FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟の調教記録 (34)
ボンデージの道具たち (33)
アルファイン(SMホテル) (34)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (22)
風俗 (4)

様々な進化をし続けるアルファイン

alphainn_chair201903_00.jpg


SMホテルとして人気の高い「アルファイン」さんがツイッター(こちら)を始めてしばらく経つ。あっという間に人気となったツイッター。フォロワーさんの数も早々と四桁に。

そして、そこには、様々な設備の改善情報が記されており、いかにアルファインが日々進化し続けているかがわかるんだ。

最近も、椅子やソファの入れ替えが進んでいるという話が出ていた。

椅子、これは〝Y〟も凄く嬉しい進化だった。

というのも、以前の椅子は、こちら。

alphainn_chair201903_01flsh.jpg


通ってらっしゃる方は見覚えあるよね。そう、金属の編み目のようなデザインの椅子。写真の赤い色のものは、604号室「狂い十字架」に置いてあった。なかなかオシャレで、これはこれでいいんだ。

この椅子はSMチェアや十字架のそばに置いてあったから、おそらく、奴隷を責めているときにご主人様が座るべき椅子。

だから、〝Y〟もよく利用してた。

でもね、実はある場合にだけ困っていた。それはご主人様が裸で座る場合。

そう、金属の編み目模様が肌に食い込んで、長時間座ると、結構、痛いんだ。

しかも、立ち上がると、お尻全体に編み目の痕が!

これは奴隷の手前、ちょっと恥ずかしい…。

というわけで、その点のみ、困ったなぁ…という気持ちでいたら、なんと、今回、椅子の入れ替えで、座面がお尻にやさしいクッションつきに!

alphainn_chair201903_02flsh.jpg


さっそく座ってみると、とても座り心地が良い。デザインもシンプル!しかも、有名ブランドの物らしいね。さすがこだわりのアルファイン。

足が黒のものと赤の物の2種類あるそうだけど、このお部屋には赤。これも、おそらくSMチェアの足が赤だから、揃えたんだろうね!このあたりのセンスもさすが。

網目模様の椅子だけでなく、折りたたみの椅子も、順次このタイプに置き換えが進んでいるらしいよ。

他にも、例えば、ボディソープのメーカーが変わっていたり、タオルの色やデザインが変わったり。そうそう「ベビードール」にのみ置いてある我々も大好きな「ピコピコハンマー」も新しいものに変わったとか!

というわけで、気付けばいろいろなところが進化しているアルファイン。これからも、その進化が楽しみだね。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

主従関係において話しあうことの大切さ~〝ゆえ〟との関係の危機(下)

uyokyokusetsu2018_02flsh.jpg
ふたたび、奴隷として
戻ってきてくれた〝ゆえ〟


前回の記事(こちら)、突然〝ゆえ〟から別れを宣言され、しかも、連絡がとれなくなったという話を書いた。

そう、2年半以上も主従関係を続けていたのに、お互いの電話番号も知らなかった!

もうこれはピンチ。

ただ、彼女の住所だけは知っていたから、訪ねていこうかなどと一瞬考えるが、「それってストーカーじゃね?」って思い、断念。

数日間、悶々とした。親しい友人であり、SMの師匠でもあるYZさんに愚痴を聞いてもらったりもした。YZさんには心から感謝だよ。

そして、ある日、一つだけ連絡できるかもしれないチャンネルがあったことを思い出したんだ。

そして、そこにメッセージを上げてみると…。

数日後、長いメールが届いた。見ず知らずのメールアドレス。でも、すぐわかった。〝ゆえ〟だ。そっか、前のメールアドレスは消去したから、別のアドレスを作ったんだ!

そのメールは強烈な言葉に満ちあふれていた。普段ご主人様には使った事の無いような乱暴な言葉遣い。おそらく、ご主人様に〝ゆえ〟のことを嫌いになってもらおうと、あるいは、諦めさせようと、あえて、〝ゆえ〟自身も普段絶対に使わないようなキツイ言葉をちりばめたのだろうと想像できた。そして、そんなメールを書くというのは、〝ゆえ〟自身も辛いだろうし、相当な決意を込めて書いているということがわかるものだった。

その言葉を一つ一つ、時間をかけて丹念に拾い上げ、そして、熟考し、数日過ごした。

その結果、もう一度だけ、話しあうチャンスをもらうこととして、再び、会った二人。

そこで、奴隷である〝ゆえ〟が心に抱えていた悩みの大きさ。そして、それに薄々気づいていながら、そこまで深刻にとらえていなかったご主人様の態度、さらに、〝ゆえ〟のSMに向かい合う気持ちと、それを受け止めるご主人様のタイミングの悪さ…。

そうしたことを洗いざらし話しあったよ。

その結果、主従関係を続けることになった。

でもね、これって、ここまでの状態になる前に、会っている時に話せれば回避できたかもしれない問題。

ただ、普段、奴隷はなかなかこうしたことを話しにくい。奴隷はご主人様に従うモノだという一般的な認識があるからね。また、日本では、女性は男性のパートナーに色々と言いにくいという「カルチャー」としての問題もある。

今回、強烈に思ったのは、そんな女性の気持ちを考えると、常に、男性Sの側が、女性Mの気持ちに耳を傾ける場を作ることが大切だということ。もちろん、単に「俺についてこい」じゃだめだよね。

Sは本当はなんでもわかってなきゃイケナイ…という気持ちからか、逆に、あえて奴隷に何も聞かないでいるというSもいる。それはまた一つのスタイルだから、良いと思う。実際、それでもちゃんと心が通うという凄い達人もいる。

でも、多くの人にとって、SはスーパーマンのSじゃない。だから、やっぱり、コミュニケーションが大切なんじゃないかな。そして、それが上手に聞き出せるSは、尊敬できるよね。

もちろん、プレイの最中にそういう話をするのは無理だと思うから、プレイが終わったあと、世間話をするとき、あるいは、プレイ抜きで会うとき。そんな、お互いに素直に何でも話せそうなときに話すことは大事だよね。

それぞれ別の人格を持ち、別の環境で育った他人。それが出会って、SMという共通目的に向かっていくのだから、気持ちや考えのズレはあるのが当たり前。そしてそれをお互いに調整していくこと。そのためにコミュニケーションは必要。その結果、二人が満足のいく主従関係を構築して、幸せになる!

日頃、頭ではわかっているし、自分で行動しているつもりだったけど、今回の事で、改めて、自分の中にそれが不足していたことを感じた、相変わらずの「へなちょこS」の〝Y〟だったよ。

そしてM女の皆さん、心に溜めていることがあれば、ぜひ勇気を出してご主人様に打ち明けてみて!

〝ゆえ〟との経験を通して、〝Y〟が得た教訓。皆さんへのアドバイスにと思って書いたよ。





主従関係において話しあうことの大切さ~〝ゆえ〟との関係の危機(上)

uyokyokusetsu2018_01flsh.jpg
まさか、この楽しいプレイからまもなく
別れを切り出されるとは…。


〝ゆえ〟と3年近く主従関係を続けている。今まですべて順調だったかと言えば、もちろん、そんなことはないんだ。

主従関係を長く持つ方は多くが体験したことがあると思うけど、関係が終わりそうになることも何度かあった。

実は少し前、今までで最高に危機的な状況になったんだ。

その日、いつものようにプレイを予定していた。ところが、前日になって、
明日、ご調教へ行く足が重いです……お休みしたいです。
と、メールが来た。

以前から、予定の前日になんとなく会うのを避けるような言動をすることが何度かあった。緊張だったりしたのだろう。しかし、実際に会ってみると、いつものように楽しくプレイができる。

だから、いつものことだな…、と思い、「ご主人様の命令だ。来るように!」とメールをしたんだ。

ところがこの日は違った。〝ゆえ〟は頑なだった。

それでも、翌日には来るだろうと思っていた〝Y〟。朝、ホテルへの道すがら、「向かっているぞ」とメールを送ると、

もうお会いしません。

今までありがとうございました。

楽しかったです。


と、短いメール。

え?何?これは?

あわてて、メールを返信したところ、宛先不明でメールが帰って来てしまう。

何ぃっ?メールアドレスを削除したっっっっ???

あっ、LINEがある…。

ところが、こちらも連絡できない!ブロックリストに入れられちゃったか!

実はこれだけ長く主従関係を続けているけど、お互いに電話番号も知らないんだ。

そう、連絡方法を失い、一方的に関係を絶たれてしまった〝Y〟。

一瞬、全身の血が凍るような衝撃を覚える。

しばらくして脱力。

途方に暮れるご主人様。

これで、3年近く続いてきた〝ゆえ〟との主従関係が終わった。

まさか…、

だった。

しばらく呆然と過ごすご主人様だった。

何が悪かったんだろう?

思い返せば…。

今まで何度かあった、プレイへの後ろ向きの様子を見せた事。

そんなとき、自分はどんな対応だっただろう?

例えば、今回のように調教のお休みを言い出したり、腹痛を訴えたり、あるいは、曖昧に笑うことが増えたり、目を見て話さなかったり。本人もあとで話してくれたけど、子供の不登校みたいになってしまうことが良くあったんだ。

〝ゆえ〟は、元々、他の人に対して、心理的な壁を作ったり、心を閉ざすことがあった。これらは皆、そうしたサインだった。

そっか、そう言うとき、彼女は不安や不満で心が一杯になっていたんだね。だから、そこで、彼女の気持ちを聞いて、吐き出させてあげることが必要だったのではないかな。

でも、ご主人様である〝Y〟は逆に思っていた。そんなときは、心理的に鼓舞し、会ってプレイをして、それによって、スッキリさせてあげることが必要ではないかと思い込んでいたんだね。

でも、そのアプローチは間違っていた。プレイではなく、やはり、徹底した話し合いが必要だったんだ。

そう、二人はコミュニケーションが不足していた!

そして、この文章をなぜ書いているかと言えば、それは他のSMカップルでも、同じ悩みを抱えていらっしゃる方々もいるのではないかと思うから。

ご主人様にとって、奴隷と言うのは、自分の言うことに従ってくれるのが当たり前と思ってしまう存在。そうなると、時に奴隷の見せてくれるサインを見逃していることもある。

さらに、奴隷は、ご主人様に従うことを当然と思っているから、時に、自分でも不満を持っているのに、それは、自分が奴隷としてダメなんじゃないかと、逆に自分を責めて口を閉ざしてしまうこともある。

そうなると、奴隷が心にどんどん、不満や不安をため込んでしまい、ついには爆発…ということになってしまう。爆発も、ご主人様に向けて、心の中を吐き出してくれる爆発ならばいいけれど、完全に心を閉ざしてしまい、関係を断ち切ろうとする爆発も。実際に、そうして関係が終わってしまった体験を持つ方も多いのではないだろうか。

そして、今回の危機はそんな状況だった。

そうして、いったん、主従関係は終了したかに見えた。

さて、それがどう解決したのか。

続きは次回!




〝ゆえ〟への電マ責めで気づいた、男性のドライオーガズムとの接点

denma201902_03flsh.jpg
懐かしいマルゴーの革具とともに


前々回(こちら)、電マプレイの楽しさを書いた。

奴隷の〝ゆえ〟、そのとき書いたように、あとで、こうメールで教えてくれた。

電マのしびれる感覚で、すごく気持ち良いのにおまんこが痛くなる感覚、でも、膣の中は刺激を受けないから、どんどん疼いて仕方なくなっていきました。電マ責めは、気持ち良いのにすごく苦しい(快楽も呼吸も)です。

終わり静寂を迎えると、ぐったりしているのに膣が疼いて仕方ない身体に気づきました。

だから、はしたないと感じながらも、「おまんこにおちんぽ様を入れていただきたいです」とお願いしました。

おちんぽ様は、やはり、バイブとは比べられない、、本当に気持ちよくて。


ツイッターでもつぶやいたけど、〝ゆえ〟のこの言葉を聞いて、かつて、〝やま〟がドライオーガズムの訓練のためにM性感を利用していた時の事を思い出したよ。

ベテランの方に「パンスト亀頭責め」をしてもらったんだ。

ご存じの方もいらっしゃると思うけど、パンストに沢山ローションをつけて、それで、勃起したペニスの亀頭部分を往復運動してしごくという、本来はM男性向けのテクニック。

これ、それまで体験したことのない、強烈な気持ち良さと、同時に、強烈な苦しさに襲われる。

射精したいけど絶対に射精できない!そして、痛いような独特の身体を貫くすさまじい快楽…。終わると、ぽっかりと穴が空いたような喪失感があり、射精したくてたまらなくなる。

そう。どうも、〝ゆえ〟の言葉を聞くと、それと近いんじゃないかって感じたよ。〝ゆえ〟の身体を激しくよじらせる姿を見ると、〝Y〟もそっくり同じように身体をよじらせて悶えたなぁ…と昔の記憶が蘇った。

もともと、解剖学的に見ると、亀頭は女性のクリトリスと一緒と言われているしね。

最近になって、科学は男性と女性、性器はかなり似た構造であるということを解き明かし始めた。いままで女性にはないと言われてきた前立腺も、同様の器官(スキーン腺)が実は存在することがわかってきたよね。

構造だけじゃない。実は快感においても、例えば、男性も女性の「中イキ」に相当する「ドライオーガズム」が存在することがわかってきている。

だとすると、〝ゆえ〟の苦しみ。わかる気がするなぁ…。

自分のパンスト亀頭責め体験をてらしあわせてみると、〝ゆえ〟が逃れようと体をよじらせ、泣き叫ぶのを見て「かわいそう」とは思わず「もっと楽しめ!」と、ますますサディスティックな気分になってしまう〝Y〟だよ。





小生意気な婦人警官〝ゆえ〟を快楽責めで従順な奴隷に落としてみた

miniskpolice201902_01flsh.jpg
小生意気なポーズをとる
婦警さん〝ゆえ〟


〝ゆえ〟のおかげでコスプレの楽しさに目覚めた〝Y〟。アルファインでは本格的なコスプレの貸し出しがあることから、時折、借りて楽しんでいる。

先日、ミニスカポリスを楽しんだんだ。

「本格的なコスプレ」と書いたのは、実際、アルファインではCAさんや看護師さんなどは「ホンモノ」のコスチュームをそろえているからなんだ。

で、ミニスカポリス…となると、これは本物は実在しない!(笑)

というわけで、どうしてもこればかりは、ややパーティ・コスプレっぽいものになってしまうのは仕方ないよね。

でも、さすが〝ゆえ〟、ちゃんと制服に似合う、黒のタイツにショートブーツと準備万端。

さっそく衣装を着せてみると…。

miniskpolice201902_02flsh.jpg
さっそく拘束!


ほぉ!

こうして実際に身につけさせてみると思わぬ発見があるもの。

なんと、帽子が似合う!

もともと、小顔の〝ゆえ〟、この制帽が実に似合うことが判明。

ポーズをとらせてみるとこれがまたキュート!

ふーん、こうしてみると、衣装というのは、実際に着せてみないとわからないものだね。

再びカメラの前でポーズをとらせてみる。

「逮捕しちゃうぞ!」と口から出てきそうな雰囲気。

miniskpolice201902_03flsh.jpg
ところが快楽責めで正体を失う


小生意気な婦人警官〝ゆえ〟が小さな交通違反を見咎めたところから物語がスタート。たちの悪いS男の〝Y〟は逆に因縁をつけていき…、気がつけば婦人警官は手かせをはめられ、首輪も…。

そして、十字架に拘束されて快楽責めの尋問に…。

主客逆転された、哀れミニスカポリス〝ゆえ〟はフェラのご奉仕をさせられた上、最後は、悪党〝Y〟に長時間ファックさせられ、ついにベッドの上で果てる…。

miniskpolice201902_04flsh.jpg
ベッドの上で拘束。この時点では
まだ挑戦的な目つき。


そんな状況ができあがる。

それにしても、コスプレは楽しい。交通違反で〝Y〟が〝ゆえ〟に捕まったところからの会話のやりとりが、お互いにのめり込むと、本当にどんどんキャッチボールで進んでいくんだ。

そして〝Y〟も調子に乗って、ネチネチと婦警さんを問いつめていく。

アルファインのお部屋にある大道具たちがさらに、その妄想を現実のように盛り上げてくれるんだ。

やっぱりSMでのコスプレは楽しい!

みなさんもぜひ!

miniskpolice201902_05flsh.jpg
ついに陥落した婦警さんは
〝Y〟のものを口に咥えてご奉仕する。





 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.