけどね。

その日、SMホテル「アルファイン」で選んだのは医療系のお部屋。405号室「定期検診」。このお部屋には本格的なナース服も置いてある。三光白衣製の立派なものなんだ。

メタリックブラや胴枷など、黒の革具を身につけさせて、その上にナース服を。そのまましばらく全身を愛撫し、その後、ナース服のボタンを一部はずして、胸の部分と股の部分を晒す。

denmaikase201805_02shfl.jpg


胸には乳首ローターを装着。結構キツイ痛みもあるのだけど、痺れるような快感も同時に発生するんだ。

革の目隠しをし、口には開口型の顔面拘束具「サディオカフ」。

そして、まずは前技として軽くローターから。愛用の「マイクロブレット」。小さなマイクロ型のローターは小さいがために、かえってピンポイントで強力な刺激を与える。普通のローターとは比較にならない強い刺激。

拘束された手足を突っ張らせて、あっという間にクリイキしてしまう〝ゆえ〟。激しく肩で息をしている。

そこに、いよいよ電マ「フェアリーミニ」登場。

最初は軽く当てたり、離したり。〝ゆえ〟の喘ぎが次第に大きくなる。

denmaikase201805_03shfl.jpg


1分後、あっけなくイッてしまう。しばらく、その余韻を味わっている姿を楽しむ。

再びフェアリーをあそこに当てる。今度は当てている時間をやや長めにしたり、当てる場所を変えたり、強さを変えたり…と、バリエーションを豊かにして、刺激を続けていくんだ。電マを上手に使うにはこの「変化」が重要。特に長時間使う場合は電マ自体が熱を持ち、けっこうな熱さになるので、一つの場所に長時間当てないように注意が必要。

すぐに呼吸が大きく、荒くなり…、やがて止まる。ああ、またイッた。

今度は刺激をやめないで続けていく。さらにローターが刺激している乳首も、指でつまんだり。

サディオカフからは涎が垂れてきて、フェアリーを濡らす。

声のオクターブが上がり、再び呼吸が止まる。さきほどのイキから2分後、またイッてしまう。

さらに刺激を続ける。大声で何やら叫びながら電マから逃れようと身体をよじる。

しかしご主人様は許さない。しっかりと電マを当て続けると…、

ついに〝ゆえ〟、絶叫して崩れ落ちる。幸い、十字架の手枷の鎖がやや長いこともあって、崩れ落ちた〝ゆえ〟、床に膝をつき、両手は吊らされた格好。

denmaikase201805_04shfl.jpg
崩れ落ちた〝ゆえ〟。


そして身体をピクピクさせている。おそらく、頭の中は真っ白で意識もないに違いない。

そこで、鞭を激しく当てて、意識を戻させる。

〝ゆえ〟、やっと言葉を発する。サディオカフを装着されたままなので「あーあー」とし聞こえないけれど、よぉく、聞いてみると、「有難うございます。ご主人様…」と言っている…はず(笑)。

それにしても、こうして、手足を拘束された美しき〝ゆえ〟が果てている姿を堪能できる。ああ、何て幸せなんだろう!

やっぱり快楽責めはSMの王道だね。




アルファイン304号室「楊貴妃」、チャイナドレスで本格的なムードを味わう

alphainn304_07shfl.jpg
チャイナドレス姿で目隠しをされ、
両手を吊られる…。


前回、記事に書いた304号室の「楊貴妃」(こちら)。この「楊貴妃」が空いていないかなぁ…と、実はこのところ、ずっと狙っていたんだ。

というのも、以前「西太后(こちら)」を使ったとき、〝ゆえ〟が一言、「チャイナドレスでお部屋を使うと、きっとステキですね」と言ったんだ。そして、アルファインはコスプレ用に衣類を有料で貸し出してくれるのだけど、ちゃんとその中に「チャイナドレス」がある。

というわけで、この日、フロントでこの「楊貴妃」が空室になっているのを見て心の中でガッツポーズの二人。

さっそくキーを受け取り、そして、コスプレの衣装をお願いする。エレベーター横にかかっているものから好きなのを選んでいいんだ。そこで品定め。チャイナドレスだけで4着ほどあり、選べる。サイズとデザインを見て最も〝ゆえ〟にあうものを〝ゆえ〟自身が選んでくれる。

〝ゆえ〟、少々驚いている。「ご主人様、チャイナドレスもそうですが、他の衣装も、本格的な作りの衣装が揃っています」

さすがアルファイン、この辺りも手を抜かないのだね。

そして部屋に。部屋の設備については前回ご紹介したとおり。

まず、一旦〝ゆえ〟を裸に。そして、「飛びっこ」を装着。その上で、黒革のパンティを履かせ、チャイナドレスを…。

チャイナドレスの魅力って、なんといっても、身体の線が綺麗に出ること。そう、ボディコンシャスなんだ。そして、衿にはカラーがあり、そのあたりは男性的な部分でもあり、性の一種の倒錯を感じさせる。宝塚の男装の麗人のような…。それでいて、足の部分にはスリットがあり、女性の色香を引き立たせる。

そう、チャイナドレスは非常に強い性の衝動を男性にもたらす衣装だと言えるんだ

その事を、身につけた〝ゆえ〟の姿を見て再認識してしまったよ。

さすがスリムな〝ゆえ〟、もの凄く似合う!しかも、〝ゆえ〟は首がやや長いので、それが、ドレスのカラーにとてもマッチするんだ。これはいいね!

〝ゆえ〟はチャイナドレス美人でもあったのか!

さて、そんな〝ゆえ〟、自分自身でも鏡を見て、楽しんでいるけれど、やがて、それを制止してプレイに…。

alphainn304_08shfl.jpg


十字架に磔にし、まずはリモコンバイブで責めていく。スリットから覗く細く形の良い足。そこに鞭の連打。「ああ!ああ!」と悲鳴を上げている。さらに下半身をたくし上げ、再び鞭とスパンキングラケットで痛みを与え続ける。

そこで、口枷を。これがまたチャイナドレスとも良いマッチングを見せてくれるのは意外だった。

alphainn304_09flsh.jpg
両手を吊られ、鞭を浴びる〝ゆえ〟。


さらに、天井のフックに手枷を取り付け、さらに鞭で責める。飛びっこには音声モードがあるので、鞭で〝ゆえ〟を打つたびに彼女の上げる叫び声をリモコンのマイクが拾い、さらに飛びっこは振動を増す。これは凄い責めだよねぇ。

そんなこんなですっかりと疲弊した〝ゆえ〟のいましめを解く。

床に座りこむ〝ゆえ〟。

そこで休ませはしないのが〝Y〟流。そのままご主人様にご奉仕。

着衣のままご主人様に力なくご奉仕する〝ゆえ〟。「力がはいっていないぞ!」と叱責し、再び鞭を打つ。

ご主人様のものを咥えたまま鞭打たれるチャイナドレスの〝ゆえ〟を鏡で見ているとたまらなくS心が満たされる。

いやぁ、これ、もの凄くいい!

alphainn304_10flsh.jpg


正直言うと、中国風の部屋、当初はどう楽しめばいいのだろう…とやや不安に感じていた部分もあったよ。ところが、さすがアルファイン。レンタルのチャイナドレスで、これほど楽しめるとは!

みなさんも、中国風のお部屋を利用する際には、ぜひレンタルでチャイナドレスを!

ちなみにレンタル料金は1080円。それで本格的なドレスが!これはオトク。



この本にもアルファインが紹介されているよ!



 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.