FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (29)
ボンデージの道具たち (31)
アルファイン(SMホテル) (30)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (19)
風俗 (4)

まさか!こんなところにボールギャグが!?

某月某日、都内某ホテルに滞在したときのこと。

欧米系の人が多く滞在する都心のビジネスホテル。

フロアを行き来するのはピシッとスーツで決めたビジネスマンやビジネスウーマンとおぼしき人たちがたくさん。

そんな、なんとなく緊張するような雰囲気の中で、〝Y〟が突然驚く事が…。

エレベーターホールのすぐ横、小さな部屋があって、自動販売機コーナーになっている。

そこのドアの下に、こんなものを見つけちゃったんだ。

ballgag201812_01sh.jpg
見覚えあるでしょ?


えっ!!!

えっ???

なんで???


なんで、ボールギャグがこんな床に落ちているの?

驚いてドギマギしてしまう。

こんなピリっとした雰囲気のビジネスホテルでもSMプレイをする人たちがいたの?

でも、よぉく見たら…。

あれ?なんかついている…。

ははぁ~ん、これは…。

ドアを動かしてみたら…、

ballgag201812_02sh.jpg
こうなっていたんだ!


そう、実はボールギャグではなく、そのボールにヒモを通して、ドアストッパーとして活用していると判明。


もともと、ボールギャグのボールって、ゴルフの練習用「ホローボール」。きっと、このホテルのスタッフのだれかが、ゴルフファンで、手持ちのホローボールを加工して作ったのかもしれないね。いやいや、もしかしたら、ホテルのスタッフがSMファンで自分でボールギャグを作ろうと、ホローボールを大量に持っていたと言うことも考えられなくはない…、って、それはないか(笑)。

こうしてみると、ホローボール、ボールギャグになったり、ドアストッパーになったり、大活躍なんだね。

ああ、それにしても驚いた!

えっ?こんな驚き方をするのは〝Y〟くらいのものだって?

いやいや、このブログをごらんの皆さんも〝Y〟の「ご同類」。その場にいれば、きっと驚かれるはず…。(笑)

ballgag201812_00flsh.jpg
でも、このボールはやっぱり
奴隷に使うのが一番…。






スポンサーサイト
[PR]

[PR]

アルファインのお部屋~602号室「羞恥破壊」

alphainn602_01sh.jpg
入口から見ると…。


東京・東麻布と言えば…、SMの世界では何と言ってもホテル「アルファイン」。その全室を制覇し、紹介するシリーズ。いよいよあと2室を残すのみになったよ。

今回は602号室「羞恥破壊」。

名前が凄いよね。「羞恥」を「破壊」するんだもん。

その名前の理由はこちら。

alphainn602_03sh.jpg
これは強烈!


そう、オープントイレ。しかもしかも、トイレの形状がまた特殊。例えば402号室「排泄学園」ではオープントイレだけれども洋式。そうなると、実際には排泄中の何やかや…は見えにくい。これが、たとえば601号室「拷問地獄」のような和式だと相当な羞恥破壊。

ところがこのお部屋の便器。大きな洗面器という出で立ち。淵にまたがってするのだけど、あまりにもあからさま!

これは恥ずかしいよぉ…。逆にいえばご主人様が奴隷の前で使うのはとても股間にかかわる…、いや、沽券にかかわるから、くれぐれも腹具合が良い時に利用しようね。

しかもね、この便器の上には手枷も。それだけじゃない、便器の上の梁にはフックも!そう、吊ったまま排泄させるという強烈な責めも。さらに、にぎり棒もあるから…、これは「立ってしろ!」と言うことかもね。

もう、奴隷にとっては絶望的に恥ずかしい状況なんだ。だから、お部屋の名前はダテじゃない!羞恥破壊の極みだね。

さて、このお部屋の他の特徴を書いておくね。

まず、公式ホームページの紹介によれば、

・Suspension (ツリ)
・十字架
・オープントイレ
・シャワールーム


料金はREST(休憩&サービスタイム)が11,450円。そしてSTAY(宿泊)が20,090円と、全体の中では安価な価格帯。

alphainn602_02sh.jpg
部屋の奥から見るとこう。
現在は奥に見える黒のSMチェアは
撤去されている。


全部の照明をつければ、全体がとても明るくなる。これもまた、「羞恥破壊」に繋がるねぇ。

それと、コンセントがプレイルームに4箇所もあって、電マを利用したりするときには便利。昨今は携帯の充電を…という人も多いだろうから、その場合にも便利だね。

以前は写真のように変形SMチェアがあったのだけど、最近訪れた時には無くなっていたのは残念。でも、逆にいえば、その分、お部屋の床スペースを広く利用出来るから、プレイによってはこちらの方がいいという人もいるだろうね。滑車もあるので、吊りに使うという人にも良いね。

alphainn602_04sh.jpg


お部屋のもう一つのシンボルともいえる、太い木製の十字架も存在感がある。

また、ベッドには四肢拘束のための手足枷もついているから、SMチェアがない分、こちらで拘束は楽しめるよ。

あと、価格の低い部屋なので、バスタブはなくシャワーのみ。また、電マもないので、持ち込む必要があるね。

alphainn602_05sh.jpg
必要最低限の小道具も揃っている。


小さな事だけど、実は便利なのが、ベッドの横の棚。これ、バイブなど、すぐに使う道具が色々と置けて便利!

そして、何より、お部屋自体が改装されて年月がさほど経っていないので、綺麗なのも得点高い。

この部屋を利用したい…と思うのは、明るいので、コスプレなどの時。事実、いままでこのお部屋は2度ほど使っているけど、いずれも、セーラー服、CA制服の時だった。

というわけで、皆さんも羞恥を破壊させたい奴隷がいれば、ぜひこのお部屋に連れて行ってみようね!

alphainn602_06flsh.jpg
この部屋で磔にさせられた
セーラー服と革具姿の〝ゆえ〟。




この本にもアルファインが紹介されているよ!


SMとスピリチュアル?

sm_and_spiritual_201811flsh.jpg
こうして時空を越えて
再び一緒に遊ぶ一時…。


スピリチュアル、好きな人は多いよね。特に女性には。

〝Y〟は正直、その世界のことは良くわからない。

でも、ある体験のことを話すね。

その手の話が苦手な人はどうぞこの記事はスルーしてね。

ある日、〝ゆえ〟とのプレイのあと、強烈な快感と満足感で、もの凄くリラックスしていた。その時に〝Y〟は突然、あるビジョンを見たんだ。

「ビジョン」としたのは「夢」というほど、眠っている状態ではなかったから。でも、まるで夢のように、目の前にあるシーンが、カラーで浮かんだんだ。

どこか、日本ではない場所。仲の良い父親とまだ3歳くらいの男の子がいたんだ。とても仲良く、お父さんは休日なのかな、2人で楽しそうに遊んでいるのが見える。ところが、ふと、気付くと、〝Y〟がその父親の身体に入り込んでいるんだ。まるで〝Y〟自身がその父親かのように。

そして、不思議なことにその父親の気持ちがとても痛いほど伝わってきたんだ。

まもなくこの世を去ることになっている父親。その運命が自分でわかっているみたい。そして、心残りなのはその息子。まだ小さい可愛らしいさかり。その子と、もうこれ以上一緒に遊んでやれないことをひどく悔やんでいるみたいなんだよ。

そして、そこで、父親は…というか、そこではもう〝Y〟自身なんだけど、誓っているんだ。

いつの日か、再び生まれ変わってきたら、この息子と思う存分遊ぶ時間を持とう…、と。

その息子、実は見覚えがあった。

なんと、目を見ると、〝ゆえ〟だったんだよ。顔かたちは違うし、何よりも性別が違う。でも、目を見るとわかったんだ。ああ、〝ゆえ〟だって。

そこで、現実に戻った。

あれ?今の何だったんだろう?

でもね、思い返してみると…、もしかして、時代を変えて、国を変えて、そして一方は性別を変えて再び生まれ変わってきた二人。

確かに、年齢的に言えば父と子としてもおかしくないくらい。

しかし、確かに二人は西暦2018年の世の中で、時間を共有し、SMという「遊び」を無我夢中でしているんだ。

実はね、以前、〝Y〟は「退行催眠」という治療を受けたことがあるんだ。ある「恐怖症」の克服のため。専門医の治療だった。

その際、子供の頃の体験を通り越して、もっと以前の体験を鮮やかに思い出すことが出来たんだ。いわゆる前世というものかもしれない。もちろん、信じない方もいるだろうし、それはそれでいいよ。〝Y〟だって正直、わかんないもん。

でも、医療の世界では、その前世のようなビジョンを見ることで、劇的に、恐怖症が改善したという実績が数多くあるんだ。

そして、〝Y〟もそれを経験しちゃったわけ。その体験を通して、それまで心を苦しめていた、その恐怖症が治っちゃった。

そして、いわゆる前世と呼ばれるようなビジョンは「あるわけない!」と切って捨てていいものか疑問に思うように…。もちろん、前世なんかじゃないかも知れない。でも、人間はそういう不思議なものが見えるという事実は確かにあるんだ。

さらに、その退行催眠の後、〝Y〟は眠り際、あるいは、起床直後など、体がリラックスしているときに、幾つかのビジョンを見るということが増えたんだ。

その日も実は、プレイ後の非常にリラックスした中で、〝ゆえ〟と自分の関係って一体どういうことなのかな、もしかして、何かビジョンが見えるかな?と思っていたときに、突然見えたものなんだ。

この体験を通して、やはり、自分と〝ゆえ〟はただならぬ関係なのだなぁと思ったと同時に、益々〝ゆえ〟が愛しい存在になったのは確か。だって、息子だったときにも本当に可愛くて可愛くて…。いまも可愛くて可愛くて…。これはもう、理屈でもなんでもないよ。無意識に、とにかく、彼女を見て、全力で可愛がってやらなければと、自分自身の根源的な何かが強く主張しているのを感じるんだ。

不思議だね。

前世があるかどうかはわからないけど、もしあるとすれば、それが次の「運命」を導くのかもしれないね。






ラバーが大好きになってきた〝ゆえ〟

rubber201811_01flsh.jpg
ラバーはくびれをより
際立たせてくれる。


ご主人様と初めて出会ったときの〝ゆえ〟はSMに関して憧れこそあったものの、実際には未経験。でも、それまでの知識から、なんとなく、こういう事をするのだろうなぁ…と想像はついていたと思う。だから、その後、ゆっくりだけど、特に問題なく、様々なプレイにもちゃんと対応できてM女性として育ってきた。

でも、きっと、ラバープレイについては知識も皆無だったに違いないよね。

そして、最初のラバー(ラテックス)を経験したとき、戸惑っている姿を覚えている。

それが、その後、ラバースーツを〝ゆえ〟の身体のサイズを計測し、オーダー。それを着せたところ、全身にぴったりと貼り付くラバーの感覚を初体験し、一気にその魅力に惹かれていったようなんだ。

もともとスリムなモデル体型である〝ゆえ〟。ラバスーツを着せると、まるでキャッツアイの登場人物かと思うくらいに格好良く決まる。その身体を拘束すれば、女スパイが捕らわれた様子…というのは、以前ここにも書いた通り。

そんな姿を眺めるのは最高のご馳走。

そして、〝ゆえ〟の方も、ラバーを楽しんでくれている。

暑い夏は汗だくになるので、さすがにしばらくお休み。そして、季節は秋から冬へ。いよいよラバーシーズンの到来!

ということで、数ヶ月ぶりのラバープレイ。

終わった後、〝ゆえ〟がメールで感想を書いてくれた。

久しぶりのラバープレイ、やっぱり楽しいです!
回を重ねるごとにラバープレイの楽しさが分かるようになりました。

奴隷的、楽しいポイントは

1.後から見る写真や映像の自分のくびれ
2.唇がムニッと突出した状態でのキス
3.ラバーを装着したフィット感
4.水中ラバーのツルツルした触感


です。


うん。奴隷は正しい成長を遂げているね。

1や3はラバーファンなら等しく持つ感想だよね。ラバーの締め付けで身体の線がより美しくなる。

rubber201811_00bflsh.jpg
突き出された唇を
吸い合うのも快感!


で、面白いのは2、これはね、ラバーのフードをかぶった場合、目や口の部分だけがオープンになると、ラバー全体の締め付けのために、目や唇がやや外に突き出される形になる。その状態の唇でのキスというのが、ぷるぷるした感じで、心地良いんだ。これはラバーでこそ味わえる感覚。

そして、4、これも発見だった。

空気中でお互いのラバーがふれあうと、どちらかといえば、キュルキュルとやや引っかかりを覚える。ところが、水中だと、潤滑油の関係もあるのかもしれないけれど、ラバーがツルツルとなり、お互いにふれあうと、本当に、スベリがいいんだ。

普段、お互いの肌をふれあうというのはなかなか心地よいものだけれど、そこにスベリが加わると格段に快楽が増す。ほら、気持ちよい状態だと、肌をふれるだけで中イキしたりするけど、ラバーを着用して、こうした状態になると、お互いにふれただけで、もう、とてつもない快感が脳を突き抜ける。この快感を知ってしまうと、もう、ラバーからは離れられなくなる。そう、ラバーの虜になってしまうんだ。

一方で、
少し残念なのが、いつもは乳首を引きちぎらんばかりの強めの刺激をしていただけますが、ラバーの時はそれが無いことです。

これは確かに!乳首がラバーで隠れているからねぇ…。キャットスーツ着用で乳首を虐める何か良い方法があればなぁ…と思うんだけど。

さて、広いお風呂のお部屋を選んだ甲斐があって、面白い遊びもできる。〝ゆえ〟に潜水マスクを着用させ、それで、湯船に沈んだ御主人様のものにご奉仕させる。つまり、水中フェラ!これがね、視覚的にも楽しいし、水中の浮力を全身で感じながらのフェラだから、気持ちよいことこの上なし。

しかもね、〝ゆえ〟自身があとで言ったのだけど、

水中でおちんぽ様を口に含むとき、気分は、海女さんが収穫する貝に向かって潜水するようでした。

そう。確かに全身ラバーに顔の部分があいたフード(全頭マスク)、そして単眼の潜水マスクという出で立ちは海女さんに見えるよね!

rubber201811_03cflsh.jpg
お湯の中のプレイが楽しい!


さて、最後に一つ、いつものお願い。

ラバーを着るのにシリコンオイルを使う人も増えてきたと思うけど、これ、床に付着すると、滑って転びやすく、とても危険。着替えはビニールシートの上で行うとか、必ずスリッパを着用するなどの配慮をしようね。ホテルの清掃スタッフさん、そして、ホテルの次のお客さんにも迷惑をかけないようにね。






SMプレイは女性の身体を美しく変える!

kubire201811flsh.jpg
〝ゆえ〟、以前よりもくびれがより目立ってきた。


〝ゆえ〟を奴隷として2年半が過ぎた。本当にあっという間に時間というのは経つのだね。全くの初心者としてSMの世界に入った〝ゆえ〟。御主人様である〝Y〟の調教を受けて、スローだけど、着実に進化と深化を遂げてきたように思うよ。みなさんもこのブログの記事を見て、同じように感じていらっしゃると思う。

そして、もう一つ、驚いたのはタイトルに書いた通り、カラダ!

〝ゆえ〟は細身で長身。スレンダーという言葉が良く似合う。

〝Y〟と出会ったときもそうだったんだけど、1年たった頃からかな。まず〝ゆえ〟が自分で気づいた。

御主人様、なんだか胸が大きくなってきた気がします

確かに!

最初の頃に撮った写真と比べると、メタリックブラなどの乳房を絞る責め具で見て見ると、絞り出されるバストのカップが大きくなって来たのがわかる。

さらに、今年になって、やはり写真を見比べていた〝Y〟。思わず、目を皿にしてみつめてしまう。

「あれ?ウエスト細くなった?」

ゆえに尋ねてみると

そうなんですぅ!御主人様!ウエストは細く、そしてヒップが少し大きくなったようですぅ!

そう、つまり、端的にいえば、より女性らしい体になったということ。

〝ゆえ〟は特別に何か運動をしたり、ダイエットをしたりということはしていない。

そんな中で体の線が変化するのは、しかも、より女らしく、若い方に変化するのは…。

それは〝Y〟とのプレイしかないでしょ!

それによって、女性ホルモンが活発に出て、体つきを変えてしまう。

そう!

ちまたよく女性誌で紹介される「SEXで美しくなる」というのは、「SMプレイ」でも同じ!

というわけで、美しい体を作りたい貴女、ぜひ御主人様を見つけてSMプレイでその夢を実現して下さいね!





 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.