FC2ブログ

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

The Diary of my leather & rubber bondage life in Tokyo. 管理人の革・ラバーのSMボンデージ日記。18才未満はお断りします。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも一覧


ラバー日記

妻全頭マスクThe Whole Body Rubber Play

rubber cafe

ラバーフェチのちょっとした不定期日記

全頭マスク&ラバーマスク好き♪

このブログの登場人物

profpic2016-7bfl.jpg

管理人〝Y〟

プレイはハード、人柄はソフトな優しいS男性。レザーやラバーのボンデージがこよなく好き。特に猿轡と全頭マスクは3度の飯よりも!

幸いなことに、今まで素敵なM女性達と次々に出会い、様々なプレイをしてきた。そして、2016年、生涯のSMパートナーとなるかもしれない〝ゆえ〟と出会ったんだ。

〝Y〟がこのブログを書いているのは、革やラバー、PVCのボンデージ・ファンをもっと増やしたい!そう願っているから。未体験の皆さん、ぜひこの世界に入ってみてね!

〝ゆえ〟

緊縛を雑誌で見た子供の頃よりSMへの憧れはあったものの、本格的な体験は〝Y〟と出会ってから。きちんとした奴隷になれるよう、日々修行中。見た目はたおやかな清潔感溢れる女性。でも、実は内に秘めたるM性はとても強いんだ。彼女の成長をぜひ、ご覧くださいね。

〝なみ〟

〝Y〟が数年前まで長年にわたりプレイをしていたパートナー。革具の映える様子は多くの方から褒めていただいた。ファンだとおっしゃって下さる方もいて、感謝。彼女とのプレイを紹介する形でもともとこのブログは始めたんだ。

ご質問、あるいは、〝Y〟の「お試しボンデージ調教」を体験してみたいという女性は、右側のメールフォームで遠慮無く問い合わせてみてね!

なお、このブログに掲載されている写真は、すべてご本人たちの承諾を頂いているから安心してね。また古い記事の写真には以前のブログタイトルを反映したすかしが入っている点、ご了承を。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (5)
〝ゆえ〟の調教記録 (12)
ボンデージの道具たち (22)
SMホテル (8)
管理人〝Y〟の思い出話 (19)
お気に入りの動画や本 (8)
未分類 (1)
SMの知識&〝Y〟の意見 (9)
風俗 (4)

革具の話~09 アームバインダー(アームザック)は欲しい!

armbinder201701_03flsh.jpg
このところ二人の定番となっているグッズ。


明けましておめでとうございます!

2017年、みなさんのボンデージ&SMライフが実り豊かな年になりますように。

今年も当ブログでは〝Y〟と〝ゆえ〟の様々なプレイや、プレイを通して考えた事などを紹介していくね。

昨年は〝Y〟にとって〝ゆえ〟と出会うという衝撃的な出来事があった。いままでの人生で生きてきて最高の出来事の一つ。そして、今年はその関係をどう発展させていくのか…、本当に楽しみだよ。

さて、今回のテーマは〝Y〟にとっての原点、革具、そして、その中でも、ボンデージの象徴的な道具であるアームバインダーのお話し。

革ボンデージ、発祥の地であるヨーロッパ、そしてアメリカのビデオや写真などを見ていて、よく登場するのがこのアームバインダー。アームザックという名称でも知られている。

両手を上腕から背後で拘束してしまうので、女性の上半身の動きは完全に拘束されてしまう。手枷などと比べると拘束感は容赦ないよ。さらに、足も拘束していれば、まず、確実に全身の動きを封じてしまう。しかも、普段の人間の動きにはない、無理な姿勢でのタイトな拘束なので、腕も長時間するとしびれてくる。くれぐれも相手の状態をみて、無理をしないようにね。

アームバインダーの先は大抵リングがついている。そこから縄で上に引っ張り上げてもいいし、あるいは、うつ伏せにし、そこから全頭マスクの上部に結びつけて海老反りにさせるも良し。いろんな責め方で遊べる。ボンデージ好きのS男性にとっては絶対に一つ持っておきたいもの。

で、このアームバインダー、日本のメーカーも作っているよ。たとえば目白のアールでは「アームレス」という名称で売られている。値段は33,000円。エピキュリアンではアームザックという名称で、11,000円。

ただ、両者を見て思うのは、腕の拘束という点では確かに、立派な商品なのだけど、アームバインダーの魅力を伝え切れていない気がするんだ。

それはね、どちらもカタログ写真を見ると、腕は拘束されるけど、デザインがやや大ぶりで、ぴたっと腕を締め上げないんだ。安全上の理由かもしれない。

でも、欧米の製品の写真をみると、見事に腕の形にフィットして、シワ一つ無い、美しいまでのタイトな拘束感。まるで二の腕が縫合手術で一つになってしまったかの如く。しかも鳥の手羽先のような形に変形。この加虐感ははんぱない!

で、こうした製品、海外サイトで購入しようとすると、少し敷居が…。例えば、オーストラリアのRestrictedSenses の製品。これは本当に美しい!
https://www.etsy.com/jp/listing/210905870/bondage-leather-armbinder-lacing-custom
値段は3万円程度。ただ相当タイトなので、着せる人の体がしなやかでないと難しそう。そして、何より、サイズがオーダー受注なので、製作者と事前にやり取りをしなければならないようだね。でも、Minaさんとおっしゃる日本人女性が作っていらっしゃるので、もしかしたらやりとりは日本語でも大丈夫かも。いつかはこの製品を買ってみたいね。

でも、とりあえず、安価でお試しとして安い製品を買うのは一つの手だと思ったんだ。実際、日本のサイトでも安価な商品を売っている。ただ、残念なことに耐久性を考えると、バツ。たとえば何年か前に「ソサ*テ*」というブランドのを購入したことがあるけど、2度目の装着で、バンドがちぎれちゃった。やっぱり、こうした製品は大きな負荷がかかるから頑丈でないと…。安い製品で評判の良いものはないかなぁ…。

armbinder201701_02shfl.jpg
奴隷の〝ゆえ〟を簡単に肉だるま状態に落とし込める。


ある日、中国サイトのAliExessを見ていたら、気になるアームバインダーが数種類。値段は日本円にすれば1,500円くらいから3,000円位まで!さすがにAlibabaのサイト、安い。

中国サイトというのがちょっとだけ気になるけど、一応、クレジット決済は使い捨ての「Vprica」を使えば、さほどセキュリティは気にしなくていいし…、と思案。

各ページの説明を見ると、それぞれレビューが載っている。それを読んでみると…。

良い点、悪い点、レビューされている。そして製品によっては良い評価がほとんどないものもあれば、別の製品はかなりの高評価。その中でも一番評価の高いアームバインダーに注目。

悪い点。サイズがアジア人向けなのか小さくて、入らなかったというアメリカやヨーロッパのユーザーが複数。一方で、作りがしっかりしていて良いというレビューも複数。中には「値段から考えると信じられない良い造り」との評価も。まとめると、サイズは小さめだが、作りはしっかりしているという評価になりそう。

サイズの小ささは、おそらく、白人サイズには…ということ。そして〝ゆえ〟は細身。うん、これは大丈夫な可能性が高い。17ドルちょっと。

だったら、この値段。ダメ元で買ってみても良いね…。

ということでポチ!

1週間ほどで届いた製品、袋を開けてみると、確かに意外としっかりした造り。

これが本当に日本円にして2,000円程度?驚いたよ。

ということで、〝ゆえ〟のとプレイの日、取り出して装着したら…。

素晴らしい!確かにフェイクレザーだし、厚みもそれほどはない。でも裁縫は比較的しっかりとしている。そして、デザインが良いね。中国の製品、ヒドイものも多いけど、良いモノは良いね!決して長持ちする製品ではないだろうけど、しばらくは楽しめそう!

装着した姿は欧米のビデオで見るアームバインダーに匹敵。腕を完全拘束された〝ゆえ〟、こんな感想を漏らしていた。「肉だるまみたいですぅ!」

肉だるま、ご存じの方も多いでしょ。かつて都市伝説のように伝わった話。日本人の若い女性がアジアの某国で行方不明に。その後ある国で発見されたときには見るも無惨な姿に。手足を切断されて、ベッドの上に置かれ、生きたまま男たちの慰めものになっていたという…。

nikudarumamomoyama.jpg
桃山ジロウ「監禁凌辱」(松文館)より


あるいは桃山ジロウのコミック「監禁凌辱」に登場する肉ダルマ装置。女性が箱状の機械に入れられて手足を拘束。完全に動けない形で、栄養と排泄だけ保証される。あとは、1日24時間ひたすら性の快楽だけを与え続けられる…。

そんな妄想を手軽にプレイ中に装着されたM女性もできてしまうアームバインダー。

みなさんもぜひ一つ!






スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ).All rights reserved.