FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。未体験の皆さん、ぜひこの世界に入ってみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (12)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (9)
風俗 (4)

まだ未熟な奴隷だからこそ楽しい「言葉遣い」の調教

shitsuke201610_01flsh.jpg
アームバインダーで拘束された〝ゆえ〟。


主従関係は厳しいもの。厳しいご主人様の躾の中でも奴隷が苦労するのはおそらく言葉遣い。

「〝ゆえ〟、気持ち良いか?」

「はい、ご主人様…」

なんて会話ならまだしも、プレイがヒートアップし、そしてプレイのレベルが上がってくれば、当然、その会話の内容も次第に複雑さを増していくよね。

ローターをあてて、クリを刺激し、身もだえさせる奴隷を冷たい目で見下ろす。そして一言、

「おまえは何をして欲しいのだ?」

奴隷は恨めしそうな目でご主人様を見上げ、

「〝ゆえ〟のお*んこに、ご主人様のお*んぽ様を入れて下さい」

という風に。でも、これだけでは面白くないので、

「どんな状態のお*んこに、俺のどんなお*んぽを入れて欲しいのだ?」

と、より長文を言わせることになるんだ。

「はい、どスケベで、ど変態な〝ゆえ〟のドロドロになった腐れお*んこに、ご主人様の凛々しく、固いお*んぽ様を入れてください」

という風に。

こうして、〝ゆえ〟と〝Y〟の会話は、会話が増えれば増えるほど、〝ゆえ〟の言葉が絶対量として増えていく。しかも、頭で色々と考えて、言葉を発しなければならない。ああ可哀想に、奴隷って辛いねぇ…。(笑)

やがて、ゆっくりと絶頂を迎え始めると、

「ご主人様、〝ゆえ〟はもうイキます。イカせていただいてもよろしいでしょうか?」

それに対して、ご主人様は

「うむ」

とわずか一言…という具合。

やがて、「イキます、イキます、イキますぅぅぅぅぅ…」

となるのだけど、快感が強まると、もはや理性は吹き飛び、言葉遣いを気にすることが出来なくなる。

〝ゆえ〟の場合、電マで良くこの『粗相』が発生。

そう、電マの強烈な刺激のため、思わず、丁寧な言葉遣いを忘れてしまうわけ。

先日はアームバインダーで後ろ手に拘束された〝ゆえ〟、ベッド上で、〝Y〟のものをしゃぶりながら、アソコに電マを当てられていた。途中までは「ご主人様、気持ち良いです」「イカせていただいてもよろしいでしょうか」と、しおらしく口にしていたけど、やがて両乳首を指で刺激すると…、突然体を突っ張らせたかと思いきや、

「あぁ、イッちゃうよぉ!」と雄叫びを上げちゃった。

しめしめ…。

shitsuke201610_02flsh.jpg
意識を失った〝ゆえ〟。これから厳しい罰が…。


崩れ落ちた〝ゆえ〟。目を閉じて、ハァハァと荒い呼吸をし、時々体を痙攣させる以外身動きしない。

その体を見下ろし、宣告。

「おまえ、今なんて言った?」

荒い息づかいの〝ゆえ〟。絶え絶えの状態で僅かに目を開く。自分で、自分の発した言葉に気付いていないみたい。

「おい、『いっちゃうよぉ』だと?ご主人様に向かってなんて言葉遣いなんだ。これは罰せねばならないな。」

瞬間、〝ゆえ〟は「はっ」とした表情を浮かべて、正気に戻る。

「申し訳ございません、ご主人さまぁ~!」

と懇願するのだけど、時、既に遅し、この瞬間、〝ゆえ〟の背中に、お尻に、そして胸にムチの集中豪雨が襲うことに。

とまぁ、楽しく罰を与えるのだけど、本音を言うと、〝ゆえ〟が「いっちゃうよぉ!」と可愛らしい叫びを上げるのは実は大好きでゾクゾクするんだ。だって、自分のプレイで相手が我を忘れて理性を吹き飛ばした状態になってくれるなんて、本当に男冥利に尽きるからね。しかも、その後、罰で相手を痛めつけるSの喜びも味わえる。一粒で二度美味しい!

SMの楽しさを満喫できる一時…。

奴隷は未熟であればあるほど、また、愉しい…。(^^)


〝Y〟オススメのSM入門書!


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.