FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクをM女性に装着するのは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (18)
ボンデージの道具たち (24)
SMホテル(アルファインなど) (15)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (13)
風俗 (4)

アルファインのお部屋~205号室「西太后」

alphainn205_00sh.jpg
部屋の奥から入口に向け、広角で撮影してみたよ。


アルファインのお部屋紹介。今日は205号室「西太后」。

名前でわかるとおり中華風のお部屋。「西太后」とは、中国三大悪女の一人にあげられる清末期の政権を掌握した女性。残虐なエピソードが沢山残っている(事実かどうかはわからないよ)。そんな事を知っていると、この部屋に入るとテンションがひどく上がるかも知れないね。

ところで、アルファインには中華風のお部屋は2室あるんだ。

でも、なぜ中華風?

しばらく考え込んだ〝Y〟。〝ゆえ〟はすぐに答えを出しちゃった。

「ご主人様、それはもうチャイナドレスを奴隷に着せてプレイするに決まっていますよ!」

あ、なるほど!〝ゆえ〟、賢いな。そういう理由ならわかるぞ!

確かにフロントにはコスプレ用の衣装レンタルのリストが張ってあるけど、チャイナドレスもあったね!ふふふ、これはいいね。

とはいえ、我々は通常のプレイで利用。

alphainn205_01sh.jpg
公式ホームページの写真と違い、十字架は
スタンダードな形に変更されていた。


公式ホームページの紹介では、このお部屋の設備は次の通り。

・変形十字架(上記のように現在はスタンダードな形に)
・SMチェア


値段はリーズナブル、REST(休憩&サービスタイム)が11,450円、そしてSTAY(宿泊)が20,090円となっている。

お部屋は2階フロアーの一番奥。このシリーズで前回ご紹介した405号室と同じ位置ということで、部屋の構造そのものは一緒。そう、狭いけれど、動線を考えると非常に使いやすい部屋になっているよ。十字架があり、そしてSMチェアがあり…というあたり、604号室の狂い十字架と一緒。

部屋のデザインは圧倒的。龍がいたり、いかにも「中華」!全体に壁は金色、そして、朱色の組み合わせ。随所にある彫刻は相当凝った造りになっていて、この部屋をデザインした方の心意気を感じるね。

alphainn205_02sh.jpg
彫刻は気迫に満ちている!


また、入口は二重扉なので、奴隷が大きな声で叫んでも大丈夫。

ただ、吊りの設備がこの部屋にないのは、残念という方もいらっしゃるだろうね。そして、電マも我々が利用した時には無かったよ。

そして、部屋の古さでいえば、かなりのもので、リニューアルした他の部屋に比べれば、たとえば水回りが不便だったりするんだ。たとえば、シャワーを浴びている最中は洗面台の水は出ない。そんなところを少しだけガマンすれば、他は悪くない部屋だと思うよ。

alphainn205_03shfl.jpg
十字架で責めるのはやっぱり愉しいよね。


あ、それから、実はボイラー室に近いのか、時々、「ゴー」という作動音が壁越しに聞こえてくる。その点も気になる人はいるかもしれないね。

そんなマイナス面もあるけれど、〝ゆえ〟はといえば、この部屋、結構気に入ってくれたよ。

それと、この部屋は他の階の同じ場所に位置する部屋と同じで、テレビの置かれている造り付けの台があり、そこに色々と道具を並べておけるのも便利。

この独特の内装を一度は味わってみるのもいいと思うし、チャイナドレスの奴隷を責めたいなら、ぜひこの部屋に!

alphainn205_05shfl.jpg
プレイルームの窓から、バスルーム、オープントイレが見える。
〝ゆえ〟のトイレをしっかりと観察。うつむく〝ゆえ〟。




この本にもアルファインが紹介されているよ!


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

太陽がまぶしい…。

wafu01flsh.jpg
鞭打ちを待つ〝ゆえ〟。
暗い中でのプレイが続くと…。


ラブホテルを出てきた瞬間、陽の光がまぶしいのはなぜだろう?

…って、答えは簡単。それは、ラブホテルの場合、窓がないのが普通だから。

〝Y〟の場合、朝から午後早い時間まで〝ゆえ〟とプレイをすることが多い。するとホテルを出ると、まだ太陽が傾く前。

すると、この季節、寒いけれど、晴れ続きの東京、燦々と太陽の光が体に降り注ぐんだ。

ラブホテル、とりわけアルファインなどの場合、プレイに集中する。それに、なんといっても、あれだけ、いろいろな設備があると、次から次へと使っていると、もう夢中になってしまって…。もはや時間の感覚がなくなるんだよね。

それで、外に出た瞬間、まだ陽が高いと、「あ、まだこんなに明るかったのか」といきなり現実の世界に戻される。

そのときの、感覚といったら!

これは独特のもの。

そして、そこからまた日常に解き放される瞬間の気持ちの切り替え、これがなかなかいつもながら体験するたびに不思議な心持ちにさせられるんだよね。なんだろう、遠足から帰って来た翌日、学校に出て行ったときの、あの不思議な気持ち。祭りが終わったあと、誰もいなくなった、そして、夜店も消えてしまった神社の境内のような…。いや、寂しいだけじゃなくて、独特の充実感もある。そして、非日常、まさに「ハレ」の気持ちを残したまま、「ケ」の世界に戻る気持ち。

この落差感を味わいたくて、また、ラブホテルに向かうのかも知れないね。

この写真の日も、アルファインを出ると太陽がまぶしかったよ。そんな中、それまでの数時間のプレイを反芻しながら〝ゆえ〟と歩く。体は疲れているはずなのに、アドレナリンが出たせいか、なぜか高揚し、そして、精神的にも満足感一杯で歩く。

ああ、SMっていいなぁ…と、しみじみ思う瞬間だよね。

太陽のまぶしさを感じるたびに、SMプレイの楽しさを想う…、ちょっと他の人にはない感覚かな。(笑)



東麻布で縄と言えば…?

nawacafeflsh.jpg
場所が場所だけに意味深…。


ちょっと短く、軽いネタで…。

ここは東麻布。地下鉄で「麻布十番」駅を降りる。SMの聖地、「アルファイン」に向かって歩く。地下から地上に出る「6番」出口。そこを出ると、すぐ目の前にこの店が…。

アルファインに行く途中にある昭和の雰囲気を残す飲食店。

意味深でしょ?

どう考えても関係を連想しちゃうよね。

縄好きの店主が始めたお店?そして、このお店にSM愛好家たちが集う…?

昼間から縄の講習会をやったり、夜は居酒屋タイム、酒を酌み交わしながら、麻縄で縛られた女体を鑑賞する…?

実は、なんてことはなんだ…、残念ながら。

このお店、「縄」とついているのはおそらく「沖縄」から。

メニュー豊富なお店だけど、沖縄料理もあることから、そちらの意味のよう。

でも、場所が場所だけに…、前を通る度に妄想してしまう〝Y〟。

あっ、お店の人、ごめんね。

食べログなどを見ると、とても評判の良いお店のようだから、SMとは関係なく、おいしい料理をがっつりと食べたい場合は、皆さんもぜひ行ってあげてね!



この本にもアルファインが紹介されているよ!

本を使った責めを2つ

readingsmplay2018_05flsh.jpg
読み間違えると鞭打ち。
愛の鞭を受けながらの朗読はまだ耐えられたけど…。


皆さん、読書は好き?

〝Y〟は大好き。子供の頃から本の虫だった。〝ゆえ〟も本好き。

そう、二人とも好きなのだけど、なにも二人で会っている時に読書なんてしている場合じゃないよね。プレイをしなきゃ…、と思っていたんだけど、実は、読書…、プレイになり得るんだ。

最初のきっかけはこのブログにリンクを貼らせてもらっている「sm110.com」というサイト。管理人であるshadowさんが「SM調教百態」というコーナーで書かれていた記事に目を止めた二人。気になってぜひ試してみたくなったのが「朗読」。

へ?「朗読」?

と思ったあなた。いや、ちゃんとした責めなんです。つまり、ご主人様の前で奴隷にエロ小説を朗読させるというプレイ!

エロ小説、特に奴隷の好みにあった責めが描かれている小説を奴隷自身が朗読。すると、奴隷がやがて読みながらもそのシーンを想像し、興奮してくる。その姿を楽しむというもの。

きわめてシンプル。だけど、立派な責めになる。shadowさん、さすが。

これはやってみたいじゃない。そして、読みながら羞恥に震える、あるいは、興奮する〝ゆえ〟を見てみたいよね。

というわけで、我々のプレイに取り入れてみたのが一昨年。

与えた本は「サタミシュウ」の1冊。特にその中でのプレイでのシーンをベッドの上で責め具をつけられている彼女に読ませたんだ。この時は〝ゆえ〟の提案で、さらに、彼女のクリトリスになんと、メンソレータムを塗るというおまけ付き(これもshadowさんが書いている)。

これはね…、めちゃくちゃ楽しかったよ。

readingsmplay2018_02flsh.jpg
後ろから抱きかかえられ、ローターを入れたパンティを
強くご主人様に押さえられると、息も絶え絶えに…。


最初は真面目な顔をして読み始めた〝ゆえ〟、やっぱり、主人公が女性を責めるシーン、具体的な描写になってくると、彼女の声が微妙にうわずっているのがわかる。

しかも、読み間違えたら、そこで鞭打ち。とはいえ、〝ゆえ〟、めったに読み間違えなかったので、鞭の出番は比較的少ない。それでは楽しくない。そこで、彼女の読む描写にあわせて、こちらも責めることに。描写が乳首を責める場面になれば、〝ゆえ〟の乳首をつまんだり…。

うん、これはね、楽しいんだよ。物語と現実の責めがシンクロしていくのだから、のめり込んでしまう!

さらに、時折、彼女のあそこに口で息を吹きかける。メンソレータムが効いて、彼女が「ひえー!」と声を上げる。その度に、ちゃんと読まなかった罰として、鞭を…。

さらには、革パンティの中にローターを入れ、スイッチオン!

朗読の声が、感極まったように震え、やがて止まる…。

30分程度の責めだったけど、これは楽しめた。shadowさん、ありがとう。

さて、タイトルに2つと書いたのは、本に絡んだ責め、もう一つ考えたんだ。こちらは〝Y〟のオリジナル…っていうほどオリジナリティがあるわけじゃない。みなさんも、すでにやってらっしゃる方もいるんじゃないかな。

つまり、ご主人様が何か他のことをやっている最中のご奉仕。ほら、奴隷にフェラをさせながら、ご主人様が電話に出ていたり、仕事をしていたり…。そう、それを読書にしたわけ。

ご主人様はイスやベッドに腰掛ける。そして読書をする。その際に奴隷をひざまずかせ、ご主人様のモノを咥えてご奉仕させる。

それだけ。

ご主人様は心地良い気分を味わいながら読書。

これね、えらくシンプルだけど、やっぱり楽しい。

readingsmplay2018_03flsh.jpg
ご奉仕を受けながらの読書。ご主人様も奴隷も満足の責め。


理由は奴隷が完全に自分の道具になっているという感覚を持てること。しかも、相手を人間として見ず、ほとんどペット、いや、道具として扱っているようなもの。

奴隷も奴隷で、自分がどれだけご奉仕していても、ご主人様は自分の方を向いて下さらないという辛さがあるんだ。それでいて細心の注意を持ってご奉仕しないと、ご主人様のペニスがしぼんでしまうかもしれないし、あるいは逆に発射してしまうかもしれない。

おまけにご主人様は本に夢中になると、奴隷がフェラしていることさえ忘れてしまう。そうすると、30分くらいすぐに経ってしまうし、下手すると1時間以上も奉仕しなきゃいけないんだ。これ、結構キツイ責めだよね。

というわけで、今まで数回試しているけれど、〝ゆえ〟はこんな感想を話していたよ。

ご主人様が集中して読書をしている時に、おちんぽ様のご奉仕をさせていただくのは、まさに奴隷の真骨頂です。いつものご奉仕とはまた違う、特別な集中をします。読書の邪魔をせずに、どうすれば長く気持ち良くなっていただくかという事をずっと考えていました。(^_^;)。

という、奴隷にとっても、少し特別なフェラになるんだよ。

ご主人様が感じてくださるのがわかると、嬉しくて笑顔が(ニヤニヤが)とまりません。ご主人様に気持ちよくなって頂きたい、また、ご主人様が快感を得ている姿を見るととても満ち足りた気持ちになります。

と書いてくれる。そう、〝ゆえ〟にとって、この責めは苦しい責めではなく、実は喜びの責め。ご奉仕を幸せに感じる事ができる奴隷ならではだね。

もちろん、この責めもご主人様が読む本1冊だけ用意していればいいので、手軽でもあるし、逆に、重装備の革具を奴隷につけさせて、その姿を読書の合間に楽しむのもいい。それと、奴隷には、乳首ローターやバイブなどを装着させたままご奉仕させるというのも楽しいよね。

色々なバリエーションで楽しめる本を使った2つの責め。

みなさんもぜひどうぞ!



あこがれのウエスト拘束具を手に入れた

waistbinder201801_01bflsh.jpg
やっぱり〝ゆえ〟によく似合った!



読者の皆さん、あけましておめでとうございます!

今年も皆さんにとって素敵な1年になりますように。

〝Y〟は今年も〝ゆえ〟の調教でプレイを深めて、その記録を書いていくね。

また他のM女さんとの「お試しボンデージ調教」などがあり、ご本人が承諾されれば、そのご報告もしていくので、乞うご期待!

さて、新年1回目の記事。


1980年代、〝Y〟は夢中になってSMビデオを見ていた。

シネマジックやアートなどのレーベルから出される革ボンデージ系のタイトルを見ながら、その中で女優さんたちが身につけている高価な革具をいつか手に入れられるようになりたいなぁと思っていたんだ。

そう、〝Y〟が仕事をしている原動力はそこにあるかも。若い頃は買えなかった高級な革責め具、絶対将来は買えるようになろうと心に誓っていたもん。

そして、幾度かの転職を経て、革具がやっとそこそこ買えるようになったときは嬉しかった!

でも、そうは言っても、高額さ故になかなか買えないものもあるし、あるいは欲しかったのに、タイミング悪く、買えなかった製品も。

その中の一つ、それが、コルセットの一種、ウエスト拘束具(胴枷)。

当時のビデオで言えば、例えば、菊池えりが身につけていたビデオがあるし、他に花野かおるがこの胴枷をされて、そして四つん這いになって中野D児の鞭を受けるのシーンも好きな人は多いよね。

waistbinder201801_02fl.jpg
菊池えり主演「被虐の花嫁」(シネマジック)より


waistbinder201801_02bfl.jpg
花野かおる主演「美しき獲物」(シネマジック)より


あの当時は、おそらくセビアン、アールなど複数のショップで売っていたと思うんだ。そして、いつかは購入するぞ!と思っていたんだけれど、当時は常に金欠状態。

その後何年もたって、そうだ、あの製品、どうしたろう?と思って調べてみると、なんとカタログから消えちゃった。そう、購入するチャンスを失ってしまったんだ。これは残念だったね。そのときの教訓、「欲しいモノがあれば、無理してでも、今、買え!」。

ところが、昨年、〝Y〟が敬愛するSMの師匠であり、同志でもあるYZさんからのメールに「〝Y〟さん、アール目白店で、あのウエスト拘束具の販売していますよ」とのお知らせ。

あ、本当だ。何で気づかなかったんだろう!

でも、これは嬉しかった!

そこで、さっそく購入。

もちろん、届いたら、すぐに〝ゆえ〟とのプレイで活用。

最初に〝ゆえ〟に見せたとき、思わず、力を込めて製品の解説をしてしまう〝Y〟。きっと〝ゆえ〟はその鼻息の荒さにびっくりしたんじゃないかな(笑)

で、彼女に装着してみると…、

おお!似合う!

waistbinder201801_04flsh.jpg
X字架に磔にされて、バイブのうねりによがり狂う〝ゆえ〟。


この責め具の良い所は〝ゆえ〟のようにスレンダーな女性が身につけると、そのスレンダーさが際だって、とても似合うし、逆にボリュームのある女性、例えば上記のビデオに登場する菊池エリがつけても、今度はそのボリュームを強調し、やはり似合うという、不思議な特徴があるんだ。

そして、大きめの手枷、足枷、首輪なども一緒につけさせると、さらに、革のコンビネーションでその魅力が際立つ。そうそう、全頭マスクもね。

腰の部分、前後上下にリングがついていて、何処にでも手枷を取り付けられるので、拘束には便利。さらに、デフォルトで、そのリングに取り付けて固定できるバイブもついてくる。これも「得点高い」んだ。スイングは力強く、膣内をかき回してくれる。

また、胴のサイズに合わせて大きさを調整するベルトは左右両方についているので、調整も細かくできて便利。さらに、〝ゆえ〟が感想で言っていたのだけれど、装着されると、奴隷らしさがより際立ち、奴隷自身もテンションがあがるみたいだね。

waistbinder201801_06flsh.jpg
ベルトの部分にこうしてコントローラーも挟める。


また、

前後の面が広いので脇を結構グイグイ閉めても、苦しくなかったです。

と感想を述べていたので、見た目のインパクトを与えながらも、奴隷の体には比較的優しく出来ているんだ。

購入当初はハードな革質だけれど、これから何度も〝ゆえ〟の汗を吸い込んで、次第に柔らかく、しなってくるのだろうね。それも楽しみだよ。

というわけで、ウエスト拘束具、造りもしっかりしていて、とても嬉しい買い物だった。

目白のアールさん、ありがとう。いつも思うけど、本当にいい仕事されています!


waistbinder201801_03flsh.jpg
ご主人様にご奉仕。ウエストを締め上げて、
お尻のラインをより強調してくれる。






 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.