FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログランキング

tenandx_01flshb.jpg
写真をクリックしていただくと
ランキングに反映されます。

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブロとも一覧


M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

青い首輪の女

私の性奴隷調教日記

ラバー日記

主従の証

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

SM性活応援オーケストラ

SM、スパンキング

若狭と雫(緊縛と首絞め)

tabooを愛する二人の日記

RSSリンクの表示

ページナビ

このブログの登場人物

profileill_201907fl.jpg

〝ゆえ〟が描いてくれた
ご主人様〝Y〟との自画像。
〝Y〟が男前すぎるかも…(笑)


管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバー、PVCのボンデージをこよなく愛する。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも好き!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってパートナーとなってから。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていた元パートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。現在はSMを卒業している。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

カテゴリ

お知らせ (6)
〝ゆえ〟とのプレイ記録 (58)
ボンデージの道具たち (60)
アルファイン(SMホテル) (48)
管理人〝Y〟の思い出話 (20)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (2)
SMの知識&〝Y〟の意見 (28)
風俗 (4)
Twitter (1)
ボンデージ48手 (5)
〝ゆえ〟の小窓 (13)
出会い系サイトでM女性を見つける方法 (5)

最新コメント

月別アーカイブ

最新記事

大手出会い系サイトで自分のパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~5 プロフィールでの相手の見分け方

20200919deaiflsh.jpg
「オナニーを見ていただきたかったのです…」
そう告白する女性も


今回のポイント:
プロフィールには見極めるべき重要なポイントがいくつかある。


女性会員のプロフィール検索、これは一番大切なことだと〝Y〟は思うよ。

以前も書いたように数ヶ月でかなりの会員が入れ替わるのが出会い系サイト。したがって、定期的に、例えば1~2週間に一度、プロフィール検索で、自分の条件にあった女性を探し出してみるんだ。

年齢、体型、住所のエリア、そして、もちろん、SMの有無。

すると、アクセスした日時の直近からさかのぼって、どんどん表示されていく。そこで、期間も区切って、前回アクセスした時以降で見ていく。すると、大抵数十人から多い時には数百人以上の名前と簡単なプロフィールが表示される。

このプロフィールで興味を惹かれたら詳細プロフィールを。ここで、サイトによっては、詳細プロフィールの閲覧そのものにもお金のかかるサイトがあるけど、そこはケチらないでね。重要だから。

ただ、直近のアクセスのない人であれば、もうすでにサイトにアクセスすることを止めている人の可能性が高い。だから、そちらはいくら気になってメールを送ってもほとんど意味がないよ。せいぜい直近のアクセスが1~2週間というところだろうか。それでも対象となる人が前述のように数百人以上になることがあるからね!

さて、そのプロフィール、〝Y〟の場合はその目的上、業者さんはお相手にはなり得なかった。そこで、業者さんか個人かを見分けるために、以下の点に注意してみたよ。


1.プロフに可愛い女性の写真があれば大抵はウソ。
 これはまぁ、みなさん常識的に知っていると思うけど、アダルトな内容での登録で、自分の顔を載せている女性はまれ。だから、こうしたかわいらしい女性の写真(一部をハートマークなどのイラストで隠しているとしても)を載せている人は、十中八九業者さんで個人ではない。むしろ、写真を載せていない人の方が可能性があるし、顔以外の体の一部や、あるいは、風景、自分が好きな小物やペットなどを写真にしている人は間違いなく個人の可能性が高いよ。写真の質にも注意。あまりにも明るい光源を使った雑誌の写真のようなものはおそらくどこかから借りてきた写真で業者さんの可能性が高い。むしろ、適度に暗かったり、そういう素人らしい写真の方が個人の場合が多い。

2.活動エリアがホテル街は怪しい
 プロフィールには本人の活動エリアが記されているけど、豊島区、新宿区、渋谷区、品川区などはラブホテルの多い区。そうなると、こちらも業者さんが多いので、個人の可能性は少なくなるね。サイトによってはもっと細かい地名表記になっていて、その場合、西日暮里、五反田、鶯谷などとなっている場合は9割がたがそう。わかりやすいよね。

3.プロフィールの相手の環境がスマートフォンでなくPCも怪しい(これはサイトによってプロフィールに記載される)
 この件は賛否両論あるし、最近は事情も変わったと思うけど、〝Y〟がアクセスしていた数年前、PCの場合は業者さんであることが多かった。

4.プロフィールですぐにでもプレイしたいという印象を振りまいているのはほぼ業者さん
 これもNG。女性の場合、男性と違い、プロフィールでいきなり男性に迫るということは考えにくいよ。むしろ、丁寧に自分の嗜好を説明してくれている人がいれば、そちらは可能性が高いと思うよ。

5.投稿履歴が「掲示板」のみの女性は避ける
 中には個人で掲示板のみ投稿する人もいるとは思う。でも、これは業者さんの可能性がとても高いと思うよ。逆に掲示板への投稿がなく「日記」など他のアクティビティが高いのは確実に個人。というのも、日記は書くのが大変だから。業者さんにとっては日記入力というのはワリが悪い。ただ、そのあたりのことに気づいている業者さんもいて、そういう場合は日記を2~3記事だけ書いている。でも中身が薄い内容なので、すぐにわかるよ。さらに、裏プロフィールや100の質問など、入力に時間がかかる項目がきちんと記入されている場合は、個人の可能性がとても高い。

と、まず、以上の点を見るんだ。

その上で、具体的に相手がどんなことを求めているのか、プロフィールを読み進めていくことになるよ。

その中で気をつけることがもう一つ。SとMを間違えないこと。

これ、当たり前なようだけど、大手の出会い系サイトでは、カテゴリーとしてのSMはあるけど、SとMは一緒くたにされている。したがって、相手がSMのパートナー募集と書いていていても、よぉくプロフィールを読まないと、逆の人にアプローチしてしまうことになるからね。

とはいえ、以前に説明したようにプロフィールに何も書いていない女性も意外といる。だからプロフィールが淡々としている女性は意外と本物のM女性であるケースもあることを覚えておいて。男って、ガツガツした生き物だからプロフィールもガツガツした文言や内容になりがち。でも、女性の場合はかなり冷静。したがって、プロフィールは素っ気なかったりする。

たとえばある時、掲示板にメッセージを投稿したらメールが。「SMのパートナーを捜しているんですか?」って一言だけ。これになんとなくピンときてその人のプロフィールを見たらほとんど何も書かれていない。普通ならガッカリするかもしれないけど、経験を積んでくると、もしかしたらこれは!と直感し、返信したら見事、正真正銘のM女性で、実際に会ってプレイできちゃった。素敵な人だったよ。こういう例もあるからね。

もう一つ。プロフィールの「興味ある分野」や「利用目的」のところに注意して。これ、プロフ作成の際に自分で選ぶ仕組みになっている。当然SMに興味がある人はここにチェックを入れている…、はずなんだけど…、、、

Aさん:
メッセージ交換 / 友達・遊び相手 / 何となく / 恋人探し / 結婚相手 / 趣味友達 / セックスフレンド/ 不倫・浮気 / SMパートナー / エロトーク・TELH / アブノーマル/ コスプレ


Bさん:
セックスフレンド/ SMパートナー / アブノーマル


となっていたら、絶対にBさんの方がM女性である確率が高いよ。というのもAさんのような方は利用目的は、おそらく、適当に全部詰め込んでいるので、SMに興味を持っていることにはなっているけれど、実際はさほどでもない事が多い。だから利用目的をSMパートナーにしぼっている人の方にコンタクトした方がいい。実際に、Aさんのようなタイプの女性にコンタクトした場合、9割方はSMに興味をもっておらず、会えなかったよ。

さて、プロフィールも確認した。そして、自分がその人に興味を持てたら今度はメールを送ることになる。それは次回に!




スポンサーサイト
[PR]

大手出会い系サイトで自分のパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~4 M女性を探す具体的な方法

20200916deaiflsh.jpg
〝ゆえ〟のようにコスプレ好きの
M女性は結構多い


今回のポイント:
・自分のプロフィールは念入りに書いて充実させよう
・M女性を探すのに一番有効なのはプロフ検索&メール



さて、無事にサイトへの登録を済ませたとして、まずやらなければいけないことは、自分のプロフィールを書くこと。

しかも、これは言ってみれば対外的な自分の顔になることなので、とにかく、しっかりと力を入れて書こうね。できれば、サイト側が用意しているフォーマットのプロフィールだけでなく、日記やつぶやきもしっかりと書いて自分をアピールすること。

その際、盛らないでね(笑)。会えばすぐにばれるウソはだめ。正直に、自分の人となり。とくに重要なのは自分のプレイの好みとスタンス。これはしっかりと書いて相手に理解してもらえるようにしようね。

まずM女性の立場になってみて!

SMで自分の体を相手に預けるかもしれないわけだから、少しでも相手の情報を得たいよね。どんな性格なのか、どんな考え方なのか、そして、どんなプレイが好きなのか。こちらはそれに十分答えてあげるだけの情報を記す必要があると思うよ。そして自分と会うことによって相手の女性にどんなメリットがあるのかをしっかりとPRしてね。

さて、写真に関しては賛否両論ある。プロフィールに写真がない人とは会わないという女性もいる。でも、SMはアンダーグラウンドな世界なので、自分の顔を出すのは難しいと思うよ。だから写真はなくても良いと思う。でも、それでは寂しいからたとえば、風景の写真だったり、できればSMに関する何かの写真だったりするとベターだと思う。実際〝Y〟の場合顔の写真は出さず、SMをイメージする写真にした。でも、ちゃんと大勢のM女性と会えたし、最後に〝ゆえ〟を得ることができたのだから。

ところで余談を。自分のプロフィールはしっかりと書くべきだけど、実は女性のプロフィールを「閲覧」する場合は注意を。これは〝Y〟の体験上のアドバイスだけど、あまりにも露骨に性をプロフィールでアピールした女性はアヤシイ…というかほとんどが業者さん。でもSMについての想いが短くてもしっかりと書かれているプロフィールは会える可能性が高い。一方で、プロフィールにはほとんど何も記載されていないという女性も、案外、これもホンモノの可能性が高いということ。そう、こういうプロフを書くのが苦手だという人も多いんだよね。

さて、プロフィールを作り終えたら、次にいよいよ相手探しをすることになるね。このときに、やり方として3つの方法が一般的だと思う。

でも、これから書くようにの方法は効果なしなので無視していい。

結果、の方法になる。どちらか一方に集中してもいいし、両方のアプローチを使ってもいい。〝Y〟の場合は両方を使ったよ。


1.掲示板メッセージを検索して相手を探す

まずお相手募集の掲示板を閲覧すること。掲示板でSMに興味があるM女性のメッセージを検索して探すことだよね。

ただ、これ、SMパートナーを見つけられる可能性は低い。

というのも、実際に掲示板を見ればすぐにわかるけど、そうした内容のメッセージ、沢山あるけど、投稿しているのはたいていが個人ではなくデリヘルなどの業者さん。

まず、一般のM女性が勇気をふりしぼってS男性を探すために掲示板を使うというは、敷居が高いのだろうね。滅多にない。だから、この方法はあまり勧めないよ。

掲示板を一見すれば、それはそれなりに「S男性を求めています」というのが見つかる。でも、やたら、表現がどぎつかったり、どうも、おかしいなと感じるメッセージが多い。そうなると、かかわらないのが無難。

というわけで、この方法、最初こそ試してみたけど、すぐにやめたよ。


2.掲示板メッセージに自分でM女性募集のメッセージをあげる

これはそれなりに有効。

ただし、実際に掲示板メッセージを読んでくれた女性からメール連絡が来ることは本当に少ない。ただ、ありがたいことに掲示板を見てくれた女性が足跡を残していることがある。そこで、その足跡を残した女性のプロフィールを見て、気になるようであれば、こちらからメールを送るというのはオススメするよ。

ただし、相手はなにかの手違いで自分の掲示板にたまたま足跡を残したということも考えられるので、あくまで低姿勢で、「もし、ご興味があるなら…」という風なメールを送ることは必要。そういう間違いで足跡を残したという方にメッセージを送ると、猛烈な抗議のメールが返ってくることもあるからね。くわばら、くわばら。

でも、〝Y〟はこの方法で実際に数名の女性と出会ってプレイができた。だから、この掲示板に書き込み、足跡を残してくれた女性にメールを送るというのは、決して無駄ではないと思うよ。


3.プロフィール検索を使い、見つけた相手にメールを送る。

これが一番可能性としては高いアプローチ。〝Y〟も大多数の女性とはこの方法で出会った。

女性がサイトに登録をした際に、プロフィールの興味のある分野としてSMにチェックを入れている場合。まだそれだけではその女性が本当にSMに興味があるかどうかはわからない。そこで、さらに、そのプロフィールを詳しく見たり、もしその人が日記やつぶやきなどを書いていれば、それを読んで本当にSMに興味があるかどうかを調べる。その上で、こちらから丁寧なメールを送ること。

その際、とにかく、失礼にならないようにね。〝Y〟の場合、最初の頃これで失敗したことがある。SMに興味があるというところにチェックを入れていたから、メールでお誘いしたのに怒られちゃった。全然興味ないって!そう、実は、この興味のある項目にチェックを入れるっていう作業は、皆さん登録時に案外深く考えずにチェックを入れている人が多い。だから、それだけで判断しちゃいけない。

でも、〝Y〟が〝ゆえ〟と出会ったのはこの方法だった。

とにかく、相手が書いている「すべて」のものを調べ、そこにSMへの指向があるのかないのかを判断することが一番大切。それからメールを送ろうね。だから時間はかかる。でも、それだけの価値はあるから!

では、次回はプロフィール検索でのM女性の見分け方を説明するね。





大手出会い系サイトで自分のパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~3 本物のM女性を探す

20200915deaiflsh.jpg
レディコミで知ったボールギャグを
着けてみたかったという女性も多い


今回のポイント:
登録会員をカテゴライズして絞り、その中から探す


出会い系サイトを初めて使ってみようという方のために〝Y〟の経験を話しているシリーズ。ベテランの方にとっては当たり前の事ばかりかもしれないけど、始めた当初は色々と戸惑うよね。また、今はコロナで出会いを自粛されている方も多いと思う。状況が落ち着いたらぜひ参考にしてみてね。

さて、大手の出会い系サイトの登録者数は膨大。たとえば、A社の場合1,300万人とか!なんと日本人の10人に1人は会員!?うっそーっ!!と、まぁ、この辺になると色々と数字のマジックがあるのだろうけれど、でも、相当な規模であるのは間違いないよね。

で、大勢の人が、恋人や将来の結婚相手を見つけるために利用するのだけど、こうしたサイトのいくつかには、アダルトの分野が存在するんだ。そして、その中にはSMジャンルのあるサイトも。

もちろん、会員を見渡すとノーマルな人が大部分だけど、これだけ母数が多いと、その中にアブノーマルな趣味を持つ人も相当数いると思う。たとえば、そういう人が1割程度と仮定しても、A社の数字を信じれば、それで130万人にもなっちゃう。男女半々とすればそれぞれ65万人!ということになる。

だから、SM専門の出会いサイトでなくても、大手サイトであればSMの出会いの可能性は十分だということがわかるよね。

それから、実は、こうしたサイトに登録する人は結構短期間で抜けていく。退会ということもあれば、自然に使わなくなることも。長くサイトを利用している人に直接聞いたことがあるけれど、その方の実感では(あくまで個人的な実感なので統計上の話ではないよ)女性の場合はたいてい3ヶ月くらいで消えていく人が多いそうだよ。相手を無事に見つけて消える人もいれば、見つけられなくてあきらめて消える人も。逆にいえば、ある時点でうまく合う人が見つからなくても3ヶ月たてば、多くの人が入れ替わっているから、また新たにチャンスがあるということ。だから、適度に時間をおいて、定期的に続けていけば、いつかは相手が見つかる可能性が高い。

ちなみに〝Y〟の愛奴である〝ゆえ〟は出会いサイトに登録するときに彼女自身が1ヶ月限定の登録と決めていた。その最後、つまりやめる日の前日に偶然〝Y〟が彼女にメールしたことがご縁のきっかけだった。これもまた不思議だけど、〝Y〟はその日に限って、ふと思いついて自分の住んでいるのとは別のエリアから会員を検索したんだ。別とはいえ、実は直線距離では近いエリアだった。それまでそんなことは試したことがなかった。そして、それで〝ゆえ〟と出会った!

だからね、後で改めて書くけど、本当に出会いというのは、あらゆる可能性を試してチャレンジすることが大切!!!

さて、もう一つ重要なことを。

〝Y〟は出会い系サイト経由で何十人もの方々に実際にお会いしてプレイをしてきた…実際にそれだけ出会えたんだよ!会って下さった方々に改めて心からの感謝!!。

でも、メールだけのやりとりは数百人以上。

そうして、コンタクトをした人を観察すると次の事がわかってきた。

大手サイトの女性会員のうち、利用目的に「アダルト」を含んで登録されている方は次の3つのタイプに分けることができると思う。もちろん、こちらも統計の数字ではなく〝Y〟がメールをやりとりした結果の個人的な印象。また、アダルトを含まない登録者(ピュア登録とも呼ぶね)は除くよ。

1.デリヘルの業者さん。サイトに登録している女性の少なく見積もっても6~7割近くはそうじゃないかな(1つの業者さんが大勢の女性名で登録している)。

2.個人でデリヘルやパパ活など、生活の糧を求めて登録をしていらっしゃる女性(当然、サポ(-ト)と呼ばれる金銭の授受が生じる)。全体の2~3割くらい。

3.セフレや恋人、あるいは結婚相手を求めている一般の方。1~2割くらい。


実際に利用された方は、「そうそう!」と頷かれるかも。

登録女性会員にはこういうカテゴリー分けができると思う。

だから、普通に何も考えずにコンタクトをしていけば、10人にコンタクトして、大多数の方はプロの方。相手が普通の人であり、しかも金銭の授受をともなわかない確率は1~2割くらい。くどいけど、あくまでプロフィールで「アダルト」分野を自分の興味関心に入れている人の中での話だよ。アダルトを伴わない、いわゆる「ピュア」のみで登録している会員は「3」の一般の人が多いだろうから。

このことは大前提として知っておく必要があるし、それを理解した上で利用することが大切。

もちろん、コストパフォーマンスの良いデリヘルとして出会い系サイトを利用される方はそれで良いし、パパ活をしている素敵な女性と出会いたいという方はそれもいいと思う。生活に苦労しながらも頑張っている素敵な女性たちを金銭的に応援しつつエッチしたいという方もありだと思う。

そういう使い方ではきわめて有効で便利なのが大手の出会い系サイト。こういう出会いであれば100%、今すぐにでも女性と出会うことが可能。それこそ、毎日新しい人と出会うことだって簡単!

ただ、〝Y〟の場合はそうではなくて、普通にM女性と出会い、生涯のパートナーを得たいと思ったんだ。

そうなると、結局、大勢の登録女性の中から上記「3」の女性をまず見極めて、それからコンタクトを取っていかなければ、とても効率が悪い。

じゃ、どうやって、そういう相手を見極めるのか。

ポイントはいくつかあるよ。それについての具体的な方法は次の記事で書いていくね。



大手出会い系サイトで自分のパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~2 サイトを選ぶ

20200914deaiflsh.jpg
出会いを重ねれば、〝ゆえ〟のように
オナニーを命じても嬉々として従う


今回のポイント:
大手サイトでアダルトカテゴリーを含むものであれば、どれを選んでも良いが、M女性と出会いやすいサイトというのはある



「SM放浪の旅」時代、最初に向かったのは有料のSMクラブだった。そこで、プロのM女性さんたちと出会い、それまで独学で独りよがりだったかもしれない〝Y〟のSとしての技術を磨くお手伝いをしてもらった。これは本当にとても役に立った。当時お世話になった都内にあるクラブLのTさん、鞭の上手な打ち方について色々と教えて下さった。今も頑張っていらっしゃる。心からありがとう!と伝えたいよ。

でも、SMクラブでは3つのハードルが。

1つは資金。やっぱりお金がものすごくかかる!1回のプレイで数時間遊ぼうとすれば最低でも5~6万円くらいは平気でかかってしまう。そうなると、遊べるのって、〝Y〟の乏しい収入では年に数回。このときばかりはお金持ちに憧れたなぁ…。

2つめは本番禁止。そりゃそうだよね。法律を遵守するお仕事だから。でも、やっぱり、SMとセックスを切り離すと物足りなさを覚える〝Y〟。

そして3つめは当然のことながら、ビジネスなので、心をつなぎ合うということは難しいし、お互いに相手だけという一対一の主従関係は持てない。これは寂しい。でも、逆に言えば、心が繋がっていないのに、しっかりと顧客の嗜好を満たそうと頑張るプロのM女さんたちって、本当に凄いと思う。実際、前述のように、心から尊敬できるM女さんが、〝Y〟の利用したクラブにはいらっしゃったよ。

その後、「SM専用」の出会いサイトなどを利用したけれど、こちらは短期間の登録ではあまり芳しい成果は得られなかった。というか、きちんとしたサイトと出会えなかったのが正直なところ。3つほど、登録してみたけれど、いずれも、ちゃんとした活動がされていなくて、単にメアドの収集が目的なんじゃないかと思われるようなサイトだった。もっと真剣に探せばちゃんとしたサイトもあるはずだけど(後日、実際にそうしたサイトをご紹介下さったM女さんも。Kさん、もう何年もお会いしていませんが、当時、本当に嬉しかった。ありがとう。感謝です!)。

そんなある日、〝Y〟のSMでの同志であり師匠でもあるYZさん(偶然名前が同じだけれど、相互リンクのYZさんとは別の方)とのメールのやりとりが人生を変えたんだ。YZさんが以前、普通の大手出会い系サイトでM女性に出会ったという話を聞き、猛然と興味がわいた。

そこで、しばらく集中的にネットで情報収集。これはとても重要なプロセスだったよ。

大手の出会い系サイト、いくつかあるよね。その中でどこが使いやすいのか、また、どんなところに気をつけるべきか…などを個人のブログで徹底的にリサーチした。

ただ、大手出会い系サイトの使い方や評判を記した、いわゆる「指南」ブログには広告やアフィリエイトを目的としたところが多く、なかなかホンネを書いているところが少ない。でも、時間をかけて検索していけば、正直に体験を綴ったサイトも。そんな貴重なサイトを複数見ていけばかなりの情報は手に入る。

でも、もう一つ問題があって、そうした指南サイトやブログはキホン、「恋人」や「セフレ」を見つけるためのもの。「M女性」を見つけるという視点で書かれた記事は少ない。だから、こればかりは自分で工夫するしかないんだ(最近になってやっとSMを主とした指南サイトが現れた。そこに書かれているのはやっぱり〝Y〟が経験したこと、実践したことと一緒だったので、そちらを読んでも役に立つと思う。でも、まぁ、せっかくだからこのままこのシリーズ記事も読んでね!)。

でも当時、調べ続けた結果わかったのは、大手サイトの場合、ちゃんとした手順を踏めば、必ずお相手してくださるM女性は見つかりそうだということ。また、サイトによってはカテゴリー的にSMやアブノーマルなどの特定の趣味を持つ相手にしぼったメッセージをあげられる掲示板を持っているところもあり、そうしたところではM女性と出会う可能性がかなり高いということ。これは希望が持てた。

そんな中で、当時、人気と評判から、4つのサイトを選び、とりあえず全部に加入してみた。結果的に、そのうちの1つは途中でアダルトジャンルが廃止となったことから使わなくなり、またもう1社は結果が芳しくなく、2社を中心に活動することになったんだ。

その2社(仮にA社とB社とするね)もそれぞれに特徴があり、A社は落ち着いてじっくりと相手を選ぶ、すでに経験豊かなM女性が多く、B社はSMは未経験だけど体験したいという好奇心の強い女性が多かった。

で、実はB社の方は当初加入していなかったのだけど、一番最初にA社で出会った女性から「〝Y〟さん、B社は初心者だけどノリのいいM女性が多い実感があるからそっちに加入してみたら?たぶん〝Y〟さんのノリだとそっちもいいと思う」と教えてくれたんだ。その女性、実はA社とB社の両方に男性としても会員登録していて(ホントはルール上いけないんだけどね)、同性である女性のメッセージやプロフィールを良く読んでいた。こういう貴重なアドバイスをしてくださる女性に会えたのも良かったよ。結果的にB社で〝ゆえ〟を見つけることになったのだから、そういう出会いをもたらしてくれた彼女にも感謝。Eさん、ありがとう。Eさんとももう何年も会っていないけど、素敵なお相手を見つけているといいな。

では、その2つのサイトでどのようなアプローチを〝Y〟は行ったのか。次に具体的な方法を書くね。

そして、その方法であれば、おそらく、皆さんも同じように行動すれば、おそらくお相手となる方が案外簡単に見つかるんじゃないかな。





大手出会い系サイトで自分のパートナーとなるM女性を間違いなく得る方法~1 はじめに

20200913deaiflsh.jpg
〝ゆえ〟のように、こうしたことに密かに
憧れる女性も実は多い


愛奴〝ゆえ〟と出会って、すでに5年目!

その出会いをきっかけに、かつての「多頭飼い」をやめた〝Y〟にとって、今は唯一の奴隷として大切にしているし〝ゆえ〟も御主人様を慕ってくれている。こんな素晴らしい主従関係が持てて、本当に自分は幸せだと思うよ。

しかも、〝ゆえ〟の顔立ちやスタイル、性格、価値観などは〝Y〟が今までの人生でずっと追い求めていたタイプの、まさに「ド」ストライク。

かつて通常の恋愛で、そんなタイプには数人ほど出会ったけど、その人たちとは結局は結ばれなかったし、SM関係が成就することはなかった。

ところが、この年齢になって、やっと見事に理想通りの女性と結ばれ、しかも、主従関係の夢がかなうなんて!

あきらめずに人生を生きて良かったと心から思うよ。今はまだ相手が見つからないと嘆いている方に言いたい。あなたの年齢がたとえ40代や50代でも、この〝Y〟のように希望はこれからかなうよ!

そんな話をすると、時々質問を受けることがある。

いったいぜんたい、どうやって〝Y〟が〝ゆえ〟と出会ったのかって。

お答えしましょう!!!

でも、この話、これから長くシリーズで展開するから(10回を予定!)覚悟してね。(笑)

このブログを当初から読んでいた方は、以前、それまで長年のパートナーだった〝なみ〟から突然、SM卒業宣言を受けたという話を覚えているよね。

その際、〝なみ〟からは「もうSMは他でしてください」との言葉。

その時はショックだった。でも、不幸は幸福の始まり。

言葉通り、その後、外に出て「SM放浪の旅」に出た〝Y〟。

結局、その後、短期間になんと数十名の方にお相手いただき、中には主従関係を結び、定期的にプレイをしてくださる素敵な方も複数できた。ついでに言えば、一時期は一月に数名は新しい方と出会ってプレイもしていた。

まさかそんな人生の展開になるとは自分でも思わなかったよ。自分がSMで「多頭飼い」までするなんて!

そんな時期を経て、SMを深め、そして、ついに〝ゆえ〟と出会った。

その後、彼女を唯一の愛奴と定めて今日に至るわけ。

その〝ゆえ〟と、どこで、どう出会ったのか?その前の数十名の方々とはどこでどう出会ったのか?どうすれば会えるのか?

実は、

大手の出会い系サイト

と、こう答えると、この言葉にはいろいろな反応があるだろうね。

「え?サイト?しかもSM系じゃなくて、普通の、いわゆる〝出会い系サイト〟、マッチング???」

「まさか、そんなところでM女性が見つかるの?」

「あんな素敵で上品な〝ゆえ〟さんに〝出会い系〟でめぐりあった?」

「出会い系〟って危なくない?」

「凄くお金かかったんじゃない?」

「出会い系〟ってサクラばかりでしょ?」

世の中には出会い系サイトに対してはかなりネガティブな印象を持たれる方が多い。マスコミの取り扱い方はそうだし、何よりも、自分も実際に使う前はそうだったもん。だから、それはとても良く理解できる。実際にサイトを舞台に犯罪も起きているしね。

しかし、〝ゆえ〟を奴隷として得て、出会い系サイトを卒業した今、どう感じているかと言えば…、

たしかに一部にはそういう面もある。でも…、

そう。

「でも…」。

大手出会い系サイトは使い方次第だと言える…。

いや、実は本命となるM女を見つけるには、あらゆる方法の中で大手の〝出会い系サイト〟が一番良い方法なのかも!というのが実感。

今回から10回に分けて、〝Y〟がどのように大手出会い系サイトを使い、大勢のM女さんたちと、そして最終的に〝ゆえ〟と出会うことができたのかについて説明するね。

おそらく、これからM女性を探そうとする人たちのために参考になると思うから。応援歌のようなもの。

逆に言えば、この記事を読めば、M女性の方も出会い系を利用したい場合、S男性を見極めるのに役に立つかも。

ただ、サイトを〝Y〟が使っていたのはもう数年前の話なので、現在は多少事情が変わっていることもあるかも。その点は了解してね。まぁ、大筋は変わっていないと思うけどね。

そして、サイトのベテランさんからは「当たり前の事ばかり!」と笑われちゃうかもしれないけど。(^^)

ここに書くのは赤裸々な事実とホンネ。決して出会い系サイトの宣伝ではないので、安心してね。

とはいえ、今、コロナ禍の時代なので、なかなか実践は難しい。でも、この状況もいつかは落ち着くはず。その後楽しむために、出会い系サイトを利用したことのなかった人はぜひ読んでみてね!

では、次回をお楽しみに!




 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.