FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (18)
ボンデージの道具たち (24)
SMホテル(アルファインなど) (15)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (13)
風俗 (4)

アルファインのお部屋~405号室「定期検診」

alphainn405_02sh.jpg
さほど広くないのが使いやすい。



SM専門ホテル、「アルファイン」のお部屋紹介、今回は405号室「定期検診」。3室ある医療系のお部屋の一つ。別の医療系のお部屋103号室「性態実験」はすでに紹介したし、久しぶりのラバープレイの舞台にもなっていたよね。

こちらの部屋は本館の4階、一番奥にある部屋なんだ。このお部屋の構造(構造だけね。もちろん印象は全く別物!)は他のフロアの同じ位置にあるお部屋とほぼ一緒。例えば、605号室の「狂い十字架」505号室の「萬華鏡」、205号室の「西太后」がそうだね。非常に動線として見れば動きやすい部屋で、手頃な値段で、手頃な広さと、使い勝手の良い部屋だよ。

まず、ホテルの公式ホームページ(こちら)を見ると、設備は少ない。

・磔台
・オープントイレ
・診察台



alphainn405_01 sh
洋式トイレ横の棚にはこの部屋ならではの道具が。



部屋はタイル張り。しかも、白一色で特別なデザインも特にされていないので、非常に無機質。そして、ベッドの横には診察台。こちらも、手枷は壁の小道具から持ってきて取り付けてね。

そして部屋の照明も明るい。

そうそう、壁の小道具類、〝Y〟が以前利用した時にはバラ鞭の他に小型のスパンキングショットも置いてあった。スパンキング系がお好きな方も楽しめるね。

alphainn405_04sh.jpg
小道具類も必要最低限揃っている。


もちろん、このお部屋独特の道具などはしっかりと棚に置いてあるし、他の医療部屋と同じく、洗面器などの用意も。

値段も安く、REST(休憩&サービスタイム)が12,530円、そしてSTAY(宿泊)が23,530円となっているのは、前回の103号室と同額。

ではどっちがいい?となると、うーん、これは好みだよね。そうそう、洋式トイレはオープンになっていて、カーテンで仕切られるようになっている。この点は大きな違いだね。それと、スペース的には、やや狭いのかな。狭い中にコンパクトにまとまっているので、使い勝手はとてもいいと思うよ。

他に、違いと言えば、ベッドに手足枷がついていること。ベッド拘束はお好きな人も多いと思うので、こっちがベターという人もいるだろうね。ただ、103号室は大きな鏡がベッドの横2面についていたけれど、こちらは横に1枚だけ。その点はちょっと寂しいかな。

そうそう、十字架がクリーム色の革貼りというのは珍しいね。しかも、首の部分も黒革の首輪で拘束できるようになっているよ。

医療に特にこだわらなくても、通常のプレイで使いたいという場合にも十分、期待に応えてくれるお部屋だと思うな。

alphainn405_03sh.jpg
十字架も部屋の色調に合わせてある。




この本にもアルファインが紹介されているよ!


シナプスヴォーグはやっぱり凄かった

synapse201712_01flsh.jpg
手前に見えるのがそう。


SMの世界では知らぬ者はいないと言われる「きんぶろ」さん。このブログからもリンクを張らせていただいているし、実は〝ゆえ〟も良く読ませてもらっているみたいだ。

少し前の話だけど、ある日、〝ゆえ〟がこう言ったんだ。

「ご主人様、「きんぶろ」さんの新しい記事、もう読まれました?「シナプスヴォーグ」って、面白そうですね。」

おっ?まだ読んでなかったぞ…。あわてて、記事を読んでみると…。

ほぉ!

電マのアタッチメントなんだ。実は〝Y〟、電マのアタッチメントは数種類持っているし、〝ゆえ〟にも使った事がある。

でも、このシナプスヴォーグ、形状が独特。簡単に言えば、膣は通常のバイブの形状。そして、クリトリス部分はヘラのようになっていて、まるで舌で覆うような形。そして、アナルも短く細いながらドリルタイプの形状。

最近になって、アナルの処女を〝Y〟に奪われた〝ゆえ〟。だから、アナルへのバイブ挿入もOK。

そうなると、これは試してみたいね。

と思うと同時にポチっ。

アマゾンさん、速いです。翌日にはもう到着。

というわけで、その次の〝ゆえ〟の調教に持ち込んだ。先日の記事に書いたアルファインの103号室でのラバープレイ。

ほんの少しだけそのときの記事にも触れたのだけど、これをまず〝ゆえ〟の秘部に挿入し(アナルにはこの時は入れなかった)、そしてスイッチを入れたら…、

はい、ここからはその記事にも書いていたこと。

これ、やっぱりスゴイ製品だね。〝ゆえ〟はイキッぱなし。しかも電マ直接とは違い、痛くならないし、熱くならないし、電マのいいとこ取り!電マでは普段はクリイキしかしないのだけど、この時、〝ゆえ〟はクリイキだけでなく、中イキもしていた。そして、装着されているマスクの呼吸は力を入れなければいけないので、責めの辛さもある。〝ゆえ〟は辛さと快楽のミックスを長時間に渡って味わっていた。

となるんだ。

これにアナルも加わったらどうなるんだろう?

で、その次の調教でアナルに挿入してみると…。

synapse201712_02flsh2.jpg
激しい反応を見せてくれる。


これはさらに想像以上の快楽だったみたいだ。

アナルにも入れるとおまんこ周り、つまり、腰全体が中から震えるほどの「壮絶」な快感だったようだね。

奴隷がすさまじい快楽に苦しんでいる(!)姿を見るのは本当に愉しい。

これは今後手放せなくなりそうだよ。

電マを持っているけど、刺激が強すぎて…なんてことでお蔵入りになっている人は、ぜひ、このアタッチメントを使ってみて。

アナルの部分は不要という人は切り離して使えば良いし。アナルの部分の突起は小さめになっているので、膣に一緒に入れてもいいし、あるいは、アナルの外に曲げた状態でも使えるからね。

あらためて「ぶん」さん、いい製品を紹介してくださって、ありがとう。そして〝ゆえ〟の好奇心にも感謝だ。



久々のラバープレイをアルファインで楽しむ

alpharubber201711_01flsh.jpg
ご主人様と奴隷の記念撮影!


首を長~くして待っていたラバーファン、マニアの皆さん、ついに報告だよ!

考えてみれば、〝ゆえ〟にはじめてラバーを着せたのが今年の冬。あれ以来だもんね。

あのとき、手持ちのキャットスーツ、サイズがスリムな〝ゆえ〟に合わず残念な思いをしたことを書いたよね。ラバーって、やっぱりその人の体にぴったりと合わないと美しくないし、快感にもならない。それに〝ゆえ〟のラバー姿を楽しみにして待ってて下さる読者の方もいらっしゃるし。(^^)

そこで、意を決したんだ。うん。貯金して、メーカーさんにオーダーメードで作ってもらおうって。そこから半年かけて、昔流行った「すて奥」(知ってる?)ならぬ、「すてご主人様」となって貯金をし(笑)、お金が貯まったところでドイツに発注。そこからまた待ちの時間。そうして、ようやく、今回届いたんだ。思い立ってから9ヶ月の偉業!

さぁて、どこでプレイする?

そりゃアルファインがいいに決まっているよね!しかも、アルファインの医療部屋なんてのは、最高にラバープレイに合いそう!

ということで、さっそく行ってきた!

まず、一つみなさんにお願い。

alpharubber201711_15flsh.jpg
このように気遣いも。


もし、こうしたホテルでラバープレイをする場合、しかも、我々のようにシリコンオイルを使う場合は、くれぐれも、床などに付着しないように気をつけてね。ご存じのように、床についてしまうと、超滑りやすくなって、自分たちだけでなく、後で利用される方にも危害が及ぶかもしれないからね。アルファインの清掃スタッフさんたちに大変な思いをさせないようにね。

我々の場合、着脱は使い捨てのビニールシートを床に敷いて行ったし、プレイの時にはサンダルやブーツを履くようにして、気をつけたからね。

さて、当日、アルファインの医療部屋は2室空いていた。選んだのは前回の記事でも紹介した103号室「性態実験」。

〝ゆえ〟にまずキャットスーツを着せてみた。ネックエントリーのFantastic Rubber。最初は首の部分を広げてというのは大変だったけれど、腰まで入ってしまえば後は比較的楽。でも15分くらいはかかったね。着用時は首の穴の締め付けが半端無く苦しいのだけど、そこはM女、その苦しみも喜びに感じてくれた…と思う(笑)。

着せてみると…、いやぁ、実にピッタリ!本当に全身に密着!そしてカッコイイ!

そして、全体にオイルを塗っていく。〝ゆえ〟の体が妖しく黒く輝く。

alpharubber201711_02flsh.jpg
ピカピカのラバーは天井の赤いダウンライトをも反射している。



〝ゆえ〟もこのピッタリ感が、前回の時の大きめのスーツを着たときと違い、とても心地良く感じたと言っていたよ。さらに、股の部分はジッパーで開くことができるのだけど、そうすると、ぴっちりしたラバースーツは露出した部分を外に押し出してしまう。〝ゆえ〟のおまんこがにょっこりとはみ出てきた。本当に性人形になってしまった感じがするし、本人もそう感じていたよ。

「自分が人形になったように思えました。穴を差し出す人形です。」

と、感想を言っていたからね。

〝Y〟もスーツを着込む。〝ゆえ〟と同じドイツのFantastic Rubber。全身にぴったりと密着して、心地良い。

alpharubber201711_03flsh.jpg
フェイスクラッチマスクも装着され、快楽にあえぐ〝ゆえ〟。


さぁ、まずは〝ゆえ〟を十字架に磔にしてみる。そしてバイブと電マで刺激をしたら…。黒光りをする体を激しくよじらせてよがり狂う。フェイスクラッチマスク(開口具)からは、溢れるように涎が垂れてきて、電マを濡らしていくんだ。

体全体が何度も痙攣して、イキ続ける姿を見るのは本当にSとして心地良いよね。しかし、奴隷にとってはツライ責め、やがて、膣に少し痛みを感じるようになり、ストップ。

十字架から診察台に〝ゆえ〟を移動させる。体がふらつくのでしっかりと支えて横に。そして、手枷を再び装着。

〝Y〟は今度は自分でガスマスクをかぶる。

alpharubber201711_05flsh.jpg
シナプスヴォーグも見える。


そして、〝ゆえ〟にも、今度は呼吸責めのための面体(陸上空気呼吸器用)を装着してみる。

面体もラバーでできているため、キャットスーツとのバランスは凄くいい。しかも、顔の部分、シルバーの縁取りがしてあるので、アクセントになっているんだ。〝ゆえ〟はとても整った目鼻立ちをしている。その顔立ちの目の周りがガラス面で広く見えてくるのがとても嬉しい。そして、今度は電マにアタッチメントである「シナプスヴォーグ」を取り付ける。これ、「きんぶろ」さんで、「ぶん」さんが薦めていた製品。「きんぶろ」さんの読者である〝ゆえ〟が興味をもってくれたので、購入し、今日が初めての使用。

これを〝ゆえ〟の秘部に挿入し、そしてスイッチを入れたら…、

alpharubber201711_04flsh.jpg
。面体も黒光りしている。


これ、やっぱりスゴイ製品だね。〝ゆえ〟はイキッぱなし。しかも電マ直接とは違い、痛くならないし、熱くならないし、電マのいいとこ取り!電マでは普段はクリイキしかしないのだけど、この時、〝ゆえ〟はクリイキだけでなく、中イキもしていた。

そして、装着されているマスクの呼吸は力を入れなければいけないので、責めの辛さもある。〝ゆえ〟は辛さと快楽のミックスを長時間に渡って味わっていた。この製品を紹介していた「ぶん」さんに感謝。

このお部屋、白衣があるのがなかなかユニーク。しかも、女性用にはナースサンダルまで!思わず二人ともニンマリして、キャトスーツの上に羽織って、記念撮影!ああ、超ヘンタイな記念写真だよね。

alpharubber201711_06flsh.jpg
ゴム人形のフェラも心地良い!


さて、ベッドの上では黒光りする性欲人形にフェラをしてもらう。これもまた愉しい。普通のフェラと違い、こちらもキャットスーツを着ていると、全身への締め付けとこのフェラのバキュームが一緒になったときに、快楽が普段の数倍になったように感じるんだ。不思議だね。体の触覚が敏感になっている気がする。同じ舌の動きでも、その快楽は大きい!さらにガスマスクを着用しているので、完全に閉ざされた世界の中でご奉仕を受けているような感覚。これはラバーマニアならではの楽しみ方だよね。

alpharubber201711_07flsh.jpg


そして、〝ゆえ〟を四つん這いにし、まずバックから挿入。目の前の大きな鏡、そして、横にも鏡と、二人の結びついた姿をしっかりと鏡は映し出してくれる。しかも、バックの時は相手の表情が見えないけれど、鏡のおかげでしっかりと見える。これも嬉しい。

騎乗位にさせ、マスクの上から〝ゆえ〟の口にボールギャグを嵌める。やがて止めどなく彼女の口から落ちてくる涎。でも、普段と違い、こちらもラバーを着ているので、いくら涎が〝Y〟の体に落ちてきてもちっとも気にならない。むしろ、気にせずに〝ゆえ〟の形の良い唇から涎が垂れてくるのを見るのはものすごくゾクゾクしてくる。

alpharubber201711_14flsh.jpg

alpharubber201711_08flsh.jpg


喘ぎ声もいつもよりも大きい。やがて、快感がピークに達したのか、崩れ落ちるようにして上体を預けてくる。それを受け止め、正常位に。腰が何度も何度も痙攣で揺れる。

alpharubber201711_09flsh.jpg


そして、最後の瞬間、ペニスを〝ゆえ〟の膣から抜き取り、顔にめがけて射精。黒いマスクに白い精液がふりかかる。黒と白のコントラスト、なんて刺激的なんだろう!しばらくじっと眺めてしまったよ。

alpharubber201711_10flsh.jpg


やがて、〝ゆえ〟は上体を少し起こし、そのペニスをしっかりとしゃぶり始める。ペニスに残った精液を全部吸い取るような強いバキューム。思わず、腰全体に再び快感が広がってきた。ああ、何て幸せなんだろう。精液にまみれた顔の〝ゆえ〟が愛おしく感じられたよ。しかも、ペニスから口を離した〝ゆえ〟、今度は自分の顔にかかった精液も、舌を伸ばして舐め取ろうとしている。

alpharubber201711_11flsh.jpg


さて、その後しばらく二人でまったりとしてラバーの締め付けを全身に感じながら余韻を楽しんだ。

あとは、お片付け。

バスルームでラバーを洗う。「ご主人様、次は何を洗いましょう?」てな具合に指示を仰ぐ〝ゆえ〟。こちらから次々に命令する。そんな風に二人で作業をしていたら、なんだか〝ゆえ〟が急に愛おしくなってきた。そしたら、再び、彼女の体を抱き…。

いやはや、またベッドに戻り、2ラウンド目を…。

本当に楽しい一時だったよ。

そうそう、〝ゆえ〟はメールにこんな感想を書いてくれた。

「いつかしてみたいのは、ラバー姿のままお風呂に入るか、ローション風呂に入るか、、ラバーの上からヌルヌルしてみたいです。」

〝ゆえ〟、ラバー初心者にも関わらず、教わったわけではないのに、ラバープレイの本質をついた提案をしてくれる。これは嬉しいね!

じゃ、次のラバープレーはヌルヌル感を二人で楽しもう!

alpharubber201711_12flsh.jpg
白衣の下がラバー。変態医師と変態看護師のペア、
あるいはマッドサイエンティストとその弟子…かな。



アルファインのお部屋~103号室「性態実験」

alphainn103_01sh.jpg
医療の部屋というのは、独特の雰囲気。


「SMの聖地」とも呼べるSM専門ホテル、「アルファイン」のお部屋紹介、今回は103号室「性態実験」。ホテルに3室ある医療タイプのお部屋の一つ。

このお部屋は「離れ」と呼ばれている建物の中に入っているんだ。だから、フロント前のエレベーターを使わず、一旦裏口を通って短い階段を上がって入る形になっている。

まず、ホテルの公式ホームページ(こちら)を見ると、設備としては、少ないんだ。

・診察台
・十字架


値段も安価な方。REST(休憩&サービスタイム)が12,530円、そしてSTAY(宿泊)が23,530円となっている。

そうそう、電マも無いので、楽しみたい方は持参してね。

alphainn103_02sh.jpg
白衣だけでなく、ナースサンダルまで!


まず部屋に入って目に付くのはタイル張りの壁。そう、やっぱりこうしたタイルの無機質な感じが医療部屋らしくていいよね。一昔前の手術室のような雰囲気。そして、中央に置かれた診察台。手枷などは壁の小道具から持ってきて取り付けるようになっているよ。ここで股を強制的に開かせて診察ごっこ…なんてのは、もう、それだけでワクワクするマニアも多いよね。

壁に設置された十字架はしっかりとした太い木を2本組み合わせたもの。このシンプルな十字架は珍しいよね。

alphainn103_04sh.jpg
ベッドサイドの壁、鏡は嬉しい!


さて、ベッドは入口の近く。診察室とはちょっと離れた構造になっているんだ。そして、このベッドの上には梁があって、そこに取っ手が何本か打ちつけてある。これは吊りに使えそうだね。でも、滑車はないので注意。

それと、ベッド、手足枷はないのは残念。でも、このベッド、足下の壁、そして横の壁にも鏡があるので、挿入時などは複数の角度から自分たちを眺めることができるのもとてもいいと思うな。特に、足下の壁はこちら側に倒れ込むようになっており、その全面が広い鏡。これは嬉しいよ。二人の痴態を余すことなく映し出してくれるから。

トイレは普通に扉のある個室。アルファインの他の医療系の部屋は晒しトイレになっていたり、カーテン1枚だったりするので、そのあたり、まだ羞恥プレイになれていないパートナーさんを医療部屋に…という場合はこの103号室をオススメするよ。

お風呂も比較的広い。そして、もちろん、お風呂の外から覗けるようにガラス窓がついている。

全体に明るい部屋なので撮影にも向いている。特に診察台の上にある灯りは相当な照度がある。使い勝手はとてもいいお部屋だと思うよ。

alphainn103_05sh.jpg
十字架の横には様々な小道具が。


他の部屋にない面白い小道具が棚の中に入っているし、金属の洗面器、白衣、サンダルも2人用揃っている。そうそう、金属のスタンドも置いてあるよ。

医療系のプレイというのは、〝Y〟は行わないけれど、好きな人は絶対にハマるお部屋だと思うなぁ。いろいろと想像は膨らんじゃうね。

それとね、ラバープレイにもピッタリだと思うんだ。実際、先日、〝ゆえ〟とのラバープレイに使ってみたけど、想像通りで凄く楽しめた。その報告は次回。ラバーマニアの皆さん、お楽しみに!

alphainn103_03sh.jpg
浣腸プレイには便利だよね!



この本にもアルファインが紹介されているよ!


〝ゆえ〟をアルファイン302号室「晒し便座」で責めてみたら…

alphainn302_03flsh.jpg
チェーン磔に〝ゆえ〟を。
秘部に装着された「蝶秘密」がいやらしい


さて、前回紹介したお部屋、302号室「晒し便座」(こちら)、このお部屋を使ったときの写真、実は、先月のレーシックの記事(こちら)に使っているけど、気づいた?

ここではさらに、そのときのプレイをもっと紹介しちゃうね。前回のお部屋の記事と合わせて読んでみてね。

まず、スリムな〝ゆえ〟の体を裸にし、この日履いていた黒のラバー長靴だけにして、チェーンの磔台に(部屋が汚れないように、長靴の底はしっかりと洗って拭いているよ)。上半身をかがませて、手枷をチェーンにとりつけ、バックから挿入して責める。自分から腰をしっかりと振らせる。すぐに大きな喘ぎ声がボールギャグ越しに部屋に響く。同時にガチャガチャとチェーンの揺れる音が激しくなる。

バックからの責めはいつも膣口が狭くなり、気持ち良いんだ。そして、鞭を当てるとその度に、膣が締まる。しばらく愉しんだ。

〝ゆえ〟に、床に広がった自分の唾液を拭かせる。その間に〝Y〟は次の準備を。

この日はセーラー服プレイ。彼女にまず革のメタリックブラを装着し、その上で、持参させたセーラー服。スカートを履く段階で、「ストップ!」と声を上げた〝Y〟。

下半身が裸!これが良いじゃない!この姿、男性は大好きだよね。実は〝ゆえ〟は初めてだったらしい。こんな感想を送ってくれた。

「制服を上だけ使用する…なんて斬新なエロスでしょう‼と思いました。」

そう。それだけでも恥ずかしいのに、そのあらわになった下半身には、「蝶秘密」という固定のバイブを装着。細いヒモのTバックのような形状なので、これは思いっきり恥ずかしい。しかも上半身にはセーラー服、もう男性にとっては最高のエロス。

しかも、「蝶秘密」、バイブはあえて短めになっている。そう、それだけでは深い快楽に行き着けない。つまり、女性を焦らしっぱなしにするという残酷なオモチャなんだ。両手が自由になれば、自分の手で揺らしたりして、快感を高めたりできるんだけど、磔にされているから、とにかくもどかしい。そして乳首にはローターを。

チェーン式の磔に大の字で拘束。上半身冷たい鎖の網に預けられる。冷たい金属でできた蜘蛛の巣にかかった獲物のよう。体を激しく揺らすたびに金属音が部屋に響くんだ。

alphainn302_04flsh3.jpg
フェラはねっとりと…。


唇を重ねてみると、快楽に酔いしれているのか、激しく、理性を無くしたように自分の舌をご主人様の舌にからめてくる。

そんな状態で鞭打ちやいろんな責めを繰り返し、最後に電マを蝶秘密の上からあてたら…、あっけなく、しかしもの凄い痙攣させながら、イッてしまった。焦らしの効果だね。

さて、磔から下ろしたら、そのまま床に座らせてフェラに。これも、実は鏡がチェーンの向こう側に置いてあるから、実に眺めが楽しい!これはいいねぇ。

しかも、下半身裸で、長靴を履かせたまま。この姿、やっぱりエロい。これには、ご主人様のペニスも常に張り裂けそうにパンパンになっている。

どうにか、射精はガマンして、彼女の口に口枷を。そう、フェラが終われば奴隷の口に用はないからね。

alphainn302_05flsh.jpg
マルゴの口枷とセーラー服もよく似合う。


そしてベッドで〝ゆえ〟と交合。口枷の穴から大きな喘ぎ声を放つ〝ゆえ〟。

途中で騎乗位にすると、面白いくらいに〝ゆえ〟はガクガクと腰を震わせる。

昔懐かしい新宿マルゴの口枷は相当にキツイみたいだ。口径が50mmと、ボールギャグよりも遙かに広く口を開けさせるのだから。しばらく涎が流れるのを愉しんだけれど、途中で〝ゆえ〟からNGシグナルが送られてきたので、外しておく。目隠しも外し、〝ゆえ〟の表情を愉しむのだけれど…、快感のあまり、すでに人間らしい表情はもはや消え失せている。乳首を下から指先でいじり続けると、絶頂を行き来し、さらに快楽を求める姿はもはや雌犬に。

alphainn302_06flsh.jpg
快楽に酔いしれているベッド上の〝ゆえ〟。


こちらも大興奮の末、正常位になり、射精を。長い、長い、射精だった。

射精の後も、しばらく、繋がったまま腰をゆっくりと動かすと、その度に〝ゆえ〟は短く「あっ!」と声を上げながら「ありがとうございます!」と、もはやエネルギーも尽きたのか、細い声でお礼を言う。

最後に抜き取ると、口で綺麗にしてもらう。

〝ゆえ〟、死んだようになって、ベッドに横たわっている。

10分ほどそのままにしたけれど、これで終わりじゃつまらない。無理矢理に起こし、今度は口穴マスクで視界を奪い、そして、アームバインダーで上半身の自由を奪う。そして、この部屋には吊りがある!ということで、バインダーの先を滑車でゆっくりとつり上げていく。

ところが…。

ここで、〝ゆえ〟、全身を震わせてNGシグナルを送ってくる。

視界のない状態での腕吊りは恐怖を感じてしまったみたいだった。うん、奴隷に苦痛は与えても恐怖は与えない…とういうのがポリシー。

すぐにいましめを解く。

alphainn302_09fl2sh.jpg
視界を奪われてのこの姿勢は恐怖を感じてしまったみたいだ。


「申し訳ありません!」と奴隷。

「情けないな。じゃ、電マでお前がボロボロになるまで責めるぞ」と宣言。

口穴マスクのまま、再び磔台に。

「ご主人様、やめてください!またイっちゃいます!」

と叫ぶ〝ゆえ〟。叫び声を聞きつけたのか、他のお部屋の人らしき気配が外で。そしてトントンとノックが…。

うーん、まだ〝ゆえ〟は皆様に晒すほどには成長していないので、みなさん、もうしばらく待ってね。

ということで、ドアノックには応えず、責めを続けたよ。

さすがに長時間の電マはキツイよね。〝ゆえ〟も「痛くなりました!」と叫んだので終了。チェーンに繫がれたままがっくりと頭を落とす〝ゆえ〟。まさに崩れ落ちたというのがふさわしい姿。これ、絵になる…。本当に素敵だ。よほど堪えたのか、「はぁ、はぁ」と早くて浅い息をしている。

lasik2017_02flsh.jpg
以前も紹介したこんな姿になっちゃったわけ…。


と、しばらくして〝ゆえ〟。「トイレにいかせてください。ご主人様」

よぉし!この時を待っていた。「ああ、良いよ。行きなさい」とにこやかに答えると、立ちあがった〝ゆえ〟、一瞬、ハッと立ち止まる。そう、晒し便器だ!

「見ないでください」と言いながら便座に腰を下ろす〝ゆえ〟。見ないわけにいかないだろう…と、目の前にしゃがんで、じっと観察。〝ゆえ〟は顔を押さえて…。

ふふふ。最後の最後まで愉しませてくれるお部屋だね。

というわけで、302号、「晒し便座」、みなさんも愉しんで!


alphainn302_08flsh.jpg
晒し便座の楽しみ。






«前ページへ | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.