FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

青い首輪の女

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

SM、スパンキング

若狭と雫(緊縛と首絞め)

tabooを愛する二人の日記

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (58)
ボンデージの道具たち (60)
アルファイン(SMホテル) (48)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (28)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (13)
出会い系サイトでM女性を見つける方法 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

「衣一重」の快楽が楽しい乳首責め

20200905chakuibflsh.jpg
刺激する側も手袋を着用すれば
また違った快感に…


乳首刺激、これで快楽を味わう女性は多い。とはいえ、最初から感じる人ばかりではないよね。他の性感帯と同じで、最初はほとんど快感がないという人もいる。一方で最初からものすごく感じるという人も。

〝ゆえ〟の場合は〝Y〟と出会ったときにはすでに乳首はかなり感じる体だった。

でも、〝Y〟は無類の乳首好き。毎回のプレイで必ず乳首をいじって遊ぶし、自分で触らない時にもローターを取り付けたりして、常に刺激状態。面白いもので、刺激し続けると快楽が消えていく器官もあるんだけど、〝ゆえ〟の乳首はどんどんどんどん快楽が高まってしまう。ついには乳首の刺激だけで中イキするようになったというのは、以前、ここにも書いたよね。

それほどの「名器」である乳首なんだけど、実は、あることで、もっともっと快感が高まることがわかっている。

それが、〝Y〟が名付けた「衣一重(きぬひとえ)」の刺激。

そう。指が直接乳首に触れるのではなく、間に布を一枚挟む。いや、具体的に説明すると、着衣のままの刺激ということ。

もちろん、ブラなどを着けていてはダメ。

裸の上に直接服を着けさせる。

それも、スクール水着だったり、あるいは、夏のセーラー服がベスト。

これを着けさせて、その上から乳首を指で刺激する。

これが実にたまらない快感になると〝ゆえ〟は言う。

おそらく男性でもドライオーガズムの訓練で、乳首刺激をしたことのある人は頷けると思う。

直接よりも、「衣一重」の方が快楽が大きい。それも柔らかい綿素材ではなく、ポリエステルだったりすればなおさら。

一つには、直接刺激では強すぎてかえって痛みを起こしたりして、快楽から遠ざかってしまうということがある。それがないということ。

刺激がちょうど良い強さになるということだね。

さらにいえば、着衣ということは、乳首を刺激しても、布で覆われている他の部分にも振動が伝わるため、刺激が広範囲になるということ。これもまた大きいのじゃないかと思う。最初はそれがもどかしさに繋がるのかもしれないけど、丹念に刺激を続けていけば、やがてあるときに、一気に快感の閾値を超えて、大きな快楽に飲み込まれるようになる。

そして、まず最初のオーガズムを迎えたあと、今度は服を脱がせて、直接刺激に移ると、今度はまた別のタイプの刺激に感じ、再びオーガズムを…。

そこで、また着衣に戻し、刺激すると、こちらも新しい気分で、再びオーガズム…。と、延々とそれを繰り返して楽しむことも出来る。

でもね、この「衣一重」の刺激、責める男性側にはもう一つ大きな喜びがあるんだ。

それは、心理的なもの。

裸の乳首を刺激するのは、言ってみれば当たり前の行為。もちろん、楽しいけど。

でも、着衣での刺激はやっぱり、非日常の感覚がある。しかも、それがスクール水着やセーラー服であれば、これはもう禁断の領域。そう、猛烈な背徳感がある。その背徳感を持ちながら刺激し、そして、相手が大きく乱れている姿を見ると、もうこちらの興奮はマックス(最高潮)に。

そんな一種の「倒錯した快楽」を得ることができる。

着衣の乳首刺激、受ける側だけでなく責める方にとっても最高のごちそうだと思うよ。





スポンサーサイト
[PR]

言葉責めだけで体が震える〝ゆえ〟

20200822kotobasemeflsh.jpg
言葉責めを受ける〝ゆえ〟
「奴隷市場」のボディバンデージが良く映える


いつの頃からか、タイトル通りになった〝ゆえ〟。

M性の強い女性だから、当初から言葉責めは行っていたし、それで興奮を覚えるということは知っていた。

でも、最近はその責めに対する反応が以前よりも、体に直結することが多くなってきたような気がするんだ。

出会って間もない頃は、まだ慣れなかったと思う。先日の「〝ゆえ〟の小窓」にもあったとおりその言葉を取り違えてしまい危機に陥ったこともある。

でも、言葉責めでじっとりとアソコが濡れてくるという具合の反応は最初の頃からあった。「おい、おまえは俺の言葉で、こんなにアソコが濡れてくるのか、本当に変態だな…」などとつぶやくと益々濡れてくるという具合。

それが、最近は、もっともっと強くなっているような気がしていたのだけど…。

ある日のプレイで、ローターを使った快楽責めをしていた。

長い間の調教での刺激により、かなり感度が上がってきたこともあるんだろうね。

しとどに濡らしたアソコを手でかき回したあと、手を離し、

「おい、おまえは本当に淫らなメス犬だな」

と言葉をかけた瞬間、体を振るわせる…というより激しく痙攣する。

ほぉ!言葉で痙攣!

「自分で、今の言葉を繰り返して見ろ」

「はい、ご主人様。〝ゆえ〟は淫らな変態のメス犬です…」

と言いながら、また、体が痙攣しているどころか、なんと、何度も何度も痙攣を続けている。これは楽しいし、凄いねぇ!

以前こちらの記事に書いたように、〝ゆえ〟は「イケ!」と言葉で命じると、それだけでイク事も出来るようになった。

こうしたことを振り返って考えてみると、M性のある女性にとって言葉というのは本当に大切なものだなぁと実感するよ。




フェラチオにおけるマウスピースの威力

20200724oralflsh.jpg
ボールギャグをはずされ、かわりに
マウスピースを装着してのフェラも楽しい…


ご主人様、マウスピースができたんです!

ん?

一瞬、ぽかんとしたご主人様。

実は、〝ゆえ〟、眠っている時に歯を鳴らしてしまうクセがあるそうで、それを矯正するために柔らかい素材のマウスピースをデンタルクリニックで作ってもらったそうなんだ。市販のものもあるけど、自分の歯形に合わせるのが一番良いからね。

でも、さすが、常にエッチな妄想をし続ける〝ゆえ〟。

できあがったマウスピースを手に取った瞬間、思った。

これを着けたままご主人様にフェラチオご奉仕したら、どんな感じなんだろう。喜んでもらえるかな?

この発想が凄い!そして偉い!

なぜこんな発想が出てきたのか。

ハードなSMをお好きな方ならすぐに思い浮かぶでしょ。

そう、昔、かの国では歯を全部抜かれ、歯茎でフェラチオをするようにされた若い女性の性奴がいたという話。

事実かどうかはわからないけど、確かにフェラチオの時に歯が当たるのをいやがる男性はいるよね。それで、いっそのこと全部歯を抜いてしまえ…というわけ。実にキチクな行為だけど、被虐感あふれるM女性は、一度くらいはそういう自分の姿を想像してみるのかもしれない。

しかし、現実問題としてはまず無理(何かしらの健康上の理由で全部抜いて入れ歯にしたという人はいるかもしれないけど)。ところが、このマウスピース素材が柔らかくて、歯全体をカバーしてしまうので、装着すると、まさに、歯茎だけになった感覚。

これでぜひご主人様にご奉仕したいという〝ゆえ〟。

そう考えるところが「超」優秀な奴隷だと思う。「さすが、俺の愛奴!」と、嬉しくなるね。

そして、メールで、「ご主人様、どうでしょう?ご興味ありませんか?」と尋ねてきた。

そりゃ、興味ないわけないじゃないですか!!!

というわけで、数日後、マウスピースを持参してくれた〝ゆえ〟。

ほぉ、透明で、そして、本当に柔らかい。

さっそく口にはめさせたのだが、外見では着けていることがあまりわからない。うん、なかなか良いじゃない。

そして、ご主人様のおちんぽ様を咥えると…。

おぉ!こんな感じなんだ!

確かに、歯の感覚が全くなく、大きく激しく出し入れをされても、実に気持ちよい感触。なるほど!これが禁断のフェラチオだったのか…と納得。

数年前にフェラチオ専用のマウスピースを台湾出身の元歯科医が作ったという事がネットでも話題になったけど、そんな専用のものでなくても、通常のマウスピースがこんなに気持ち良いとは!

でかした!

〝ゆえ〟もなんだか楽しそうだ。ご主人様のために全部歯を抜かれてご奉仕している性奴という妄想を楽しんでいるのに違いないね。

というわけで、もし、貴女が、あるいは、貴男の奴隷がマウスピースを作る予定があるのなら、ぜひ、フェラも楽しんでみて!



こうした製品を使えば自分の歯形にぴったり
と合わせて使えるようだね!


「超」ソフトな乳首四十八手で「超」強烈なオーガズムを迎える


全身をベッドに拘束された上で
ソフトなタッチを受ける〝ゆえ〟


ツイッターで広まっている「乳首四十八手」。

闇雲に乳首を刺激するのではなく、色々なパターンがあって、それを応用するというのは男性にとって重要なことだなぁと思う。さらに、ドライオーガズムの訓練をしていたこともあるからわかるのだけど、ドライに至るのにもきわめて重要なのが乳首刺激でもあるんだよね。だから同じ事で、実は男性も快感を味わうことができる。

でも、この「乳首四十八手」、一方で批判もある。

一つはこれを強い力でされると、女性側は快感どころか、痛みしか感じない場合が多いということ。そう、女性にとって乳首は超敏感な場所だからね。

でも、逆に言えば、それほど敏感な場所だからこそ、「超」ソフトにこの四十八手を活用すれば、それは大いなる快楽を女性にもたらすことが出来る。

〝Y〟の場合はSMプレイが中心なので、普段、〝ゆえ〟の乳首をいじるときにはかなり強く刺激する。時に痛みも与える。〝ゆえ〟もMなので、それを凄く喜んでくれる。

でも、ふと考えた。

たまには、〝ゆえ〟に痛み無く、快楽だけを与えてやろうかな…。あ、タダじゃ与えないぞ。全身拘束した上で…、とやっぱりSMチックになる〝Y〟だね。

というわけで、ある日、全身をベッドに拘束された〝ゆえ〟。

胸に〝Y〟が両手を伸ばす。

いつもなら、すぐに乳首を刺激するところだけど、まずは、胸全体をごくごく軽くタッチ。様々に形を変えて。

指先が触れるか触れないかという感じで、それを延々と続ける。

やがて、一瞬、乳輪をかすめる…

と言う風に場所を次第に狭めたり、あるいは、広くしたり、また刺激する指も人差し指の先端だったり腹だったり、あるいは、指も2本だったり、手のひらだったり。

ただし、あくまで心がけるのは「ごくごくソフトな」刺激のみ。本当に触るか触らないか程度。

それを延々と数十分かけて繰り返す。普段は強い刺激だと、それだけで、全身を痙攣させてオーガズムに達する〝ゆえ〟。

今日はこのソフトな刺激に、大きな体の反応は見せない。

だけど、ひたすら「気持ちいいですぅ!」と陶酔したような表情に、声。

うん。これはいいね!

そのときの〝ゆえ〟、「小説でよくある【甘くて痺れる快楽がさざ波のように押し寄せたり引いたりする】がぴったりでした!また、脱力とほわほわする感じも大きかったです

との感想。そう、いつもの激しく暴力的な快楽ではなく、実に甘美で、全身がとろけるようなオーガズム。

快楽の質が違うということ!

nipple2002006_3flsh.jpg
上体を起こさせ、全頭マスクも
装着し、クリ責めに…


40分ほどソフトに刺激しつくし、今度は〝ゆえ〟の体をベッドから起こし、体育座りの格好で手足を拘束。さらに、開脚させ、ご主人様が後ろから抱くようにし、クリトリスにローターを当てたとたん、激しい叫び声を上げる。

いつもの強く激しい快感に襲われ始めたことがわかる。

が、数分で、ボールギャグ越しに今までに無く大きな叫び声を上げ、完全に呼吸が停止して、動かなくなった。

意識を失ってしまった〝ゆえ〟。

後で〝ゆえ〟は

下腹部に温かさを感じてから、身体が震えて息が静かに止まり、大きなイキがきました。でも、なんだか、よく覚えていないのでふ(-_-;)。でも、ご主人様に抱かれながら静かになるのは穏やかでとても幸せです。多幸感に包まれます😊💕

とメールに書いてくれた。

そう。イッた後、一旦意識を失いながらも、やがて、意識が戻ると、多幸感を静かに味わっていたのだった。

いつもよりも激しい絶頂感と、一転、静かで多幸感に包まれるオーガズム。「乳首四十八手」を数十分繰り返した結果、その後のいつものクリトリス刺激が、今までにない、最大限の快楽をもたらしたんじゃないかな。

ぜひみなさんも試してみると良いと思うよ。

でも、くれぐれも、乳首への刺激はごくごくソフトにね!

ちなみに、「おっぱい・乳首を責める四十八手」は「明楽めいら@性感開発アドバイザー」さんが書かれたものはこちら

それをわかりやすく「えすとら」さんがイラスト化したものがこちら

そして、乳首ではなく、いわゆる普通の「四十八手」の体位を写真付きでわかりやすく我々が解説したのがこちら。あ、手前味噌(笑)。





新しい性感帯を思わぬ場所に見つける

oral20200_2.jpg

ここがその上唇小帯の位置


このところ、外出がままならず、過去の出来事を色々と記している。今回もそう。

その日、プレイで何気なく〝ゆえ〟にキスをしていた〝Y〟。舌を絡め合ったあと、ふと、思い立ち、舌先を〝ゆえ〟の上の前歯の上に持って行った。すると、突然、〝ゆえ〟の体が激しく痙攣する。

ええ?どうしたの?

ビックリして唇を離す。

〝ゆえ〟もビックリした表情。

ご、ご主人様、もしかしたら、〝ゆえ〟は今の場所、凄く感じるのかもしれません

え?ほんとうに?いや、歯茎だよ。

再びキスをしてみる。そして〝Y〟が舌先を先ほどと同じ場所に持って行くと、〝ゆえ〟、再び体をまるで電気ショックでも受けたかのように大きく震わせる。

ああ、本当だ!

そう、新たな性感帯を発見してしまったんだ。

それも、かなり強烈な性感帯。

驚いたね。人体の不思議、こんな場所が!

正確に言えば、これは上の前歯と唇の間、その付け根。〝ゆえ〟が調べたところによると「上唇小帯」という場所らしい。

kiss202001flsh.jpg
キスをするときに
新たな楽しみができた!


生まれて初めて聞く名前だよ。でも、誰しも、鏡の前で上唇をめくったことがあるでしょ。そのときに、その真ん中、付け根に帯のような突起があるのを目にしていると思う。あれなんだね。

そこが性感帯とは!

ただ、ピンポイントというよりは、その下にある歯の付け根あたりからすでに快感を持つらしい。

〝ゆえ〟の感想、
自分の舌が短いのか、(自分で)刺激しても快感は全くありません。
でも、ご主人様の舌がニュルッと入り、この部分をまさぐって頂くと、ものすごい快感で腰が勝手にビクビクする程です。
最初、自分でも何で身体が反応するのか戸惑う程でした。
何回か同じようにご主人様に責めていただき、段々分かってきました。
感覚は、おまんこの膣口やGスポット辺りを舌でなぞられているのに近いです。
口の中が温かくなるような感じもあります。ご主人様の唾液が、キスよりもダイレクトに口の中に滴り落ちてくる感覚もあります。


なぁるほど!そんな感覚なんだ。

それにしても、なぜあんな場所に、クリトリスやGスポットと同じような強い快楽ポイントがあるんだろう。

ネットで色々と調べてみたけど、参考になる記事は見つからなかった。いや、そもそも「上唇小帯」と「快感」というキーワードのAND検索では全くヒットしない。

ということは、これ、すごく珍しい事象なのかもしれない。

でも、もしかして、同じ位置に快楽スポットがあるという方も他にいるかもしれない。ぜひ、皆さんも一度試してみられると良いと思うよ。

だって、我々だって5年目にして知ったのだから。まぁ、もしかしたら、快楽の開発が進んだ結果、「上唇小帯」が性感帯として認識されるようになってきた…という可能性もあるけどね。

〝ゆえ〟、面白いことを言っていた。

ご主人様にとっては、クンニをわざわざしなくても、口の中だけで擬似的にクンニ体験をさせることが出来るため、とても手軽な方法だと思いました

なるほど!これは面白い発想だね。

〝ゆえ〟の快楽ポイントは色々あるけど、乳首をいじっているだけでも、猛烈な快感を味わっている。それに加えて、上唇小帯。もうこれは上半身だけでも、十分に快楽責めができるということだね!

いや、やっぱりクリもいじめたいし、Gスポットも…。ああ、手や舌がいくつあっても足りないや。(笑)




 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.